麒麟がくる薬物女優。 麒麟がくる女優X?まあ確かにテンションおかしいわな

「麒麟がくる」出演女優Xにコカイン疑惑!誰で名前や画像の特定は?

麒麟がくる薬物女優

6月29日発売の「実話ナックルズ」がNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中の、演技派女優Xの「違法薬物使用疑惑」を報じている。 記事によれば、実際Xに薬物を届けた売人が「南米由来の薬物がメインだが、それだけでなくいろいろな種類を買ってくれる。 売人仲間の間では上客として有名」と告白。 裏社会では筋金入りのジャンキーと呼ばれているというのだ。 現在、新型コロナの影響で放送休止中の「麒麟がくる」は、放送前に濃姫役の沢尻エリカが自宅に違法薬物を所持していたとして逮捕。 緊急降板することとなり、急きょ沢尻の出演シーンを撮り直すという事態に見舞われている。 もし、沢尻に続く逮捕者が出れば、呪われた大河となることは間違いないだろう。 では、問題の女優Xとは誰なのだろうか。 記事中に何度も出てくる「演技派」という言葉から考えられるのは、数々の映画やドラマに出演している女優だろう。 「麒麟がくる」の出演リストを見ると、ドラマや映画で十分に主役を張れそうな名前がズラリと並ぶ。 年齢や特徴などがわかる明確な記述はないため特定することは難しいが、裏社会に詳しいジャーナリストは「芸能界では数年前から南米由来のパーティー向け薬物が流行っている。 正直、誰がやっていても驚きはない」と証言する。 昨年、ピエール瀧が逮捕されたときに明らかになったように、このパーティー向け薬物は、吸引後数十分で効果が抜けるため、景気づけに仕事前に使用する人間も多いという。 「コロナ禍において、警察やマトリはけっして捜査の手をゆるめているわけではありません。 むしろふだんよりも多くの有名人がクスリで摘発されています。 この理由は2つ。 ひとつはコロナ疲れからくるストレスを違法薬物で発散させたいという有名人が意外に多かったということ。 そういう人間ほど警戒心が薄れやすい。 そしてもうひとつは、違法薬物の取引価格の高騰。 外国との人の往来が激減したことで、国内に供給される量が減ったのが一因。 こうした状況で、クスリが入手できるのは、それなりの人脈と金を持つ一部の金持ちや有名人に限られてきますからね。 嫉妬にかられたクスリ仲間から『あいつやってまっせ』みたいなタレコミが寄せられることも増えたそうです」(前出・ジャーナリスト) 芸能人の薬物疑惑は後を絶たず、そのほとんどが疑惑のままで終わることは確かだが、裏社会の専門誌である「実話ナックルズ」だけになぜか説得力もあるような…。 「麒麟がくる」にマトリがくるような悲劇が訪れないよう、祈るばかりだ。 (金沢伝之助).

次の

「麒麟がくる」に激震!?「マトリがくる」薬物報道でチンコロされた女優とは?

麒麟がくる薬物女優

同ドラマのメイン出演者だった沢尻が薬物違反の罪で逮捕されたのが昨年11月16日。 急遽、女優の川口春奈を沢尻の代役に立てて撮り直しを敢行したが、長谷川らの出演者、スタッフがハードスケジュールに追われたのは想像に難くない。 そこで「僕は何でもやります!」と気を吐いたのが長谷川だけに、沢尻の名前は絶対タブーになったようだ。 だが、私生活についても長谷川には絶対タブーがあると芸能記者は指摘する。 「交際開始から約10年が経つ、女優の鈴木京香との結婚問題です。 実は、19年6月10日発売の『週刊現代』のコラムで、ある芸能プロ幹部が2人は19年の年末に結婚すると明かしたという記述がありました。 なぜ19年末かというと、NHKは大河ドラマの放送期間中に主役が私生活で注目されるのを嫌うため、20年いっぱいは結婚できない。 結婚するとしたら、19年末が近々での絶好機だったというのです。 しかし、吉報は届きませんでした。 2人の関係は良好なようですが、正直、結婚に関する質問は非常に聞きにくくなりました」(芸能記者) 麒麟だけでなく、吉報がくるのも待ちたい。 (石田英明).

次の

「麒麟がくる」に激震!?「マトリがくる」薬物報道でチンコロされた女優とは?

麒麟がくる薬物女優

11月18日の「サンケイスポーツ」が、法律違反の合成薬物の所持容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者の出演予定だったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に関する情報を掲載。 記事によると、沢尻容疑者の代役を立てて撮り直すことが決定したという。 「サンスポによれば、すでに大河は10話まで撮影済みで、今からの取り直しは時間が足りず、最悪、放送を延期する可能性があるそう。 それでも代役を立てて調整するようですが、女優の必須条件として、時代劇経験が豊富で、所作などが身についていること。 そしてドラマで登場する乗馬シーンもこなせる人物でないといけないようです」(芸能記者) そんな沢尻容疑者といえば12年、「週刊文春」がイニシャルや疑惑でなく、実名で彼女の植物由来の法律違反薬物の使用を断定的に報じていた。 それだけに大河ドラマファンからは「なぜ彼女を起用したのか」「身辺調査はしなかったの?」と批判の声も飛び交っている。 今回は、脚本家の信頼を得ていたことが起用につながった可能性もあるという。 「『麒麟がくる』の脚本家・池端俊策氏は12年~13年、沢尻容疑者を主演に迎えたドラマ『悪女について』や『時計屋の娘』(いずれもTBS系)も執筆しています。 特に『悪女について』は、沢尻容疑者の熱演もあってか芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するほど高い評価を得ました。 彼女は過去に黒い疑惑があったものの、近年多くの作品で実力派女優として活躍していましたから、成長した彼女ともう1度タッグを組みたいという思いがあったのかもしれません」(前出・芸能記者) はたして「麒麟がくる」は、どのような形で放送となるのか。 沢尻容疑者の失った信用は計り知れない。

次の