殲滅 戦 イフリート。 【グラクロ】殲滅戦「イフリート」(ノーマル)攻略

【グラブル】討滅戦の進め方と初心者が交換しておきたい武器・召喚石を紹介!|こーひーのグラブル攻略ガイド

殲滅 戦 イフリート

スポンサーリンク イフリート戦(殲滅戦)の適正キャラ評価まとめ イフリート戦で自分がオススメしたいのは以下の5人です。 マトローナディアンヌ• リムル=テンペスト• 配布キング(コインキング)• コインゴウセル• 青スレイダー 編成としては、青アタッカー2枚+青キング1枚、もしくは青アタッカー1枚+コインゴウセル1枚+青キング1枚のどちらかといった感じです。 オススメ編成は難易度によっても変わり、Normalでは青アタッカー2枚でも攻略可。 Hard・Extremeの場合は、 リムル(マトローナ)+コインゴウセル+青キングの編成が鉄板となっています。 それでは、それぞれのキャラの特徴について詳しく見ていきましょう! マトローナディアンヌ• 青(速力)属性なので赤のイフリートと好相性。 攻撃時に弱点攻撃扱いとなり、与ダメージがアップする。 イフリートがバリアを張っている時に使うと、ダメージ量が2倍になる。 スキル1、2共に攻撃スキルのため、アタッカーとして優秀。 装備でクリティカル耐性を上げることによって、クリティカル確率も上昇する。 武器系の神器が存在しない。 リムル=テンペスト• 青属性のアタッカー。 イフリート戦における悪縁対象(STRONG対象)。 性能自体はマトローナのものと全く一緒で破裂効果も付いている。 スキル2が攻撃スキルでないため、 火力が欲しい時などには不要になりがち。 回復効果が便利ではあるが、手札を圧迫しやすいので「とにかく火力を出したい」という時には微妙。 武器系の神器を装備可能。 配布キング(コインキング)• 青(速力)属性なので、与ダメージ上昇効果と被ダメージ軽減効果の恩恵が得られる。 スキル1が攻撃用として使える。 イフリートにデバフを無効化されるため、石化効果を付与することはできないが削りとしてはまあまあ使える。 回復スキルで戦況を立て直すことが可能。 PvPと赤魔神戦の適正キャラなので、Lv70まで育成済みという方は多め。 イフリート戦においても、そのまま使い回すことができる。 コインゴウセル• 赤(筋力)属性のため、特に属性相性が良いわけではないがサポート性能が優秀。 スキル2をランク2以上まで上げると、場に出ている6人すべてのスキルをランクアップすることができる。 スキル1のカードが邪魔になる。 火力がほとんど出ないスキルのため、手札に複数枚溜まってしまうと処理が大変。 青スレイダー• 青属性。 スキル1、スキル2の両方が火力スキル。 アタッカーとして活躍することができる。 敵の動きを止めることができないので、戦技の敵ゲージが0の時にクリティカル率アップが腐りがち。 先攻時の初ターンと相手が必殺技を使った直後くらいにしか戦技効果を発動させることができない。 イフリート戦の難易度Normalにおいては、火力要員として貢献できる。 スレイダーの代わりに「リバース ホーク&エリザベス」や青バンなどで代用するのもアリ。 まとめ 敵のHP量が増えるHardやExtremeでは、バリア破壊兼アタッカーとしてマトローナかリムルをパーティに入れておくと討伐が楽になります。 イフリート戦において最強クラスの火力を出すことができる2人なので、高難易度に挑む際は最低でもどちらか1人をパーティに入れておきたいところですね。

