韓国経済危機 youtube。 韓国ウォン暴落!危険水域を突破 米に泣きつきスワップ再開も…3度目の“通貨危機”に現実味 (1/2ページ)

韓国、新型肺炎で3度目の経済危機へ?カギを握るのは崖っぷちのウォン相場=勝又壽良

韓国経済危機 youtube

プロフィール:勝又壽良(かつまた ひさよし) 元『週刊東洋経済』編集長。 静岡県出身。 横浜市立大学商学部卒。 経済学博士。 1961年4月、東洋経済新報社編集局入社。 週刊東洋経済編集長、取締役編集局長、主幹を経て退社。 東海大学教養学部教授、教養学部長を歴任して独立。 若者の失業が急増中。 対中貿易の不振で韓国経済は行き詰まりへ ウォンは通貨のカナリヤ 韓国経済は、 米中貿易戦争の影響を強く受けます。 韓国輸出の 約4分の1が対中輸出です。 さらに、 全輸出の5分の1は、半導体が占めています。 実は、この中国と半導体が、いずれも不振であるという事態に追い込まれています。 こういう韓国の輸出構造から見て、ウォン相場は、アジア通貨では「カナリヤ」と見られています。 カナリヤは昔、坑道に入って作業する鉱夫の安全管理のために利用されてきました.坑内に有毒ガスが発生した場合、カナリヤが最初に反応するという特性を利用したものです。 この伝でいけば、 韓国ウォン相場の急落はアジア通貨異変の兆候と見られています。 韓国にとってはなはだ迷惑な話ですが、貿易構造がそうなっている結果です。 韓国人特有の「ひがみ根性」から言えば、承服できない話でしょう。 韓国は、これから世界三大格付け会社が、相次いで格付け作業に入ります。 すでに、S&Pの審査は終わりました。 結果は発表になっていませんが、「条件」が付くという予測がされています。 つまり、半年後の「見直し」条件です。 もし、 格付けで引き下げられることがあれば、文在寅政権のメンツは丸潰れになります。 これまで、「マクロ経済は相対的に良好である。 間もなくその成果が国民に届く」と確言してきました。 それが、格付け会社の総合判断によって覆されれば、文政権は責任問題に発展します。 来年4月は、国会議員の総選挙です。 格付け会社によって、経済実態が不調であると判断されれば、総選挙の結果に響いて来ます。 与党の「共に民主党」が敗れれば、次期大統領選にも響きます。 このように、韓国は経済次第で政治状況が変わるので、ウォン相場の推移に注目が集まります。 与野党が、逆転する事態も起こりかねません。 以上で、概略の説明を終えて、具体的に 韓国経済の問題点を探って行きます。 5月15日の終値は、1188. 6ウォンで前日比0. 8ウォン高となりました。 1200ウォンが「マジノ線」と意識されています。 理由は、このラインを割って下げ続けると、ウォン投機売りを誘い込み一気に危機ラインの1400ウォンへ持って行かれるリスクを抱えているからです。 過去2回、韓国は通貨危機に陥っており、塗炭の苦しみを味わいました。 耐乏生活を強いられたからです。 ウォン相場と関係の深い輸出は、昨年12月から前年同月比マイナスを続けています。 5月に入ってもこのマイナス基調が続いています。 これで、 6ヶ月連続で前年比マイナスとなります。 マイナス要因は、先に指摘しました対中国輸出と半導体輸出が振るわなかったことです。

