バロック 彫刻。 芸術家外伝

バロック

バロック 彫刻

ここをクリックすると、作品のある のページにリンクします。 祭壇のはるか上から降り注ぐ黄金色の光線の中、神の愛の矢で心臓を貫かれた聖女テレサは、信じがたいほどの陶酔の表情を見せています。 このテレサの恍惚とした美しさには心を奪われます。 肉体的な痛みと精神的な喜びが交錯するこの完璧な表情が、ただの石で出来ているということに、私たちはただただ驚嘆してしまうのです。 また、矢を手にした天使の、笑いを含んだような不思議な表情も、どこかの描く天使のように妖しい美しさで、その翻る衣のひだの精妙さも合わせて、ここに展開する劇的空間とその美しさには、あらがいようもなく引き込まれていくばかりなのです。 聖女テレサは、スペインのカルメル修道会の修道女です。 貴族の娘として生まれながら、父の反対を押し切って修道院に入った強い意思の持ち主でした。 神秘主義的で厳格な修道女であり、彼女の所属するカルメル修道会の改革を指導し、「跣足カルメル会」を創設したことでも有名です。 彼女は心霊的な経験を書き残しているのですが、その中に、この「聖女テレサの幻視」というエピソードも含まれていました。 もしも、これが古代神話から主題をとった作品ならば、天使はけっこうイタズラっぽいキューピッド、聖女テレサの陶酔も、きわめて肉体的なものとなったことでしょう。 しかし、そのきわどさの中でも、この作品の二人の姿は、上部からの光が効果的に照らすように工夫されています。 すると、雲の上の二人はまぶしい白さの中の神聖な空間に位置し、非常に非物質的な存在に見えてきます。 ここで私たちははじめて、これはまさしく幻像であることを深く納得するのです。 そして、二人の上の空間は、言葉では表現し得ない神秘的なエネルギーによって満たされているようです。 そのエネルギーは、まっすぐに降り注ぐ黄金の光線という形で表現されているわけですが、このような効果のねらい方ははっきりとルネサンス彫刻とは趣を異にしたものだと言えます。 例えば、ミケランジェロのをはじめとした彫像たちは、そのエネルギーが内側に閉じ込められることによって、凄まじい力の内蔵が実現されたのです。 しかし、バロック彫刻は違いました。 周囲の空間をもひきこんで、その周り一帯に活気を与えたのです。 空間へのエネルギーの充填が、まるで舞台劇のように私たちに複合的な幻像を見せてしまうのです。 そういう意味では、作者ベルニーニが演劇に情熱を傾けていたということは、面白い示唆であると思います。 また、彼は17世紀最大の彫刻家であると同時に、建築家でもありました。 ベルニーニは、建築、彫刻、絵画を一つの統一体に融合させることに成功した人であり、この作品はその全盛期のものなのです。 バロック時代は、規模の大きな単一の建物以上に、より大きな新しい形態の創造が推し進められた時代と言えるのかも知れません。 そんなベルニーニの造形した天上の幻視は、なんとも魅惑的です。 最高に高まった緊張の瞬間…それを私たちは、聖女と天使とともにリアルタイムで体験しているようです。

次の

バロック時代の音楽ってどんな特徴があるの?

