ファンタジー bgm。 ファンタジー

ゲーム音楽の中のケルト音楽 ~ファンタジーとケルトの深いつながり~

ファンタジー bgm

画 1853 ファンタジーの定義は、曖昧であるが漠然とした傾向として、作品のなどの空想的な 要素 が(現実的にはありえなくとも )内部 著者、編集者のみならず善意の理解者を念頭に置くことができる 的には矛盾なく一貫性を持った設定として導入されており、そこではや伝承などから得られた着想が一貫した主題となっていることが挙げられる。 そのような構造の中で、ファンタジー的な要素はどのような位置にあってもかまわない。 隠されていても、表面上は普通の世界設定の中に漏れ出す形でも、ファンタジー的な世界に人物を引き込む形でも、そのような要素が世界の一部となっているファンタジー世界の中で全てが起こる形でもありうる。 SF と比較すると、SFは世界設定や物語の展開においてのが重要な役割を果たすのに対し、ファンタジーは空想や象徴、魔法が重要な役割を果たす。 ただし、SF作品においても、空想科学というだけあって現実世界には存在しない科学法則を仮定し、それに基づいた世界や社会を描く試みがその歴史の初期から存在すること、逆にファンタジー作品においても錬金術や魔法などに、体系的であることを期待させるが用意されている場合があることなど、両者の線引きを困難にするようなケースがある。 また執筆当時にそのように分類されていたかは別にして、SFとファンタジー双方の作品を発表する作家もおり、SFとファンタジー両方の性質を併せ持った境界線上の作品(SFファンタジー)も多数発表されている。 ファンタジーの定義を広く「仮想の設定のもとに世界を構築する作品」とし、SFを としてファンタジーに含める考え方もある。 SFとファンタジー双方の作品を発表する作家であるなどは、SFはファンタジーのサブジャンルであると度々語っている。 また逆に、現代文学におけるファンタジーの形成と再評価の相当な部分、特にに代表される(児童文学に分類されない)大人向けの部分の多くが、先行して市場が形成されていたサイエンス・フィクションの市場の枠内で行われてきたという歴史的な経緯から、ファンタジーをSFの有力な一分派とする考え方もある。 サイエンス・フィクション研究家であるやSF作家でSF史の著書もあるなどもこの見解である。 どちらも極論ではあるが、この両者は明確な境界が存在し得ないほど類似している。 これらを包括した呼称として「」がある。 なお、ファンタジー的(ファンタジーの性質をもつ、幻想的)を意味する英語のは「ファンタスティック」 fantastic 、「ファンタスティカル」 fantastical であり、日本語圏で時として使われる「ファンタジック」という語彙は本来の英語では誤りとなるである。 現象を扱った作品は「」に分類されるが、ファンタジー要素を含む作品もあり境界は曖昧である。 ファンタジーの特徴 [ ] ファンタジーの特徴として語彙や用語にこだわる形式主義がある。 架空の設定に一貫性と堅牢な構造を持たせ、複雑な思想を伝えるために選択された歴史を持つ。 例えば、日本の児童文学研究者であるは『子どもと文学』(1960年)のファンタジーの章でそう指摘している。 同時に外観から思想や宗教寄りの傾向に対する批判もある。 例えば(1946年 - )や(1965年 - )は、作中にキリスト教的ドグマの込められた『』(1950年-1952年)に対して強固に批判を行っている。 今日の文芸に対しては迂遠な思想よりも現実の社会が有する問題に個人がどう対応するか示唆が求められている。 ここから形式主義を利用した新しい創作者たちは、現実と思想の両方の受容により問題へ対応するを作品の主題にしており、これに対しては作品自体が大人である作者の執筆論に終始している、さらにミーイズムへ深化しているとの批判がある。 作家のは『超激暗爆笑鼎談・何だ難だ!児童文学』(2000年 星雲社)でファンタジーの「不連続性」を指摘している。 文学におけるファンタジー [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2015年3月) 文学史の中にファンタジーの起源を求めると、古代・中世の書物に記されたや、英雄物語などに行き着く [ ]。 