スクリーン タイム パス コード 解除 裏 ワザ。 iPhoneパスコード解除の裏ワザ4選|ロック解除方法を徹底解説

iPadのパスコードを忘れたときの解除の裏ワザ!PCがないときも解説!

スクリーン タイム パス コード 解除 裏 ワザ

【スマホ】スクリーンロック 画面ロック の解除方法を忘れた。。 認証パターンやパスワードを再設定する方法 今日もスマホ(Android,アンドロイド)の(画面ロック)のお話です。 が、早々に 登録したスクリーンロック 画面ロック パターン認証が分からなくなってしまいました。 忘れたというか、メモした紙を失くしたの…。 アホ過ぎて凹む。 エーン。 どうしたらいいの…。 とりあえず、何度も何度もスマホ( Android,アンドロイド)に打ちこみました。 すると、5回連続で間違えたあと、スクリーンロック 画面ロック の「 パターンを忘れた場合」という、救いの文字が出現! はい、忘れました! タップすると、「グーグルアカウントでログインしてロック解除」せよとの指示。 さすがにGメールアドレスとパスワードは覚えていたので、入力しログイン。 改めて、スクリーンロック 画面ロック のロック解除パターンを入力。 無事スクリーンロック 画面ロック 設定できましたー。 と、思いきや…私のスマホ、カシオ端末 機種名IS11CA では、再設定できるのはこの認証パターンのみ。 ロックナンバーやパスワード方式では、何度やっても「パターンを忘れた場合」のボタンは出てきませんでした。 ん? つーことは、逆に考えると、 「認証パターン方式」は、自分のグーグルアカウントを知る人なら、勝手に再設定できるってこと?まあ、よほどの人でない限りグーグルアカウントは共有しないから、大丈夫かと思いますが…。 なお、端末で再設定できなかったロックナンバーとパスワードについては、 「 ショップまでご足労いただけましたら、ロックナンバーを初期設定致します。 データが失われることはありません」 auお客様サポート とのこと。 ショップまで行かないと画面操作できなくなるなんて…忘れると大変なことになりますね。 もう一度まとめると、IS11CAの機種ではこんな感じ。 スマホ( Android,アンドロイド)のスクリーンロック 画面ロック を毎日とか3日に1回とか変える人は、「あれ、今日は何にしたっけ?」と忘れそうですから…。

次の

Androidスマホのロック解除・パスワードを忘れてしまった時に知っておきたい対策方法

スクリーン タイム パス コード 解除 裏 ワザ

簡単に説明すると、強制的にロックされたということは 今まで気軽に使っていたiPhoneが"使えなくなる"という意味です。 もうこれは大変ですよね。 このロック解除するのはそう簡単にできるというわけがありません。 時間がかかりますし、それなりのパソコンの知識やiOS、アップデート、ソフトなど専門知識が必要な場合がほとんどです。 なので、できればこのロックされるのは避けたいですよね。 この強制的にパスコードを忘れ続けて、iPhoneがロックされると言うことはとても大変なことです。 iPhoneを強制終了しても何も変わりません。 この正しいパスコードを入れない限り何も始まりません。 強制終了もiPhoneにとってはあまりよくありません。 強制的にiPhoneを使えるようにするのでなく、正しいロック解除をしっかり学んでいきましょう。 パスコードつまり、パスワードなのでこれを忘れるとユーザーにとって大きな打撃ですね。

