ダイコン ハムシ。 ハムシ科(ハムシ図鑑)

ハムシの種類と駆除方法!農薬で退治や予防するの?

ダイコン ハムシ

被害 成虫、幼虫とも葉を食害するが、数㎜~数㎝の無数の穴が開いたような被害になる。 幼虫は葉裏から食害することが多い。 地上部が葉脈だけを残して、ほとんど食い尽くされるほどの多発となることも多い。 被害作物 ダイコン、ハクサイ、コマツナ、ミズナなどに多い。 その他、ネギやニンジン、シュンギクなどにも発生する。 発生 成虫は体長約4㎜で楕円形、光沢のある濃紺~黒藍色。 幼虫は6~7㎜、多くのイボ状突起と毛がやや目立つ。 若齢期は黄色~淡黄緑色で成長すると黒色を帯びる。 落ち葉や土塊の下などで越冬した成虫が4月頃から活動し始め、年2~3回発生を繰り返す。 寒さには強く、暖かい日には真冬でも食害していることもある。 夏場はあまり活動しないが、秋には幼虫も含め個体数も多くなる。 500日程度と成虫の寿命が長く、その間に1000個以上産卵し、葉柄や葉脈上に産み付けられる。 幼虫期間は2週間程度、成熟すると土中で蛹化する。 本州、四国、九州、南西諸島、国外では朝鮮半島、中国、東南アジアなどに分布する。 防除 成虫は飛翔せず、歩行による移動のみであるが、活発に動き回るので、圃場や苗床に侵入させないように注意する。 露地でも不繊布や防虫ネットのトンネルで成虫の侵入を防ぎ、産卵させないようにする。 アブラナ科の雑草が発生源となっていることも多いので、雑草管理する。 発生圃場では産み込まれた卵を残さぬよう、収穫残渣を除去する。 成虫、幼虫とも危険を感じると、葉から落ちることに注意して捕殺する。 薬剤(農薬) モスピラン、コテツ(ダイコン)、アディオン、ベニカS(ミズナ)。 農薬の使用にあたっては必ずラベルを確認し、地域の防除暦や病害虫防除所等の指導に従ってください。

次の

ハムシ〔キスジノミハムシ〕(白菜・キャベツ・大根・水菜・わさびリーフ・カラシナ)

