ドコモ 光 本人 確認 書類。 【2020年版】ドコモ光は未成年名義でも契約可能?同意書が要るかも解説

ドコモ光の名義変更がしたい!手続きに必要なものや覚えておくべき注意点を解説

ドコモ 光 本人 確認 書類

都道府県公安委員会発行で 有効期限内であること。 運転免許証の住所と現住所が違う場合には、補助書類が必要です。 健康保険証 氏名、 生年月日、 現住所が記載。 支払方法がクレジットカードの場合、補助書類は不要。 住民基本台帳カード 顔写真、 氏名、 生年月日、 現住所が記載で 有効期限内であること。 支払方法がクレジットカード、キャッシュカードの場合、補助書類は不要。 発行日から3ヶ月以内であること。 (マイナンバーの印字があるとNGです) 公共料金領収書 (電気・都市ガス・水道など) 氏名、生年月日、現住所が記載。 発行日から3ヶ月以内であること。 または発行日(口座引き落とし日)の記載がある口座振替済み通知書に限る。 マイナンバーカード(個人番号カード)の場合、補助書類は不要。 住民基本台帳カード 顔写真、氏名、生年月日、現住所が記載で 有効期限内であること。 支払方法がクレジットカード、キャッシュカードの場合、補助書類は不要。 発行日から3ヶ月以内であること。 (マイナンバーの印字があるとNGです) 公共料金領収書 (電気・都市ガス・水道など) 氏名、生年月日、現住所が記載。 発行日から3ヶ月以内であること。 または発行日(口座引き落とし日)の記載がある口座振替済み通知書に限る。 (会社と来店者との関係を確認します) 社員証.

