君 に 届け 映画 キャスト。 君に届け : 作品情報

映画『君に届け』作品情報(あらすじ・キャスト)

君 に 届け 映画 キャスト

君に届けのネタバレあらすじ 【起】 - 君に届けのあらすじ1 黒沢爽子は高校1年生の少女です。 爽子は見た目が暗いという理由で、特に何もしていないのに周囲から〝貞子〟というあだなで呼ばれ、呪われるとか霊力があるとかと言われて恐れられています。 しかし爽子は本当は、見た目とは異なり実はけなげないい子でした。 周囲のことを優先して考えるため浮いてしまって、他人にうまく意思疎通が図れないだけでした。 爽子と同じクラスに、風早翔太という男の子がいました。 翔太は爽子とは対照的で、誰とでも明るく接することができる少年です。 爽子に対しても皆と変わりなく明るく接してくれるので、爽子は翔太に憧れと尊敬の念を抱いていました。 【承】 - 君に届けのあらすじ2 翔太は、爽子の風貌に惑わされることなく、爽子が実はいい女の子なのだということに気づいています。 そして翔太は、爽子に特別な感情を抱いていました。 ある日、肝試しをきっかけに、爽子はクラスメイトの千鶴とあやねと親しくなります。 千鶴は義理と人情に厚いのですが、涙もろい一面を持つ少女です。 そしてあやねは常に沈着冷静で、礼儀正しい女の子でした。 千鶴と幼馴染みの龍も、爽子に声をかけてくるようになります。 女友達が2人もでき、自分の気持ちを話せることができて爽子は嬉しい時間を過ごしました。 しかしある時、他のクラスメイトが交わす会話を聞きます。 爽子といることで、千鶴やあやねや龍の株が下がるというのです。 【転】 - 君に届けのあらすじ3 自分のせいで3人に迷惑をかけていると思った爽子は、千鶴やあやねや龍と距離を置こうと考えました。 爽子の急な態度の変化に千鶴とあやねは戸惑います。 さらに爽子が自分たちの悪口を言っているという噂も流れたため、真偽を問おうとしました。 その頃、爽子は千鶴やあやねの株が下がると言った同級生とトイレで出くわし、彼女らの悪口を取り消せと口論しました。 翔太がこれを千鶴とあやねに知らせ、2人はトイレに行きます。 これで2人と爽子の仲は元通りになりました。 そして爽子は翔太に恋をしていることを自覚します。 そんな爽子の前にライバルが出現しました。 翔太のことを中学時代から好きな女の子・胡桃沢梅、通称・くるみです。 【結】 - 君に届けのあらすじ4 くるみは爽子への牽制の意味で、翔太が好きなので協力してほしいと持ちかけます。 くるみは爽子になれなれしく接し、翔太と引き離そうとしました。 千鶴とあやねはくるみの画策に気付きます。 くるみに詰め寄った2人によって、くるみが爽子の噂や悪口のすべての元凶だと分かりました。 それでも爽子はくるみのことを嫌いになれません。 爽子は翔太に告白されますが、断ります。 自分に自信がないからです。 それを知った龍は「自分を信じないということは、爽子を好きだという他の者を信じないのと同じことだ」と言い、爽子は揺れました。 爽子の誕生日である大晦日、爽子は翔太に会いに行って気持ちを伝え、付き合うことになりました。

次の

君に届け

君 に 届け 映画 キャスト

君に届け映画化決定!! キャストは爽子役多部未華子 風早役、三浦春馬 どう思いますか? 私は実写化自体 ありえないし爽子のちょっとズレタ健気さや見た目 風早の爽やかさは誰もできないと思います 多部さんは 思い込みが激しい役がにおうと思うんですよ 年齢もありえないと思います 高1の役とか20以上はやらないで欲しい 真央ちゃんもやりましたけど、多部さんって顔が大人っぽいじゃないですか ガッキーじゃないかって噂もありましたがガッキーは某映画を最後に制服は着ないといっていたので分かってはいたんですが ガッキーと比べると月とすっぽんにしか思えません 可愛すぎたんでしょうね、ガッキーは・・・ 春馬君だって爽やかじゃないし どちらかといえば熱い役の方がにおうかなーっておもいます もし岡田君のほうが爽やかかも・・・・と思ってみたり 君届ファンとしてはすごく悲しいですがもし皆さんなら誰にやってほしいですか? PS どうして実写化するか不思議で溜まりません 人気なのは分かるけど合うキャストすらいないのに ムカつきます 激しく同感です。 漫画で感じ取り、興奮したり悲しくなったりしたことが この映画を見ることによってぶち壊しになる気がします。 まだきちんとした情報はあがっておりませんが、 彼らに漫画の中の風早くん・爽子を演じきれることは絶対に無いと思いますし、 実写化自体私はどうかと思っております。 アニメや漫画を実写化して失敗した例は数知れないほどありますし、 酷く言えば、毎回ドキドキしながら読んでいた読者を侮辱しているとも取れます。 ですが、彼らが君に届けという漫画をどこまで表現しきれるかというところも見物ですね。 大きな期待はしていませんが、残念なものだったらそこまでの演技者。 みんなを喜ばせる作品だったら、私達の予想を遥かに超える人だったということになりますね。 長々と偉そうに失礼しました。 私も映画化決定!を知ったときは正直いやでした。 原作が好きで実写になったものを見てがっかりしたことが何度かあるので、 また「君に届け」は大好きな作品なので、怖かったんです。 爽子も風早くんもだれがするのか想像できませんでした。 でも今回キャストが多部さん、三浦くんに決まったと知って、ちょっと意外でしたが、誰がいいかといわれると答えられません。 私のイメージ通りの人を思いつきません・・・。 でも製作側はとても真剣にファンのことを考えて作ってくれるだろうと感じました。 二人とも演技に定評がありますし・・・・・。 多部さんも今までのぶっ飛んだ元気なイメージを 一新できるのではないでしょうか。 三浦くんもこれまで幅広い役を演じてこられたので、 爽やかな風早くん役にも期待したいです。 もちろん私のイメージとは違ったものになると思いますが、 人それぞれイメージは違うと思うし、 100人いたら100通りのイメージがあるはずです。 だから漫画と映画は別物と考えて、 多部さんの爽子、 三浦くんの風早くんも 楽しみに待ちたいと思います。

