ドクターズチョイス 排卵検査薬 ブログ。 排卵検査薬でのタイミング取り方

排卵検査薬のしくみと疑陽性。(排卵検査薬の画像出ます)

ドクターズチョイス 排卵検査薬 ブログ

ドクターズチョイスワンステップ排卵検査薬は 、国産の排卵検査薬 よりも値段的に安くて、使い勝手が良かったです。 タイミング法を試されている方へおすすめします。 不妊治療をされている方はおわかりだと思いますが、排卵検査薬を使う目的は、排卵検査薬で排卵するタイミングを計り、「排卵前に子宮内に精子がいる状態」にするためです。 いつ排卵が起こるのか予想して、仲良しするタイミングを逆算して妊娠する確率を高めようというわけです。 大切なのは、仲良しするタイミングがいつなのか、把握するということ! 卵子が受精可能な時間は、排卵後5~6時間というのが一般的です。 (昔は1日だったようです。 私も不妊外来にて、排卵後数時間と言われました) 妊娠の確立を高めるには、「排卵直後には子宮内に精子がいる状態」にして受精しやすい環境を作ります。 そのために、排卵のタイミングはできる限り正確につかみたい、そして仲良しのベストタイミングを計りたいのです。 基礎体温が不規則だったり、月経不順な方だけでなく、生理が順調な人でも、排卵が起こっているのかは正確にはわかりません。 正確に排卵を予測するために使うのが、排卵検査薬です。 ドクターズチョイスの排卵検査薬は、数なる排卵検査薬の中でもおすすめ。 ドクターズチョイスの排卵検査薬のおすすめポイント ドクターズチョイスの排卵検査約を、日本製の国産排卵検査薬と比べてみます。 比較項目は3つにしました。 とっても小さい。 手のひらサイズの包装に入ってます。 検査スティック自体は、つまようじ2本分ほどです。 小 ぶりなので、持ち運びも便利だし、これだけポケットにいれて勤務してもOKでした。 製品自体も紙素材なので、ポケットに入れて曲がっても問題なし。 包装紙のパッケージも英語表記なので、誰かに見られても一目では何かわからないと思います。 次に使い方は、 尿をかけるのではなく、浸すタイプです。 10秒つけて、横に倒して置く。 陽性判定は5分後です。 トイレに小さめの紙コップを常備すると、やりやすいです。 尿をかけてみましたが、それだど吸収されずに測定できなかったです。 初めて使う時は、排卵予定日の4日前から朝晩と測定。 そうすることで、陽性反応の経過が見れます。 陽性が出たら1日で排卵なのか、2日で排卵なのか、人によって違うので、4日前から測定すれば、どのあたりで濃い陽性反応がでるのかしっかり確認できます。 検査スティックは陽性判定後は7分以上置くと、線が濃くなったりするようなので、 既定の時間内で結果をみて 写メ保存がおすすめです。 陽性反応の線はこのようにでます。 私の場合は一番ハッキリ出たときで、このくらいでした。 国産の日本製排卵検査薬よりも、尿の成分が薄いうちから測定できるそうです。 つまり、早い段階から排卵がくるよという陽性反応が見れるので、仲良しするタイミングが取りやすくなります。 明後日もしくは明日は早く帰ってきてねと旦那さんへ伝えることが出来ます。 注文方法ですが、日本語サイトで購入します。 ドクターズチョイスは海外製品になりますが、注文は日本語サイトから可能です。 商品をカートに入れて、カード決済するだけ。 商品は海外から届くため、 到着まで2週間ほどかかります。 最後に値段・費用は、国産排卵検査薬よりとても安いです。 1本あたりの値段は後日追記します。