ダイコン ハムシ

ハムシとはどんな害虫?• 和名:ハムシ類 別名:葉虫、金花虫• 学名:Chrysomelidae• 英名:Leaf beetle• 階級:甲虫目ハムシ科• 生息範囲:世界中• 活動時期:1年を通して活動する、成虫は春から夏 4~7月 にかけて作物を食害する• 体長:2mm~1cm 6~7mmが一番多い• 寿命:約1年~1年半• 特徴:特定の科の作物を食べる種類がおり種類が多い、飛ばない種類が多い• 弱点:キラキラと光るもの、光の乱反射• 発生サイクルは基本的に 年1回ですが、暖かい地域では稀に秋 9月頃 に2世代目が発生することがあります。 成虫は葉を食害し、幼虫は主に根を食害しますが、ひどい場合では地上部分の果実や茎の中にまで侵入して食害することもあります。 1.周囲の雑草の除去 2.成虫を確認したら物理的に捕殺する 3.幼苗期はビニルキャップなどで囲って飛来を防ぐ 4.シルバーマルチやアルミホイルなどを株元に置いて光の乱反射で忌避する 5.周囲に ネギを植える or 前年度にネギを植えた畑でウリ科の作物を育てる 6.適用のある薬剤を使う ウリハムシの防除方法としては上記の6つが効果的と言われていますが、既に圃場で見かけた場合は土壌にも多数潜んでいることが想定されます。 成虫を定期的に捕殺しつつ、薬剤を用いて土壌の幼虫などを駆除するのが最も効率的と言えるでしょう。 また、ウリハムシは ネギの臭いを嫌うので、ウリ科の作物を育てている農家さんはネギを近くに植えたり、毎年ウリ科の作物を植える場所をネギを育てた場所に移動させるという対策を取っている人もいます。 ただし、既に幼虫まで発見してしまっている人は、薬剤処理を行うのが望ましいでしょう。 完全に体半分ほどメロンにめり込ませてかぶりついてるウリハムシの集団。 もう一匹や二匹っていうレベルではありません。 キュウリはあまり被害を受けていませんでしたが、何故かこのメロンに集中してました。 2.キスジノミハムシ キスジトビハムシ の画像・特徴・防除法 キスジノミハムシの特徴 ハムシの中でも3mm程度と小柄で、アブラナ科の作物を食害するのが「 キスジノミハムシ キスジトビハムシ 」です。 1.周囲の雑草の除去 2.成虫を確認したら物理的に捕殺する 3.シルバーマルチやアルミホイルなどを株元に置いて光の乱反射で忌避する 4. 緑肥用の燕麦をすき込む 5.適用のある薬剤を使う キスジノミハムシは土中での食害がとても問題になっているため、成虫を発見した場合は土の中にも潜んでいることを覚悟した方が良いでしょう。 その場合は、地上をシルバーマルチによってキラキラと光らせて忌避する効果もあまり高くないと思われるので、播種時点での粒剤などによる幼虫発生の予防などが効果的と言えます。 また素手で物理的に防除しようとしても飛び跳ねて逃げてしまうのでなかなかうまくいきませんが、下に布を敷いてから叩き落とすことで大多数の成虫は捕獲することができます。 ダイコンサルハムシの特徴 ・体長は 3~4mmと小さく、色は黒い ・成虫による葉の食害痕は 大きな穴が沢山あく ・寒さに強く、 真冬でも土の中で活動することがある ・活動時期が他のハムシと少しずれていて、 秋 9~10月 に活発になる ・成虫は 飛ばず、歩行移動する ・幼虫も成虫同様に 葉も食害する ダイコンサルハムシの 発生のピークは 9~10月で、成虫の姿のまま土の中で越冬します。 一般的な害虫の活動期である春~夏は土の中で過ごし、 秋になってから活動を始めるという珍しいタイプのハムシです。 発生場所は本州以南で、暖かければ真冬でも活動します。 成虫の 寿命が 約1年半と長いのが特徴で、産卵数も多いので秋に一気に個体数が増殖します。 1.周囲の雑草の除去 2.成虫を確認したら物理的に捕殺する 3.