次の

君に届け : 作品情報

君 に 届け 映画 キャスト

メインキャラクター 黒沼爽子 「貞子」と小学生の頃に呼ばれて以来、霊感があると噂が広まり周りから怖がられることになりました。 爽子自身は全く霊感はなく、むしろとても純粋、前向き努力家という女の子で。 普段は人の役に立ちたいと過ごしており、些細なことにも人にとても感謝しています。 一日一膳を目標に日々を送っていました。 努力して明るく振る舞おうとしますが、笑顔がへたくそで、クラスになじむことができません。 しかし風早たちと出会うことで少しずつ変化が現れました。 そして風早に憧れているうちにそれが恋心に変わっていきます。 風早翔太 クラスの中心人物で爽やかでフレンドリーな性格から男女ともに人気者の人物です。 そんな人気者の風早ですが爽子に対しては唯一独占欲を持ちます。 みんなには平等に接していますが、風早は爽子を出会った時からは特別視しています。 そして徐々に爽子への恋心は大きくなっていきす。 人気者の風早ですが、融通が利かない、自分のも他人にも厳しいという一面があります。 キャスト 黒沼爽子:多部未華子 「HINOKIO」「青空のゆくえ」で第48回ブルーリボン賞新人賞受賞後、「山田太郎物語」でドラマ初主演を務めました。 そして2009年には「つばさ」で朝ドラデビューを果たしました。 風早翔太:三浦春馬 2006年に放送された「14歳の母」でヒロインの恋人役を演じ、とても注目を浴びることになりました。 続いて大ヒット映画「恋空」で主演を務め第31回日本アカデミショー新人俳優賞を受賞しました。 矢野あやね:夏菜 2009年に実写映画化された「GANTZ」に出演したことにより注目を浴びました。 2012年委は「純と愛」で朝ドラヒロイン役に抜擢され、さらに飛躍しました。 女優業以外にもタレントとして活躍しておりバラエティ番組にも多数出演しております。 吉田千鶴:蓮佛美沙子 「転校生-さよなら あなた-」で映画初主演を務め、2007年には「ガラスの牙」でテレビ初出演初主演を務めました。 また「バッテリー」や「べっぴんさん」などにも出演しております。 あらすじ この物語の主人公である黒沼爽子はとても見た目が暗く、まるで「貞子」のような容姿をしていました。 そのためクラスメイトからも「貞子」と呼ばれ恐れられていました。 爽子はとても純粋で素直な性格のため一日一膳をモットーに過ごしていました。 しかし爽子は周りのことを考えすぎてしまい、裏目に出てしまうので、クラスの人たちともうまくコミュニケーションが取れませんでした。 そのためどんどんクラスから浮いてしまいました。 一方でクラスの中心人物の風早翔太は爽子とは正反対の人物と言っていいほどクラスの人気者でした。 風早はとれもフレンドリーな性格をしており、誰とでも仲良くなれる性格をしていました。 そしてそれは爽子に対しても、変わりませんでした。 そんな風早に爽子は尊敬し憧れました。 友達がいなかった爽子ですがクラスで開催した肝試しをきっかけにクラスメイトの女の子と仲良くなることができました。 そして風早は爽子と触れ合っていくうちに爽子に惹かれていきました。 爽子は毎日が楽しく過ごせるようになる一方で、それを気に入らない人物もいました。 爽子も風早に恋愛感情が芽生えたことに気付きますが、風早のことが好きな女の子が爽子の前に現れます。 そして協力するようにと言われてしまします。 そして爽子のことを気に入らない人たちによりいじめにあってしまいます。 いじめの主犯は爽子に協力を求めた女の子でした。 しかし爽子はそのことを知ってもその女の子を許すのでした。 そして風早は爽子に告白をしました。 爽子は風早の想いに喜びますが、断ってしまします。 風早のような完璧な男の子は自分にはもったいなさすぎると感じていたからでした。 風早の親友が爽子に「自分を信じないということは、自分自身を好いてくれる、すべての人のことを、信じない。 それと同じことだ」とアドバイスされました。 そして爽子は改めて風早に想いを告げ二人は結ばれることになりました。 見どころ 二人の恋愛模様も見どころですが、友情や学園生活も一つの見どころとなっています。 主人公を演じたのが大人気女優の多部未華子で、相手役の男の子を三浦春馬が演じています。 そして「君に届け」のメガフォンを取ったのは熊澤尚人が監督を務めています。 原作の魅力を十分に引き出し見どころ満載の映画となっています。

次の