ミズノ アイアン 520。 「120」「520」「920」どれがいい? Mizuno Proアイアン3モデルを比較試打

カスタムオーダー専用クラブ「ミズノプロ」アイアンの新製品発売|ゴルフサプリ

ミズノ アイアン 520

ヴィクトリアゴルフ世田谷店 佐藤です。 『Mizuno Pro 520 アイアン』の印象をお伝えします。 『Mizuno Pro 520 アイアン』は、発売前から多くのお客様を虜にしています。 マッスルバックのアイアンのように薄く、顔も良いです。 いわゆる小顔なのです。 コンパクトなアイアンが好きなお客様は多いので、これだけで気に入るケースもあります。 一見しただけでは、難しいクラブだと思いますが、実は打ってみればやさしいのです。 弾道も、高さも十分で強いボールが出ます。 『Mizuno Pro 920 アイアン』が一番やさしいアイアンだということで、試打を市に来店したお客様が、『Mizuno Pro 520 アイアン』を試してみて、同じように打ててしまうこともよくあるのです。 『Mizuno Pro 520 アイアン』は、打点が多少ブレても、パワーがあるゴルファーほど弾道が安定して、ミスになりにくいという特徴があります。 市場にあるアイアンは、アップライトなライ角のものが多いので、『Mizuno Pro 520 アイアン』はフラットなライ角が選べるのが良いのです。 身長が低いゴルファーには、他にはない最適なアイアンになります。 実際に打ち込んでみると、ダフリに強いことも『Mizuno Pro 520 アイアン』の強みだと思いました。 ダフっても、きれいに抜けます。 『Mizuno Pro 520 アイアン』は、良いアイアンです。 個人的に大好きです。 やさしいのに、抜群なコントロール性能を持っているアイアンが欲しいゴルファーにオススメです。 あまり目立ちませんが、ロングアイアンとミドルアイアンのトウ側にタングステンが入っていることが、弾道を安定させることに役立っています。 『Mizuno Pro 520 アイアン』は見事です。 上級者だけではなく、幅広いゴルファーが打てるアイアンです。 フィッティングを受けて、『Mizuno Pro 520 アイアン』を打ってみて欲しいです。

次の

Mizuno Pro 120・520・920アイアンの最新情報!カスタムオーダー専用クラブ!

ミズノ アイアン 520

軟鉄鍛造でこの形状 軟鉄鍛造。 プロが使うアイアンといえば、ほとんどがこの製法で作られ、誰もが憧れるアイアンと言っても過言ではないだろう。 打感がよくて、一度でも芯を食った当たりが出せれば、 軟らかい感覚が手に耳に残り、ゴルファーを虜にしてしまう。 しかしながら、鉄がぎっしりと詰まったアイアンヘッドは自然とコンパクトな形状となり、操作性は高いものの、難しくなってしまう……。 さらにはアイアンにもやってきた飛距離ブームにもより、複雑なヘッド形状を作りにくい鍛造製法は、重心位置の自由設計度が低く、ストロングロフト化に合わない……。 そんな軟鉄鍛造アイアンのイメージを払拭し、新しい時代のフォージドとして誕生したのが「ミズノプロ920」だ。 素材には強度が高い「軟鉄ボロン鋼」を採用。 「デュアルT-スロット加工」と呼ばれる最新の鍛造製法でキャビティの内部を極限まで広くし、なんと前モデルの「ミズノプロ918」の2倍近い余剰重量を生み出した。 写真上からミズノプロ920、520、120 さて、新しい時代の鍛造アイアンの実力はどんなものなのか? 「920」に加え、キャビティ部分にチタンが複合されたチタンマッスルの「520」と、手嶋多一をはじめとした契約男子プロが好成績を収めている当たり前「120」を藤原慶昌プロにテストしてもらった。 【試打/藤原慶昌プロ】シンプルで明快な理論でジュニアを中心にレッスン活動。 クラブにも造詣が深い。 パーフェクトゴルフアカデミー所属 「『920』はやさしくて飛びます。 ヘッドの作り方はさすがミズノで、つかまりやすいのにつかまりすぎず、ストレートに構えやすい形状 をしています。 『120』は美しい仕上げで、ドロー、フェードが打ち分けやすいですね」(藤原プロ) 920のここがいい!

