メニエール 病 甘え。 メニエール病

私がメニエール病になった時の話

メニエール 病 甘え

仕事や育児などで疲れると、ふらっとめまいを感じることがあります。 そのめまいが10分以上続くようなら、耳の病気である「メニエール病」を疑いましょう。 com 何度も発作を繰り返して悪化していくメニエール病は、治療しなければ日常生活に支障をきたし、時には命にかかわる病気です。 メニエール病の原因はストレス? メニエール病は30~40代の女性に多い病気でしたが、近年では男性や20代女性の患者も多くなり、患者数が増加する傾向に。 原因は不明ですが、ストレスや極度の疲労、乱れた生活習慣ではないかといわれています。 春は人間関係や職場環境が大きく変化する季節。 また、寒い冬から一気に気温が上がり、自律神経が乱れやすくなります。 メニエール病を発症する患者は、春に多いようですので、疲れやストレスをためないよう気をつけましょう。 何度も繰り返すメニエール病の症状 次の症状は、メニエール病の発作と呼ばれています。 ・突然目の前の光景がグルグルまわりはじめる「めまい」が10分以上、長くて数時間続く ・耳鳴り、耳の閉そく感(つまり)、音が聞き取りにくくなるなど、難聴の症状が出る 症状を我慢していると発作がおさまり、めまいも耳鳴りも治ります。 しかし発作は間隔をあけて何度も起こり、そのたびに症状が悪化していくようです。 めまいの時間も長くなり、おう吐や動悸などがおこります。 恐ろしいのはめまいを起こして倒れ、事故やけがの原因になること。 駅のホームなどから転落すれば、命にかかわります。 発作がおさまったから治ったと思いこまずに、早めに病院への受診が必要です。 10分以上続くめまいを感じたら、まず耳鼻科へ めまいや難聴はほかの病気でも起こるため、メニエール病の正しい診断を得るには耳鼻科やめまい専門医にかかる必要があります。 10分以上続くめまいを感じたら、発作を繰り返す前に受診しましょう。 メニエール病がなぜ起こるかは解明されていませんが、何らかの理由で内耳(ないじ)のリンパ液が多くなっておこる、「内リンパ水腫」が原因と考えられています。 水腫を軽減する利尿剤、神経伝達と血液循環を促進する薬剤、めまいや吐き気を抑える薬などの投薬で治療するのが一般的。 患者が感じているストレスを軽減するために、心理療法を用いることもあります。 メニエール病の完治は難しいといわれていますが、症状を抑えることはできます。 治ったと思って薬をやめると発作が再発しますので、必ず医師の指示にしたがって治療を続けることが大事です。 オダ マユミ.

次の

メニエール病なって、

メニエール 病 甘え

(男性) <答えるドクター> 山内昌幸(豊見城中央病院耳鼻咽喉科) ・・・・・・・・・・・・・・・・ 内リンパ嚢手術が一般的/他の疾患との鑑別も重要 答え 今から百三十年以上前、フランスの耳鼻科医メニエールは、内耳の障害によって起こるめまいがあることを報告しました。 当時、めまいは脳出血によって起こるものと考えられていたため、これは大変画期的なことでした。 以来、メニエール病という名前が広く知られるようになり、「めまいと言えばメニエール病」という誤った風潮が生まれました。 めまいは耳鼻科では最もよく見られる症状の一つですが、実際のところ、メニエール病によるめまいはそれほど多くありません。 めまいを起こす病気はほかにも、突発性難聴、良性発作性頭位眩暈(げんうん)症、内耳炎、前庭神経炎、外リンパ瘻(ろう)、聴神経腫瘍(しゅよう)など、内耳の障害によって起こるものから、椎骨(ついこつ)脳底動脈循環不全や脳出血、脳梗塞(こうそく)、脳腫瘍など中枢性のものまで実にさまざまなものがあります。 典型的なメニエール病では、天井がぐるぐるまわる回転性のめまいが誘因なく起こり、難聴や耳閉感、耳鳴りなどの聴覚症状を伴います。 めまいは三十分から半日、多くの場合二時間程度で治まり、それと同時に聴覚症状も改善します。 このようなめまい発作を反復することが特徴で、さらに検査で聴力の変動や平衡機能の低下などを確認することによってメニエール病の診断がつけられます。 さて治療ですが、今回は紙面の都合もあり、ご質問の手術療法についてお話しします。 メニエール病は何らかの原因により、内耳を満たしている内リンパ液の循環が障害されて、内耳が水腫すなわち水ぶくれ状態になることで起こるといわれています。 そこで、内耳とくも膜下腔(くう)または中耳腔との間に連絡路を設けて、そこへ余分なリンパ液を導くことによって水ぶくれを防ぐ方法が「内リンパ嚢(のう)手術」です。 これに対し、水ぶくれにより機能低下を来した内耳から発せられた異常な信号が、脳へ伝達されるのを遮断する方法が「前庭神経切断術」です。 また、内耳そのものを破壊してしまう「内耳破壊術」もあります。 一般的にはまず内リンパ嚢手術が行われますが、時間とともに手術で設けた連絡路が閉塞し再発する例が見られ、絶対的な方法ではありません。 このような症例に対して前庭神経切断術が行われることが多いようですが、開頭術を要するなど手技的にやや困難です。 内耳破壊術は聴力も失われるため、メニエール病が進行して聴力が高度に低下した症例に対して行われます。 いずれの方法も一長一短あって、症例に応じて手術法が選択されます。 メニエール病はすべての症例で手術が必要なわけではありません。 内服療法によってコントロールできる症例も少なくなく、ほかにも中耳腔へのステロイド注入療法、内耳麻酔療法、薬物による内耳破壊療法などがあり、それぞれ、症例によってはかなり有効なようです。 一度、最寄りの耳鼻咽喉科専門医でご相談になってみてはいかがでしょうか。

次の

メニエール病とうつ病の関係!実のところを言えば・・・!?

