少年ジャンプ連載作品。 ジャンプ+連載作品

少年ジャンプNEXT!に掲載・連載された作品リスト

少年ジャンプ連載作品

どーも、松田です。 1990年代、私が子供のころは、毎週月曜日のズームイン朝で「週刊少年ジャンプの発売を知らせるCM」が流れていました。 当時はそうとは感じてませんでしたが、今振り返ると、ジャンプの人気ぶりは異様なまでであった・・・と感じています。 ジャンプを読んでいないフトドキ者はつまはじきに遭う程wでした。 その異様なジャンプ人気は、「ジャンプ黄金期」と呼ばれ、発行部数は毎年のように600万部超え。 人気絶頂だったジャンプ黄金期 1989年~1996年まで の要因は、その掲載作品だと思います。 そんな訳で! 黄金期より前から連載が始まっており、長きに渡り黄金期を支えた作品たちと、それぞれの年代で連載スタートし、1年以上掲載されていた代表作品を一挙紹介したいと思います。 果たしてどれだけの作品が心に残っているでしょうか? 目次• 週刊少年ジャンプ「黄金期」の定義について• 連載期間は40年!別格作品「こちら葛飾区亀有公園前派出所」• 世界でダントツ人気のマンモス作品「ドラゴンボール」• 黄金期より前から連載しており、黄金期を支えた作品達• 1989年~1992年に連載開始した代表作品• 1993年~1996年に連載開始した代表作品• 年表グラフから見る、黄金期に於ける人気の秘密• まとめ 週刊少年ジャンプ「黄金期」の定義について 人によって諸説あると思いますが、この記事では黄金期の期間は「 1989年~1996年」として考えています。 「 年間発行部数500万部以上の時期」を一つの基準にしていますので、人によってはもう少し前も含める場合があります。 1980年で300万部、1985年で400万部と増やしている為、黄金期をどこで線引きするかは難しいところではありますね。 連載期間は40年!別格作品「こちら葛飾区亀有公園前派出所」 連載期間は1976年~2016年の40年間という長寿漫画。 それが「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(通称「こち亀」)です。 総巻数は200巻を誇り、コミックスの累計発行部数は1億5,650万部、少年誌ではギネス記録を持つ作品です。 作品の入れ替わりが激しい週刊少年ジャンプにおいて、一度たりとも打ち切りの話は上がらず、更には40年の間一度も休載が無かったという伝説を持っています。 黄金期も低迷期も関係なく、安定した面白さを提供し続けた、まさにジャンプの顔でした。 世界でダントツ人気のマンモス作品「ドラゴンボール」 総巻数42巻(完全版34巻)で、もはや説明不要なレベルで今も人気の作品。 それが「ドラゴンボール」です! 日本のみならず、世界的にも非常に人気が高く、連載が終了した今でも新しくアニメが放映される程に人気を維持し続けています。 実は世界的に見ると「こち亀」よりも人気が高く、ジャンプ発行部数を大きく牽引していた作品とも言えますね。 完全版込みでの総発行部数が1億6,000万部で、「こち亀」を超える部数を発行している事になります。 総巻数は完全版を含めて76巻、連載期間は1984年~1995年の11年。 このことからも、「人気」という意味ではドラゴンボールは「こち亀」の上をいくと見ても差し支えないですね。 黄金期より前から連載しており、黄金期を支えた作品達 その他、別格となる「こち亀」「ドラゴンボール」以外で、黄金期を含めて長く連載されていた作品をリスト化してみました。 以下、黄金期より前から連載されており、黄金期を支えた作品たちになります。 男塾(1985年~1991年)• シティーハンター(1985年~1991年)• 聖闘士星矢(1986年~1990年)• 県立海空高校野球部員山下たろーくん(1986年~1990年)• 燃える! お兄さん(1987年~1991年)• THE MOMOTAROH(1987年~1989年)• BASTARD!! -暗黒の破壊神-(1988年~現在)• ろくでなしBLUES(1988年~1997年)• 1989年~1992年に連載開始した代表作品 黄金期より連載が始まり、2年以上連載されていた人気作品を紹介します。 