次の

韓国経済崩壊

韓国経済危機 youtube

韓国経済は崩壊の危機!?現状と国内の反応! 2019年を目前に、 レーダー照射問題によって ネット上での韓国への危機感は これまで以上に高まっています。 「韓国への報復として 国交断絶をして 経済を完全に崩壊させろ!」 「今こそ 経済制裁を行うべき!」 「 経済崩壊の危機に瀕しているので 日本が付き合うメリットはない。 」 等の過激な意見も見られます。 実際に韓国は経済の危機に瀕しているの でしょうか? また、米に対して、 韓国への制裁の声も高まっています。 実際に米から経済制裁を行う 可能性はあるのでしょうか? 2019年に向けて、 この話題を詳しく見て行きましょう! 実際に崩壊の危機!?韓国経済の現状! 韓国経済の景気が減速しているのは、 事実の様です。 韓国統計庁が12月28日に発表した 産業活動動向では、鉄工業生産が マイナスに転じました。 韓国経済の牽引の要である半導体も 5月から落ち込みを続けています。 現代経済研究院の発表によると、 鋼鉄、自動車、電機産業等の主要産業は 2019年には後退するとの事です。 自動車に関しては、海外市場の開拓を 目指していましたが、中国などの 現地メーカーが台頭した結果、 苦戦しています 文政権が行った、最低賃金の大幅な 値上げも、逆に人件費を抑えるために 人員削減が多発し、雇用と消費は 低迷しました。 一方で、 産業通商資源部の発表では、 2018年に累計輸出実績が 過去最高に なりました。 また、現代経済研究院によると 造船業は好況になると発表しています。 確かに経済は低迷を迎えそうな予想が 多くなされていますし、現時点で 危機的な所はあるようです。 ですが、すぐに崩壊に繋がるのかは 確証を得られない状況ですね。 経済に対する韓国国民の反応! 韓国国民の 現状の経済に対する反応は どうなっているのでしょうか? 2018年の累計輸出実績が過去最高に なった時には以下の様な反応が ありました。 「韓国経済が崩壊の危機だと言うのは 嘘だったのか。 」 「韓国経済は、まだ成長できる。 」 この様に、 楽観的な声が上がっていました。 ですが、一方では以下の様なシビアな 意見も… 「2019年からは半導体が厳しい。 」 「経済を支えていた産業が危機だ。 」 また、 最低賃金を引き上げた事で結果的に 危機を招いた文政権は、 不支持率が 46%となり支持率を上回りました。 現状の韓国経済に対して国民自体も 不満を持っている様ですね。 スポンサード・リンク 韓国に対して2019年に経済制裁!? 韓国経済は現状、危機的側面を 持ち合わせています。 今年は順調に行っていた事が2019年に 悪化するとも言われています。 2019年にネット上でウワサされている 日米両国からの制裁等があれば、 崩壊の危機はあるかもしれません。 現在、厳しい経済制裁されている 北朝鮮に現在の文政権は融和的だと 言われています。 それから制裁に繋がる事は、 あり得るのでしょうか? 2019年に韓国に対して日米から制裁? 夕刊フジによるニュースサイト「zakzak」 によると2019年に、米政府関係者が、 日米共同の韓国への 金融制裁を 仄めかしたと述べています。 この記事にはツイッター上で 以下の様な反応が見られます。 明らかなミスを犯しても謝罪しない韓国。 日米の制裁が起きる事必定。 慌てて南北統一の動きを加速する文在寅、 圧力継続する方針に反し、西側との信頼を反故にし日本を敵対国と見た行動を取った。 一人あたりGDPが日本に追いつきつつある。 軍の装備、戦力が拮抗しつつある。 そんな韓国に制裁しても日本も同じぐらい痛むので、適当に両国の国民のガス抜きをし、自由貿易でお互いに稼ぐのが私の考えですね。 — パウロとヴィジェイ CBPRBfroSNxdUjb 韓国相手の経常収支は2兆円くらいはあるようだけど、この先経済制裁とかなったら、貿易や観光でお互いの取引先や顧客を失ったり、減らしたりで事業が難しくなるケースは多いだろうから、程々にすることはできないもんかね。 また、 米は今年9月、韓国に対し自国に 有利な条件で、米韓自由貿易協定 (FTA)の改定協定に署名させました。 制裁を行い、これらの状況が 危うくなっても大丈夫な準備が あるのでしょうか? 上記のツイートの様に制裁を行えるかは 少し疑問が残ります。

