高島 忠夫 長男 殺害 事件 家政 婦。 高島忠夫家系図・高嶋ちさ子伯父?長男誘拐殺人事件!?政宏に兄がいた!|あんころりんく!!

高島忠夫の死去の噂?うつになった原因と家政婦の現在と罪に驚愕!

高島 忠夫 長男 殺害 事件 家政 婦

津川雅彦さんと朝丘雪路さんの長女・真由子さんの誘拐事件と、 高島忠夫さんと寿美花代さんの長男・道夫さん殺害事件にスポットを当ててみました。 共に俳優と元宝塚歌劇団のスターという組み合わせの 津川雅彦さん夫妻と高島忠夫さん夫妻。 この共通点の多い2組の夫婦には、 生後5ヶ月の長子を『奪われた』という衝撃のさらなる共通点がありました。 津川雅彦さん・朝丘雪路さん夫婦の長女・真由子さんは 生後5ヶ月の時に身代金誘拐事件の人質として奪われ、無事生還を遂げましたが、 高島忠夫さん・寿美花代さん夫婦の長男・道夫さんは 同じく5ヶ月の時にその幼い命を家政婦の手によって奪われ、 帰ってくることはありませんでした・・・ 有名人の父母を持ったが故に子供が巻き込まれてしまった 芸能界衝撃の子供にまつわる事件、2トップについてまとめてみました! スポンサーリンク 当時23歳だった無職の男性の身柄を確保、 男性は津川雅彦さんの長女・真由子さんの誘拐を認めました。 同日の午後7時頃、犯人が住む千葉県我孫子市のアパートの一室から 長女・真由子さんが無事保護されます。 津川雅彦さんはこの長女誘拐事件の犯人を のちのインタビューで『恩人』であると語っています。 この事件を契機に、僕は何事にも真剣に向き合うようになり、人生は大きく変化することになった。 誘拐犯はある意味、恩人と言ってもいいかもしれない。 娘の真由子が、もし役者の子でなかったら、こんな危険な日には遭わなかったはずだ。 だから、これは役者だった僕に責任がある。 娘には償いをしなくてはならない。 「よし、では彼女にとって世界一の父親になってやろう」。 そう決めた。 asahi. com 長女・真由子さんにとって血のつながり的に父親であるという事実に甘んじず、 積極的に関わることで母親以上の存在になろうと 津川雅彦さんは努力されたそうです。 そして、子を奪われるという悲しみを経験した津川雅彦さんは 拉致被害ポスターに登場、問題解決を訴えてらっしゃいます。 出典:NAVER 確かにこの誘拐事件がきっかけで、 長女・真由子さんと一般的な父と娘以上の関係になれたことは事実でしょう。 しかし、長女・真由子さんの誘拐事件の犯人が『恩人』であると言えるのは、 あくまでも長女が無事津川雅彦さんのもとに戻ってきたからです。 同じく俳優と元宝塚歌劇団の女優という組み合わせの 高島忠夫さんと寿美花代さんの長男・道夫さんは、 同じく両親が有名人という家に生まれたが故に 津川雅彦さんの長女・真由子さんと同じく生後5ヶ月の時に 命を奪われてしまうという悲しい事件に巻き込まれていたのでした・・・ 次ページに続きます!.