メニエール 病 甘え

メニエール病の完治 メニエール病における完治の考え方とは? メニエール病は、ひどいめまいに悩まされ、日常生活に支障をきたすためとても辛いものです。 いつ治るのか、と悩まされることも少なくないでしょう。 そこでこの記事ではメニエール病における「完治」の考え方を説明していきます。 メニエール病は「完治」ではなく「寛解」を目指すもの メニエール病の症状には個人差があり、症状が突然なくなり再発もなかった人もいれば、何度も再発して症状がひどくなっていくケースもあります。 中には慢性的な難聴や聴覚障害に至るケースも報告されています。 メニエール病は、一度おさまっても将来再発する可能性がないとは言えません。 そのため、症状が解消されても「完治」とは言わず、症状が治まるという意味で「寛解(かんかい)」と表現されるのが一般的。 ですから、メニエール病の治療を行う上ではこの寛解を目指します。 ただし、個人差が大きく一度症状がなくなった後に再発しない可能性もあり、結果的に完治と同じ扱いになる場合もあります。 完治を目指すには では、メニエール病の完治を目指すためにはどんなことを心がけると良いのでしょうか。 症状がおさまりやすいとされる条件 下記の条件に当てはまる場合、比較的症状がおさまりやすいと言われています。 症状が出てから2週間以内に治療を開始する• 初回受診時の難聴が高度(90デシベル以上)ではない• めまいがない• 比較的年齢が若い 早期発見が完治を目指す鍵 メニエール病の治療をうまく進めるには早期発見が鍵。 下記の初期症状を見逃さないことが大切です。 立って目を閉じているとぐるぐる回転するめまいがある• フワフワ浮いているようなめまい• 「ブーン」という耳鳴りや耳が詰まったように感じがある• 低い音、声が聞き取りにくい• 吐き気• 傾斜感 症状が固定化する前に治療を開始することが大切です。 このような症状があれば、メニエール病の可能性があります。 そのほか、人によっては冷や汗・動悸・下痢・肩こり・しびれなどの症状も起こるようなので、心当たりのある人はすぐに対策を取るようにしましょう。 治療について メニエール病を発症した場合には、耳鼻科やめまい専門外来で下記のような治療が行われます。 薬物の処方を中心とした治療 現在は薬物療法を中心とした治療法が一般的となっています。 医師からメニエール病を診断されると、状態に応じて抗めまい薬・血流改善薬や自律神経調整薬、精神安定剤、利尿薬などの薬で治療します。 状態が悪い場合には、入院や手術が行なわれるケースも。 原因は不明ですが、内耳で内リンパ液が増えすぎた状態(内リンパ水腫)になっているため、リンパ水腫を軽減させるためにさまざまな薬剤が処方されます。 最も使われるのは利尿剤で、これに抗めまい薬やビタミン剤や血流改善剤を組み合わせることも。 まれに入院や手術を行う場合もあります。 また、ストレスや疲労により発症することもあるので、ストレスの解消も大切。 睡眠をしっかりと取り、疲労やストレスの軽減を心がける必要があります。 水分摂取療法 北里大学医学部・新世紀医療開発センター・先端医療開発部門・神経内耳科学の長沼英明准教授が2000年から始めた治療。 毎日決められた量の水分を飲み、症状を改善させていくもの。 下記の量の水分を摂取することで、調査対象122人のうち95パーセントの人がめまいを起こさなくなったというデータがあります。 男性:2〜2. 5リットル• 女性:1. 5〜2リットル メニエール病には「抗利尿ホルモン」の分泌が関係するため、これまで水分摂取を控えた方が良いと言われてきました。 しかし、脱水状態の時やストレスを受けた時に抗利尿ホルモンの分泌が増えることから、水分を十分に摂取しストレスを軽減して抗利尿ホルモンの分泌を抑制すると、内耳に水が溜まりにくくなり、血液循環も良くなると考えられています。 また、同研究では30パーセントが聴力を改善し、65パーセントが聴力を維持できたというデータもあり、聴力の改善も期待が持てるという結果が出ています。 水分摂取療法のポイントは下記の点となります。 1日の中で分散して飲む• 午前中に多めに飲む• 就寝2時間前は控える• カフェインと塩分が含まれないものを飲む 注意点として、大量の水分摂取を行うと心臓と腎臓に持病がある場合ダメージを与える危険があります。 そのため、治療を始める前には専門医とよく相談することが必要です。 治療期間 メニエール病の治療期間は、1ヶ月程度だと言われています。 ただし、受診や発見が遅くなった場合は、長期治療になる可能性もあるので注意が必要です。 検査で入院が必要と判断され場合は、1週間程度入院しなければなりません。 治療後は3ヶ月~1年ほど観察期間を設けて、再発がなければ寛解となります。 メニエール病の症状は時間の経過とともに治まるため、そのまま放置してしまいがちです。 しかし、再発を繰り返すうちに悪化して治療期間が長引き、最悪の場合は耳鳴りや聞こえづらくなどの後遺症が残る可能性もあります。 そのような避けるためにも、異変を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。 この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献•

次の