次の

排卵検査薬で薄い陽性が出たらどう判断する?【正しい使い方を知ろう】

ドクターズチョイス 排卵検査薬 ブログ

新しいブログはこちらです。 よろしければご覧ください。 この記事は、 高温期7日目から 9日目にさかのぼって書いています。 妊娠検査薬のフライング 高温期5日目の夜から妊娠超初期症状らしきものを感じた私。 我慢出来なくなって、高温期7日目に妊娠検査薬のフライングをしてしまいました。 妊娠検査薬のフライングとは、定められた使用方法の期間より早い段階で妊娠検査薬を使用する事を言います。 受精卵は日に受精し、7日から10日かけて着床するそうです。 そして、着床後は2日目からHCGホルモンを分泌すると言われています。 だから、いくら早くても妊娠検査薬に反応するのは 高温期9日目。 超フライングです 笑 使用した妊娠検査薬は、 海外製のドクターズチョイス。 生理予定日から使用できる 早期妊娠検査薬です。 一緒に購入した検査薬と同じで・・・ ドクターズチョイスと書かれた部分はシールで、剥がすとWondfo(笑) それでは、 高温期7日目の結果です。 usako-diary.

次の

ドクターズチョイスワンステップ排卵検査薬がオススメな3つの理由【口コミあり】

ドクターズチョイス 排卵検査薬 ブログ

まあ難しいのでその辺のことはいいとして、 検査薬を尿に浸して線が一番濃く出たときから24時間から48時間以内に排卵がおこるという考えでOKです。 商品によって反応しやすいものから反応しにくいものなどあり、それもまた個人のホルモンの出かたの違いで見やすさもかなり変わってくるので、正直いろいろ使ってみないと自分に合ったものがわからないかもしれません。 実際に私も使ってみるので使い方や使った感じをまた紹介するのでそちらもまた見てください。 ちなみに私はネットで買い物をするときには楽天をかなり使うのですが、楽天では唾液で調べる排卵チェッカーがありました。 唾液で調べる排卵チェッカーは人気が高く、妊娠しやすい期間が分かれば良い方には何度も使えるのでいいと思います。 しかし産み分けなどで はっきりと排卵日が分からないといけない方にはおすすめできません。 ってかダメです 笑 排卵検査薬の使い捨てタイプは、楽天やアマゾンなどの大型のショッピングサイトには販売されてなく、 個人で輸入して販売しているネットショップでしか買えないようです。 海外のものだと薬局でも購入はできません。 それでは前置きが長くなりましたが ごめんなさい 、おすすめの排卵検査薬を紹介します。 海外のおすすめの使い捨て排卵検査薬 Wondfo 使い捨ての排卵検査薬では私としてはこれが 一番おすすめです。 値段は 55本で2830円で1本あたり51.45円になります。 Wondfoとほとんど同じ精度で、 55本で2880円で1本あたり52.36円となり少し値段は高いです。 Wondfoとの違いは、DAVIDのほうがホルモンに反応しにくい傾向にあるようです。 なので排卵検査薬の反応がDAVIDの方が薄く出ます。 逆に言うと、体質的にホルモンがたくさん出やすい人はWondfoだと常に陽性反応が出て、排卵日が分からないという方がいるようなので、検査薬の反応が濃く出すぎてしまう方におすすめです。 こちらもWondfoと同じサイトから購入できます。 ワンステップ排卵検査薬クリア 最近はこのワンステップ排卵検査薬クリアがいろんなサイトを見ているとおすすめされています。 精度もほとんど上の2つと変わらないのに、値段が50本4300円で1本あたり86円です。 しかし1万円以上で送料無料なので、 送料込めると50本5140円で1本あたり102.8円になります。 メーカーはアメリカのようで信頼できるから高いのかな? こちらのサイトから購入できます。 LHの検出できる感度のことで、数字が少ないほど精度が高いです。 人によってLHの出かたが違うので、ホルモンがたくさん出る方は少ない数字のものを使うと、常に陽性反応が出てしまうことがあるので注意が必要です。 なるべく中間くらいのものがおすすめです。 妊娠ということで使う商品はなるべく国産の安心して使えるものが良い、というものは多いですが、 排卵検査薬は体に影響するものではないので、私は産地は全く気になりません。 私の中ではwondfoかDAVIDのどちらかを使います。 実際に使ってみたので使い方など紹介しています。 生活や自分の性格に合わせて選べると良いので、おすすめの基礎体温計をまとめてみました。 衛生面や値段、使いやすさなどが気になりました。

次の