マゴチ 食べ 方。 マゴチのさばき方 マゴチの刺身

【マゴチ】ルアー釣りの定番!特徴から生態、食べ方までを紹介

マゴチ 食べ 方

マゴチの頭部にハの字をした骨があり、そのハの字の上部にアイスピックなどで穴を開けます。 すると脳が破壊され、マゴチの動きが大人しくなります。 そうすることで、血抜きの作業がしやすくなります。 また脳締めの後しばらくの間、心臓は動いており、停止する前に完全に血抜きを行うことがポイントです。 エラ膜と尾を切る まず両側のエラ膜を切断します。 エラ膜は分かりにくいですが、エラ蓋をめくり腹部側から背骨に向かって、一番太い動脈を切ります。 そうすることで血液を放流する出口を作り、効率よく血抜きを行います。 次に腹部側を表にし、尾に切り込みを入れ、動脈を切断します。 このようにエラ膜と尾を切ることで、血液が流れる出入り口を作ります。 海水につける バケツに入れた海水につけて血液を放流します。 つける時間の目安はマゴチを持ち上げ、体から血液が混じった水滴が落ちなければ良いです。 充分に血抜きができている証拠です。 血抜き後、魚体の体温は上がるため海水で冷やす必要があります。 かといって、氷水などで冷やすと身が硬くなるので海水くらいの温度がちょうど良いです。

次の

マゴチの締め方をご紹介!美味しく持ち帰る為の手順や必要な道具も!

マゴチ 食べ 方

もくじ• マゴチとは 茶色い体色に平たい形、大きな頭が特徴のマゴチ。 宮城県以南の砂泥地に生息すると言われてます。 食性は肉食性で、近くに来た、小魚や甲殻類を俊敏な動きで捕食します。 あまり数が釣れないためか、鮮魚店やスーパーのお刺身コーナーなどではマゴチをみたことがないです。 地域や時期によっては見かけることもあると思いますので、手に入ったらぜひ食べてみてください。 捌き方は下の方で紹介しているので、1匹まるまるの場合は参考にしてみてくださいね。 マゴチが釣れるポイント・場所・時間帯 マゴチは砂地に生息しているため、砂が多いポイントで釣るのが基本です。 ヒラメがいるサーフなどのポイントや河口付近などで釣れます。 また、キスなどがいるポイントでもマゴチが釣れ、キス釣りでキスが釣れている途中でマゴチがキスに食いついてくることも多いみたいです。 また、 マゴチは、朝まづめ、夕まづめ、明るい時間帯の釣果が多いです。 ですが、夜でも釣れる魚で、夜の方が大型のマゴチが釣れるとも言われています。 マゴチの釣り方 マゴチはアタリがわかりづらいので、違和感があれば合わせてみましょう。 また、 口が硬いので少し強めにフッキングするといいでしょう。 やりとりの際、途中でヘッドシェイク(水面から頭をだして大きく横に振って針を外そうとする行為)を、する魚なので、その時はロッドを下げるとバレにくいです。 また、ランディング(魚を取り込むこと)の際に、急に一気に沖へ走ろうとすることもよくあるので、近づいてきたらドラグを緩めておくと、ラインが切れてばれることもなくなります。 無理してランディングせずに、走りそうだったら走らせましょう。 エサ釣り マゴチはフィッシュイーターでもあるので、 小魚や甲殻類をエサにして釣ることができます。 私自身は小さなカニをエサにして何回か釣ったことがあるので、 カニをエサにして釣ることもオススメします。 カニは現地で捕まえて調達するか、釣り具屋さんで1匹数十円で売っているので購入するといいでしょう。 美味しい食べ方・料理 とても美味しい魚なので、刺身でも火を通した料理でも美味しく食べることができます。 綺麗な白身で、旨味が多いマゴチの特徴です。 刺身 刺身の場合は皮を引いて、薄造りにして食べるのが定番です。 醤油、またはポン酢、もみじおろし、ネギと一緒に食べると美味しいですよ。 唐揚げ 美味しい魚なので、火を通しても美味しいです。 鶏の唐揚げを作る要領で、醤油、酒、生姜などで味付けし、小麦粉をつけて油で揚げると、美味しいマゴチの唐揚げができますよ。 天ぷら マゴチの天ぷらも定番ですね。 写真だと右上あたりがマゴチの天ぷらですが、一緒に揚げた鶏胸肉の天ぷらが柔らかくジューシーで予想以上に美味しかったため、マゴチの美味しさが薄れてしまいました。 笑 もちろんマゴチも美味しかったですが。 コツのいらない天ぷら粉だと、簡単に作れますよ。

次の

マゴチの鮮度を最高に保つ!血抜きと神経締めの方法まとめ【動画あり】

マゴチ 食べ 方

スポンサーリンク まずはマゴチの捌き方! マゴチはその個性的な魚体ゆえ、ちょっと捌き方も違います。 でも難しくはないです! まずは鱗取り。 そのあとは背ビレをハサミで落としていきます。 ちょきちょきと。 尾びれも。 次に胸ビレの後ろから包丁を入れていきます。 卵や内臓に傷をつけないよう気をつけてください。 次はマゴチを横に立ててまた胸ビレの後ろから背骨に向かって斜めに包丁を入れます。 これを両側やります。 そして頭と身体を持ってばきっと背骨をわり、内臓を取り出します。 わーお。 ドゥルドゥル。 内臓は捨ててあら汁用の頭、身体、卵に分けられました。 次はマゴチを3枚おろしに まず背骨に沿って縦に包丁を入れます。 このまま包丁を少しずつ入れて片方の身をまずは落とします。 次にマゴチを横にします。 前の手順で片面背骨になってるので次は寝かせて落とせます。 そのまま煮詰めたら、 完成!とても簡単です。 今回は洗いにしますので、少し身をキュッと引き締めていただきます。 尾の方から斜めに包丁を入れて刺身状にします。 刺身状にしたら流水で洗い流します。 キンキンの氷水を事前に用意しておきましょう。 洗ったマゴチの身を投入! 少ししゃぶしゃぶしたらザルにあげます。 マゴチのあら汁 頭からいいダシが出ますので、 頭を割って、背骨と一緒にお鍋へ。 お醤油を加えれば完成です!味噌を入れてお味噌汁にしてももちろん美味しいです。

次の