橋 幸夫 潮来 笠。 橋 幸夫 歌手デビュー60年目を迎えてのご報告

橋幸夫 潮来笠 歌詞

橋 幸夫 潮来 笠

1960年7月5日-。 僕は「潮来笠」でデビューしました。 デビューの道筋を立ててくれた遠藤実先生は生みの親。 そしてデビューから「橋幸夫」を育ててくれたのは吉田正先生です。 僕には2人の師匠がいるのです。 この2人の先生と出会えたことは、大きな財産です。 2人は似ているところが多かったです。 でも音楽に対しての構え方は全然違います。 遠藤先生は、流しが原点の人。 自分も歌うのでアーティスティックで芸術肌な人。 作曲も「頭に浮かんだ!」と言って、その場で紙に書いてしまうような方でした。 吉田先生はどちらかと言えば理論的な形から入る。 ブレーンと話し合い、構想を練って「これだ!」と言ってから作る人でした。 そんな吉田先生ですから、デビューからしばらく、歌以外の全体のプロデュースもしていただきました。 デビュー曲の「潮来笠」も、吉田先生が「17歳だし、江戸っ子。 呉服屋の息子。 僕自身は、中学の後半からギターもやっていて。 時代はロカビリーが全盛。 そっちの路線に行きたかった。 股旅でデビューすることは、正直疑問でしたけどね。 でも、吉田先生のプロデュース感覚は正しかった。 着物を着せて角刈り。 意表を突くその姿で世に送り出してくれました。 おかげで大ヒットです。 「潮来笠」の大ヒットがあって、今の橋幸夫があるわけですからね。 当時は理髪店に行くと、みんな僕と同じ髪形でした(笑)。 それからも、先生が時代の変化を読んで見抜いて、計算ずくで僕をプロデュースしてくれました。 股旅ものもずいぶん歌いました。 そして青春歌謡、リズム歌謡。 世相でいえば、68年のメキシコ五輪前年には「恋のメキシカン・ロック」も作っていただきました。 五輪といえば、8月にリオ五輪が開幕しますね。 日本代表の選手の健闘をお祈りします。 2020年には東京五輪です。 実は64年の東京五輪では、僕も「東京五輪音頭」を歌ってます。 そんな思い出も、またお話しできればと思います。

次の

みんなマネした「潮来刈り」の時代~2人の師匠/橋幸夫コラム/芸能/デイリースポーツ online

橋 幸夫 潮来 笠

1960年7月5日-。 僕は「潮来笠」でデビューしました。 デビューの道筋を立ててくれた遠藤実先生は生みの親。 そしてデビューから「橋幸夫」を育ててくれたのは吉田正先生です。 僕には2人の師匠がいるのです。 この2人の先生と出会えたことは、大きな財産です。 2人は似ているところが多かったです。 でも音楽に対しての構え方は全然違います。 遠藤先生は、流しが原点の人。 自分も歌うのでアーティスティックで芸術肌な人。 作曲も「頭に浮かんだ!」と言って、その場で紙に書いてしまうような方でした。 吉田先生はどちらかと言えば理論的な形から入る。 ブレーンと話し合い、構想を練って「これだ!」と言ってから作る人でした。 そんな吉田先生ですから、デビューからしばらく、歌以外の全体のプロデュースもしていただきました。 デビュー曲の「潮来笠」も、吉田先生が「17歳だし、江戸っ子。 呉服屋の息子。 僕自身は、中学の後半からギターもやっていて。 時代はロカビリーが全盛。 そっちの路線に行きたかった。 股旅でデビューすることは、正直疑問でしたけどね。 でも、吉田先生のプロデュース感覚は正しかった。 着物を着せて角刈り。 意表を突くその姿で世に送り出してくれました。 おかげで大ヒットです。 「潮来笠」の大ヒットがあって、今の橋幸夫があるわけですからね。 当時は理髪店に行くと、みんな僕と同じ髪形でした(笑)。 それからも、先生が時代の変化を読んで見抜いて、計算ずくで僕をプロデュースしてくれました。 股旅ものもずいぶん歌いました。 そして青春歌謡、リズム歌謡。 世相でいえば、68年のメキシコ五輪前年には「恋のメキシカン・ロック」も作っていただきました。 五輪といえば、8月にリオ五輪が開幕しますね。 日本代表の選手の健闘をお祈りします。 2020年には東京五輪です。 実は64年の東京五輪では、僕も「東京五輪音頭」を歌ってます。 そんな思い出も、またお話しできればと思います。

次の

水郷いたこ大使 橋幸夫 さん

橋 幸夫 潮来 笠

橋 幸夫 さん (はし ゆきお) (代表曲:潮来笠) 昭和35年のデビュー当時は、ティーンエイジャーの間ではカバーポップスが全盛の時、 そんな中、着物姿で股旅演歌を歌う17歳の橋の姿は逆に新鮮だった。 デビュー曲「潮来笠」の爆発的大ヒット、日本レコード大賞新人賞受賞。 その後もヒットを続け、時代・股旅歌謡を定着させるとともに一躍トップスターの仲間入りを果した。 短く刈ったヘアスタイルは「潮来刈り」と呼ばれ、街には大勢の「橋幸夫」が出現したほどのブームを起こし、その後も水郷潮来の名を全国に知らしめた功績は大きいものがある。 平成12年文部大臣より「特別感謝状」を授与。 平成15年青森県の日本の火祭り「ねぶた観光大使」に任命。 平成17年芸能生活45周年でモンゴル国親善大使に任命。 同年、潮来市前川あやめ園内への潮来笠記念碑建立に貢献。 歌手としてデビューして45年の節目の年に、潮来市前川あやめ園に潮来笠の記念碑が建立され、加えて「水郷いたこ大使」のお役を頂きました事は、大変光栄に思います。 水の惑星と言われる地球、しかしそこに住む我々人類は大いなる経済発展による豊かさにより、人類の命を守り、育む、大切な水の恩恵を忘れ、おろそかにして来ました。 そればかりか目先の便利さ利益を優先し、汚染し続けて来たのが現状です。 21世紀は水の時代と言われていますが、それは取りも直さず我々の今までの生き方を反省し、水によって生かされ、癒され、守られている事を再認識し、水の惑星地球を再び輝かさなければならない時代であると言うことだと思います。 あやめ咲くのどかで穏やかな水郷の風景、風情。 それは高度成長と言う名目で経済優先に駆け抜けた我々世代に於いて、忘れてはならない心の原風景であるように感じます。 微力ながらそんな時代を生きた一人として、水の郷、潮来を多くの方々に伝えて行くことで、今を生きる人々に心の原点を少しでも思い出して頂き、改めて水への感謝を思い起こして頂けたらと願っています。 それが潮来市出身ではありませんが、歌を通して深いご縁を頂いた私に出来るささやかな架け橋ではないかと思います。

次の