次の

ご注意事項

ドコモ 光 本人 確認 書類

ドコモで新規契約をしてみたら、後日突然ドコモから簡易書留が送られてきて驚いた、という経験がある方はいらっしゃらないでしょうか。 多くはないと思いますが、一定数はいると思います。 その簡易書留の正体を最初にお伝えしておくと、新規契約後に必ず送られてくる、「 ご契約内容確認のお願い」のはがき、一般的に「 サンキューレター」と呼ばれているものです。 ドコモだけでなく、他キャリアでも送られてくることがあります。 ドコモの場合には、新規契約直後に必ず送られてくるはがきなのですが、 通常は普通郵便で送られてきます。 受け取る側からすると大した内容を含んでいるものでもないので、それほど気にも留めず、送られてきた事実さえ覚えていないという人も多いと思います。 ただ、 ある条件を満たすと簡易書留で送られてくるため、実際にそれに該当した人からすると、「どうしてこんなものがわざわざ簡易書留で送られてくるの?」と思ってしまいがちな内容でもあります。 今回このサンキューレターが、 簡易書留で、しかも新規契約直後ではなく、約2週間後に私の自宅に送られてきました。 あまりにも遅れて送られてきたため、心当たりが咄嗟に思い浮かばず、「 まさか何者かに自分の名前を使って不正契約されたのか!?」などと一瞬本気で思ってしまったほどです。 ということで、今回は、何故数日で送られてくるはずのサンキューレターがこんなにも遅れたのか、簡易書留で送られてくるケースはどういうケースなのか、本当に不正契約ではなかったのか、サンキューレターの詳細や注意点に関しても合わせて解説していきます。 ドコモのサンキューレターは新規契約直後に必ず送られてくる ドコモのサンキューレターがそもそもなぜ新規契約後に送られてくるのかというと、一般的には単純に「ご契約ありがとうございます」という意味合いと、「念のため契約内容を確認してほしい」という簡単な確認の意味合いを含みます。 が、これが 簡易書留で送られてきた場合、それに加えて、 本当に契約した住所に契約者本人が住んでいるのかを確認する意味合い、が、加わります。 つまり、 不正契約防止のため、ということです。 では、具体的にどういうケースの時に簡易書留で送られてくるのかというと、おそらく一番多いのが、ドコモオンラインショップで新規契約をし、運転免許証などの本人確認書類をアップロードせず、宅配員の目視確認で手続きをした場合などが該当します。 その他にも、店頭で契約したものの、本人確認書類が運転免許証などの1点ものでなく、1点では確認が弱いため、補助書類を必要とする書類で契約したようなケースに送られてくるようです。 具体的なケースは未確認です。 具体的にどういう内容のはがきが送られてくるのかというと、以下の通りです。 普通郵便で送られてきた場合も、簡易書留で送られてきた場合も、基本的に中身は変わりません。 「ご契約内容確認のお願い」とされており、新規ご契約内容の確認として「契約日」、「契約者名」、「契約者住所」、「契約電話番号」の4点が記載されています。 普通に考えて間違っていてはおかしい部分なので、一瞬で確認はできると思います。 サンキューレターの役割は、しっかり受け取りが完了し、内容の確認が終われば、この時点で完全に終了します。 が、簡易書留で送られてきた場合には宅配ボックスに残してくれたりはしませんので、本人または家族が受け取らなければ、一旦持ち帰られてしまいます。 そして受け取らない状態が長く続けば、一旦ドコモに返送されてしまい、契約者住所で本人が住んでいる確認が取れなかった、ということで、最悪の場合契約を止められてしまう可能性があります。 「どうせサンキューレターだろ、受け取れなくてもいいや」と甘く考えると面倒なことになってしまいます。 サンキューレターが簡易書留で送られてきた場合には、必ず受け取らなければなりません。 その他、サンキューレターの右側には「8日以内キャンセル」について、という内容が記載されています。 電波状況が極端に悪かったり、店頭契約の場合に説明を受けた内容が異なる場合に実施することができますが、「気が変わったからやめたい」とか、「スマホの色や機種が他の方がよかったから一旦キャンセルしたい」というような内容ではキャンセルできませんので注意が必要です。 電話番号に心当たりがない! 