例えば『』、『』、中世、群などが挙げられる。 そして、これらの神話伝説を素材として編まれた数々の文学作品がファンタジーの源流となり、また、ファンタジーの系譜にはのようなからにつながる流れもある [ ]。 近代文学におけるファンタジーは、から初頭にかけて隆盛を誇った文学に対するアンチテーゼとして出発している [ — ]。 すなわち、小説世界のルールは現実世界に準じ現実の一コマとして存在しうる物語であるというリアリズム文学に対し、小説世界のルールを小説世界で規定し現実にはありえない物語をファンタジー文学と呼んだのである [ ]。 最初期のファンタジーは、主にの領域にみられる。 すなわち『』()や『』()などである。 これらは、すでに単に子供向けではない大人向けの含蓄が含まれる点で、初期ファンタジー文学としての特質を有している。 その後の流れとしては、『』()、『とウェンディ』()、『』()などが挙げられる。 これらもファンタジー文学、児童文学両方の扱いがなされる。 やがてファンタジーは児童文学の一分野として扱われながらも、次第に対象 読者 を大人にも広げていき、またとも相互に影響しあって発展していく。 児童文学に分類されない、大人向けのファンタジーとしては『』()や、『ゲイルズバーグの春を愛す』()などが代表作として挙げられる。 ただしこの両作品はの時間テーマものの傑作としても扱われており、ファンタジー文学、SFの両方の扱いがなされる作品でもある。 近代ファンタジーの形成 [ ] 『』表紙(1917年) 児童文学に分類されない近代ファンタジーの形成は、ファンタジーの定義の解釈によって諸説はあるものの、狭義のファンタジーとしてはからにかけて隆盛を誇ったを嚆矢とすることができる。 特に通常はとファンタジーとの境界ともいえ、そのどちらにも分類されるの(第1作『』はに原型が発表されに完成)、によるの最初の完成型とも言われるシリーズ(に第一作発表)がこの時代の代表作であり、同時に以前の近代ファンタジー文学の1つの典型と言える。 なお、ハワードは多数の模倣者を生み出したことでも知られ、ハワードとその有象無象の模倣者たちはヒロイック・ファンタジーや同時代に隆盛を誇ったなどの形成に大きな役割を果たしている。 ファンタジー雑誌『』 付け加えるなら、近代ファンタジー形成の黎明期であるからパルプ・マガジンの市場が事実上消滅するの直前までの期間においては、市場をみてもファンタジーというジャンルは黎明期であった。 例えば、児童文学に分類されない大人向けのファンタジー作品を専門に紹介するパルプ・マガジンは事実上存在していない(ただし『ウィアード・テイルズ』を一応の例外と考えることは可能で、同誌を世界最初のファンタジー専門パルプ・マガジンとみなす場合もある)。 この時代のファンタジー作品は、事実上ホラー・ノベルやと呼ばれる当時隆盛を誇っていた怪人もの、そして、サイエンス・フィクションの市場の中で発表されており、市場としてもジャンルとしても独立した存在と認知されるのは末期に前述の『アンノウン』誌や『』誌などが創刊した辺りからである。 ただし、認知されたとは言っても限定的なもので、特に一般層への認知度は現代とは比べものにならないほど低かった。 事実、後述するトールキンの諸作品の登場後ですらも、バローズやハワードの諸作品はかに分類されていたし、『』も発表当時はSFに含まれるべきものとされていた。 近代ファンタジーの転機 [ ] このような近代ファンタジー文学のひとつの転機となったのは、による『』(1937年から1949年執筆、刊行)である。 『指輪物語』は1960年代後半に北米で人気を博し、その影響下で多くのファンタジー作家が登場した。 トールキン作品の影響は文芸以外の形式の表現にも及んでいる。 ただしその評価と後に与えた影響は、欧州と北米とでも、かなり異なっている。 まず、欧州では、トールキンの「リアリズム文学へのアンチテーゼ」という第二者的な立場から脱却した「の構築」という独自の立脚点や、専門知識を駆使して架空の神話からまで編み出して背景世界を構築しているという点などが高く評価されている。 