次の

高島忠夫さんが26日に老衰で死去…88歳「家政婦による長男殺害事件」「晩年の闘病生活」波乱な人生

高島 忠夫 長男 殺害 事件 家政 婦

来歴 [ ] 出生から学生時代まで [ ] 兵庫県(現在の御影町)で、姉妹弟のいる4人きょうだいの長男として出生。 祖父は大地主で不動産収入があり、そのため父は琵琶師匠を自称していたが弟子もおらず、生涯定職につくことのないの家庭であった。 成績は優秀でに進学。 水泳部に所属した。 同じクラスに作家のとがいた。 小松とは、一緒にバンドを組んでいたこともある仲。 により六・三・三制となり、神戸一中5年から新制神戸高校3年へと進学する が、に没頭して退学。 翌年にへ今で言う「水泳推薦」で編入学 する。 高校ではがボーカルだった軽音楽クラブに所属した。 芸能界へ [ ] 1951年に映画会社のニューフェイス「新東宝スターレット」の第1期生として芸能界入り。 スターレット同期生は、、、ら18人。 映画界入りしたことでは2年で中退した。 本名の高嶋忠夫から芸名を高島忠夫として、21歳で上京して東京暮らしを始める。 で俳優の勉強とボイストレーニングをし、このときに歌の才能が認められて、本格的に歌の練習をやるよう勧められる。 の映画『恋の応援団長』でデビュー。 同年に『チョイト姐さん思い出柳』で初主演し、以後新東宝で主演級の歌うスターとして活躍。 高島の映画出演は1950年代から1960年代が中心で100本以上の出演作の大半がこの時期のものである。 特に『』の主役は当たり役となった。 作曲もこなし、1958年には「東京ダーク・ムーン」をに提供している。 その後、「君はミュージカルスターになれる」とのの誘いでに移籍。 東宝ミュージカルのほか、コミカルな演技が印象的な『』や「日本製の本格的ミュージカル映画」として後年評価された『』などの東宝映画や、東宝系列のに出演するようになる。 には日本初のブロードウェイミュージカルとして上演された『』に出演して評判となる。 女優のとは、に寿美が司会のテレビ番組『季節のミュージカル』にゲスト出演したことから知り合い 、2年間の交際を経て、に結婚。 『』で長く夫婦で共演していた。 結婚後、長男・道夫をもうけるが、に生後5か月で当時17歳の家政婦によって殺害されるという事件に見舞われる ()。 、東映動画の『』では声優をこなし、ミュージカル仕込みの明朗なテノールの歌声を披露している。 東宝移籍後は壮年にさしかかるとバイプレーヤーとして脇に回り、『』の司会者をしたことをきっかけにテレビの仕事が増え始め、からは本格的にテレビに進出して司会業を行う。 料理番組『』やクイズ番組『』などの司会業の他、『』では映画解説をつとめ、いずれも長期に渡る人気番組のホスト役として活躍する。 半ばには暴飲暴食によって、を発病。 一時は体重が120kg近くになったが、和食中心の食事にして3年後に体重を70kg台に落とした。 1980年代後半に次男の政宏、三男の政伸がともに俳優としてデビュー。 以降は芸能一家の代表格として親しまれる。 からは家族4人共演でファミリーコンサートを定期開催した。 に実家がで被災して全壊。 晩年 [ ] を発症して以後、一時禁酒したがダイエットに成功した頃より飲酒を再開。 不眠症で酒とに頼って眠る日々で、になっていた。 1997年から1998年にかけて26年間続けて愛着のあった仕事である『』の司会交代や母親が入院(2000年死去)したことなどがきっかけで、に重度のを発症し 、レギュラー番組の『』『』など4本を降板して治療にあたる。 降板にあたっては糖尿病であると説明していた。 翌年に症状が改善したことから仕事復帰し、復帰初仕事のトーク番組『』の出演の際にうつ病だったことを告白した。 しかし無理がたたって再発し、再び療養していたが 、2003年ごろから徐々に芸能活動を再開、2007年春から完全復帰。 以降は家族とともにうつ病への理解を深める活動を行っていた。 高島の闘病生活は6月にドラマ化された(ドキュメンタリー・ドラマ『』、、放送)。 さらにを発症し、2010年にはのため心臓にを取り付ける手術を行った。 には「」()で『独占密着! 真実の高島ファミリー「忠夫さん、死ぬまで一緒やで」〜寿美花代・献身愛で闘う夫の病〜』 と題して、5年ぶりにテレビ出演を果たした。 2017年8月に初孫が誕生した。 