見慣れないサンキューレター記載の電話番号の正体 無事サンキューレターを受け取ることができたなら、当然中身をとりあえず確認すると思います。 契約者名や住所は問題ないと思いますが、よく引っかかる点が一つ。 それは、「 ご契約者電話番号」です。 ちなみに私も今回、「 あれ? これって何の電話番号だろう?」と一瞬思ってしまったくらいなので、ドコモの契約の仕組みに慣れていない方はなおさらだと思います。 ちなみに、これが 音声通話用回線の新規契約の場合は、まだ心当たりにすぐ気づけるケースが多いと思います。 何故なら、自分や家族が利用する音声通話用の電話番号は、教えたり教えてもらったりすることで、何回かは目にしている可能性があるためです。 一方で、 心当たりにほぼ気づけないと考えられるのが、タブレットやiPadの契約の場合です。 今回の私もこのケースでした。 普通、タブレットやiPadに電話番号があるなんて、あまり考えなかったりするものです。 電話をするために契約したわけじゃないですしね。 しかし、SIMカードが存在している限り、電話番号は必ず存在しています。 そしてドコモの契約がある限り、SIMカードは存在しています。 存在してはいるものの、タブレットやiPadの場合、特にWi-Fi利用がメインの場合には別に必要性がないので、確認もしていなかったりします。 結果、サンキューレターが送られてきて確認して、「あれ? 何の番号?」となります。 確認をするためには、送られてきたSIMカードをタブレットやiPadに入れた状態で、自局番号の確認をするといいでしょう。 サンキューレターが2週間も遅れて届いた原因 今回私がiPad miniをドコモオンラインショップで契約し、自宅に届いたのが、4月5日か6日頃でした。 その受け取りの際に、運転免許証を提示し、本人確認を済ませています。 ですが、サンキューレターが届いたのは、約2週間後の4月19日でした。 その頃には私の中でiPad mini関連の処理はすべて完了したものになっていたため、「まさか不正契約!?」などと思ってしまったわけです。 では今回、何故これほどまでにサンキューレターの到着が遅れたのでしょうか。 実はすべて、私自身のせいでした。 新規契約後、新しく送られてきたSIMカードが手つかずのままだったのです。 つまり、開通処理を実施していなかったんですね。 新規契約時に一緒に送られてくる、「商品お受取後の設定について」の「開通(利用開始の手続き)」にこうあります。 新規(追加)契約のお客さまは、商品出荷日から起算して15日以内、機種変更のお客さまは商品出荷日から起算して20日以内に行ってください。 当該期間内にご利用手続きをされない場合、お客さまへの通知なくドコモにて自動的に開通手続きをとらせていただきます。 間違いないです。 これです。 私はiPad miniをWi-Fiでのみ利用しているので、SIMカードの必要性がなく、開通手続きをしないまま忘れて放置していたわけです。 結果、15日を超えて自動的にドコモにて開通手続きが実施されたのがおおよそ2週間後だった、ということです。 開通手続きが実施されたあと、ようやくサンキューレター発送が実施されたため、実に2週間ほどもサンキューレターの到着が遅れた、というわけですね。 事実、契約日が4月19日になっていたので、iPad miniが届いた約2週間後であることがわかります。 わかってしまえば単純な話でした。 納得です。 サンキューレターを巡るトラブル/届いては困る方は要注意 せっかくサンキューレターについて取り上げたので、もう一点、関連した話題に触れておきます。 サンキューレターによるトラブルについてです。 サンキューレターは、通常郵便、簡易書留に関わらず必ずドコモの新規契約を実施した場合には送られてきます。 そして、この郵送は止めることができません。 ということはどういうことかというと、 同居の人に知られてはまずい契約を隠すことができない、ということです。 そもそも「同居の人に知られてはまずい新規契約」というもの自体、後ろ暗い部分を含むのであまりいいものではないと思うのですが、サンキューレターが届くことを知らずに家人に秘密で契約をした場合、サンキューレターによってあっさり秘密が露見する可能性があります。 不要なトラブルを避けるため、ドコモで新規契約をしたら必ずサンキューレターという「 ご契約内容確認のお願い」が届く、という事実を、頭の片隅に置いておくようにしましょう。