DRAGON QUEST-ダイの大冒険-(1989年~1996年)• 電影少女(1989年~1992年)• 花の慶次-雲のかなたに-(1990年~1993年)• SLAM DUNK(1990年~1996年)• (1990年~1994年)• ペナントレース やまだたいちの奇蹟(1991年~1994年)• アウターゾーン(1991年~1994年)• (1992年~1995年)• (1992年~1999年) 黄金期の名に恥じない、非常に有名な作品が名を連ねていますね。 特に「SLAM DUNK」は、発行部数1億2,000万部で、ジャンプ誌上5位の記録を持っています。 1993年~1996年に連載開始した代表作品 続いては1993年から連載開始し、2年以上連載されていた人気作品を紹介します。 NINKU-忍空-(1993年~1995年)• とっても! ラッキーマン(1993年~1997年)• 地獄先生ぬ~べ~(1993年~1999年)• 王様はロバ~はったり帝国の逆襲~(1994年~1996年)• キャプテン翼 ワールドユース編(1994年~1997年)• るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-(1994年~1999年)• みどりのマキバオー(1994年~1998年)• 陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!! (1995年~1998年)• WILD HALF(1996年~1998年)• 封神演義(1996年~2000年)• 「るろうに剣心」はアニメ・実写を経て、2017年に新連載が開始するという根強い人気作です。 年表グラフから見る、黄金期に於ける人気の秘密 さて、黄金期前から黄金期にかけて、人気作品をまとめてみましたが、イマイチピンと来ない人も多いと思います。 何せジャンプ誌上歴代1位、発行部数3億超えのモンスタータイトル「ONE PIECE」の連載開始は1997年ですからね。 そんなタイトルが出たというのに、何故ジャンプ自体の発行部数が落ちたのか、気になる人もいるハズです。 ですので、分かりやすくする為に年表グラフを作成してみましたので、見てみてください。 -暗黒の破壊神-」は休載や別紙への移動が多い為除外しました。 このグラフから分かる事としては、以下の事が挙げられます。 黄金期中は長期連載のタイトルが常に多い• ドラゴンボール・SLAM DUNKという発行部数1億超えのビッグタイトルが相次いで完結• 発行部数5,000万部を誇るダイの大冒険も1996年に完結 比較的長期に渡り人気のある作品が集中しており、雑誌にお金を払う価値のあった時代、という感じでしょうか。 1997年以降も長期連載タイトルがあるにはありますが、相対的に見ると単行本の発行部数では黄金期のタイトルに比べて少ないです。 ともすれば、この3タイトルにしても、黄金期の作品達と正面からぶつかっていたら、序盤で人気が確保出来なかった作品と仮定すると、打ち切りになっていた可能性も否定出来ません。 まとめ 黄金期近辺の作品を並べてみると、その名の通りの大物作品がゴロゴロしてますね。 カテゴリー• 1,087• 102• 123• 2,367• 556• 118• 180• 126• 643• 475• 154• 187• 325• 151• 217• 108• 483• 152• 363• 456• 148• 112• 291• 123• 477• 135• 137• 315• 580• 173• 101• 377• 123• 451• 183• 276• 176• 137• 131• 721• 208• 145• 100• 402• 288• 490• 169• 142• 384• 657• 162• 109• 123• 106• 429•