2019年6月26日13時1分、のため、自宅にて88歳で死去。 人物像 [ ] 明るく楽しいキャラクターをセールスポイントにし、妻の寿美とはおしどり夫婦のイメージ通りに夫婦げんかをしたことがなかった。 次男の政宏によれば、うつ病を発症するまでは家庭でもテレビなどと同じように明るくテンションが高かったという。 そのため、長い躁状態から鬱状態になったのではないかと推測している。 新東宝時代も、調子のいい男とみられたり 、ぼんぼんという感じだったという。 一方で関西弁だからと、の映画の配役から外されたことがあった。 家族ともども世界的シンガーであるの大ファンで、8月に『クイズ・ドレミファドン! 』にイグレシアスが出演して以降、家族ぐるみで付き合いがある。 音楽番組やバラエティー番組では、よくイグレシアスとのエピソードを披露している。 2010年の7年ぶりのコンサートにも、観客の立場ながら同行していた。 前述の「カスペ! 」の密着取材においても、イグレシアスの台湾公演で再会した模様を取り上げ、普段は倒れないようにと持っていた杖を使わず、自力で立ち上がり、ステージ終了後にも楽屋裏で対面した。 家族・親族 [ ]• 弟・( - ) 音楽プロデューサー• 姪・ ヴァイオリニスト• 妻・ ( - ) 女優• 長男・(3月 - 1964年8月)• 次男・( - ) 俳優• 同妻・ 女優• 三男・( - ) 俳優 先祖にの開発者とされる斉藤三平がいると、高島忠夫自身が著書で述べている。 出演作品 [ ] テレビ番組 [ ]• (、司会)• (、司会) 当時、高島のセールスポイントでもあったテンションの高い、臨機応変でスピード感が溢れる進行ぶりは番組の名物ともなる一方、エスカレートした際、解答者を置いてけぼりにしかねないとスタッフから指摘されたこともあったという。 この番組で生まれた「 イエーイ! 」のフレーズは以後高島の代名詞ともなった。 (フジテレビ、解答者) NGワード(この言葉を書くと自分のチームが減点されて相手チームの得点となる)を最も多く出したので、歌詞穴埋め問題では必ず最初に指名されていた。 指名されるときはヤングチームから「 イエーイ! 」と呼ばれた。 政伸、政宏の属するヤングチームと対抗して戦ったことがある。 (、総合司会 第1回 - 第12回) スタジオにて、ルート紹介や軽妙な進行をと担当。 の第11回大会では、挑戦者として参加もした。 の『』にゲスト出演した際、『アメリカ横断ウルトラクイズ』で共演したから、「この局は今年開局55周年記念ですから、またをやるかも知れませんので、その時はよろしくお願いします」と、闘病から復帰した高島へ労いの言葉を送られた。 (日本テレビ、とともに司会)• (フジテレビ、解説者) フランクなキャラクターを活かした解説ぶりで、長期にわたり同番組の顔と呼ばれた。 数多くの映画解説を担ってきたが、及第点を与えられない作品でも番組ではもっともらしく解説しなければならない場合があることを残念に思っていた。 (、パネラー)• (、司会)• (NET、司会)• (NET、司会)• TBS以外在京民放キーテレビ局、司会)• (TBS系、司会)- 番組末期に司会を担当• (フジテレビ系、司会)• (日本テレビ系、休演時の代打司会)• (関西テレビ・関西ローカル、とともに司会)• (・関西ローカル、解答者)• (日本テレビ、審査委員長)• (関西テレビ・関西ローカル、とともに司会)• (フジテレビ系、司会)• (全民放、総合司会)• 世界大会(フジテレビ系列、司会)• (、2006年 一家で出演) ラジオ番組 [ ]• (文化放送) テレビドラマ [ ]• (1958年 - 1960年、KR、現・TBS)• 高島忠夫の坊ちゃんシリーズ(1959年、日本テレビ)• (1960年、NET、現・テレビ朝日) - 坊っちゃん役• (1965年、フジテレビ)主人公の建築技師役• 新・新三等重役(1966年、日本テレビ)• ある美人の一生(1969年-1970年、フジテレビ) - 主人公の夫 役• (1970年-1974年、読売テレビ) - 清二(山水館板長)役• 『』(1990年、TBS) - 校長役• (1990年、TBS)• (1994年、テレビ朝日) - 大沢達也 役• (1994年、テレビ朝日)• (、テレビ朝日・) - 役(が病気療養のため代役) 第28作「特急ゆふいんの森殺人事件」• VIIIシリーズ - IXシリーズ第15話( - 、) - 3代目・宍戸官兵衛役 病気のため途中降板。 