バロック 彫刻

生立ち [ ] ジャン・ロレンツォ・ベルニーニは、1598年12月7日に彫刻家(Pietro Bernini,-)の子としてに生まれた。 彼の父親は、フィレンツェ郊外に生まれたトスカーナ人であったが、ジャン・ロレンツォが誕生する少し前に、サン・マルティーノのカルトゥジオ会修道院で仕事をするため、ナポリ人の妻アンジェリカ・ガランテと共に、ナポリへと移り住んでいたのである。 1605年に一家はローマに戻り、ピエトロは枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼの保護を得て、息子ジャン・ロレンツォの早熟な才能を彼に示す機会を得たのである。 後に、この大聖堂内にジャン・ロレンツォ・ベルニーニの墓所が設けられる。 これら父親の仕事は、若きジャン・ロレンツォ・ベルニーニにとって、複数の芸術家による制作の体制や、彫刻と絵画が一体になった図像学的・建築的計画の融合を学ぶ絶好の機会であり、後のジャン・ロレンツォ自身の仕事に反映されることになる。 17世紀初頭のローマは、並はずれた才能をもつ芸術家たちの熱気にあふれる芸術的革新に満ちた時期であった。 一方では自然主義的なの絵画や、カラッチ派の古典主義的なアカデミズムが、他方ではの芸術がへの道を切り開いていた。 初期作品 [ ] ジャン・ロレンツォは若い頃から彫刻に才能を発揮していた。 現在でも、4体共にローマのに所蔵展示されている。 (-)のもとで建築に携わり、1623年、25歳の時に願ってもないチャンスが訪れる。 バルベリーニ家出身の教皇から「勝利の教会」の意思を表すような総合芸術を壮大な都市計画によって実現するために理想的な芸術家であるとみなされたベルニーニは、建築と彫刻と都市計画とが融合した一種の芸術を創造することになった。 続いて、16世紀の教会危機の後のカトリック教会の復活と勝利を表すため、カトリック教会の設立者である使徒聖ペトロの殉教の地であるが次なる芸術創造の場に選ばれた。 それはやなど大巨匠による重要な作品の残る場でもあった。 教皇は、新しい祭壇がブロンズ製の巨大な天蓋(バルダッキーノ)に覆われることを望んでおり、ベルニーニの手により1624-33年にバルベリーニ家の紋章である蜂がちりばめられたらせん状の円柱をもつブロンズの巨大天蓋が、大理石の台の上に設置された。 これは、クアラントーレ(イエスの死から復活まで、つまり金曜の午後から日曜日の朝まで、連続して祈りを捧げる儀式)などで用いられた装飾品に着想を得たものだとされている。 1627年にはウルバヌス8世の記念碑的墓碑の建設が始められた。 それは、出身の教皇の16世紀の墓碑と対照的に設置されたが、を開始したパウルス3世と、教会改革を終わらせたウルバヌス8世とを象徴的に示すためであった。 1630年、師カルロ・マデルノの死後、バルベリーニ宮殿の仕事の後続を依頼され、ボッロミーニと協力して完成した。 これは彼の一連の噴水の最初の作例である。 だが1641年に、順風満帆だったベルニーニに落とし穴と挫折が待っていた。 設計を担当したサン・ピエトロ大聖堂の鐘塔から大きな亀裂が見つかった。 この失敗はローマ中かけめぐるスキャンダルに発展。 若くして美術界に君臨したベルニーニに対し、溜まっていた不満(嫉妬)が一気に爆発する。 教皇インノケンティウス10世の時期の活動 [ ] ベルニーニの幸運は、ウルバヌス8世の死(1644年)をもって突然に去って行ったようである。 実際、経済的危機の時代に即位した次期教皇・パンフィーリ家出身のは、極めて厳格な人物であった。 この時期から、数多くの芸術注文はベルニーニのライバルだった他の芸術家に委嘱されるようになり、例えばがの改装を行い、またがを建設し、さらにはのサン・タンジェロ・イン・アゴーネ教会の建設を始めた。 だがこの時期に、ベルニーニは17世紀の芸術作品の中で最も重要な傑作のひとつを制作した。 教皇アレクサンデル7世時代の制作活動 [ ] 1655年にキージ家出身の教皇が即位した。 彼は30年前の芸術家に慕われたウルバヌス8世のように、人文主義的な教皇であった。 