妻が口。 ECナビ

妻とケンカ後、口をきいてくれません。話しかけても睨みつけてくるだけで返事し...

妻が口

いよいよダイエット漫画を描き始めるものの……。 市川ヒロシ「42歳のおっさんが2か月で12㎏痩せた話」隔週日曜20:30更新中 漫画家の市川ヒロシさんが、ジム通いや糖質制限など試行錯誤を重ねてダイエットに成功した体験を描く、実録コミック「42歳のおっさんが2か月で12㎏痩せた話」。 3月8日に配信された17話が、まずは5位にランクイン! この回では、本作の誕生秘話と、「よみタイ」で連載が開始されるまでの裏話を公開しています。 昨年11月にスタートし、毎週日曜日に更新してきた本連載は、4月5日の配信回で20回を迎えます。 4月からは隔週更新になりますが、どんどんスリムになっていく市川さんのダイエットストーリーを今後もどうぞお見逃しなく! 【4位】トラブル多発!? 「エハラ家チャンネル」の舞台裏、教えます! ところが撮影は毎回順調とはいかないようで……。 エハラマサヒロ「エハラんち三姉妹末っ子長男絵日記」隔週木曜20:30更新中 芸人のエハラマサヒロさんが、やんちゃな4児の父として奮闘する日常を描くファミリーエッセイ「エハラんち 三姉妹末っ子長男絵日記」から、3月12日に配信された第9回が、月間4位に登場! この回では、昨年8月に開設した人気YouTube「エハラ家チャンネル」のほっこり舞台裏が紹介されています。 見所は、何かに取り憑かれたかのようにカメラの三脚に近づいていく、末っ子長男・うたくんのハイハイ姿です! 漫画とYouTubeを両方見ると相乗効果でさらに楽しめます。 ある夜、食事に出かけた先で、彼女とデート中の廉に遭遇して……。 ふるかわしおり「恋と友情のあいだで(里奈バージョン)」毎月第2金曜日21:00更新中 「恋と友情のあいだで」は、ヒロインの里奈と、大学時代から彼女に関わり続ける廉、ふたりの男女それぞれの視点から交互に語られる恋と友情のストーリー。 3月13日に配信された里奈バージョンの第4話が、3位にランクインしました。 「東京カレンダー」とコラボ企画の本作では、毎回ストーリーの中に実在するレストランやスポットが登場し、漫画の最後でその情報リンクが紹介されています。 第4話は、里奈の結婚式会場、寿退社する里奈の送別会会場、セレブ妻となった里奈と一流商社マンの廉が利用するレストランなど、いつにも増して注目スポットが目白押しです。 また、里奈バージョンと廉バージョン、両方を観ることで物語が立体的になり、男女の考え方の違いや感情のすれ違いを楽しめるのも本作の面白いところ。 ぜひ同じ回の廉バージョンもあわせてチェックしてください。 廉視点のストーリーは、毎月第4金曜日21:00更新中です。 」(明) (あらすじ) 学校の修学旅行や林間学校に同伴する看護師、通称「ツアーナース」のお仕事コミックエッセイ。 実はツアーナースの日常にはお化けよりも怖いことがたくさんあって……。 明「漫画家をしながらツアーナースしています。 」毎週土曜12:30更新中 コミックス1巻も大好評発売中の「漫画家をしながらツアーナースしています。 」から3月14日に配信された「 第69回 本当にあった怖い話…」が2位にランクイン。 ホワイトデーに季節外れな怪談話!? ……と思わせて、実はお化け以上に怖い、命に関わるトラブルのお話。 遠足や修学旅行など、普段と異なる環境にいる子供達は、その不安や興奮から思わぬ病気を発症したり、予期せぬ怪我に見舞われたりすることがあります。 その度に肝を冷やして、対応に追われるのがツアーナースです。 怪我をして頭から血を流す子、足の指を骨折しているのに行事に参加して悪化した子……などなど、仕事中に起きたいくつもの「本当にあった怖い話」と、ケースごとの予防や対応法が紹介されています。 しかしいつの日からか、妻が口をきいてくれなくなる。 なぜ妻は不機嫌なのか。 おろおろするまま、夫婦の会話がない日々は2カ月目に突入し……。 野原広子「妻が口をきいてくれません」隔週日曜21時更新中 月間1位はやっぱりこの作品! 連載開始以降、すれ違う夫婦の姿をリアルに描いて話題沸騰の「妻が口をきいてくれません」から、3月8日に配信された「妻が口をきいてくれなくても(2カ月目)」が、圧倒的な支持を得て月間アクセス数トップに輝きました! この回では、業を煮やした夫がいよいよ妻を問い詰めますが、子供が泣き出したこともあり、ケンカにもならないうちに話は中断。 連載は夫婦の会話がなくなって3ヶ月目に突入していますが、依然妻から口をきかない理由は語られていません。 いよいよ夫には「帰宅恐怖症」のような症状が出始めるほど不安とストレスが溜まってきていますが、次回こそ妻に動きはあるのでしょうか。 「よみタイ」が誇る超人気作、「妻くち」夫婦の行方からますます目が離せません! * * * 以上、3月の月間人気コミック、ベスト5でした! 外出自粛が続くなか、家でついつい食べ過ぎてしまうという方も多いのでは? 第5位に登場した「42歳のおっさんが2か月で12kg痩せた話」には、自宅で簡単に作れるダイエットメニューなどもたくさん紹介されています。 ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。 ポイントが加算されるのは、 2記事目、 4記事目、 5記事目の記事となります。 ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。 ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。 ニュース記事の更新は随時行われます。 ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。 犬がいるよ.