次の

「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2014年): 朴念仁と居候

少年ジャンプ連載作品

習慣的に「 週刊少年ジャンプ」と「 週刊少年マガジン」を読んでいます。 最近、年齢が上がってきたせいもあってか、マガジンの方がおもしろい作品が多いなぁ…と嬉しいような、悲しいような気持ちに。 中学生の頃からジャンプを読んでいる身としては、 やっぱりジャンプに 最強でいて欲しいんですよね。 2019年11月27日現在の連載を比較して、両者の連載層を分析してみます。 相撲の番付を借りて、横綱・大関・関脇・小結の4段階評価。 順番は五十音順です。 <ジャンプ連載作品> [横綱 2作品] 僕のヒーローアカデミア 2014年連載開始、2400万部発行(24巻) ONE PIECE 1997年連載開始、4億5000万部発行 94巻 [大関 6作品] 鬼滅の刃 2016年連載開始、2500万部発行(17巻) 呪術廻戦 2018年連載開始、200万部発行(7巻) Dr. 総論 ジャンプよりもマガジンの方が平均点、高し 単行本の発行部数は、やっぱりジャンプ作品の方が多いですね。 ですが、連載19本のうち、8本が今年連載開始なのは 異常だと思います。 マガジンは22本のうち、今年連載開始は4本。 ジャンプは倍ですよ、倍。 さらに、大変なのが、稼ぎ頭である「ハイキュー!!」、「鬼滅の刃」、「約束のネバーランド」3作品が終盤に近づいていること。 変わりとなるべき、新連載陣から魅力的な作品を見出せないこと。 なんとかしないと、本当に大変。 マガジンの新連載陣は 連載が続く未来がきちんと見える。 対して、ジャンプの新連載陣は打ち切り濃厚な感じがやばい。 健闘できそうなのは、チェンソーマンぐらいかな? ぶっちゃけ、連載1話を見ただけで、「 約束のネバーランド」と「 ランウェイで笑って」はアニメ化まで見えましたからね。 凄すぎた。 鳥肌が立つ1話を描ける漫画家が、世の中に必要とされてるのかも。 今日も日刊ムショクを覗きに来てくれて、ありがとう。 アニメ効果か、鬼滅の売上が凄すぎる。 このnoteは「日刊ムショク」と題して、 無職の毎日をつらつらと綴る。 平日は7時ごろ、休日は9時ごろに更新予定。 また明日、時間があれば、覗いてね。

次の

【作品解説あり】「ジャンプ」歴代作品、あなたが一番好きなのは?(ねとらぼ)

少年ジャンプ連載作品

習慣的に「 週刊少年ジャンプ」と「 週刊少年マガジン」を読んでいます。 最近、年齢が上がってきたせいもあってか、マガジンの方がおもしろい作品が多いなぁ…と嬉しいような、悲しいような気持ちに。 中学生の頃からジャンプを読んでいる身としては、 やっぱりジャンプに 最強でいて欲しいんですよね。 2019年11月27日現在の連載を比較して、両者の連載層を分析してみます。 相撲の番付を借りて、横綱・大関・関脇・小結の4段階評価。 順番は五十音順です。 <ジャンプ連載作品> [横綱 2作品] 僕のヒーローアカデミア 2014年連載開始、2400万部発行(24巻) ONE PIECE 1997年連載開始、4億5000万部発行 94巻 [大関 6作品] 鬼滅の刃 2016年連載開始、2500万部発行(17巻) 呪術廻戦 2018年連載開始、200万部発行(7巻) Dr. 総論 ジャンプよりもマガジンの方が平均点、高し 単行本の発行部数は、やっぱりジャンプ作品の方が多いですね。 ですが、連載19本のうち、8本が今年連載開始なのは 異常だと思います。 マガジンは22本のうち、今年連載開始は4本。 ジャンプは倍ですよ、倍。 さらに、大変なのが、稼ぎ頭である「ハイキュー!!」、「鬼滅の刃」、「約束のネバーランド」3作品が終盤に近づいていること。 変わりとなるべき、新連載陣から魅力的な作品を見出せないこと。 なんとかしないと、本当に大変。 マガジンの新連載陣は 連載が続く未来がきちんと見える。 対して、ジャンプの新連載陣は打ち切り濃厚な感じがやばい。 健闘できそうなのは、チェンソーマンぐらいかな? ぶっちゃけ、連載1話を見ただけで、「 約束のネバーランド」と「 ランウェイで笑って」はアニメ化まで見えましたからね。 凄すぎた。 鳥肌が立つ1話を描ける漫画家が、世の中に必要とされてるのかも。 今日も日刊ムショクを覗きに来てくれて、ありがとう。 アニメ効果か、鬼滅の売上が凄すぎる。 このnoteは「日刊ムショク」と題して、 無職の毎日をつらつらと綴る。 平日は7時ごろ、休日は9時ごろに更新予定。 また明日、時間があれば、覗いてね。

次の