次の

FF14真イフリート討滅戦攻略

殲滅 戦 イフリート

中盤は討伐・討滅戦では恒例の、 「雑魚を時間内に倒さないと究極技で全滅」系のギミックです。 DPSはイフリートへの攻撃を中止して、 出現する4つの「炎獄の楔」に攻撃しましょう。 といっても、時間切れになることはまずないので心配はありません。 炎獄の楔を優先して倒す! 炎獄の楔を倒しきると、イフリートが中央へワープします。 究極技の「地獄の火炎」が来ますが、炎獄の楔を倒してあれば大したことありません。 前半戦に使ってきた 範囲攻撃がパワーアップしています。 多彩な範囲攻撃を避けながら攻撃していきましょう。 主なものを使ってくる順番に紹介します。 3人に「追尾型エラプション」 連続で足元に発生する「追尾型エラプション」が、 3人同時 に来ます。 あちこち予兆範囲だらけになってしまい、 味方の動き方次第では、非常に避けにくいです。 外周から「3連突進」 イフリートがいったん消えた後、外周から3体に分身して突進してくる範囲攻撃です。 画像のように、時計回りの順番で突進してきます。 周りをよく見て当たる範囲をとっさに判断しないといけないので、 これも避けにくい攻撃です。 範囲がとても広い「光輝の円柱」 光輝の円柱(通称:サラミ)は普通に予兆範囲が見える範囲攻撃なのですが、 範囲が広いです。 フィールド外周タイプ、フィールド中央タイプ、そしてボス周囲以外全域タイプの順に使ってきます。 上の画像はフィールド中央タイプの光輝の円柱です。 コンテンツファインダーでは、だいたいこのあたりまでで倒せることが多いです。 【動画】エラプション~突進 初心者は追尾型エラプションから3連突進のあたりでやられやすいです。 次の動画はこの部分だけを切り出したものです。 味方は8人構成のFULLPARTYなので少しくらいやられても問題ないですが、動画をみておくと初めてでも避けやすくなるでしょう。 学者にはちょっとしたコツがあります。 視界を広くする ヒーラーにおすすめしたいポイントは、「視界を広く保つ」ということです。 後方でフィールド全体を見渡せる場所に立ちましょう。 画像のように全体を見渡せると、イフリートが使ってくる多彩な範囲攻撃に冷静に対処しやすくておすすめです。 例えば味方のいる場所が見えるので、エラプションでどう逃げたらいいか分かりやすいです。 外周からの連続突進も、どこからくるかすぐに把握できるので慌てずに済みます。 フィールド全体を視界に入れておく! 学者はフェアリーを固定すると自由に動きやすい 上記のように後方で全体を見渡すのがいいのですが、学者だけはちょっと注意が必要です。 フェアリーは遠くの人を回復してくれない、という点です。 学者自身の回復が届く距離よりも、フェアリーの回復が届く距離のほうが短いのです。 例えば上の画像くらい離れていると、自分の隣からではフェアリーはメインタンクを回復できません。 こういう時はペットアクションの「移動」が役に立ちます。 戦闘開始時に、 「フィールド中央付近で、ややメインタンク寄り」 へフェアリーを移動させておけば、 学者自身がどこに移動してもフェアリーは安定して回復を続けてくれます。 【動画】真イフリート討滅戦|ヒーラー視点.