この点で、トールキンは従来のファンタジー作家とは一線を画す存在であった。 専門知識に従い世界観を構築した類例としては、トールキンの元同僚でもある者の『』シリーズ ( - ) や、者、の『』シリーズ( -)などがある。 そうした傾向の作品を「」と呼ぶこともある。 ただしトールキン以前に(それがファンタジーというジャンルだとは認識されていなかったものの)相応の規模を持つ大人向けのファンタジー文学の市場が形成されていたアメリカ合衆国においては、事情が異なる。 北米ではトールキンの文学性や世界観は評価され、後にその様式の作品も産み出されはするものの、「神話の構築」という視点は戦前のの時点ですでに形成されていたため、それが評価されることは稀であった(北米では『』のブームに乗る形で戦前のファンタジー作品がとして多数復刊され、並列する形で紹介された)。 模倣者が存在したという点についても同様である。 また「リアリズム文学へのアンチテーゼ」という立脚点についても、英国や欧州ではそのような議論は正しいにせよ、ファンタジーの形成当初より「神話を持たない民」であるアメリカ人のための「人造の神話」としての性格が強かったアメリカ合衆国では、そもそもファンタジーが第二者的な立場の作品であるという意識自体が希薄であった。 現代的なファンタジーの典型的な 現代におけるファンタジー作品の舞台となる場所や時代は様々である。 一例としてヨーロッパ、オリエントや古代日本、中華帝国など、各地・各時代を背景世界のモデルとした作品が挙げられるが、(作品が創作された時点での)現代や、全く架空の世界を舞台にした作品も多い。 日本で「ファンタジー」と言う場合、ヨーロッパ風の世界で繰り広げられる物語を指すことがある [ ]。 このようなファンタジーは時代背景、小道具、登場人物のふるまいなどは通念上のヨーロッパ世界をモデルとしているが、実際に人々が抱いていたり、仮定されるを、直接あるいは間接的に設定やストーリーに取り入れているのが特徴である。 よく題材や道具立てに使われる要素として、()やを代表とする各種の、魔法、王家、の救出、立身出世などが挙げられる。 [ — ] 『』 1922 、による馬上試合のイラストレーション しかし一方で日本で創作されたファンタジーの物語の一部には、「中世風」の物語を謳いつつも設定で、明らかに中世欧州には存在しなかった着想が用いられることがある。 一例としては、 貴族を完全に従え、王国の隅々にまで支配権を行き渡らせる君主が挙げられる。 実際の中世欧州でのは後の時代ほどには強大でなく、領土統治もに立脚したが基本であった。 王権が強化され君主による的な統治が本格化するのは、封建制が崩壊し、有力貴族が力を失った絶対王政時代のことである。 また、戦争で用いる武具に関しても、 を身に着けた兵士が主となって争い戦う姿が散見されるが、プレートアーマーが普及するのは15世紀のことであり、盛期中世の兵士はやを着用するのが一般的であった。 たちも、中には直属の独立した ()もいたが、騎士全盛期のドイツでは多くの平騎士は元来に仕えるの身分であった。 このように後の時代の要素やイリーガルな着想を含んでいながら、それを一纏めにしてしまっていることが、結果として中世欧州に対する誤ったイメージを生み出している [ ]。 ファンタジーというジャンルはやでも広く好まれ、、などというサブジャンルも生まれている。 ファンタジーの中でも特にはと相性が良く、、など数多くの名作が生み出されている。 ファンタジーの舞台 [ ] ファンタジーのうち、地球とは異なる異世界を舞台とするものを異世界ファンタジーあるいは、現代世界を舞台とし日常の中に異世界の存在が紛れ込むファンタジーは、現代ファンタジー、あるいは(ハイ・ファンタジーの対として)と呼ぶ。 日常の中に異世界の存在が紛れ込む現代ファンタジーの派生として、もの、異能バトルもの、などがある。 一般に日本におけるファンタジーとは、中世西洋に着想を得た異世界を舞台とする"西洋ファンタジー"と呼ばれるものである。 これに類似した表現として、"中華風ファンタジー"及び"和風ファンタジー"がある。 