防虫ネットで作物に近寄らせないようにする 4.適用のある薬剤を使う ダイコンサルハムシの特徴は「移動が歩行」「秋まで土の中で成長する」という点です。 飛来防止よりも、防虫ネットなどで物理的に作物に近寄らせないようにするほか、収穫後の土壌の殺菌処理を徹底することで次年度以降の発生を抑えるようにするのがポイントです。 防虫ネット使用上の注意点としては、ネットの端を土壌にしっかりと埋め込まなくてはいけないこと。 また、既に成虫が発生しているところをネットで覆ってしまうと逆効果ですので、後述するダイアジノン粒剤などで土壌処理を行った後に設置するようにしましょう。 周囲のアブラナ科の雑草で大量発生してしまう事もあるので、圃場周辺の雑草処理も効果的です。 注意点としては、各ハムシに効果があるとされる薬剤でも、食害されている植物に適用がない場合は使用できないという点です。 下記に各ハムシに効果のある薬剤をご紹介しますが、2018年時点での適用表に基づいた内容で変更の可能性もあるため、各自で散布する植物に適用があるかご確認ください。 スミチオン乳剤 ダイアジノン粒剤は ダイコンサルハムシや キスジノミハムシの駆除に効果的な 有機リン系の薬剤で、 播種時に土壌に散布することによって飛来してくる成虫や土壌に産卵しようとする成虫への殺虫効果を発揮します。 ダイアジノンの効果的な使い方については、下記の文献において殺虫効果の出やすい散布方法が記載されていました。 同剤を全面処理土壌混和,つまり圃場全面に処理し,その後トラクターにより耕転,畝立てを行うと,薬剤の粒子は土中深くまで均一に分布する。 作条処理土壌混和,つまり畝上に薬剤を散粒し,レーキ等で土中に混和すると,薬剤の粒子は地表面近くに集中して分布する。 両処理方法で処理量が同じである場合には 後者の方が地表面における薬剤の有効成分濃度は高くなると考えられることから,羽化後土中から地表面に出現する, あるいは発芽間もない子葉を食害,産卵するため飛来してくる成虫に対して より高い殺虫効果を示すと考えられる。 — 上記の文献は、テフルトリン粒剤とダイアジノン粒剤について処理方法別の効果の比較をしており、両材とも蒸気圧が高くガス化された成分が殺虫効果と忌避効果を示すとされています。 その効果をより発揮するには、 圃場に撒いたものをトラクターで耕うんして薬剤が均一に分布してしまうより、畝の上に薬剤を撒いてレーキで土をかけ地表面に薬剤を分布させた方が殺虫効果が高いと結論付けています。 1.キスジノミハムシの場合は燕麦をすき込んでおく 2.暑い時期にビニールを張ってハムシのいる土壌を太陽熱で消毒する 高温で熱消毒 3.地道に捕殺 4.薬剤で駆除 この知人は有機農家さんとの取引を行っている方なので、多くの農家さんが1~3の方法でハムシと戦っているようですが、やはり一度発生してしまうと無農薬での駆除は難しいとのことでした。 成虫が発生している場合は既に土の中に多くの幼虫や卵があることが多いので、一般的に紹介されている忌避方法 シルバーマルチ・コンパニオンプランツ は、新たに飛来する個体を忌避できても根本的な駆除には至らずイタチごっこになるのもわかりますね。 ハムシを見つけ次第地道に捕まえて殺すことでも一定の効果はありますが、ハムシの多くは 危険を感じると飛び跳ねたり葉から落ちて逃げる習性を持っているので網や布を株元に用意しておくことが大切です。 新たにアブラナ科やウリ科の植物を植える場合は、事前に土壌をハムシが嫌がるような状態に殺菌・燕麦のすき込みなどを行っておくことで被害を最小限に抑えられるでしょう。 既に作物が食害を受けている場合は無農薬での対処は難しく、適応のある薬剤で対処するのが効果的であるようですので、当記事でご紹介した薬剤を例に散布を検討してみてください。