後任は。 (1996年、) - 有沢英之 役• 第11話「結婚は命がけ!? 」(1997年、TBS)• (1998年、NHK)• (、日本テレビ系列) 高島家の4人がインタビューで出演。 再現ドラマ部分では、が忠夫を演じた。 映画 [ ]• (1952年、) - 竹田儀一 役• (1952年、新東宝) - 三平 役• (1952年、新東宝) - 信一 役• (1953年、新東宝)• (1953年、新東宝) - 築地京介 役• (1953年、新東宝) - 築地京介 役• (1953年、新東宝) - 相沢歩 役• (1953年、新東宝) - 土井浩一 役• (1953年、新東宝) - 高田少尉 役• (1953年、新東宝) - 田原 役• (1953年、新東宝) - バレー団員山川 役• (1953年、新東宝) - 金田一平 役• (1954年、新東宝) - 新井謙一 役• (1954年、新東宝) - 新井 役• (1954年、新東宝) - 太陽先生 役• (1954年、新東宝) - 畑中次郎 役• (1954年、新東宝) - 三枝 役• (1955年、新東宝) - 小川明夫 役• (1955年、新東宝) - 長谷川 役• (1955年、新東宝) - 義経八郎 役• (1955年、新東宝) - 酒巻大作 役• (1955年、新東宝) - 被告 役• (1955年、新東宝) - 青柳 役• (1955年、) - 二郎 役• (1955年、新東宝) - 月岡大助 役• (1955年、新東宝) - 奈良新平 役• (1956年、新東宝) - 森一等運転士 役• (1956年、新東宝) - 木下 役• (1956年、新東宝) - 波島隆 役• (1956年、東宝) - 小山啓二 役• (1956年、新東宝) - 小野政吉 役• (1956年、新東宝) - 野上俊介 役• (1956年、新東宝) - 波島隆 役• (1956年、新東宝) - 小野政吉 役• (1956年、) - 町田国彦 役• (1956年、新東宝) - 河崎栄治 役• (1956年、新東宝) - 波島隆 役• (1956年、新東宝) - 醍醐博 役• (1956年、新東宝) - 藤田少佐 役• (1956年、新東宝) - 林正夫 役• (1956年、富士映画) - 高田祐二 役• (1956年、新東宝) - 大山虎彦 役• (1957年、) - 袴田光一 役• (1957年、新東宝) - 真田俊一 役• (1957年、富士映画) - 五橋日也 役• (1957年、新東宝) - 松川大吉 役• (1957年、新東宝) - 役• (1957年、新東宝) - 金森菊次(弁慶) 役• (1957年、富士映画) - 竹岡金太郎 役• (1957年、新東宝) - 花山勇吉 役• (1957年、新東宝) - 山野英介 役• (1958年、富士映画) - 朝日奈忠彦 役• (1958年、新東宝) - 山田一太郎二等兵 役• (1958年、富士映画) - 横川大二郎 役• (1958年、新東宝) - 黒田忠夫 役• (1958年、富士映画) - 水島光一 役• (1958年、新東宝) - 高石カメラマン 役• (1958年、東宝) - 役• (1958年、富士映画) - 高木弥一 役• (1958年、新東宝) - 挨拶・歌• (1958年、新東宝) - 歌手 役• (1959年、富士映画) - 真田幸三 役• (1959年、新東宝) - 新東洋映画スター 役• (1959年、新東宝) - 八木橋稔 役• (1959年、新東宝) - 瓦版売り 役• (1959年、富士映画) - 高山太左衛門 役• (1959年、富士映画) - ポールの歌手 役• (1960年、) - 三谷純 役• (1960年、富士映画) - 富士義夫 役• (1960年、東宝) - 佐山 役• (1960年、宝塚映画) - 田島孝夫 役• (1960年、東宝) - 野本修一 役• (1960年、東宝) - 若山春彦 役• (1960年、東京映画) - 奥山新太郎 役• (1960年、宝塚映画) - 千葉隆彦 役• (1960年、宝塚映画) - 国夫 役• (1960年、宝塚映画) - 松野松左衛門 役• (1960年、東宝) - 