主に過去の西洋を題材とする中世ファンタジーに対して、それぞれ過去の中国及び日本によく似た異世界を舞台とする物語を示す。 中華風ファンタジーという用語は漫画『』が流行した1990年代に用いられるようになった。 日本における中華風ファンタジーとしては小野不由美の「シリーズ」が著名である。 和風ファンタジーでは平安時代の陰陽道をモチーフとしたの『』、古代日本を舞台としたの「シリーズ」などがある。 中東、特にアラビアの文化に着想を得た作品は、"アラビアンファンタジー"と呼ばれ、が著名である。 これら以外の世界各地の文化に着想を得たファンタジーは単に"異世界ファンタジー"と評されることが多く、主な作家になどがいる。 ファンタジーの下位ジャンル [ ] 前述の通り、ファンタジーはかなり性格の異なる複数の作品群が含まれており、それらは下位ジャンルを形成している。 こういった下位ジャンルについては、容易に分けられるものではなく、学術的に確立しているわけでもない。 これらを以下に挙げる。 :異世界、特にが当たり前に存在する世界を舞台としたファンタジー。 :叙事詩ファンタジー。 :英雄ファンタジー。 主に主人公が超常的な力を持ち、悪の勢力を討ち果たしていく形式のもの。 :重苦しい展開や悲劇的展開を重視したファンタジー。 :現実(をモデルにした世界)の住人が異世界に移動し、そこで何らかの活躍をするファンタジー。 :現実をモデルにした世界に超自然的要素が加味されたファンタジー。 :や、などと言ったに分類されるものを主題としたファンタジー。 ファンタジー• ファンタジー• :とファンタジーの要素を混合した作品。 ・ファンタジー:漠然とした設定、ステレオタイプの人物、擬人観、魔法が普通に受け入れられている、といった伝承文学の特徴を有したファンタジー。 :レベル・・ステータス・モンスター・など、の諸要素の存在を前提とした世界を描くファンタジー。 もの:邪悪なとそれに立ち向かうというの王道展開を前提とした的ファンタジー。 : 恋愛内容を取り入れたもの。 それぞれの下位ジャンルについての詳細は、個別の記事を参照されたい。 代表的な作品 [ ] 日本以外の作品 [ ] 『』の映画ポスター 1924• 平たい地球シリーズ ()• シリーズ()• 、、、• シリーズ()• 3部作()• シリーズ()• /シリーズ()• /シリーズ()• シリーズ()• 五神教シリーズ ()• シリーズ()• シリーズ()• シリーズ()• シリーズ(、他)• シリーズ()• シリーズ()• シリーズ()• シリーズ()• 3部作()• シリーズ()• シリーズ()• シリーズ()• (物語シリーズ)()• シリーズ()• シリーズ()• シリーズ()• シリーズ()• シリーズ(上橋菜穂子) 他多数 ゲーム作品• 他多数 漫画作品• 編著 『幻想文学入門』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、30頁。 Diana Waggoner, The Hills of Faraway: A Guide to Fantasy, p 10, 0-689-10846-X• and , , "Fantasy", p 338• Jane Langton, "The Weak Place in the Cloth" p163-180, Fantasists on Fantasy, ed. Robert H. Boyer and Kenneth J. Zahorski,• ()より• 川成洋・長尾輝彦編 『現代イギリス読本』 丸善出版、2012年、「第5章 イギリス現代文学I -ファンタジーとミステリ-」• ハインリヒ・プレティヒャ 『中世への旅 騎士と城』 平尾浩三訳、白水社〈白水Uブックス〉、2010年、14頁。 服部良久、南川高志、山辺規子 編著 『大学で学ぶ西洋史 [古代・中世]』 ミネルヴァ書房、2006年、161-162頁。 関連文献 [ ]• 『ファンタジー・ブックガイド』 2003年12月• いするぎりょうこ 『ファンタジーノベルズガイド』 1992年7月• 『魔法ファンタジーの世界』 2006年5月 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 渡邊 真理子「 」 『福岡大學人文論叢』第39巻第1号、福岡大学、2007年6月、 129-152頁、 、 、2010(平成22年)-08-15閲覧。 番匠 光子「日本近代児童文学におけるファンタジーの問題 : その成立について」『北陸学院短期大学紀要』、北陸学院短期大学、1967年12月、 46-66頁、 、 、2010(平成22年)-08-15閲覧。