次の

妻の暴言や口の悪さがひどい!死ねなどの言葉は離婚理由になるのか?

妻が口

「オラ、オラ、もう少しだ。 あとちょっとで、亀頭がスッポリ嵌まるから、そうすれば後は一気に一突きだっ。 」 男は妻の足を両肩に乗せ、弟の様に腰の力ではなく、勃起した魔羅に己の全体重を掛け、重力の力で妻のマンコに嵌める気だ。 勿論、80キロ近くもあろう大男の重みで男根を突かれれば、狭い妻のマンコでも容易に貫く事が出来る。 「アア〜、クウ〜ッ、入る、入ってくる、貴方の大きなオチンポが〜。 私のオマンコを分け入ってくる〜。 アア〜、私のオマンコが太い杭で打ち抜かれていくよう〜よ。 ウウ〜、もう、そこまでで許して、これ以上入れたら本当に私のオマンコ、壊れちゃう〜。 イヤ〜、イヤ〜、もう入れなで、もう一杯よ〜。 そんな大きいオチンポ私のオマンコには入らない〜。 ア〜、ア〜、お願い、お願い、それ以上堪忍して〜。 イヤ〜・・・・・・・・・」 男根の半分近くを外界に残したまま、妻のマンコは既に満たされた様だ。 残りの半分を弟の様に、一突きで子宮に突き入れるつもりか。 こんなバカデカイ男根を子宮の中で抜き差しさえたら、本当に妻のマンコ、いや子宮は二度と使い物にならなくなってしまうかも知れない。 しかし、それも自業自得と言ざるを得ない。 そう仕掛けたのは私自身なのだから。 すでに後戻りはできない。 ここで奴らに止めてくれと言ったところで、一笑に臥されるのが関の山だ。 私はただ、じっと奴らの犯る事を見ているしかないのだ。 そう、手淫をしながら。 徐々に男の体重にマンコが、いや子宮が耐えきれず、突き刺さった男根にその入り口を押し広げられ、メリメリと亀頭の頭が食い込んでいく。 「ウ〜ッ、きついぜ、奥さんの子宮は。 さすが子供を生んでいない子宮は締まりがいいぜ。 子宮の口がまるで初体験のアナルみて〜にしっかりその口を閉めやがって、俺の亀頭を中々銜えようとしね〜。 あんたの子宮と俺の魔羅と、どっちが勝つか勝負だ。 オラ、オラ、遠慮せずに一気にイカせえ貰うぜ。 」 「イヤよ、イヤイヤ。 これ以上、あなたのオチンコ、もう入らない。 今もあなたのオチンコで私のオマンコが、子宮が奥に突き上げられて、口から内臓が出てしまいそう。 お願い、お願いよ、もうこれ以上、私をいじめないで、もう責めないで。 イッ、イヤ〜・・・・・・・。 ・・・・・・・・・・ギャ〜・・・・・・・ッ ・・・・・・。 」 妻の最後の悲鳴を聞いて、男の勝利を確信した。 男の渾身の腰の一振りで、最後まで男根の挿入を拒んでいた子宮は子供の拳にも近い男の亀頭を受け入れてしまった。 男は勝ち誇った様に、容赦なくその毛むくじゃらの腰を振り、張り出した亀頭のエラを子宮口に擦り付け、快感に酔っていた。 妻は一瞬気を失った様だったが、得体の知れないその快感に何もかも失い、体全体で男から与えられる快楽の世界を彷徨っている。 「オオ〜、凄ゲーッ、堪んね〜ゼ、子宮の味は。 マンコとは一味も二味も違うぜ。 子宮口がちょうど俺のエラをクリッ、クリッと、締め上げ、奥にもう一つのマンコがあるみて〜だ。 ウウッ〜、気持ちいい。 イイ、イイ、最高だぜ。 」 「アンッ、アンッ、アンッ、イイ、イイ、私もイイの。 子宮をオチンポで擦られ、アア〜ン、気持ちいイイの。 もう、どうなってもいい、深く、深く、もっと深く突いて〜。 あなたの精を、男の精を私の、私の子宮に一杯ちょう〜だい。 