向山健太 役• (1960年、富士映画) - 沓掛時次郎 役• (1960年、宝塚映画) - 小出陽之助 役• (1960年、東宝) - 大津彦一 役• (1960年、宝塚映画) - 鵜の目高助 役• (1961年、東宝) - 高木正夫(お嬢) 役• (1961年、宝塚映画) - 広瀬克之 役• (1961年、宝塚映画) - 鵜の目高助 役• (1961年、東宝) - 井波謙吾 役• (1961年、宝塚映画) - 関孝夫 役• (1961年、東宝) - 喜多岡八郎 役• (1961年、東宝) - 喜多岡八郎 役• (1961年、宝塚映画) - 国島信吉 役• (1961年、東京映画) - 清水文雄 役• (1961年、東宝) - 武中雄吉 役• (1961年、宝塚映画) - 高田 役• (1962年、宝塚映画) - 久保田哲治 役• (1962年、東宝) - 助川十吉 役• (1962年、東宝) - 高木正夫 役• (1962年、宝塚映画) - 柳川社長 役• (1962年、東宝) - 大川桃太郎 役• (東宝)• (1962年) - 桜井修 役• (1967年) - 楠見博士 役• (1993年) - 細野所長 役• (1962年、宝塚映画) - 蓮沼 役• (1962年、東宝) - 役• (1962年、東宝) - 助川十吉 役• (1962年、宝塚映画) - 沖 役• (1963年、東宝) - 三宅五郎 役• (1963年、東宝) - 大木検事 役• (1963年、東宝) - 飯田幸四郎 役• (1963年、東宝) - 伊達康介 役• (1963年、東宝) - 北野真一 役• (1963年、東宝) - 旗中進 役• (1964年、東宝) - 高野修 役• (1964年、東宝) - 中井剛 役• (1964年、宝塚映画) - 小宮順二 役• (1964年、宝塚映画) - 花井正男 役• (1965年、東宝) - 川地堅一郎 役• (1965年、東宝) - 佐賀三郎 役• (1966年、東宝) - 永島洋介 役• (1966年、東宝) - 篠田正夫 役• (1966年、東宝) - 峰岸 役• (1966年、東宝) - 松本敬二 役• (1967年、東宝) - 山村清 役• (1967年、東宝) - 山村清 役• (1968年、東宝) - 丸木久平 役• (1969年、ドイツ映画) - ナレーション• (1969年、東宝) - 渥美格之丞 役• (1971年、東宝) - 高島 役• (1971年、) - 秋山二等兵 役• (1988年、) - 夕張寿美雄 役• (1994年、東映) - 村木俊作 役• (1994年、) - 浅岡平五郎 役 CM [ ]• アピ内服液• ファランドール絵本(1970年代後半)• (1970年代-1980年代前半 夫婦で出演したものもある)• 羽毛ふとん• (1985年)• (1985年)• 1990年• 写るンです 妻・寿美、息子・政宏政伸兄弟と共演 声優 [ ]• (、眠りの精オーレおじさん )• (、ティベリウス〈ジョージ・レルフ〉)版〈収録〉• (1997年、ナイジェル・チャニング博士〈〉) 著書 [ ]• 高島忠夫の洋食劇場(・)• 高島忠夫の忘れられない、あの一言(・)• 「うつ」への復讐 絶望から六年目の復活(・2004年3月) 音楽作品 [ ] この節のが望まれています。 パ・パヤ・ママ(1954年発売、のカバー)• パパはマンボがお好き(1955年発売。 ペリー・コモのカバー、金色仮面 とデュエット。 との競作。 金色仮面のSPレコード「スコキアーン」のB面曲)• 銀座の若旦那(1955年1月発売。 新東宝映画「若旦那の縁談」主題歌)• ニッポン・トウキョー・ケ・サラ・サラ(1955年3月発売。 金色仮面とデュエット)• アラビヤ新婚旅行(1955年4月発売。 とデュエット)• マンボ息子(1955年8月発売)• 空の港は霧ふかく(1956年6月発売。 とデュエット)• 波止場の人気者(1956年10月発売)• 貴方だけのブルース(1958年5月発売)• 東京ダーク・ムーン(1958年5月発売 を担当 への提供曲)• 白い小さなあのホテル(1958年11月発売。 新東宝映画「新日本珍道中」主題歌)• 結婚しましょう(1959年1月発売)• キューバに上陸(1959年3月発売)• 二人だけのブルース(1959年3月発売)• 首ったけロック(1959年5月発売)• あの空だけは知っている(1959年5月発売)• 男の星座(1960年4月発売。 