在職 老齢 年金 制度。 いま話題!在職老齢年金制度の仕組みとは

在職老齢年金について知りたい|公益財団法人 生命保険文化センター

在職 老齢 年金 制度

国民年金から支給される老齢基礎年金は在職老齢年金制度の対象外となる 在職老齢年金制度とは、60歳以降働きながら年金を受け取る場合、給料と年金月額の合計額が一定額を超えると、年金が全部又は一部がカットされる制度です。 具体的には、給料と年金12分の1の合計額が ・60歳~64歳 28万円 ・65歳以上 47万円(平成27年度) を超えると年金がカットされます。 例えば、 ・年齢 60歳~64歳まで ・給料 47万円以下 ・年金月額 28万円以下 ならば、以下の計算式で導き出された額がカットされます。 このケースは月額の年金が10万円ですから、 10万円-3万円=月額7万円が支給されます。 しかし、同じ給料、同じ年金月額でも、年金カットが何と「10万円」となる場合もあるのです。 要は「全額カット」ということです。 同じ給料、年金額で 一方は3万円カット、一方は全額カット。 何故こんなこと(格差)が起こるのでしょうか? 在職老齢年金制度における「給料」の考え方 年金カットの計算式は総報酬月額と年金月額によって変わる。 今回の計算式以外にもある。 詳しくは早見表で確認するか、年金事務所等で相談すること 「同じ給料、同じ年金額」で年金カット額が違う原因は何なのでしょうか。 それは、「給料」の考え方にあります。 在職老齢年金のカット額を決める際の「給料」とは、正式名を「総報酬月額相当額」といい、標準報酬月額と標準賞与額の年間総額を12で割った金額となります。 標準報酬月額とは、月給と考えて良く、標準賞与額とは、1年間に受け取るボーナスと考えて良いでしょう。 先ほどの格差は 、「月給は同じでも賞与(ボーナス)の額が違うため」に起こることになります。 具体的に「総報酬月額相当額」がどのように決まるかを見てみましょう。 例えば、平成27年8月の総報酬月額相当額については、以下2つの 合計額で決まります。 ・8月の標準報酬月額 ・平成26年9月から平成27年8月(直近1年間)に受けた賞与額の合計の12分の1 定年退職直後1年間は要注意 ですから、 給料は一定でも直近1年間に受け取った賞与の額に差があれば、カット額を決める総報酬月額相当額も差が出てくるわけです。 例えば、 ・8月の標準報酬月額が20万円 ・直近1年間の賞与 48万円 だと、月額の20万円+賞与(48万)の12分の1(=4万円)で「総報酬月額相当額」が 24万円になります。 一方、 ・1月の標準報酬月額が20万円 ・直近1年間の賞与 240万円 だと、月額の20万円+賞与の12分の1(=20万円)で「総報酬月額相当額」が40万円となります。 定年後、賞与は無し(あるいは大幅にダウン)になったけど、定年前の賞与はけっこうもらっていたという方は多いのではないでしょうか。 年金カットの計算には、 今(これから受け取る)の賞与額ではなく、過去(1年間)の賞与額が使われます。 図に示すとこんな感じです(画像参照)。