次の

【グラクロ】殲滅戦「イフリート」(ノーマル)攻略

殲滅 戦 イフリート

ただそれだけで猛るスサノオ達は身を慎みむように熱を収めた。 「先程も言うたが、この戦いで力を得る事は儂にとっての悲願」 本来この場に相応しい静けさの中で、華奢な少女思わせる横顔のナミダだがその口調は誰にも阻めぬとでも言いたげに画然としている。 その声を思惑を抱き言葉を尽くしきった灼滅者達はそれぞれの心でじっと聞いた。 彼女は、真っ直ぐに灼滅者達へ身を向けると唇の端を小さく持ち上げ言った。 斯くしてスサノオの姫ナミダと武蔵坂の間に、ガイオウガを守護するイフリートの軍勢を打ち破る『協定』が結ばれた。 彼らの交渉のおかげで、スサノオが無謀な攻撃を仕掛け、周辺地域が焔に包まれるような事は回避する事が出来たようだ。 ただ、スサノオは昭和新山への攻撃を諦めていない為、一般市民への被害を避ける為、スサノオの軍勢と連携して、昭和新山から現れるイフリートを撃退する事となった。 ダークネス組織同士の抗争である為、どちらに味方するのが正しいという事は無いが、一般人への被害を減らす事を優先すれば、この方針は正しいと思う。 イフリートとの戦いは、スサノオの軍勢が主力だが、勝利の為には、灼滅者の協力が不可欠となるので、皆の活躍を期待する」 青年風のエクスブレインが、灼滅者達を前にして、ゆっくりと口を開く。 「まず、昭和新山から現れるイフリートは、100体に迫る数である。 イフリート100体は強力な戦力ですが、スサノオも主力といえる戦力が揃っている為、まともに戦えば最終的にスサノオが勝利するだろう。 だが、ダメージを負ったイフリートは『昭和新山に戻って休息する事で、数分程度でダメージが回復する』為、継戦能力の差でスサノオが敗北してしまう可能性も捨てきれない。 これを阻止する為、灼滅者は、戦闘開始後に昭和新山に移動し、大ダメージを負って撤退してくるイフリートを撃破していくのが今回の目的だ。 ただし、昭和新山に戻ってくるイフリートは、大ダメージを負っていますが、戦闘力を失ったわけではない。 素早く撃破しなければ、新たに撤退してくるイフリートが増援となってしまう事だろう。 また、灼滅者の存在を知ったイフリートが、前線に戻ってそのことを伝えてしまうと、イフリート達が、昭和新山の灼滅者を駆逐する為に、イフリートの部隊を送り込んでくる可能性もある為、確実に撃破する必要がありそうだ。 少なくとも我々は5~8体のイフリートを撃破する必要がある為、敵がダメージを負っていたとしても、かなり厳しい戦いになるだろう」 そう言ってエクスブレインが、灼滅者達に資料を配っていく。 「スサノオと灼滅者が破れれば、周辺の市街地に大きな被害がでてしまうので、確実に撃破できるように全力を尽くしてくれ。 現時点で、ガイオウガとナミダ姫のどちらに味方するかという事には異論もあるかもしれないが、今は目の前の事件を解決する事に集中してほしい」 そして、エクスブレインが、灼滅者達に厳しい視線を送るのだった。 敵が撤退してくる道筋は、大きくわけて3ルートあります。 Aルート、Bルート、Cルートのどのルートを担当するかを選択して、プレイングを作成してください。 チームのルートの選択は、ルートを指定したキャラクターの多数決で決定します。 同じルートを選んだシナリオ同士は連携が発生するかもしれません。 また、一部ルートが敗北した場合は、そのルートで撤退したイフリートが回復後にスサノオとの戦いに援軍として向かうため、スサノオが苦戦する事になります。 敢えて、ルートの一部を素通しする事で、スサノオの戦力を削ぐという作戦も可能となるでしょう。 勿論、スサノオが敗北すれば周辺地域に被害が出てしまうので、その点は充分に配慮する必要があります。 まぁ、いい。 ……この場に来れない義妹に変わって来ただけだ」 神無月・優(殺意に彩られたラファエル・d36383)は仲間達と共に、昭和新山からやってきたイフリート達を迎え撃つため、Aルートに向かう事になった。 事前に得た情報では、イフリートの数は百体ほど。 そのうちの何十体かを相手にする事になるのだが、この場にいる灼滅者達だけで、何体のイフートを倒す事が現時点では未知数であった。 それでも、可能な限りこの場で仕留めておかねば、周辺の市街地に被害が出る事は確実だろう。 「この事件を解決しないと、先に進めないような気がするんだ」 篠崎・伊織(鬼太鼓・d36261)が隠された森の小路を使い、目標の地点を目指して山道を突き進む。 この選択が正しい事なのか、それとも間違った事なのか、現時点では分からない。 だが、ここで行動しなければ、結果が出る事もないだろう。 