アア、こんなの初めて、男のSEXがこんなに激しくて、凄くて、気持ちイイなんて、私、知らなかった。 やっぱりあなた達は、本当の男、男の中の男よっ。 もっと、あなたのオチンポで私を激しく責めたてて、そして何度も何度もイカせて〜。 お願い〜・・・・・。 」 妻の絶頂寸前のうわ言を聞き、男は更に激しく男根を突きたてた。 男の尻の筋肉が腰を打ちつける度に盛り上がり、その激しさに、私の扱く手も速さを増す。 私の興奮も最高潮に高まっているが、いつもの様に自然に任せて射精する事は許されない。 ここまで幾度、男根の根元がひきつき、射精感を我慢したことか。 既に私の金玉もいつでも射精できるかのように、男根の付け根にせり上がっている。 アア、出したい、射精をしたい。 弟と妻が繋がっているた時に感じた快感が、今度もまた、兄との繋がりで蘇る。 眼前に繰り広げられる妻と野獣との凄まじいSEX、交尾。 これまで激しい男女の交わりを私自身、想像出来ないでいた。 色白の小さな女体に全身毛に覆われた、筋肉隆々の野獣のような男が、幾年分もの性欲を一気に満たすように、ありとあらゆる角度から、女体の性器、オマンコめがけその猛々しい男根を差し貫いている。 しかも、その男根は子宮口をも粉砕し、その先端を子宮内にまで到達させている。 ああ、男の腰の動きが早まっている。 男のあの時が近づいている呻き声に似た声が発せられている。 男も妻も、既に秒読み段階に来ている様だ。 「ウッ、ウッ、ウッ、ウッ、イイ、イイ、気持ちイイ〜。 アア〜、イキそうだぜ、堪んね〜。 奥さん、イクぜっ、奥さんの子宮の中にたっぷり俺の子種をくれてやるからなっ。 有り難く思えっ。 アッ、アッ、アッ、アッ、イクッ、イクッ、イクッ、精子、俺の精子、子宮にぶちまけるぞ〜。 イッ、イッ、イク〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ。 」 「キテッ、キテッ、私もイクわ〜。 もう狂いそう。 あなたのモノ、精液を私に一杯ちょうだい〜。 私の子宮をあなたの精液で一杯にして〜。 アア、イイ、イイ、イイッ。 私もイク、イク、イッ、イッ、イク〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ。 」 妻の両足がピーンと突っ張り、その間に割り込んでいる男の体が痙攣している。 私の目にも、男根の根元が大きくうねり、幾度も精液を子宮めがけ、多量の精子を注ぎ込んでいるのが見える。 まさに男が妻の子宮に射精している。 射精、射精、この言葉を頭の中で何度も繰り返す。 ああ、堪らない。 私も我慢に我慢している射精感をいますぐ解き放ちたい。 ああ、私もイキたい、イキたい、射精したい。 これ程射精に執着し、イキたいと思った事も無い。 ああ、耐えられない、この射精感に耐えられない。 男に生まれた事が恨めしい。 射精という言葉が私を支配する。 もう我慢できない、再び許しを仰う。 「お願いです。 私もイキたくてもうどうにもなりません。 お二人の激しい交わりを見て、私も男です。 射精をしたくて堪まりません。 どうか、どうか、私に射精をする事のお許しをお願いします。 」 「何、変態親父も一人前にイキたいのかっ。 生意気な変態親父だなっ。 まあ、俺達もたんまり奥さんの子宮に中出しさせてもらったから、後でたっぷり出させてやるぜ。 ああ、それにしても最高だったぜ。 奥さんの子宮は。 気持ちよかったぜ。 