次の

「在職老齢年金」制度の見直しについて

在職 老齢 年金 制度

国民年金から支給される老齢基礎年金は在職老齢年金制度の対象外となる 在職老齢年金制度とは、60歳以降働きながら年金を受け取る場合、給料と年金月額の合計額が一定額を超えると、年金が全部又は一部がカットされる制度です。 具体的には、給料と年金12分の1の合計額が ・60歳~64歳 28万円 ・65歳以上 47万円(平成27年度) を超えると年金がカットされます。 例えば、 ・年齢 60歳~64歳まで ・給料 47万円以下 ・年金月額 28万円以下 ならば、以下の計算式で導き出された額がカットされます。 このケースは月額の年金が10万円ですから、 10万円-3万円=月額7万円が支給されます。 しかし、同じ給料、同じ年金月額でも、年金カットが何と「10万円」となる場合もあるのです。 要は「全額カット」ということです。 同じ給料、年金額で 一方は3万円カット、一方は全額カット。 何故こんなこと(格差)が起こるのでしょうか? 在職老齢年金制度における「給料」の考え方 年金カットの計算式は総報酬月額と年金月額によって変わる。 今回の計算式以外にもある。 詳しくは早見表で確認するか、年金事務所等で相談すること 「同じ給料、同じ年金額」で年金カット額が違う原因は何なのでしょうか。 それは、「給料」の考え方にあります。 在職老齢年金のカット額を決める際の「給料」とは、正式名を「総報酬月額相当額」といい、標準報酬月額と標準賞与額の年間総額を12で割った金額となります。 標準報酬月額とは、月給と考えて良く、標準賞与額とは、1年間に受け取るボーナスと考えて良いでしょう。 先ほどの格差は 、「月給は同じでも賞与(ボーナス)の額が違うため」に起こることになります。 具体的に「総報酬月額相当額」がどのように決まるかを見てみましょう。 例えば、平成27年8月の総報酬月額相当額については、以下2つの 合計額で決まります。 ・8月の標準報酬月額 ・平成26年9月から平成27年8月(直近1年間)に受けた賞与額の合計の12分の1 定年退職直後1年間は要注意 ですから、 給料は一定でも直近1年間に受け取った賞与の額に差があれば、カット額を決める総報酬月額相当額も差が出てくるわけです。 例えば、 ・8月の標準報酬月額が20万円 ・直近1年間の賞与 48万円 だと、月額の20万円+賞与(48万)の12分の1(=4万円)で「総報酬月額相当額」が 24万円になります。 一方、 ・1月の標準報酬月額が20万円 ・直近1年間の賞与 240万円 だと、月額の20万円+賞与の12分の1(=20万円)で「総報酬月額相当額」が40万円となります。 定年後、賞与は無し(あるいは大幅にダウン)になったけど、定年前の賞与はけっこうもらっていたという方は多いのではないでしょうか。 年金カットの計算には、 今(これから受け取る)の賞与額ではなく、過去(1年間)の賞与額が使われます。 図に示すとこんな感じです(画像参照)。

次の

在職老齢年金が見直されます【2020年の年金制度改革について解説】

在職 老齢 年金 制度

老齢厚生年金を受けられる人が在職している場合、在職老齢年金制度により年金が減額される仕組みがあります。 しかし、2022年4月から、60歳台前半の老齢厚生年金について、そのカットされる年金の算出方法が変わることになり、その結果、減額対象となる額が減り、働きながら年金の全額を受けられる可能性も高まります。 現行の基準額は28万円! 老齢厚生年金は、60歳台前半で受けられる年金と、65歳以降終身で受けられる年金に分かれています。 会社員の場合、男性は1961年4月1日以前生まれ、女性は1966年4月1日以前生まれであれば、受給資格を満たすことにより、60歳台前半の老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)が受けられます。 しかし、60歳台前半でも65歳以降でも、老齢厚生年金を受けられる人が引き続き在職していて、厚生年金被保険者となっている場合、その年金額や在職中の給与や賞与の額により、年金が支給停止、つまりカットされます。 カットされる額は月単位で計算されますが、60歳台前半の場合、【図表1】のとおり給与(標準報酬月額)、直近1年以内に受けた賞与(標準賞与額)の12分の1、年金の月額を合計して28万円を超えるとカットされます。 つまり、基準額は28万円で、この基準額を超える場合は、たとえ少しでも年金が減額されることになります。 もし、年金の月額が10万円で、給与(標準報酬月額)が30万円、賞与なしであれば、合計40万円(10万円+30万円+0円)となって、28万円を超えることになり、Aの計算式をもとにカットされる額を計算します。 その結果、年金は10万円のうち6万円がカットされ、残りの4万円が支給される計算になります。 60歳台前半も47万円基準に このように28万円基準で計算すると、年金が10万円の場合であれば、給与が30万円程度であっても、年金の6割がカットされてしまいます。 しかし、この28万円基準による在職老齢年金制度については、就労意欲を阻害しているという批判がありました。 そのため、この基準が2022年4月より緩和されることになります。 現在、65歳以降の老齢厚生年金(報酬比例部分)の在職老齢年金制度については、【図表2】のように47万円(2020年度の場合)の基準額で計算します。 28万円基準より緩い47万円基準になりますが、2022年4月の改正により60歳台前半についても47万円基準になり、【図表2】の計算式を使います。 先ほどの、年金が10万円、給与が30万円、賞与なしであれば、【図表2】の計算式に当てはめると、合計が47万円以下ですので在職老齢年金制度ではカットはされず、年金は全額支給されることになります。 28万円基準から47万円基準に変われば、受けられる年金も増えます。 金額しだいでは、年金の全額と給与の両方を受け取ることも十分可能となり、生活に少し余裕が生まれることにもなるでしょう。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の