「思っていたよりも……早い……」 琶咲・輝乃(紡ぎし絆を宝と想いし者・d24803)が双眼鏡を覗き込み、イフリートの存在に気づく。 イフリート達の数は数十体ほどで、おそらく楔での回復を諦め、前線に引き返すつもりでいるのだろう。 少しでも時間を短縮するため、最短ルートを進んでいた。 「イフリートに恨みがあるわけじゃないっすけど。 一般人への被害をださないためにはやるしかないんすね」 それに気づいた山田・菜々(家出娘・d12340)がスーパーGPSで敵の撤退ルートを確認した後、木々を掻き分けてイフリートに近づいていく。 戦う事に躊躇いがないと言ったら嘘になるが、ここで迷えばそれは間違いなく死に直結する行為であると言えるだろう。 それが分かっているため、なるべく考えないようにしているのだが、『本当にこれが正しいのか?』と言う気持ちが、頭の中でチラついた。 「いろいろと難しい問題を抱えた現状だけど、いまはそれを考えないで、目前で起ころうとしている被害を阻止することだけに専念するの」 古室・智以子(花笑う・d01029)も考える事を止め、イフリートと戦う事だけを考えた。 自分達がどこまで戦えるか分からないが、同じように別のグループがこのルートを守っているため、全滅させる事が出来なかったとしても、ある程度の数を減らす事なら出来るはずである。 「イフリートと話し合える余地があればよかったんだけど、そういう状況でも無いしね……。 でも、絶対に被害を出させたりしないよ!」 大夏・彩(皆の笑顔を護れるならば・d25988)が、イフリート達をジロリと睨む。 その視線に気づいた先頭のイフリートが、仲間達に警告するようにして咆哮を上げる。 イフリート達はここに来るまでの戦いで傷ついていたものの、まったく戦意を失っておらず、その目はギラギラと輝いていた。 「それじゃ、一匹残さず殲滅じゃー。 ナミダちゃんにしっかり貸しを作っておこー」 すぐさま、外法院・ウツロギ(百機夜行・d01207)が、イフリート達の行く手を阻む。 「スサノオの考えに思う所もあるけど、人々の安全守るのが最優先、全力で!」 氷上・鈴音(緋涙伝いし決別の刃・d04638)も無理やり自分自身を納得させ、イフリートの前に陣取った。 おそらく、この状況で完全に納得する事は不可能だろう。 それが違和感となって心の中で渦巻いている自覚はあるのだが、ここで迷っている暇はない。 「グルウウウウウウウウウ!」 それと同時にイフリート達が全身の毛を逆立て、灼滅者達を威嚇するようにして地面を蹴った。 おそらく、イフリート達の大半が目的を果たすためなら、どんな危険も覚悟の上なのだろう。 他のイフリート達も一斉に身構え、牙を剥き出しにして唸り声を響かせた。 そして、ガイオウガ派のイフリートの思い、すべてを理解する事は難しいしできないと思う。 それでもこの戦は一つの通過点だと思うの。 どちらかが倒れる、双方とも潰える未来だけじゃなく、理解しあえる選択肢を見つけられるかどうか、それはこの戦の先に答えがあると信じてるし、叶うかは私達次第だと思う。 スサノオの考えに思う所もあるけど、人々の安全守るのが最優先、全力で!」 鈴音がイフリート達を迎え撃つようにして、その場で素早く身構える。 それでも、イフリート達は怯む事なく、ジリジリと間合いを詰めてきた。 「天槻君は今頃どうしてるんすかねぇ」 そんな中、菜々が闇堕ちしたままのクラスメイトを思い出す。 そのクラスメイトが今どうしているのか、菜々にはまったく分からない。 ただ、何となく……クライメイトの顔が脳裏に過った。 「とにかく、今はやるべき事をやらないと……! 目の前の敵はこの手で滅する!」 そう言って伊織が覚悟を決めた様子で、赤鬼のお面を顔に装着する。 イフリート達も完全に灼滅者達を敵であると認識したらしく、躊躇う事無く襲い掛かってきた。 「手負いの獣を、確実に灼滅するの。 咲け、初烏」 それを迎え撃ちようにして、智以子がスレイヤーカードを解除する。 その間にイフリート達が灼滅者達の腕や足に噛みつき、鋭い牙を容赦なく突き立てた。 「まずは硬くなる」 すぐさま、ウツロギがドラゴンパワーを使い、イフリート達に対抗をする。 そのおかげで致命傷を避ける事が出来たものの、イフリート達はまったく諦めていないようだった。 「そんな攻撃、通さない……! ここから先へは進ませないよ!」 彩がイフリートの攻撃を受け止め、グッと唇を噛み締める。 だが、イフリートの勢いは止まらず、そのまま押し倒す勢いで迫ってきた。 「貴方たちに恨みがあるわけじゃないけど……。 ゴメンね。 ちゃんと、背負っていくから……」 輝乃が右腕を龍の腕に変化させ、イフリートに鬼神変を叩き込む。 