次の

iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法

スクリーン タイム パス コード 解除 裏 ワザ

iOS11までの機能制限パスコードを忘れた時には、いくつかの条件が揃えば、iPhoneを初期化せずに、iTunesの暗号化していないバックアップファイルから機能制限パスコードを解読することが出来ました。 しかし、iOS12のスクリーンタイムパスコードは、キーチェーンのバックアップファイルに統合されたため、iTunesの暗号化していないバックアップファイルには含まれなくなり、今までの解読方法ではスクリーンタイムパスコードを解読することは出来なくなりました。 では、忘れてしまったスクリーンタイムパスコードは解読することが出来なくなったかというとそうではありません。 iOS12以降のスクリーンタイムパスコードは、今までとは逆に暗号化したiTunesのバックアップファイルを使用することで解読することができます。 目次・メニュー• スクリーンタイムパスコードを解読するための条件 スクリーンタイムパスコードを解読するためには、次の条件を整える必要があります。 暗号化したiTunesのバックアップファイル(iOS12以降) iOS11の時の機能制限パスコードは、単独で暗号化されていないバックアップに保存されていました。 (暗号化したバックアップファイルにも単独で含まれていました) iOS12からのスクリーンタイムパスコードは、キーチェーンのバックアップデータの中に一緒に保存されるようになり、暗号化したバックアップファイルのみに保存されています。 そのため、iOS12以降のスクリーンタイムパスコードは、暗号化していないiTunesのバックアップファイルからは解読することは出来ません。 iOS12以降のiPhoneのスクリーンタイムパスコードを解読するためには、暗号化されたiTunesのバックアップファイルが必要になります。 暗号化パスワード スクリーンタイムパスコードを解読するために、暗号化したバックアップファイルを使用するので、その暗号化パスワードが分からない場合には、スクリーンタイムパスコードの解読は出来ません。 解読ソフト(pinfinder) 先程ご紹介したように、スクリーンタイムパスコードは、キーチェーンのバックアップデータの中に一緒に保存されています。 キーチェーンのバックアップデータ自体にも暗号化がされているので、キーチェーンのバックアップデータを解読できるソフトが必要になります。 今回ご紹介している方法で使用する解読ソフトのpinfinderは、Pinfinderのサイトからダウンロードすることが出来ます。 (尚、Pinfinderはシェアウエアとなります。 ) 保護者の方へのお願い(スクリーンタイムパスコードを解読されないようにするために) ここでご紹介している方法で、保護者の方以外でも、条件が整えばスクリーンタイムパスコードの解読をすることが可能です。 どうしても、お子さんにスクリーンタイム機能の制限変更をさせたくない場合には、iTunesのバックアップで暗号化したバックアップを行うとともに、暗号化パスワードをお子さんに教えないようにしましょう。 iTunesのバックアップで暗号化パスワードを設定していない場合には、お子さんが、iTunesで自ら暗号化パスワードを設定してバックアップファイルを保存することで、スクリーンタイムパスコードを解読することが出来てしまいます。 暗号化パスワードをかけたiTunesバックアップを取ることでそのiPhoneは、他のパソコンのiTunesでバックアップを取る時にも、暗号化されたバックアップファイルとなり、暗号化パスワードが分からないとスクリーンタイムパスコードを解読することができなくなります。 スクリーンタイムパスコードの解読方法の操作手順 pinfinderを使ったスクリーンタイムパスコードを解読するする方法は、次の操作手順で行います。 なお、iTunesのバックアップ先をデフォルトのフォルダー以外に指定している場合には、解読できない場合があります。 暗号化されていないiPhoneのiTunesバックアップを用意する 先程、ご紹介したように、iOS12以降のスクリーンタイムパスコードは、暗号化していないiTunesのバックアップファイルからは解読することは出来ません。 暗号化バックアップが必要となります。 パソコン内に、暗号化されていないiTunesのバックアップファイルが無い場合には、まず、iTunesを起動して、スクリーンタイムパスコードが分からなくなったiPhoneを接続して、暗号化したバックアップを保存します。 シンボリックリンク等でバックアップファイルの保存先を変更している場合 シンボリックリンク等でiTunesのバックアップファイルの保存先を変更している場合には、一旦、シンボリックリンクを解除して暗号化バックアップを保存します。 