奥歯 抜歯。 奥歯の抜歯後、放置するのは危険!?恐ろしい悪影響と、正しい治療法

奥歯がない

奥歯 抜歯

この症例の治療内容と料金、副作用(リスク)について 治療メニュー 遊離歯肉移植を伴う下顎臼歯部へのインプラント治療 治療内容 歯科インプラント治療とは、歯の抜けた部分のあごの骨に、デンタルインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に装着する治療法です。 この症例では、抜歯後、歯肉・歯槽骨の治癒を3ヶ月待ってから、インプラント治療を行っています。 さらに、2次オペの際に、口腔前提が浅く、頬粘膜が直接インプラント上部にくるために、上顎の口蓋部分から角化歯肉をインプラントの頬側に移植し、インプラント周囲の歯肉の安定度を向上させて、清掃性もよくなっています。 治療の副作用 (リスク) 手術の際には、下顎骨内の太い神経・動脈、隣在歯・周囲の歯槽骨を傷つけない様に、術前に、外科的・噛み合わせ的な側面から十分な診査を行います。 また、術後1〜2週間に腫脹・内出血などがおきることもあります。 まれに、インプラントが骨と結合せずに、脱落することや、治療中の仮歯、治療後のセラミックについては、欠けたり、外れることもあります。 歯槽骨・歯茎の状態によって、治療の難易度がことなるために、必ずしも同様の結果になるとは限りません。 治療価格 この症例は、2歯分の治療ですが、1歯分あたり、64万円〜70万円(歯槽骨・歯肉の状態・セラミックの種類などによって異なります) レントゲンから、左の2本の奥歯は重度の歯周病のために、歯の周囲の骨が無くなってしまったために、抜歯と診断しました。 もし、このままこの奥歯を残しておくとさらに骨吸収を起こしてしまいます。 また、親知らずが残っているとインプラント治療にあたって感染などのリスクが高くなるので一緒に抜歯します。 抜歯後、3〜4月の状態です。 歯肉が治癒していますが、それに伴い顎骨の形も凹凸がなく、平坦になるように治癒したようです。 抜歯の時に、大きな骨欠損に、骨を再生させることを目的に固形のコラーゲンを多めに入れておきました。 このコラーゲンが抜歯時の血液を吸収しますが、この血液には骨へ置き換わる細胞が多量に含まれています。 3〜4ヶ月後には、写真のように骨再生をし、骨欠損の凹みは見られなくなっていました。 1次オペ:インプラントが2本、埋入されています。 このあと、骨の上のジグは外します。 インプラントの上に、アバットメントが装着されたところです。 スライドにはありませんが、インプラントの周りの歯肉の強化のために、上顎の口蓋から歯肉の移植手術をすでにしています。 オールセラミッククラウンにより、審美的で、歯周病やインプラント周囲炎の原因であるプラークが、付着しにくい衛生的な最終補綴物がセットされました。 2本のインプラントで治療された部位の骨は、安定し平坦な形状を保っています。 他の部位に対しては、毎月クリーニングを行うことで歯周病の進行を防いでいます。

次の

奥歯を抜歯する時と抜歯した後の痛みの原因と軽くする方法│知りたいことはココにある【歯の知りたい!】

奥歯 抜歯

痛み止めの服用を勧められた場合は、この間に飲むのがよいでしょう。 ただし2つの点に注意。 麻酔のため温度感覚が麻痺するので、食べ物の温度には要注意。 麻痺しているので頬の内側の肉を噛んでしまうことがあります。 少し意識しながらゆっくりと食べるようにしましょう。 この場合黒っぽいジェル状の固まりが穴の奥に出来るので、これが飛び出さないように注意しましょう。 もし食べ物が穴に落ちたように見えても、あまり気にせず軽くゆすぐ程度にすると良いでしょう。 シャワー程度で。 もし痛んでもさらなる治療でピタリと止める方法はないので、当日は痛み止めを服用して安静にします。 完全に血が付かなくなるまで続ける必要はなし。 唾液ににじむ程度であれば自然に止まることがほとんど。 引き続き痛み止めを服用して様子をみます。 ただし抜いた傷口から、細菌が血液中に入り込んでしまう恐れがあるので「抗生物質」「化膿止め」「抗菌薬」といった説明で処方されている薬は、途中で止めずに飲みきることが大切です。 抜歯当日と同じように続く場合は、病院に相談してみましょう。 基本的には無理に取ろうとしないで、軽くゆすぐ程度で対応しましょう。 全く腫れないこともあれば、卵が入っているように腫れてくることも。 これらは自然な反応なので、軽く冷やす程度にして慌てないように。 約1週間程度で抜糸するのが普通。 もし途中で縫い合わせた糸が自然に取れても、歯ぐきがある程度固定されていればそのままでも問題なし。 この場合、洗浄と抗菌薬などを塗り込むといった治療を、1ヶ月程度病院で繰り返し行なうケースもあります。 短期~長期的目線で、治癒していくのを待つことになります。 これは、親知らずが原因で虫歯になっていたり、骨が溶けて根が露出したりするため。 傷口がある程度落ち着いたら虫歯の治療を行いましょう。 根の露出が原因の場合は、しばらく様子を見ることもあります。 歯は抜歯しやすいものから、なかなか抜歯できないものまでいろいろです。 一度で全部抜けないといった場合もごくまれにあります。 その場合ある程度期間をあけてから再び抜歯した方が、自然に抜きやすい状態に変化していることがあるので、負担が少なくなると考えても良いでしょう。 【関連記事】•