ローマでは、1656年~1667年に「」を建設したが、設計を依頼されたのは50代の半ばであった。 だが取り掛かりはじめ難題にぶつかる。 当時、サン・ピエトロ大聖堂の前には、いびつな形をした空き地があるだけだった。 「この空間を神聖な場所にするには、どうすればいいのか? 」ベルニーニは聖地に相応しい形を求め、試行錯誤を繰り返した。 そしてひとつのアイデアに辿りつき、1667年に、は完成した。 王に招かれ、の改築計画にも関わった。 ベルニーニの彫刻のクオリティは極めて高く、多作で、生きていた時代を反映している彫刻家は歴史上殆どいない。 彼の最初の作品は17歳、もしくはそれ以前に刻んだ幼神ゼウスの彫像で、最後の作品は81歳の時のキリスト像である。 その間60年余り、彼は彫刻史上の大変革に一役かったばかりでなく、最も人気のある建築家としても作品を残した。 彫刻作品 [ ]• 「聖ロンギヌス像」 、• 「プロセルピナの略奪」(1622、、国立) 圧倒的な迫力と躍動感に満ちた2つの肉体。 冥界の王プルートが一目ぼれした女神の娘プロセルピナを連れ去ろうとする、の一場面である。 逃げるプロセルピナを手に入れようと、力づくでつかみかかるプルート、その指はプロセルピナの柔らかな肉体に深く食い込んでいる。 とても石でできているとは思えない肉体のリアリティ。 それは彫刻史を塗り替える革新的な作品であった。 「」(ローマ、国立ボルゲーゼ美術館)• 「と」(1625、ローマ、国立ボルゲーゼ美術館) 美しい娘ダフネに恋して我が物にしようと迫る太陽の神アポロン。 しかし、その手がダフネに触れた瞬間、彼女はの木へと姿を変える。 5本の指は茂る枝葉へと変貌し、足先からは根が生え、体は見る見る木の皮に覆われていく。 ふたりの絶妙なバランスと躍動感、劇的な一瞬を見事に切り取っている。 神話の世界があたかも目の前で起こっているような緊迫感。 発表当時、ローマ中の人々がこの作品を見るために押し寄せ、口々に「これは奇跡だ」と語ったと云われている。 「」(ローマ、堂コルナロ礼拝堂) 16世紀スペインに実在した聖女テレジアが神と出会い、その喜びに満たされる奇跡の場面。 頭上からは彫刻で表現された神の光が降り注ぎ、天使とテレジアを包み込んでいる。 ベルニーニにはこの礼拝堂の全てを設計し、様々な仕掛けを施すことで、新たな奇跡を起こした。 「四大河の泉」(1648-51、ローマ、) 4つの大陸を流れる大河、()、()、()、()を擬人化した作品で、4つの大河を表現することで教会は、4つの大陸を支配することを表現している。 また、19世紀中頃まで行われていた夏のお祭り「ラーゴ」で、ある演出が行われていた。 それは「四大河の泉」の排水溝に栓をして数時間掛けて水をあふれさせ、ベルニーニは旧約聖書に登場する「」を題材にした人工の湖を作った。 ベルニーニは単なる彫刻家だけではなく、型破りなアイデアでローマの町全体を劇場に変えた。 「(バルカッチャの噴水)」()• 「 ()」((ローマ))• 「」(同上)• 「ミネルバ・オベリスク」(前)• 「」(ロンドン、) 建築作品 [ ]• 「祭壇天蓋」(バルダッキーノ)(1624-33、) 最初の仕事でもあり、大聖堂の象徴となる、モニュメントの製作であった。 建物の中央、地下深くに眠る守護聖人「ペトロ」その墓を守る大きな天蓋を依頼された。 ベルニーニにとって初めての建築作品。 持てる技の全てを注ぎ込み、9年の歳月を掛けて完成させた。 高さ 29 メートルに及ぶ巨大な天蓋。 鋳造のため、ローマ中からブロンズ(銅)が集められた。 ダイナミックに上昇のリズムを刻むねじれた柱、細部に至るまで緻密な装飾で埋め尽くされている。 ベルニーニは観る者を圧倒する絢爛豪華な天蓋で教会の権威を見事に具現化した。 「」(1628-38、ローマ)• 「」(1650-97、ローマ)• 「」(1656-67)• 「」(1658-61、ローマ)• 「キジ・オデスカルキ宮」(1664-、ローマ)• 「ルーヴル宮殿改築案」(1664-5、)実施されず ギャラリー [ ]•