子宮に俺の子種もたっぷりと仕込だしな。 俺と弟の精液で、奥さんの子宮は満タンだぜ。 今頃、我先に俺達の子種が奥さんの卵に群がっている事だろうよっ。 旦那には悪いが、妊娠間違い無しだなっ。 それじゃ、今度は旦那、あんたの出番だ。 手始めに、まずは俺のマンコで汚れた魔羅の後始末しなっ。 金玉まで綺麗に舐め上げて綺麗にするんだぞっ、いいな。 それが済んだら、女房のマンコも綺麗にしてやるんだ。 そろそろ、子宮に仕込んだ満タンの精液が溢れてくるころだろうから、すっかり綺麗に吸い上げ、一滴も女房のマンコから流れね〜ように、俺達の精液を飲み込めよっ、いいな。 俺達の射精した精液すすりながら、センズリ掻け。 有り難く思えよ、俺達の一週間分の若くて濃い精液が腹一杯飲めるんだからな〜、男のお前が。 アッハッハッハ〜。 」 私は差し向けられた兄の亀頭も、竿も、また言われた通り、毛だらけの金玉も綺麗に舐め上げご奉仕した。 それを終えると、だらしなく足を開ききっている妻の間に頭を押しつけた。 妻のマンコは二人の男に長時間極太の男根を入れられ、擦られた為に、かなり充血し、肥大していた。 まるで巨大な赤貝の様だ。 クリトリスはすっかり皮が剥け、今だ真っ赤に勃起している。 その赤貝のヒダをゆっくり広げてみると、パックリと大きな口を開けた。 その口は開ききり、奴らの男根で拡張され、元に戻るかが心配になった。 すると、奥の方から濁流の様に白濁色した粘りけのある精液が溢れ出てきた。 私は二人の兄弟に見られながら、今にも精液が流れ落ちそうなマンコに口を押しつけ、ジュルジュルとすすり上げた。 どれだけ大量の精液を妻の子宮に放出したのか、次から次へ、私の口に二人の精液が流れ込み、青臭い精液独特の刺激臭とその量の多さに、むせかりそうになりながらもそれを舌で楽しんだ。 これが、奴らのお金玉から男根を通り、そして亀頭から妻の子宮へ放たれたモノ。 またそれが、子宮から膣を通り抜け、今では私の口の中に納まっている。 私は今まで繰り広げられていた痴態を頭の中で再現し、口で男達の性欲の源である精液を啜りながら、今まで我慢していた手淫を男達の前で思う存分楽しんだ。 しかし、その時は直ぐにやって来て、瞬く間に頂点に上りつめた。 男に妻を犯られ、たっぷり子宮に射精され、仕舞いには、その男達の吐き出した精液を啜りながら、男の見ている前で、手淫により初めて己の射精を許される。 もう、これだけの材料が揃えば、私の射精中枢は完全に麻痺し、あっと言う間に我慢していた射精を迎えた。 幾度も私の男根は痙攣を繰り返し、精が尽きるまで火山の噴火のように絶え間なく精液が吹き出された。 私の人生の中で、最も感じ、興奮した瞬間であった。 妻との今後の生活を思うと恐ろしくなる。 既に妻のマンコは男達によって拡張され、私の男根では満足出来なくなっているだろう。 しかも、女性の神聖な器官である子宮も、使い物にならないくらい遊ばれ、広げられ、直接精液までも注ぎ込まれ。 挙げ句の果てには奴らの子供を受胎している可能性まである。 その結果は、間もなく分かる筈である。 私は今も仕事が手に着かない日々が続いている。 妄想、それを現実に実行してしまった私。 男達が言い放った言葉が耳に残る。 「後悔先に立たず」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 しかし、またしても私の頭の中には次ぎなる計画が・・・.

