英語 配列 日本 語 入力。 英語キーボードで_(アンダーバー)と@(アットマーク)を入力する方法

日本語キーボードと英語キーボードの共存

英語 配列 日本 語 入力

今回はWindows10で英語配列キーボードを使っている方、またはこれから使ってみようかな?という方向けの内容になります。 日本語配列キーボードに慣れ親しんできた方にとって、英語配列に慣れるまでは変換する度にあたふたしてしまいますよね。 私も英語配列に変えてしばらくの間、文章打ちながら変換の度に検索してましたので、その気持ちはよく分かります(笑) そして「英語配列キーボードに興味はあるけど日本語配列との違いは?」という事を知りたい方に向けて、ざっくりと解説してありますので参考になるかと思います。 とかもっともらしく前振りしてますが、単に私の失敗談と解決方法を備忘録として記した記事ですので、必要な方に届けば幸いです。 Shift と CapsLock キーを同時に押した後、 CapsLock キーのみを押すとアルファベットの大文字と小文字が切り替えられるので地味に便利です。 ややこしくなってきたので表にまとめておきます。 私の私物ですので写真が暗くて済みません(汗) とか言われても、パッと見て「英語?私のキーボードと何が違うの?」って思いますし、見た目でもイマイチ分かりませんよね? そこで、 同じ型番で 違いは英語か日本語かだけの2商品の画像を並べてみます。 ん?分かりにくい? もう一度並べてみましょう。 英語キーボードと日本語キーボードの違いはコレ!• : ; [ ] の位置が違う• スペース が長い• Enter の形が違う• 右側の Shift が長い キーボードのメーカーによって違いはありますが、主な違いは以上になります。 「日本語キーボードの配列でキーの位置をバッチリ記憶していて自然に手が動いてしまう」という方は、慣れるまで時間がかかるかも知れませんね。 ですが私個人の感想としては、慣れるのにそれほど大変だとは感じませんでした。 そもそも日本語配列すらしっかり記憶出来ていなかっただけの話ですが(笑) ちなみにアイボリー版はこちらです。 スペースキーが長いので変換が楽• BackSpace や Enter が大きくて押しやすい• あまり使わないキーが少なくて助かる• 見た目が良い が主です。 使ってみるとよく分かると思いますが、英語キーボードの方がタイピングがとても楽です。 スペースキーやエンターキーが長いので、ホームポジションに置いた時に指がスムーズに動きます。 しかも見た目もかっこええです(笑) ですが、メリットがあればデメリットもあるのが世の常。 英語キーボードを使い始めて間もない頃に往生したのが変換です。 「ん?『@』ってドコ押せばいいの?」 「『:』打ちたいんだけど…どこ?」 程度ならまだ良かったのですが、最近Windowsのアップデートが適用された頃から、いつものキーを押しても反応が違う現象を多数体験しました。 と言うことで、分かっているようで分かっていなかった「知ってたつもりな情報」を備忘録として書いておきます。