新東宝映画『若社長と爆発娘』主題歌)• バナナの唄(1960年5月発売。 とデュエット。 松竹映画『バナナ』主題歌)• 君はすばらしいつばさを持っている(『』挿入歌、『アンデルセン物語』M-117に収録)• お父さん(1974年12月25日発売。 とデュエット。 系列『』より)• 人生まだ半分(1987年4月1日発売)• 約束-PROMESA-(1988年6月25日発売)• 東宝株式会社社歌(高島忠夫、)作詞:佐原文吾 作曲: 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 朝日新聞. 2019年6月28日. 2019年6月28日閲覧。 デイリー 2019年6月28日. 2019年6月28日閲覧。 , p. , p. 小松左京『小松左京自伝 実存を求めて』、2008年、29頁。 , p. 124• , p. 187• 126• , p. 129• , pp. 133, 135• , pp. 135-136• 『戦後芸能史物語』朝日新聞学芸部 編、〈〉、1987年、214-217頁。 テレビ紹介情報. 2017年10月6日閲覧。 gooテレビ番組 Wire Action• 岸本佳子 2008年7月9日. msn産経ニュース. の2008年7月13日時点におけるアーカイブ。 2017年10月6日閲覧。 , p. 村山望「昭和39年 高島忠夫家『愛児殺害』」『』2005年9月号、、 44-46頁。 , p. 146• , pp. 27-28• , p. 153• 2010年1月19日時点のよりアーカイブ。 2017年10月6日閲覧。 , pp. 29-30, 36• , pp. 42-51• , pp. 60-61• , p. 101• , pp. 106-107• デイリースポーツ online. 2013年6月18日. 2013年7月31日閲覧。 2017年10月6日閲覧。 『息子たちへ 政宏、政伸への愛とメッセージ』、1990年、24, 49頁。 「高嶋政宏インタビュー」『ドトウの濃縮人生インタビュー集 人間コク宝』、2004年、133頁。 , p. 188• 山田誠二「高橋勝二インタビュー」『幻の怪談映画を追って』〈映画秘宝COLLECTION〉、1997年、135頁。 浦崎浩實「映画人、逝く」『』2010年4月上旬号、、 177頁。 , pp. 149-151• 『高島忠夫の洋食劇場』(高島忠夫著/旺文社文庫、1983)71ページ• 『』1973年10月20日テレビ欄• スポーツ報知. 報知新聞. 2019年6月28日. 2019年6月28日閲覧。 スポニチアネックス. スポーツニッポン 2019年6月28日. 2019年6月28日閲覧。 メディア芸術データベース. 2017年10月6日閲覧。 2016年10月21日閲覧。 参考文献 [ ]• 『家の履歴書』男優・女優篇、、2011年。 鈴木義昭『新東宝秘話 泉田洋志の世界』プラザ、2001年。 高島忠夫『「うつ」への復讐 絶望から六年目の復活』〈KAPPA BOOKS〉、2004年。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

高島忠夫の息子(長男)殺害事件、犯人(家政婦)の動機が異常。事件発覚その後まとめ

高島 忠夫 長男 殺害 事件 家政 婦

Contents• 高島忠夫の誘拐事件とは?誘拐に見せかけた殺害だった! 事件は、 1964年8月24日未明に起こります。 高島忠夫さんと寿美花代さんは1963年にご結婚されていますから、子どもが生まれたばかり。 まだ新婚時代の話ですね。 午前2時40分ごろ、高島家に住み込みで働いていた家政婦Aが「長男の道夫くんの姿が見当たらない」と言い出したのです。 高島忠夫さんと妻の寿美花代さんは、家政婦Aと一緒に家中を探し回りましたが、長男・道夫くんの姿が見当たりません。 しかし、道夫くんはすぐに発見されます。 風呂場できちんと蓋の閉まった風呂桶の中に沈められていたのです。 高島夫妻は警察や消防にすぐ通報し、道夫くんは自宅近くの小倉医院へ搬送されましたが、既に心肺停止状態で、人工呼吸などが試みられましたが、助かることはありませんでした。 