次の

[B! 夫婦] 夫には期待などしないと決めたのです

妻が口

父が子に対して母の愚痴を言い、母は子に対して父の愚痴を言うというのが常態化してましたね なので、父と母が同じ空間にいるときは、地雷になるから何一つ発言できませんでしたね。 プレジデントファミリーが「子供が難関大に号学する家庭ではちゃんと家族で会話がー」みたいなことをドヤ顔でいうとったけどうちはそんなん全くなかったですね。 お茶の間の会話?なにそれって感じだったんですけどね。 そもそも私は発達障害で会話通じない子だと思われたからどちらからもまともに相手にしてもらえなかったというのがあるけどね。 妹は完全に母派になったけど、姉は家を嫌がってとっとと東京の大学に行きましたね。 今でも年末年始にしか戻りませんね。 姉が家を出るまではリビングのチャンネル権は父親のものでしたけど、その直後から父はリビングから追い出されるようになりましたね。 その父親は2年後自分が中学受験直前に単身赴任になったから離婚みたいなことにならなかったんですかね。 友達を家に呼ぶという経験を子供時代に全くできなかったのは結構つらかったかもですね そのせいかどうかわからないけれど、我が家は小学校4年以降は友達を家に呼ぶのが全面的に禁止でしたね。 結局中学の時一度きりだけで、それ以外で友達を家に呼んだことがないですね。 「妻が口をきいてくれません」読んでた人は気づいたと思いますが妻の側がずっと家の中にいて、家の外での交友関係が全く描かれてないですよね。 これ、リアリティがないって思うかもしれないですけれどむしろめちゃくちゃそのまんまでしたね。 そもそもうちの母と父が口きかなくなったのって私たち子どもたちの受験が迫ったきたからといって母が仕事辞めてからでしたからね。 母はそれから一度も仕事せずにずっと家にいるのですが、だからこそ家の中は母のものになったんですよね。 子供の時はわかってなくて不満ばっかり感じてたけど、この点に関しては母がかわいそうで仕方ないなと思いますね。 まぁさすがに母も交友関係完全にゼロではなかったですけど、留守を任されていたのは間違いないですね。 当たり前だけどこっちが呼ばないのにこっちばっかり一方的に行っても問題ないやつはそう多くなかったので 自然と中学以降の交友関係は「長屋組」っていう文化部部活棟でだべる連中に限られましたね。 そのあたりの影響で自分もオタク化し始めて、 父親も母親もオタク死すべし慈悲はないみたいな感じの人だったから家にマンガ持って帰るわけにはいかないというので とりあえず買った漫画は全部読み終わったら長屋に寄付してその代わりに他の人の買った漫画も読ませてもらうみたいな感じになってましたね。 ちなみに親にはスクラブル部に所属してるってことにしてましたね。 一緒に通勤通学する友人もいなかったので毎日投稿と下校の電車の中では英単語帖で勉強してましたね。 話し戻すと、まぁそんな感じだったから家で自分の友達の話を親とした記憶もほとんどないですね。 授業参観の前あたりで誰が友達なのか聞かれたくらいですね。 あの時うそ言ってたらどうなったのかちょっと気になりますね。 にも関わらず大学に入って私が東京に移動したら私の交友関係をやたら気にするようになったので電話代のこともあってこちらから電話かけるのは一切やめましたね。 