次の

ファイナルファンタジーBGM・乗り物の曲ランキング・マイベスト10

ファンタジー bgm

ファンタジーランドは城下町!? ファンタジーランドは、ディズニーランドのシンボル「シンデレラ城」を中心に栄える城下町。 この街ではいまフェスティバルが行われていてとても賑やかです。 街中が華やかで楽しい雰囲気に包まれています。 ファンタジーランドでは、フェスティバルが開催されているという設定は、その方が街に華やかさが出るからという理由でそのように決められたそうです。 ファンタジーランド内の建物には、よく見ると垂れ幕や旗が飾られているのはそういう背景があるからなんですね! 歩いているだけでワクワク楽しい気分になってしまうファンタジーランドには、ディズニーのゲストを楽しませたいという想いがこもっています。 ファンタジーランドのアトラクション ファンタジーランドの空飛ぶダンボ ファンタジーランドはディズニーランド内で最もアトラクションの多いエリアです。 11個ものアトラクションがありますが、絶叫系のアトラクションはなく、小さなお子さんも安心して楽しめるような家族連れに優しいアトラクションが揃っています。 特に、白雪姫やダンボ、ピーターパンやピノキオなどの誰でも知っている有名な映画のアトラクションが集中していることもあり、とても人気の高いテーマランドなんです。 シンデレラ城のすぐ近くにあります。 店名は、ピノキオに登場する遊園地「プレジャーアイランド」から付けられています。 店名は、ピノキオに登場する悪い親方「ストロンボリー」から名付けられています。 ファンタジーランドのBGM ファンタジーランドにあるミッキーのフィルハーマジック ファンタジーランドも含め、ディズニーランドの各エリアでは、それぞれのテーマに合う音楽が流れているのをご存知でしたか? 遊ぶのに夢中で意外とスルーしてしまいがちなBGMですが、それぞれのエリアで世界観に浸って楽しめるのはBGMのおかげなんです。 ファンタジーランドでは、おとぎ話の世界観に合わせたかわいい音楽が流れています。 有名な映画をモチーフにしたアトラクションが多いファンタジーランドですから、ピノキオや白雪姫などの曲も流れてきますよ! これまであまり気にしていなかった方も、耳を澄ませて聞いてみてくださいね。 BGM一覧(全24曲) ・Someday My Prince Will Come ・Whistle While You Work ・Supercalifragilisticexpialidocious ・Spoonful of Sugar ・Steps in Time ・Aristocats ・Candle on the Water ・Scales and Arpeggios ・Chim Chim Cher-ee ・The Bare Necessities ・When You Wish Upon a Star ・Robin Hood Medley ・Happiest Millionaire Medley ・Snow White Medley ・Pinocchio Medley ・Mickey Mouse March ・Who's Afraid of the Big Bad Wolf? ・Bibbidi-Bobbidi-Boo ・Cinderella ・A Dream Is a Wish Your Heart Makes ・Tomorrow Is Another Day ・Alice in Wonderland ・I'm LateRazzle Dazzle Day ・ まとめ.