次の

英語(US)配列キーボードでの日本語入力への切り替えを使いやすくする

英語 配列 日本 語 入力

フランス語(フランス)のキーボードはダメ! さきほども言いましたが、設定でフランスで使われるフランス語の設定にしてしまっては、日本のパソコンではうまくいきません。 理由を順番に説明していきます。 日本のキーボード 日本のキーボードの写真がこちらです。 このように、日本で購入したものには日本語のひらがな文字もついています。 当たり前ですが、フランスで購入したものにはフランス語の 特殊文字が入ったキーボードになっています。 その他にも、 AとQが入れ替わっていたり、WとZが入れ替わっていたりします。 そのため、アクサンなどの表記ができるようになっても、Aを打とうとして押したらQになってしまったりと少し不都合が生じてきます。 フランス語に設定を変えただけじゃ、今使っているキーボードの文字に合わなくなってしまう! フランス語(カナダ)を使う そこでこのような不都合をなくすためには、キーボードの設定を カナダで使われているフランス語というものにすれば良いです。 これで、日本のキーボードで使っていても特に問題なく使うことができます。 この出し方についてはまた後で述べるとして、まずはこの設定の仕方を確認しましょう。 設定の仕方 ここではMACを使っている方への説明です。 まずは、「システム環境設定」のボタンを押して「言語と地域」を選択します。 これの一番上の右から4つ目の「言語と地域」です。 これの左側を見ましょう。 今は日本語と英語のキーボードが設定されており、優先する言語が日本語になっています。 ここで、四角の下にある、「+」のボタンをクリックします。 そうすると、追加する言語を選択できるようになります。 設定は以上になります。 キーボードの切り替え方 あとは、英語にしたりフランス語にしたりしたいときがあると思いますので、そのときの切り替え方を説明します。 まずは、カーソルを一番上にもっていってみてください。 すると下のような表示が右上に出てくると思います。 あとはこれで、英語を使いときは「英字」、フランス語を使いときは「 Canadian French」を使えば、キーボードを使い分けることができます。 特殊文字の打ち方 あとは、特殊文字の打ち方を覚えたら完璧です。 これは対応するものを覚えるしかないので、以下で特殊文字がどのように対応するか示しておきます。 長押しする方法 まずは、使いたい文字を長押しすることでさまざまな特殊文字を選択できるようになるやり方があります。 この中から使いたい文字を選んで、特殊文字を出すという方法があります。 一番簡単なやりかたです。 これは、日本のキーボードの@のところを押す方法です。 特殊文字の場所を覚える 最後に、キーボードでそのまま打てば特殊文字が出るところがあるので、その場所を覚えることです。 これが一番速く打てるようになります。 以下で対応する場所をまとめます。 すぐに必要なものはこれぐらいです。 あとの細かい記号は、自分でいじりながら出してみてください。 以上が日本のキーボードでフランス語の特殊文字を打つ方法です。 参考にしていただけたら幸いです。

次の

Windows10を英語配列キーボードで使っている人向け日本語入力切り替えの変更方法|システムエンジニアの技術LOG

英語 配列 日本 語 入力

また海外製の英語配列キーボードを搭載するノートPCなどを購入して、Windows 10を日本語化するようなこともあるだろう(逆に外資系企業などでは、日本語配列キーボードで英語Windows 10を使うケースもあるかもしれない)。 このような場合、英語配列キーボードが日本語配列キーボードとして認識されてしまい、記号キーなどがキーボードの刻印と異なることがある。 例えば、英語配列キーボードで「 」を入力するには[Shift]+[2]キーを押す必要があるが、日本語配列キーボードとして認識されていると「 」ではなく「"」が入力されてしまう。 このような場合はWindows 10の設定を変更して、接続しているキーボードの言語設定に合わせればよい。 [Windowsの設定]画面で[時刻と言語]アイコンをクリックして、開いた[日付と時刻]画面の左メニューで[地域と言語]を選択する。 [地域と言語]画面の「言語」の下に「日本語」が表示されるので、ここをクリックする。 [オプション]ボタンが表示されるので、これをクリックして、[日本語]画面を開く。 [地域と言語]画面(2) 「日本語」の下にボタンが表示されるので、[オプション]ボタンをクリックする。 [サインアウト]ボタンが有効になるので、ここをクリックしてサインアウトしてから、再度、サインインすれば、英語配列のキーボードに変更されているはずだ。 試しに、メモ帳などを開き、[Shift]+[2]キーを押し、「 」が入力されるか確認するとよい。 [日本語]画面 [日本語]画面が開くので、「ハードウェアキーボードレイアウト」の下にある[レイアウトを変更する]ボタンをクリックして、[ハードウェアキーボードレイアウトの変更]ダイアログを開く。 通常はこれでキーボードの配列が直るはずだが、場合によってはデバイスドライバ(キーボードドライバ)の変更が必要になることもある。

次の