次の

「バロック美術」とは?代表的な画家と作品を解説

バロック 彫刻

生立ち [ ] ジャン・ロレンツォ・ベルニーニは、1598年12月7日に彫刻家(Pietro Bernini,-)の子としてに生まれた。 彼の父親は、フィレンツェ郊外に生まれたトスカーナ人であったが、ジャン・ロレンツォが誕生する少し前に、サン・マルティーノのカルトゥジオ会修道院で仕事をするため、ナポリ人の妻アンジェリカ・ガランテと共に、ナポリへと移り住んでいたのである。 1605年に一家はローマに戻り、ピエトロは枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼの保護を得て、息子ジャン・ロレンツォの早熟な才能を彼に示す機会を得たのである。 後に、この大聖堂内にジャン・ロレンツォ・ベルニーニの墓所が設けられる。 これら父親の仕事は、若きジャン・ロレンツォ・ベルニーニにとって、複数の芸術家による制作の体制や、彫刻と絵画が一体になった図像学的・建築的計画の融合を学ぶ絶好の機会であり、後のジャン・ロレンツォ自身の仕事に反映されることになる。 17世紀初頭のローマは、並はずれた才能をもつ芸術家たちの熱気にあふれる芸術的革新に満ちた時期であった。 一方では自然主義的なの絵画や、カラッチ派の古典主義的なアカデミズムが、他方ではの芸術がへの道を切り開いていた。 初期作品 [ ] ジャン・ロレンツォは若い頃から彫刻に才能を発揮していた。 現在でも、4体共にローマのに所蔵展示されている。 (-)のもとで建築に携わり、1623年、25歳の時に願ってもないチャンスが訪れる。 バルベリーニ家出身の教皇から「勝利の教会」の意思を表すような総合芸術を壮大な都市計画によって実現するために理想的な芸術家であるとみなされたベルニーニは、建築と彫刻と都市計画とが融合した一種の芸術を創造することになった。 続いて、16世紀の教会危機の後のカトリック教会の復活と勝利を表すため、カトリック教会の設立者である使徒聖ペトロの殉教の地であるが次なる芸術創造の場に選ばれた。 それはやなど大巨匠による重要な作品の残る場でもあった。 教皇は、新しい祭壇がブロンズ製の巨大な天蓋(バルダッキーノ)に覆われることを望んでおり、ベルニーニの手により1624-33年にバルベリーニ家の紋章である蜂がちりばめられたらせん状の円柱をもつブロンズの巨大天蓋が、大理石の台の上に設置された。 これは、クアラントーレ(イエスの死から復活まで、つまり金曜の午後から日曜日の朝まで、連続して祈りを捧げる儀式)などで用いられた装飾品に着想を得たものだとされている。 1627年にはウルバヌス8世の記念碑的墓碑の建設が始められた。 それは、出身の教皇の16世紀の墓碑と対照的に設置されたが、を開始したパウルス3世と、教会改革を終わらせたウルバヌス8世とを象徴的に示すためであった。 1630年、師カルロ・マデルノの死後、バルベリーニ宮殿の仕事の後続を依頼され、ボッロミーニと協力して完成した。 これは彼の一連の噴水の最初の作例である。 だが1641年に、順風満帆だったベルニーニに落とし穴と挫折が待っていた。 設計を担当したサン・ピエトロ大聖堂の鐘塔から大きな亀裂が見つかった。 この失敗はローマ中かけめぐるスキャンダルに発展。 若くして美術界に君臨したベルニーニに対し、溜まっていた不満(嫉妬)が一気に爆発する。 教皇インノケンティウス10世の時期の活動 [ ] ベルニーニの幸運は、ウルバヌス8世の死(1644年)をもって突然に去って行ったようである。 実際、経済的危機の時代に即位した次期教皇・パンフィーリ家出身のは、極めて厳格な人物であった。 この時期から、数多くの芸術注文はベルニーニのライバルだった他の芸術家に委嘱されるようになり、例えばがの改装を行い、またがを建設し、さらにはのサン・タンジェロ・イン・アゴーネ教会の建設を始めた。 だがこの時期に、ベルニーニは17世紀の芸術作品の中で最も重要な傑作のひとつを制作した。 教皇アレクサンデル7世時代の制作活動 [ ] 1655年にキージ家出身の教皇が即位した。 