私はこういう経験があるので、大学生の時はフェミニズムというものが世の中を良くしてくれると信じてたし期待してたんだよね 両親の仲がこんなに悪くなってしまったのは家父長制が悪いみたいな話が、自分みたいな経験をした人間にとってはすごくキラキラして見えてしまったのはなんとなくわかってもらえるよね。 だけどまぁ、講義はともかくとして巷のフェミニズムに興味を持ってみたら、今みたいにネット全盛期でないときでもうちの母親みたいに男が悪い亭主が悪いみたいな人たちばかりで心の底から悲しい気持ちになったよね。 まじめにやってた人もいるとは思うんだけど、全体としてフェミニズムがどれだけ「家父長制でつらい思いして家父長制なんかなくなってもいいと思ってる男性」側の気持ちを考慮できてるかっていうと、今ですら全くないと思うよね。 そもそもオタク攻撃してる時点で本当に何もわかってないしマジでフェミニズムは今の人たち今職を持ってる人一回全員首にして、改めて0からの今後の社会を考えるのにふさわしい人を雇いなおすところから始めないとだめだと思うよね。 あと核家族制度は不幸しかもたらさないので、核家族の家庭はかならず家事をやってくれる人を雇うよう補助金を出すべきだと思うよね。 自分はつらかったな、以上のことは言えないし言うべきでもないのかもしれないけどね だらだらと書いて何が言いたいねんというと、こういう自分語りをしたくなる程度には上の夫婦の話は心揺さぶられるってことですね。 心揺さぶられるってことはいい作品なんですかね。 結構ムカムカしてますけどね。 後で子供視点でも描いてくれるんですかね。 妻視点で終わったらこの作品のこと嫌い!ってなりそうですね。 あと、なんだかんだ言って私それでも父のことも母のことも嫌いになれないのがつらいよね。 自分が親になってみないことには親がどれほど大変だったのかわからないし、ムカついてはいるけれど責めることはできないかもしれないね。 幸福に生きよ!、ということより以上は語りえないと思われる あらためて思うと、私この手の話題の作品読んでも傷つくはずだとわかってるのに結構読んでるね。 なんだろうね。 こういう話読んで傷つきましたとか言ってるのか何かかなのかも。 今読み返してみると結構呪詛めいたことも書いてる気がするね。 とはいいつつ、私はこのあたりの作品はめちゃくちゃ楽しめてしまうのも事実。 特にこの夫と妻が完全に断絶している家庭で子供たちがどれほどまでに歪んでいったかを描いた作品としては「Under the Rose」が超名作で、いびつであるがゆえに美しいという救いようのない物語になっている。 この作品最後まで読み終わるまで死ねないレベルで応援してるので早く続きを…続きを読みたい…… : 「東大英単語600・英熟語300」「速読英単語」「解体英熟語」「解体英語構文」「DUO3000」を通勤通学の電車の中で勉強し続けてたら京大以外の大学受験に必要な英単語はだいたいマスターできるのでらくちんですね。 でもどうせだからもっと単語覚えておけばよかったね。 大学受験における英語って今から思うと本当にクソ雑魚ナメクジだったよね。 高校時代にもっともっともっと単語詰め込むといいんじゃないかなって思うよね。 ちなみに私が大学受験で一番おすすめの英語の本はですね。 この本読んでるのと読んでないのとで英語に対する感覚がまるで違うので子供いる親は全員これプレゼントした方がいいね。 kindle化はよ tyoshiki.

次の