次の

ファンタジー系BGM素材|著作権フリーの無料音楽素材ダウンロードサイト「ミュージックノート」

ファンタジー bgm

1記事目のブコメ返信もよろしくお願いします!• またもやゲームBGMシリーズです・・・その中でも限定的な場面の曲集になりますがよろしければお付き合いください ・FF乗り物BGMについて 担当のデカタマだYO!前回(テルマ、CJ)、前々回(ビワ、アケビ)と違って ずっと出続けてるのはオイラだけなんだYO! 音楽のデカタマ!YO・RO・SHI・KU!!! 言うて たった3回目じゃねっかよ~。 ドゥフフフ。 察してやれ。 たった3回されど3回。 こやつにとっては 貴重な出番なのじゃ。 うるSAY!YO!!!とにかく今回から メイン張らせてもらうからNA!今回はFFシリーズに置いて非常に印象的な場面が多い 「乗り物」のBGMだYO! ドゥフフフ~! の~り~もの集まれ~!いろんなクル~マ~!!! (出典:はたらくくるま) ヌハハハハ!儂の 乗馬の腕前を見たいか!それとも 輿にでも乗るのか!? どっちも違ぇYO!ていうか 蛇のくせにどうやって 馬乗るんだYO! ・・・何なんだよこの面子はYO! ボケ&ボケじゃん!オイラがツッコミに回らざるを得ない!やりにくっ!!! オマエ固定であと持ち回りなんだから仕方ないだろ~、ドゥフフフ。 フン! 戦の毘威自慰得夢(BGM)は 陣太鼓と法螺貝と決まっておるわ!!! (無視)とにかく、FFの場合ドラクエより乗り物は 派手な登場が多く、曲も 印象的なのが多いんDA!今回はそれらをまとめるZE。 儂は知っておるぞ!現代のことにも精通しておる! 猪故菩(チョコボ)とか言うクソデカい鳥であろうが! あ~それなんだけど、今回 チョコボは除外。 え~なんでだよ~!FFで 乗り物つったらまず何を置いても チョコボだろ~、ドゥフフフ。 チョコボの曲はメロディこそお馴染みのアレだけど、すっげぇシリーズ通して バリエーションが多いんだYO。 だからチョコボはチョコボ編として後日やろうと思うYO。 なるほどそう言うことか! じゃあおっぱじめるかね~、ドゥフフフ。 ・第8位 エンタープライズ空を飛ぶ 続いてはこの曲、FF3より エンタープライズ空を飛ぶDA! おぉ~、珍しい ファミコン曲~、ドゥフフフ。 中々に味のある曲じゃのう! 礼賭炉(レトロ)と言うやつであるな!!! 2つ目の見出しの FFプレイ歴のトコでも語ったけど、ファミコン時代は実は 大人になってから遊んで、しかも クリアしてねぇんだよね。 だからどうしても全体影が薄くってSA。 そんな中この曲は中々 印象に残ったYO! これはアレンジか~。 そう言えば DSでもリメイクされてんだっけ~?管理人は遊んでないんだが~、ドゥフフフ。 ヒロインの レフィアって娘が中々 可愛いから、一度やってみようかと思いつつほったらかしだNA。 ・第6位 火力船 続いてはこの曲、FF5より 火力船DA! 文字通り火力船の曲だが~、これって ダンジョンの曲じゃね~、ドゥフフフ? 火力船に乗って移動する時の今日でもあるYO!なんて言うか、 ハイテクな雰囲気にピッタリな曲なんだよNE! 拝手苦(ハイテク)なのは 内部であろう!やはり 男児肆(ダンジョン)ではないか!!! うるSAY!YO!!! そもそも 影薄いんだよね~、火力船。 入手して 速攻で沈むもんな~、ドゥフフフ。 