pinfinderをダウンロードする 3. Pinfinderを実行する pinfinderはインストールするタイプのソフトではありません。 解凍したpinfinder. exeをダブルクリックして、実行します。 暗号化パスワードを入力する pinfinderを実行すると、コマンドプロント画面(黒い画面)が表示され、pinfinderのプログラムが起動します。 iOS12以降のバックアップファイルが含まれている場合には、「Enter iTunes Encryption Password:」という暗号化パスワードの入力表示がされます。 キーボードから暗号化パスワードを入力します。 解読されたスクリーンタイムパスコードを確認する 暗号化パスワードを入力すると、iTunesのデフォルトのバックアップフォルダーに保存されているバックアップファイルの読み込みが始まります。 しばらく待っていると、確認したバックアップファイルとスクリーンタイムパスコードが表示されます。 スクリーンタイムパスコードは、RESTRICTIONS PASSCODEの下に表示されている4桁のコードです。 正しく解読された場合には、JST 〇〇〇〇と数値4桁が表示されます。 解読表示された文字の意味は、次のようになります。 JST 〇〇〇〇 〇〇〇〇の4桁コードがスクリーンタイムパスコードとなります。 JST none スクリーンタイムパスコードが設定されていない状態で保存されたバックアップファイルを解読した場合に表示されます。 no passcode stored iOS11以前の暗号化バックアップでスクリーンタイムパスコードが含まれていない場合に表示されます。 incorrect encryption password 解読の際に入力した暗号化パスワードが異なっているため解読できなかった場合に表示されます。 この場合には、4に戻って、正しい暗号化パスワードを入力します。 スクリーンタイムパスコードを解読する方法は、以上で終了です。 解読したスクリーンタイムパスコードは忘れないようにしましょう。 ご訪問&コメントありがとうございます。 画面ではuserが家族名になっていました。 とありますが、それは、パソコンの画面で表示されているものですよね。 それであれば、その名前は、パソコンのユーザー名でiPhoneとは無関係です。 pinfinderでJST〇〇〇〇と表示された場合には、それが、スクリーンパスコードになります。 ご家族で複数のiPhoneを利用している場合、pinfinderで解読した暗号化バックアップが他のiPhoneのバックアップということはありませんか? スクリーンパスコードが分からないiPhoneのバックアップをiTunesで保存して、保存したバックアップで再度、pinfinderで解読してみてください。 ご訪問&コメントありがとうございます。 pinfinderの画面の左側に、Windowsとapple Mac osと書いてあると思います。 Windowsパソコンの場合には、Windowsをクリックして開いた画面のほぼ中央にある「Download the latest release of pinfinder for Windows」と書いてあるところをクリックします。 Macパソコンの場合には、apple mac osをクリックして開いた画面のほぼ中央に「Download the latest release of pinfinder for Mac」と書いてあるところをクリックします。 開いた画面に表示されているバージョンの一番新しいところにある、 Assetsをクリックして開いたリストの中にあります。 ご訪問&コメントありがとうございます。 「Press enter to exit」と表示される場合には、 iTunesのバックアップフォルダーにバックアップファイルが存在してい場合に表示されます。 最新のpinfinderのバージョンでバックアップファイルが存在しない場合、 単純に「Press enter to exit」と表示されるはずです。 シンボリックリンク等で、バックアップファイルのフォルダーを変更していませんか? シンボリックリンクでバックアップファイルを変更している場合、設定がちゃんとしてあれば、pinfinderは正常にバックアップファイルを見つけることが出来ますが、 設定にミスや不具合がある場合には、pinfinderがバックアップファイルを見つけられない場合があります。 尚、「Faild to find ~~~ と表示されるとありますが、アイフォーンビギナーズではそのような画面を見たことがありませんので、 もしかすると、別の理由かのしれませんが。 シンボリックリンクを設定してある場合には、一度、シンボリックリンクを削除して、 iTunesソフトで暗号化バックアップを保存した後、pinfinderを起動してみてはいかがでしょうか? カテゴリーメニューリスト•

次の