次の

カッコいいのに、やさしい。ミズノプロ920/520/120アイアン|ゴルフサプリ

ミズノ アイアン 520

『ミズノプロ520 アイアン』は、ミズノが2019年の9月20日に発売したクラブです。 前モデルの『ミズノプロ518 アイアン』は、特に女子ツアーにおいて勝率ナンバーワンアイアンになりました。 すごい実績です。 それを超えるアイアンになる宿命を背負って、『ミズノプロ520 アイアン』は登場しました。 『ミズノプロ520 アイアン』は、カスタム専用オーダーモデルとしてのこだわりが詰まっています。 まず、バックフェースを見て、形状が中空構造みたいだと感じるかもしれません。 名器『TN-87』を想起させるバックフェースの形状は、『ミズノプロ120 アイアン』とコンボセットを作りやすいようにという工夫の表れです。 もちろん、オールドゴルファーにとって、このバックフェースは、それだけで高機能であるように感じさせます。 一世を風靡した形状に、僕も興奮した一人です。 軟鉄鍛造ヘッドに穴を開けて、中空ではなく、チタンを配置することで軽くして、余った重量を他に配分する構造です。 それで、中空構造の感触ではなく、ソリッドな感触を出しているのです。 ミドルアイアンで、12グラムのチタンを入れて、スタンレスでフタをしています。 トウ側に10グラムのタングステンも入っています。 打点がばらついても、飛距離に影響しない工夫です。 ショートアイアンは、10グラムのチタンのみで、タングステンは未装着です。 『ミズノプロ520 アイアン』は、ソール幅を増やして、より低重心化しました。 これは、バッグに入っている印象でやさしそうだという安心につながります。 そして、「銅下メッキ」です。 20世紀末まで、「銅下メッキ」は当たり前の加工でしたが、軟らかく感じるという科学的根拠がないということで消えてしまいました。 復活した「銅下メッキ」は、ミズノ独特です。 軟鉄鍛造のボディーがあって、ニッケル、銅、ニッケル、クロムと四層です。 これが、抜群の打感をさらに良くするそうです。 『ミズノプロ520 アイアン』は、ツアーモデルとして最先端のテクノロジーを詰め込んでいます。 それでいて、構えると、まさにツアーモデルです。 ネックの曲面の処理、トップブレードのライン、素晴らしいです。 『ミズノプロ520 アイアン』のロフトは7番で32度です。 いわゆるスタンダードなロフトに比べると2度の差しかないのです。 この辺りもツアーモデルです。 アイアンも飛ばしたいゴルファーを対象としていない、という強い意志を感じます。 試打したクラブは、4番~ピッチングウェッジ(PW)で、シャフトは「N. PRO MODUS3 TOUR120」のSフレックスでした。 動画を見てください。 7番アイアンを最初に打ちました。 135ヤード飛べば良いと考えて打ちましたが、グリーンの奥のカラーにキャリーして少しオーバーしました。 計測すると143ヤードキャリーしていました。 これは飛びます。 打音はミズノらしい小気味の良い単音で、澄んでいます。 やや音量が控えめかなぁ、と思いました。 打たれたボールは、初速感があります。 カップフェース構造のアイアンのようです。 打ち応えもしっかりしていて、軟らかさもあります。 弾道はロフトなりで高過ぎず、低過ぎない、強い弾道です。 『ミズノプロ520 アイアン』は、ナチュラルに振ると、ミドルアイアンはややフェードします。 ショートアイアンはストレートです。 振った感じと、球筋が合っています。 これは『ミズノプロ520 アイアン』の最大の強みです。 『ミズノプロ520 アイアン』で一番驚いたのは、ロフトよりも飛ぶことです。 クラシックなロフトのアイアンより1番手近く飛びます。 そして、シャープな感触は犠牲にしていないのに、やさしいのです。 ミスヒットに強く、どんなライからでも抜けが良いです。 個人的には、ミドルアイアンより、ショートアイアンが良かったです。 狙ったところに、ビシビシ止められる感じでした。 スピンの具合は、通好みです。 落ちたところに止まろうとする感じです、 『ミズノプロ520 アイアン』は、様々なタイプのゴルファーを満足させる完成度が高いアイアンです。 やさしいという意味で、多少のミスヒットはアイアンが助けてくれます。 でも、それは最小限です。 狙ったところに、狙った弾道で止めるために作られたのが『ミズノプロ520 アイアン』なのです。 高機能のツアーモデルが使いたいゴルファーに、『ミズノプロ520 アイアン』はオススメです。 また、パワーで飛ばすことに夢中になっていたゴルファーが、スコアメイクを優先するゴルフにシフトチェンジしたいと考えたときにも『ミズノプロ520 アイアン』はオススメです。 『ミズノプロ520 アイアン』は、カスタム専用オーダーモデルですので、フィッティングの結果で推薦されるゴルファーのためのアイアンです。 とはいっても、『ミズノプロ520 アイアン』は名指しで使ってみたいと考えてしまうアイアンです。 前モデルの『ミズノプロ518 アイアン』を超えられるか? という問いに、「間違いなく超えます」というのが『ミズノプロ520 アイアン』を打ってみてわかった答えです。

次の