た、確かにアレはオイラもどうかと思う。 あの 火力船ダンジョンや 城の脱出イベントを経てやっと入手する 新しい乗り物だってのに、すぐ上位互換の黒チョコボや飛空艇が出てくるからNA・・・。 ・番外編 今回はちょっとだけ 番外編もやっちゃうYO!すげぇ好きな曲なんだけど 諸事情により選外みたいな曲をピックアップDA! 仲間を求めて まずはこれ!FF6より 仲間を求めてDA! 今の再開シリーズより遥か大昔にやった 「フィールド曲」で1位になった曲だな~、ドゥフフフ。 なるほど!これは確かによき曲であるぞ! 儂の「敦盛」には劣るがの!フハハハハ! (無視)2つ目の飛空艇 「ファルコン」の起動と同時にそれまでの絶望的な雰囲気の曲からこれに変わるからNA。 乗り物の曲ってイメージも凄くあるんだGA・・・。 まぁでもやっぱフィールドの曲だよね~、ドゥフフフ。 新しき世界 これも上の「仲間を求めて」と似たような理由DA。 フィールド曲編の3位にも挙げたFF5より 新しき世界DA! ふむ、雅な曲であるな!洗練された雰囲気が まるで儂のようであるぞ!フハハハハ! (無視)これもまぁ、 飛空艇の移動中もかかる曲なんだけど、やっぱり フィールド曲のイメージだNA。 飛空艇に乗ると 「プスプスプス・・・」ってなんか プロペラ音(?)だけがこの曲と一緒にかかるんだよね~。 この曲のカッコ良さとの対比でなんか マヌケに感じた記憶があるよ~、ドゥフフフ。 魔列車 これはこないだの「ダンジョン編」の5位になった曲、FF6より 魔列車DA!一応乗り物の曲でもあるのだGA・・・。 ぬう・・・怪しい雰囲気の曲であるわ。 これは キンカのような曲じゃのぅ。 これもまぁ ダンジョンだよね~、確かに~、ドゥフフフ。 列車繋がりで言うならこれも結構印象的な曲だNA。 FF8より The Mission! 上の魔列車と言うのとは随分雰囲気が違うのぅ・・・。 列車限定の曲ってワケじゃないからな~。 文字通り ミッションの曲だし~、ドゥフフフ。 ・第5位 Ride On 続いてはこの曲、FF8より Ride OnDA! FF8の唯一の飛空艇、 ラグナロクに乗った時の曲だな~。 ラグナロクってそれまでだと 武器とか幻獣の名前だったのに~、まさかの 飛空艇の名前になるとは~、ドゥフフフ。 と言うか元々は北欧神話の 「神々の黄昏」とか言う世界の滅亡の名前であろう!儂は 南蛮の文化にも詳しいのだ!ヌハハハハ!!! (無視)ただこれ、曲のカッコ良さに反してちょっと 影薄いトコあるんだよNA。 まず登場時以外は結構カッコいいこの曲の イントロの部分がかからないし、そもそも 飛空艇の移動自体が影が薄い。 最後の方 街とか入れなくなるもんな~、ドゥフフフ。 ・第3位 クレイジーモーターサイクル 続いてはこの曲、FF7より クレイジーモーターサイクルDA! え~?これはなんかおかしくね~?言う程 乗り物じゃなくね~? なんでだYO! バイク乗ってんだろうGA! 死中映指四(シチュエーション)的には、今回は 乗り物に乗って移動する時の曲と言う事であろうが。 そうだよ~!しいて言うなら ミニゲームの曲じゃんこれ~、ドゥフフフ。 うるSAY!YO! バイクに乗ってるからセーフなんだYO! この曲好きなんだもんYO! 妙に耳に残るって言うか・・・。 まぁそりゃ確かにな~。 ミッドガルを脱出するほぼ直前の曲だもんな~。 