通報を受けた警視庁捜査1課と所管の玉川警察署は、 殺人事件として捜査を開始しました。 長男の姿が突然いなくなった上に、 異常に気づいた家政婦A子が「変な物音がした」、「工員風の男を見た」と言っていたため、 最初は 「誘拐事件」だと思ったようです。 高島忠夫の誘拐事件の犯人の名前や顔画像は? 警察の捜査が進むうちに、家政婦Aの証言には不審な点が多くみられました。 家政婦A以外に不審者を見た者はいない。 家政婦A以外に長男の泣き声を聞いた者はいない。 高島家では犬を飼っており、この犬は普段から不審者が近づくと激しく吠えるが、当日夜に犬は吠えていない。 普段、全員が風呂に入り終わった後に家政婦Aが風呂桶の残り湯は抜くことになっていたが、この日に限り家政婦Aは風呂桶の湯を捨てていない。 犯人が物取り目的で押し入ったのならば、生後わずか5カ月の赤ん坊に姿を見られたとしても、その歳の赤ん坊なら証人になるわけもなく殺すというのは不自然。 長男を風呂桶に入れて、きちんと風呂の蓋を閉めて立ち去るというのも不自然 これらについて家政婦Aを問いただしてみると、 自分の犯行であることを認めたそうです。 つまり、 高島忠夫さんの長男を誘拐とみせかけて殺害した犯人は、高島家で住み込みで働いていた家政婦Aでした。 それでは、家政婦Aとはどんな人物だったのでしょう? 高島忠夫の長男殺害事件の犯行動機は17歳家政婦の嫉妬? それでは、なぜ、家政婦Aは高島さんの長男を誘拐と見せかけて、残虐な手口で殺害したのでしょう?その動機がすごいのです。 家政婦Aが高島家で働き始めた当時、お手伝いさんは彼女1人だけでした。 Aにとって、 有名スターの家での生活は夢のようでした。 姉には「夫妻にとってもかわいがられている」「毎日の生活が夢のようで楽しくて仕方ない」と熱く語っていて、友達にも自慢の手紙を書いていたそうです。 高島さんから、 高級レストランのバイキング 料理をごちそうしてもらったり、海外ブランドの時計やセーターも贈られています。 一方で妻の寿美さんにはあまり懐いておらず、 忠夫さんに淡い恋心さえ抱いていたのかもしれないといわれています。 しかし、そんなある日、高島家には待望の長男が生まれ、 事態は急変します。 長男・道夫くんの 専任の看護婦としてB子が働き始めたのです。 高島夫妻は道夫くんを溺愛するゆえに、看護師B子にも大きな信頼を寄せるようになりました。 それが、17歳のAにはおもしろくなかった…。 「夫妻はB子ばかりが可愛がって、自分はのけ者だ」と B子に反感と嫉妬心を募らせるように。 当時、 高島夫妻は北南米に40日間の旅行を計画していたのですが、Aは付き人でもある自分も当然同行できるはずだと思っていました。 しかし、実際には置いてきぼり。 さらに、B子には夫妻が「お土産を買ってくるから」と話しているのを聞いてしまったのです。 まさに家政婦は見たの世界です。 「道夫ちゃんさえいなければ佳子は用なしになり、再び自分が寵愛される」。 完全な逆恨みともいえますが、世間知らずでしかもまだ17歳の少女だったAは、そう思うように。 そして、その嫉妬や恨みがついに爆発して反抗に及んでしまったのです。 スポンサードリンク 高島忠夫の長男を殺害した犯人の家政婦の現在は? そして、長男殺害事件の犯人である家政婦Aは、現在いったいなにをしているのでしょうか? 恐ろしい後日談が見つかりました。 家政婦Aが高嶋政伸さんの目の前に現れたというのです。 政伸が成人した20余年後のある日、再び高島家に戦慄が走る出来事が起こった。 道夫ちゃんを殺害した女性が政伸の前に現れたのだという。 高島家を知る人物は語る。 news-postseven. html これが本当のAだったのか、ただのいたずらなのかは不明ですが、どちらにしても神経を疑うような言動です。 寿美さんのもとには、「犯人は早々に出所した」「子供も産んで何事もなかったように暮らしてる」「事件について話している」などという話がたびたび入っているそう。 あの事件の影響で、高島さんご夫妻は、スピリチャルな方向にも傾倒し、たびたび道夫くんの魂と会話をしていたとも言われています。 身勝手な嫉妬心から、卑劣な犯行に及んだ家政婦A。 生きていれば、70代過ぎということになります。 どこでどんな生活を送っているのでしょうか?反省はしているのでしょうか?.

次の