次の

下7番の奥歯を抜歯し、そのままにするか悩んでいます

奥歯 抜歯

昨年までは、右下の奥歯を10年前に抜歯したのみで、他は大丈夫でした。 10年前、右下奥歯を抜歯したあとは、右の一番奥では噛めなくなりましたが、 体感的には、右下奥歯がないのは意識しないほどで、食事には全く支障はありませんでした。 なので、今まで、何も処置はしませんでした。 ところが今年、歯周病が専門の歯医者にかえたところ、 「重症の歯周病」が判明。 残っている奥歯(7番、8番)はすべて抜歯が必要との過酷な宣告を受けました。 でもその間に、歯周病が進んでいたのでした。 10年前に右した奥歯を抜歯したのも、今考えると歯周病です。 当時も、歯周病の説明はありませんでした。 年取って、徐々に歯が抜けるのは仕方がないと思っていましたが、 いきなり残っている奥歯すべて抜歯とは、ひどすぎると思いました。 「まだ食事を噛むのには支障がないので、抜歯しないで残せないのでしょうか」 とごねてみましたが、 「もうほぼ抜けている状態で、このまま放置しても自然と抜けます」 との説明で、 「このまま残しておくと、他の歯まで歯周病が進んで抜けてしまいます」 って脅かされて、 他の歯を守るためには仕方ないと、残りの奥歯を抜歯しました。 それぞれ親知らずもあったので、合計6本、2か月の間に抜歯しました。 こんな短い期間に6本も歯を失ったことは、超ショックでした。 抜歯は、歯周病が進んでいたので、痛み無く、あっという間に抜けました。 図示すると、下図のように親知らず(8番)と一番奥の歯(7番)が 左右上下ともなくなりました。 松田優作さんも、奥歯抜いてがんばったのだから、 自分も、奥歯がなくてもがんばろうと思ったのでした。 (2)入れ歯 隣の歯に負担がかかるし、手入れもめんどうなので、検討対象外。 (3)インプラント まず治療費が高いし、治療期間も長期で負担が大きすぎます。 また、歯周病が良くなってないと、インプラントも抜ける可能性があるとのことで、これも検討対象外。 (4)何もしない 結局、上下左右の奥歯抜歯後、私は何もしませんでした。 硬い豆類、せんべいなんかも食べられます。 歯医者に言わせると、通常食べ物を噛む歯は、主に4、5、6番 なので、7番、8番がなくても大丈夫ということですが、 4、5、6番にかかる負担は確実に増えたのが実感します。 前歯にも、以前より負担がかかっています。 7番、8番がなくなった分、前歯でもカバーしているのでしょうね。 これ以上歯を失うと、食事にも影響がでるぎりぎりの感じです。 残っている歯を大事にしたいです。 (2)しゃべり 上の7番、8番の歯がないと、しゃべるときに、そこから空気がもれて ことばが流れて、はっきりしゃべれないことがあります。 慣れてくれば、大丈夫になるのでしょうか? ちょっと注意してしゃべらないといけなくなりました。 (3)容貌 もともとやせているので、奥歯を抜いたことでも、そんなに大きな変化はありませんが、 これから顎がやせてきたりするのでしょうか? (4)歯のひっかかり 左上の6番の奥歯が、7番と8番を抜いたことで、 頬内側にちょっとひっかかる感じがあってちょっと不快です。 ただし、残った歯への負担が増えます。 少々しゃべりにくさやひっかかり感が残っています。

次の