次の

ドコモ光の名義変更する際の手数料や電話番号は?手順を解説

ドコモ 光 本人 確認 書類

未成年でもドコモ光は契約できる 家族で生活している場合などはこういった契約は保護者、世帯主などが契約者となるのが一般的です。 保護者と同居している子ども名義で契約するということはほとんどないでしょう。 しかし、高校を卒業して就職のために家を離れて一人暮らしをする、大学進学のために家を出て一人暮らしをするという人もいます。 こういった場合、年齢が18歳や19歳といったことが多いのです。 ドコモ光では「20歳未満」を「未成年」として定義しています。 そうするとこういった18歳や19歳は未成年ということになるのです。 結論から言えば、ドコモ光では「 未成年でも契約は可能」です。 ただし、小学生以下の未成年は契約できません。 また、契約できる場合でも 一定の書類が必要となります。 未成年が契約する際に必要になる書類 未成年がドコモ光を契約する際には必ず以下の書類が必要となります。 未成年者の本人確認書類• 親権者の同意書• 親権者の本人確認書類 まず契約する本人である 未成年者の本人確認書類が必要となります。 運転免許や健康保険証、マイナンバーカードなどを提出するようにしましょう。 そして未成年者が契約する際には 親権者の同意書と本人確認書類が必要となります。 まず親権者の同意書ですが、• ドコモショップ• 公式ホームページからダウンロード「親権者の同意書PDF] のどちらかの方法で手に入れることができます。 この 同意書は必ず親権者が記入する必要があります。 「法定代理人欄」には親権者の情報を記入し、「契約者欄」にはドコモ光を契約する未成年者の情報を記入します。 この同意書と 親権者の本人確認書類が必要となります。 この本人確認書類としては、• 運転免許証• マイナンバーカード• 健康保険証• 住民基本台帳カード(顔写真付)• 在留カードか外国人登録証明書 といったものがあります。 契約時の注意点 こうした光回線の契約によっては、ドコモ光の公式キャンペーンや申し込み窓口によって受けられる窓口限定キャンペーンなどがあります。 公式キャンペーンについては、インターネットで代理店経由、ドコモショップ、公式HPなどどこから申し込んでも受けられるのですが、窓口限定キャンペーンはその申し込み窓口のみの適用となるため注意が必要です。 人気のものとしては、• プロバイタによるキャッシュバックサービス• Ai-Fiルーター無料レンタル(プロバイダによる)• ネット代理店によるキャッシュバックサービス• 家電量販店による商品券サービス• ドコモショップによる商品券サービス といったものがあります。 ドコモ対応のプロバイダである「GMO」ではオプションなどに加入することでかなりのキャッシュバックを受けることができます。 また、家電量販店などのショップでのサービスとしては以下のようなものがあります。 店舗名 サービス内容 ヤマダ電機 ・dポイント10,000円分 転用の場合は対象外となる ・ドコモ光電話への加入でdポイント5,000円分 ・テレビオプションへの加入でdポイント5,000円分 ・JCB商品券10,000円分 ・ひかりTV for docomoへの加入でdポイント2,500円分 ・テレビターミナル+ひかりTV for docomoへの加入でdポイント11,000円分 ・テレビターミナル+ひかりTV for docomoへの加入で15,000円分のJCB商品券 ビックカメラ ・dポイント10,000円分 転用の場合は対象外 ・ドコモ光電話への加入でdポイント5,000円分 ・テレビオプションへの加入でdポイント5,000円分 ・開通後に「開通証明書」を店舗に持ってきたらビックカメラ商品券10,000円分 ヨドバシカメラ ・開通後に「開通証明書」を店舗に持ってきたらJCB商品券10,000円分 ・テレビターミナル+ひかりTV for docomoへの加入でdポイント13,500円分とJCB商品券15,000円分 ケーズデンキ ・dポイント10,000円分 転用の場合は対象外 ・ドコモ光電話への加入で5,000円分のdポイント ・テレビオプションへの加入でdポイント5,000円分 ・開通後に「開通証明書」を店舗に持ってきたら現金10,000円 ジョーシン ・開通後に「開通証明書」を店舗に持ってきたらジョーシンポイント10,000円分 多くのプロバイダではインターネットから契約の申し込みをすることができるのですが、未成年の契約時に注意しなければいけないのは、「 インターネットからの契約では親権者の同意書や本人確認書類が確認できない」ということです。 そのため、未成年者がドコモ光の契約をするにはドコモショップに来店することになるのです。 未成年契約の場合の支払い方法は 未成年の契約は親権者の同意書や本人確認書類があれば可能なのですが、支払いに関してはどうでしょうか。 まず考えられるパターンとしては以下のものがあります。 ドコモ光の「契約」も「支払い」も未成年者• ドコモ光の「契約」も「支払い」も親権者• ドコモ光の「契約」は未成年者で「支払い」は親権者 ここではそれぞれのパターンの支払いについて紹介していきます。 ドコモ光の「契約」も「支払い」も未成年者 一人暮らしをしている未成年者の場合は多いパターンです。 未成年者の名義で契約を行い、毎月の支払いもその未成年者の口座から行うというものです。 一人暮らしを始めたばかりの未成年者にとっては大きい支払いになるかもしれませんが、わかりやすさという点ではこの方法が一番わかりやすいかもしれません。 ドコモ光の「契約」も「支払い」も親権者 これは未成年者が契約をするというテーマからは外れる方法になります。 ドコモ光の 契約を親権者が行い、その支払いも親権者が行う。 そして実際にドコモ光を利用するのは未成年者というパターンです。 このパターンでは、契約をするのが親権者ですので親権者の同意書や 本人確認書類が必要になりません。 また、親権者が契約することになりますので、普通の申し込みとなるため、プロバイダなどの代理店からインターネットで申し込むことが可能となるので 窓口限定キャンペーンも利用することができます。 キャッシュバックのキャンペーンなどを利用できるのでかなりお得になります。 未成年者が成人して自分で支払いも問題なくできるようになったら名義を変更することも可能となっています。 「契約」は未成年者「支払い」は親権者 契約は未成年の名義で行うが、支払い能力などに不安がある場合は支払いを親権者が行うことができます。 ドコモ光では契約時に支払者を親権者に指定することができるので、未成年者は支払う必要がないというものです。 自分で支払いが可能になれば、支払う人を変更することもできますので、契約者の収入が安定してくれば変更するのも良いでしょう。 まとめ ドコモ光では小学生以下では契約することができませんが、それ以上の年齢の未成年者は 親権者の同意書や本人確認書類があれば契約することが可能となっています。 支払いに不安がある場合は、支払いは親権者に指定することもできますので、状況に応じて契約の内容を調整するのが良いでしょう。

次の