次の

新型コロナ:韓国大統領、新型コロナ「日本と共に危機克服を」 :日本経済新聞

韓国経済危機 youtube

『韓国の大転換宣言!最大経済政策「韓国版ニューディール」の全貌』 ついに文大統領が掲げた経済政策「韓国版ニューディール政策」の詳細が発表されました。 財政難にも関わらず、大量の税金をつぎ込み、またもや公共事業めいたことを始める文政権。 早くも韓国国内からは不安と非難の声が相次いでいるようで、先行きは明るくありません… 文大統領「韓国版ニューディールは大韓民国大転換宣言」 文在寅大統領は14日「韓国版ニューディールは、先導国家に跳躍する大韓民国の大転換宣言」 と明らかにした。 文大統領は同日、青瓦台で国民報告大会を開き、「韓国版ニューディール」構想と計画を発表した。 文大統領が感染症の国難を克服するため、4月22日の第5回非常経済会議で韓国版ニューディール構想を発表してから83日ぶりで、大転換に向けた国家発展戦略を盛り込んだ。 文大統領は韓国版ニューディールについて「追撃型経済から先導型経済へ、炭素依存経済から低炭素経済へ、不平等社会から包容社会へ、大韓民国を抜本的に変えるという政府の強い意志」と紹介した。 続いて強固な雇用・社会安全網を基に、デジタルニューディールとグリーンニューディールの2つを軸にした 韓国版ニューディールの設計図を提示した。 文大統領はデジタルニューディールについて「先導型経済に生まれ変わるのが目標」とし「より大胆で先制的な投資で社会、経済、教育、産業、医療など暮らしの全分野でデジタル化を強力に推進し、世界を先導するデジタル1位国家に進む」と明らかにした。 グリーンニューディールについては「気候危機に先制的に対応するもの」と説明した後「グリーンニューディールはPM2. 5の解決など暮らしの質を高めるだけでなく、強化される国際環境規制の中で韓国の産業競争力を高め、グリーン産業の成長で大規模な雇用を創出するだろう」と見通した。 文大統領は「不平等の解消と包容社会への転換は大韓民国の大転換の前提条件」とし「韓国版ニューディールは大韓民国の新しい社会契約で、『危機は即ち不平等を深める』という公式を破る」と強調した。 これと関連し、文大統領はデータダム、人工知能政府、スマート医療インフラ、グリーンリモデリング、グリーンエネルギー、環境にやさしい未来モビリティなど、韓国版ニューディールの10大代表事業を紹介した。 文大統領は「財政支出を拡大し、未来のために果敢に投資する。 政府が先頭に立って新しい雇用創出に積極的に乗り出す」とし「韓国政府の任期中に国民の目で変化を確認することになるだろう」と述べた。 文在寅政権の最後の年である2022年までに国庫から49兆ウォンを含めた68兆ウォン 民間や地方自治団体を含めて 、2025年までに国庫から114兆ウォンを含めた160兆ウォンなどを韓国版ニューディールに向けた前例のない投資方針を明らかにした。 文大統領は「新たな雇用も2022年までに89万、2025年までに190万創出される」と述べた。 文大統領は「韓国版ニューディールは今後も進化を続ける」とし「始まりが半分だ。 韓国版ニューディールの成功に向けて、みんな力を合わせてほしい」と訴えた。 【この記事に対する私の見解】 といったように、文大統領が満を持して発表した「韓国版ニューディール」ですが、すでにツッコミどころが満載で、韓国中から非難の声があがっています。 今回の韓国版ニューディールにかかる税金は160兆ウォン、日本円にして約14兆円もの費用がかかるわけですが、そもそも韓国財政は深刻な赤字です。 ただでさえバラマキ政策が問題視されていた上に、歴史的不況による失業者の増加と消費の低迷、それに伴う税金の納付期限の延長などが重なり、5月時点での税収は前年比で41. 7%となっている中で、とんでもないレベルでの支出が襲い掛かるのです。 文大統領の口からは、財源については言及されておらず、選挙後に民間企業の雇用を維持するために支援すると公言した、40兆ウォン規模での基幹産業安定基金も結局尻すぼみになっていますが、基幹産業安定基金に関しても、経済界からは「40兆ウォンでは足りない」という指摘が度々されていましたし、民間企業に対する支援をおろそかにしたままで、新たにその3倍近い税金をつぎ込むのですから驚かされます。 そんな中でどう資金調達するのでしょうか?そこで韓国版量的緩和の話が浮上します。 あのタイミングで量的緩和開始は、こういった事態を見越して、足りない分は新しく刷ってしまえばいいとでも思っているのではないでしょうか? そんなことをすれば、ウォンの価値は大暴落して紙切れになりかねません… 韓国の投資家たちは、この政策に関連した銘柄に飛びついて、中には2桁急騰を見せるものも出てくるなど、市場にも影響を見せていますが、間違いなく外国人投資家は脱出を進めていることでしょう。 また、この政策で取り組む内容についても様々な問題が指摘されています。 まず、環境問題に取り組む姿勢を強調した「グリーン・ニューディール」も酷評の嵐です。 環境保護団体のグリーンピースは「気候変動の危機に対する認識がなく、事業の育成を考えない記載にとどまった中途半端なグリーンニューディール」と厳しい言葉で一刀両断していますし、韓国国内においても、文政権のダブルスタンダードぶりは各方面から突っ込まれています。 なんと文大統領が、このグリーンニューディールを高らかに宣言した日の午前に、韓国電力はインドネシアの石炭火力発電所の投資事業を認可したというのです。 国際エネルギー機関によれば、石炭は単一の要素としては、地球温暖化に最も大きな影響を与えると言われています。 気候危機を克服するために最初に退出すべきエネルギー源を、政府傘下の公企業がグリーン・ニューディールの哲学に 正面から反する石炭事業承認を出してしまった訳です。 そもそも文大統領はグリーン・ニューディールについて述べながら、「2050年の炭素純排出ゼロ」という基本的な目標さえ言及しておらず、口先だけで、昨今の環境保護ブームに乗っかろうとしているのではないかと指摘されています。 以前も、原発の恐怖を煽り、脱原発を掲げた一方、原発を輸出する企業を野放しにするなど、文大統領の環境に対する知識レベルと、意識の低さには疑問の声が上がっていました。 そのほかの部分を見ても、結局今の公務員採用の拡張版では?という見方もされています。 もはや、どこから突っ込めばいいかわからないレベルの「韓国版ニューディール」本当に韓国を救う大転換宣言となるのでしょうか? それでは、この記事に対する反響をポッチー君に教えてもらいましょう。 これまでも文政権の雇用政策や経済政策は名ばかりで、結果的にさらに悪い状況を作り出してきましたから、韓国国民からすれば「余計なことしないでくれ!」というのが本音なのでしょう。 支持率は下がり続けているとはいえ、まだ40%後半の支持があると言われています。 このとんでもない夢物語を聞いても、国民の半数近くが支持してくれるのですから、もうしばらく文政権の天下は続くかもしれません。 この大金を費やした韓国版ニューディールが今後、どのように転んでいくのか、注視していきたいですね。

次の