彼は30年前の芸術家に慕われたウルバヌス8世のように、人文主義的な教皇であった。 ローマでは、1656年~1667年に「」を建設したが、設計を依頼されたのは50代の半ばであった。 だが取り掛かりはじめ難題にぶつかる。 当時、サン・ピエトロ大聖堂の前には、いびつな形をした空き地があるだけだった。 「この空間を神聖な場所にするには、どうすればいいのか? 」ベルニーニは聖地に相応しい形を求め、試行錯誤を繰り返した。 そしてひとつのアイデアに辿りつき、1667年に、は完成した。 王に招かれ、の改築計画にも関わった。 ベルニーニの彫刻のクオリティは極めて高く、多作で、生きていた時代を反映している彫刻家は歴史上殆どいない。 彼の最初の作品は17歳、もしくはそれ以前に刻んだ幼神ゼウスの彫像で、最後の作品は81歳の時のキリスト像である。 その間60年余り、彼は彫刻史上の大変革に一役かったばかりでなく、最も人気のある建築家としても作品を残した。 彫刻作品 [ ]• 「聖ロンギヌス像」 、• 「プロセルピナの略奪」(1622、、国立) 圧倒的な迫力と躍動感に満ちた2つの肉体。 冥界の王プルートが一目ぼれした女神の娘プロセルピナを連れ去ろうとする、の一場面である。 逃げるプロセルピナを手に入れようと、力づくでつかみかかるプルート、その指はプロセルピナの柔らかな肉体に深く食い込んでいる。 とても石でできているとは思えない肉体のリアリティ。 それは彫刻史を塗り替える革新的な作品であった。 「」(ローマ、国立ボルゲーゼ美術館)• 「と」(1625、ローマ、国立ボルゲーゼ美術館) 美しい娘ダフネに恋して我が物にしようと迫る太陽の神アポロン。 しかし、その手がダフネに触れた瞬間、彼女はの木へと姿を変える。 5本の指は茂る枝葉へと変貌し、足先からは根が生え、体は見る見る木の皮に覆われていく。 ふたりの絶妙なバランスと躍動感、劇的な一瞬を見事に切り取っている。 神話の世界があたかも目の前で起こっているような緊迫感。 発表当時、ローマ中の人々がこの作品を見るために押し寄せ、口々に「これは奇跡だ」と語ったと云われている。 「」(ローマ、堂コルナロ礼拝堂) 16世紀スペインに実在した聖女テレジアが神と出会い、その喜びに満たされる奇跡の場面。 頭上からは彫刻で表現された神の光が降り注ぎ、天使とテレジアを包み込んでいる。 ベルニーニにはこの礼拝堂の全てを設計し、様々な仕掛けを施すことで、新たな奇跡を起こした。 「四大河の泉」(1648-51、ローマ、) 4つの大陸を流れる大河、()、()、()、()を擬人化した作品で、4つの大河を表現することで教会は、4つの大陸を支配することを表現している。 また、19世紀中頃まで行われていた夏のお祭り「ラーゴ」で、ある演出が行われていた。 それは「四大河の泉」の排水溝に栓をして数時間掛けて水をあふれさせ、ベルニーニは旧約聖書に登場する「」を題材にした人工の湖を作った。 ベルニーニは単なる彫刻家だけではなく、型破りなアイデアでローマの町全体を劇場に変えた。 「(バルカッチャの噴水)」()• 「 ()」((ローマ))• 「」(同上)• 「ミネルバ・オベリスク」(前)• 「」(ロンドン、) 建築作品 [ ]• 「祭壇天蓋」(バルダッキーノ)(1624-33、) 最初の仕事でもあり、大聖堂の象徴となる、モニュメントの製作であった。 建物の中央、地下深くに眠る守護聖人「ペトロ」その墓を守る大きな天蓋を依頼された。 ベルニーニにとって初めての建築作品。 持てる技の全てを注ぎ込み、9年の歳月を掛けて完成させた。 高さ 29 メートルに及ぶ巨大な天蓋。 鋳造のため、ローマ中からブロンズ(銅)が集められた。 ダイナミックに上昇のリズムを刻むねじれた柱、細部に至るまで緻密な装飾で埋め尽くされている。 ベルニーニは観る者を圧倒する絢爛豪華な天蓋で教会の権威を見事に具現化した。 「」(1628-38、ローマ)• 「」(1650-97、ローマ)• 「」(1656-67)• 「」(1658-61、ローマ)• 「キジ・オデスカルキ宮」(1664-、ローマ)• 「ルーヴル宮殿改築案」(1664-5、)実施されず ギャラリー [ ]•

次の