イベント的にも盛り上がるところだ~、ドゥフフフ。 どうでも良いが、かような 細腕の青年(クラウド)が自分の背丈程もあろうかと言う 巨大な鉈(バスターソードのこと)を 罵逝(バイク)の上でぶん回すと言う描写は、いくら何でも ちと無理があるんでないかの? うるSAY!YO!彼は 魔晄ってので強化されてんの!そこら辺の無茶は 超越した存在だかRA!!! ・第2位 飛空艇 続いてはこの曲、FF4より 飛空艇DA! 文字通り飛空艇に乗った時の曲~。 この上なく ドストレートなタイトルだな~、ドゥフフフ。 まだこの頃はあんまり曲名とかは捻ってなくてテキトーだったんだYO。 疾走感のある曲じゃの! 疾(はや)きこと風の如く!!! それ 違う武将だろ~、ドゥフフフ! 何と言ってもこの手のテーマ曲の中では 一番最初に聴いた曲だからNA。 どうしても 愛着ってもんがあらァ! 初めて観た時は 本当にビビったよね~。 その スピード感にさ~。 当時は ドラクエくらいしかRPGゲームやってなかったから 飛空艇を駆るってだけで楽しかったよ~、ドゥフフフ。 まさにNA!この曲を聴くと 当時の感動を思い出す!そんな印象の曲なんDA!単純に 音楽としていい曲だとも思うしNA!!! ・第1位 大いなる翼を広げ そして栄えある1位はこの曲、FF5より 大いなる翼を広げDA! なんだよまさかの 飛竜の曲かよ~、ドゥフフフ。 絵富得怖(FF)と言えばその 飛空艇とか言う天翔ける乗り物ではないのか! いやこれだって一応 天翔けてるし!低空飛行だけど・・・。 でも曲の メロディが凄く好きなんだよね。 エンディングでこれの アレンジ版がかかるってのも大きいな。 このエンドタイトルは確かに印象的だよな~。 後半の方も印象的なんだけど~、ドゥフフフ。 曲の入りの部分がこの 大いなる翼を広げのアレンジで、後半が メインテーマのアレンジなんだ。 その 曲同士の繋ぎみたいなのも植松伸夫さんのさすがの技術だNA! キャラが拡大になってこれまで覚えた アビリティがだ~って一覧表示されるやつな~。 懐かし~、ドゥフフフ。 ふむ、 飛竜か・・・ 魔王たる儂が駆るには相応しいかもしれぬな!それでそれは どこに行けば乗れるのじゃ? ねぇよそんなの!ファンタジーだっつぅの!!! ・結び んなワケで今回はここまでだYO! なるほど、振り返ってみると確かに良い曲であったわ!ヌハハハハ! やっぱり何か 乗り物手に入れた時ってのはすっげ~ アガる時だよな~!テンションがさ~! やっぱり 行動範囲が広がる時ってのはRPGの醍醐味の1つだよね~。 何やら怪しい場所を偶然見つけたりとかさ~! その 嬉しさと共にある曲だから~、記憶に残りやすいのかもしれないね~、ドゥフフフ。 ただ、最近のFFではどうもNA・・・ 軽視されている要素だよNA。 昔と作り方違うからな~。 乗り物って言うかいわゆる ワールドマップ的なものがどうしても作るとなると ゲーム容量食うんだろうね~、ドゥフフフ。 フン!それこそ 木を見て森を見ずと言うものぞ! つまらぬ細部ばかり作り込んで、 世界をまたに駆ける喜びを捨てるなど本末転倒ではないか! お!珍しくマトモなこと言った!まったくその通りなんだよNE! グラフィックスの追及も良いけど ゲーム本来の面白さを犠牲にするようなのはやめて欲しいもんだYO! 儂はいつだってマトモである!!!.

次の