次の

ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)

ダイコン ハムシ

キスジノミハムシによる根部への被害 特に、播種後2~3週間までの生育初期に根部を幼虫に加害されると、生長が阻害され、肥大に影響し、最終的にはだいこんの収量低下につながります。 また、生育期に根部表面を加害されると食痕が残り、外観が劣化するために秀品率や可販果率が低下してしまいます。 無防除の場合、青森の夏だいこんでは収量が3割以上低下した例もありました。 幼虫が地上でふ化して地中に潜ってしまうと、茎葉散布剤が届かなくなるので、その前に防除することが重要で、播種時に土壌処理する粒剤と生育期の茎葉散布剤とを適切に組み合わせることで、高い防除効果が得られます。 キスジノミハムシが発生しやすい条件について教えてください。 前年の秋冬期の気温が高いと越冬密度が増加し、春の雪解けが早い年は発生のタイミングも早まります。 さらに、夏期の気温が高いほど発生密度が高まる傾向にあります。 昨年は暖冬だったことから、今年の夏はキスジノミハムシの多発生が懸念され、細心の注意を払い防除対策に備えることが大事ですね。 青森ではどのような防除対策が行われていますか。 キスジノミハムシの産下卵 青森の夏だいこんの慣行防除では、播種時にフォース粒剤などで土壌処理を行い、生育期前半に7日間隔で2~3回、生育期後半に10日間隔で2~3回の茎葉散布を行う体系が指導されています。 茎葉散布剤は、地上部での成虫の産卵を防ぐため、「播種7~10日後の散布開始」を推奨しています。 播種時の土壌処理剤の効果が甘いと、いくら茎葉散布で地上防除を行っても最終的な被害度が大きくなりがちです。 しかし、フォース粒剤は、播種時処理による防除効果が高く、初期のキスジノミハムシの密度を抑えることで、その後の茎葉散布剤の防除効果が活きてくる。 私はこうしたキスジノミハムシ防除の試験を以前より担当してきましたが、最も効果が高い土壌処理剤がフォース粒剤でした。 フォース粒剤の処理後、茎葉散布開始のタイミングについて教えてください。 当センターの試験では、フォース粒剤の残効は播種時処理の21日後頃まで確認されています。 「じゃあ、茎葉散布の開始は、播種21日以降でもいいのではないか?」という生産者の方もいらっしゃるのですが、実際はもっと早いタイミングでの茎葉散布開始が必要です。 なぜならば、地上部ではすでに処理21日後の時点で、成虫の産卵が行われていることが多く、生育期の幼虫密度が高まっており、茎葉散布剤による地上防除で抑えきれずに被害が出てしまうことが多いからです。 そこで当センターでは、生育初期の茎葉散布開始タイミングの比較試験を実施しました。 播種7日後・15日後・21日後で比較しましたが、結果は茎葉散布開始のタイミングが早ければ早いほど、防除効果が高まり収量・品質が向上しました。 こうした研究の結果から、当センターでは、「播種7~10日後の茎葉散布開始」を推奨しています。 播種後 無処理区および粒剤のみ区を除き、茎葉散布財 A水和剤1500倍 を100~200L相当量散布。 茎葉散布回数: 播種7日後から茎葉散布開始区…7日間隔7回処理、播種15日後から茎葉散布開始区…7日間隔6回処理、播種21日後から茎葉散布開始区…7日間隔5回処理。 調査方法: 各区から20本を抜き取り、根部の被害度別調査を行い被害度を算出。 フォース粒剤を処理する際の、注意点やポイントはありますか。 防除効果をきちんと発揮させるためにはポイントが2点あります。 一つは、きちんと登録上の規定量を処理すること。 規定量より少なく処理すると効果不足になります。 もう一つは、播種時処理の土壌深度です。 最近の研究でフォース粒剤は土壌の表層にあった方がより効果が高まるということが分かったので、播種深度と同程度の3~5cmに播溝土壌混和処理するのがポイントですね。 フォース粒剤の「生育期処理」の試験をしていただきましたが、結果はいかがでしたか。 2018年から2年間行った夏だいこんのフォース粒剤「生育期処理」試験では、生育期の茎葉散布を5回実施する中の3回目をフォース粒剤の株元散布に置き換えて実施しました。 フォース粒剤は、成虫に対する忌避効果によって、産卵行動を抑制して根部を守るので、生育期の防除が茎葉散布剤のみの慣行防除体系と比較して、気温が高い夏期においても最終的な秀品率や可販果率が向上するという結果が出ています。 また、フォース粒剤は残効が長いので、この試験では、慣行防除と比較して生育期の茎葉散布を1回省略することができました。 生産者の方に、あらためてキスジノミハムシ防除のポイントをアドバイスいただけますでしょうか。 キスジノミハムシの成虫は、主にイヌガラシやスカシタゴボウといったアブラナ科雑草でも増殖します。 だから、圃場周辺の雑草防除は、だいこんの生育初期の成虫密度を減らすのに有効です。 こうした雑草はもちろん、だいこん・キャベツなどアブラナ科野菜の圃場が多い場所では成虫の発生密度が高まるので注意しましょう。 先ほども申し上げましたように、フォース粒剤の播種時処理は規定量をしっかりと守ってください。 そして茎葉散布は、「播種7~10日後の散布開始」が重要です。 その後、生育期前半は7日間隔、生育期後半は発生状況に応じて7~10日間隔で茎葉散布を実施するのがポイントですね。

次の