その一撃を食らったイフリートが岩に激突したものの、怯む事無く再び飛び掛かってきた。 「どうやら、命を捨てる覚悟が出来ているようだな。 まあ、それはお互い様か。 もっとも、ここで死ぬつもりはないが……」 優がクールに眼鏡を外して、預言者の瞳を使う。 それでも、イフリート達が躊躇う事なく飛び掛かってきたため、改めて灼滅する事を決意した。 おそらく、ここで情けを掛けたところで、お互いのためにはならないだろう。 もう少し別の選択肢が存在していたのかも知れないが、こうなってしまっては今更である。 そんな中、鈴音が胸元のロザリオに触れ、共に戦う仲間達の無事を祈るのだった。 みんな気を抜いたら、駄目だよ」 ウツロギがイフリートと対峙しながら、ドラゴンパワーを使う。 イフリートは鋭い牙を剥き出し、何度も体当たりを仕掛けてきた。 その中には、可能な限り体力を温存しようとしていたイフリートもいたが、ウツロギ同様に気を抜けば殺られると判断したらしく、途中から本気を出して戦っていた。 そんな事をすれば、次の戦いに影響する事は確実であったが、その事を考えながら戦っていられるほどの余裕はなかった。 イフリート達もそれが嫌と言うほど分かっているのか、傷つく事にも躊躇いがなく、相手を倒す事しか頭にないようだった。 「やるしかないんだよね、本当に……」 彩がイフリートを眺めて、サウンドシャッターを使う。 自分なりに覚悟はしているつもりであったが、いざ戦う事になってみると躊躇いがあった。 それでも、向かってくるイフリートの攻撃を避けながら、仲間達の回復に専念したものの、ほんの一瞬が隙を作ってしまい、右腕に鋭い牙を突き立てられた。 それに気づいた優がジャッジメントレイでイフリートを牽制したものの、思ったよりも傷は深く、大量の血がポタポタと足元に落ちた。 「……これも必要な事なの」 智以子もモヤモヤとした気持ちのまま、バベルブレイカー【貪欲の黒】を手に、真正面からイフリートに勝負を挑む。 イフリートの方もそう言った戦いが嫌いではないのか、迷う事無く突っ込んできた。 「本当にどうしてこんな事になったのかしら」 鈴音も彩を守るようにして、イフリートにレイザースラストを放つ。 本来ならば、こんな事になるはずでは……いや、もっと別の未来もあったはずだ。 互いに理解し、分かり合える未来が……。 だが、この状況では夢物語……。 迷いを捨て去り、イフリートを全滅する事でしか、先に進む事は出来なかった。 「まだマシだよ、イフリートが手負いな分……」 伊織がイフリートに視線を送り、鏖殺領域を展開する。 ここに来るまで、だいぶダメージを受けていたのか、イフリート達は実力の半分以下しか出せていないようだった。 それでも、伊織達とほぼ互角に戦っているのだから、この状況でなければ考えただけでも血の気が引くような状況に陥っていた事だろう。 「こっちの炎も負けてないっすよ」 その間に菜々が弱っているイフリートを優先的に狙い、グラインドファイアでトドメをさす。 中には炎に包まれながら飛び掛かってきたイフリートもいたが、多少のダメージは気にせず、攻撃を仕掛けていった。 そのおかげで何とか数体のイフリートを仕留める事が出来たものの、こちらも無傷という訳にはいかなかった。 「……他の班は撤退したようね」 そんな中、鈴音がハンドフォンを使用し、別の場所で戦っている穂村白雪(d36442)と、彩瑠さくらえ(d02131)に連絡を取り合った。 どうやら、白雪班の撤退に合わせて、さくらえ班も撤退を決めたらしく、残っているのは、自分達の班だけのようである。 それだけ、他の班と比べてイフリートの数が少なく、かつ手負いのイフリートが多かったのかも知れない。 「とりあえず、これで全部かな……。 それじゃ、ボク達も撤退しようか」 輝乃がゲシュタルトバスターでイフリートを倒し、まわりを警戒しながら撤退を開始する。 大量の返り血を浴びているせいでハッキリとはわからないが、仲間達の大半が傷つき疲れ果てていた。 「ばたばたと慌ただしいな、最近は……。 のんびりできる時間もありはするが……。 まぁ、平和の為の戦闘とすれば……仕方がないか」 優も複雑な気持ちになりながら、ゆっくりと眼鏡を掛け直す。 何とか被害を最小限に抑える事が出来たものの、それがこちらが強かったわけではなく、ただ単に運が良かっただけだと言えた。 おそらく、イフリート達が手負いでなければ……弱っているイフリートを優先的に倒していなければ、もっと苦戦していた事だろう。 「やっぱり、ダークネス同士だと仲良くできないのかな……」 そう言って彩が悲しげな表情を浮かべ、肉の塊と化したイフリート達を眺めるのであった。 作者: 重傷:なし 死亡:なし 闇堕ち:なし.

次の