アワビ 捌き 方。 トリ貝 捌き方 生で使う方法と茹でる方法を解説 色を残すポイントを解説

アワビ/鮑/あわびのさばき方 刺身用:旬の魚介百科

アワビ 捌き 方

スポンサーリンク アワビの冷蔵庫での保存方法と保存期間は? 殻付きの活アワビの保存方法は、次のとおりです。 ボウルなどで 水300ccに約9g(小さじ5杯)を混ぜ、 3%の塩水をつくる• 新聞紙かキッチンペーパーを塩水に浸して軽くしぼる• アワビを塩水に浸した新聞紙かキッチンペーパーで包む• 殻を下(身を上)にして皿やタッパなどに入れる• 皿やタッパに ラップやフタをせずに、冷蔵庫に野菜室で保存する 3%の塩水を使った新聞紙やキッチンペーパーで包むことで、海水に近い環境でアワビを保存することができます。 ポイントは、 ラップやフタをしないで保存することです。 生きている活アワビは呼吸をしているので、密閉してしまうと息ができずに早死にしてしまうのです。 結果、保存期間も短くなってしまいます。 また、アワビを必ず 野菜室で保存してください。 冷蔵庫の野菜室以外で保存すると、 温度が低すぎるためアワビがすぐ死んでしまいます。 手順どおりしっかり冷蔵庫の野菜室で保存した場合、 保存期間は 夏が 2~3日、 冬が 3~4日ほどです。 夏場のアワビは弱りやすいため、夏のほうが保存期間は短くなっています。 発送や購入状況によっても、保存期間は変わってきますので、なるべく早めに食べたほうがいいことは間違いないです。 そのほうがおいしいですしね! 説明した方法で保存すれば、アワビはしばらく生きているので、生きた状態なら新鮮なままお刺身にして食べることができます。 もし保存から3~5日でアワビが死んでしまっていたら、ちょっともったいないですが 加熱調理してみましょう。 バター焼きなんかにしても、アワビはおいしいですよね。 スポンサーリンク 活アワビを冷凍する方法は? もし、3日以内にアワビを食べないときは、冷凍保存をオススメします。 手順は次のとおりです。 アワビの身に塩振り、タワシでこすりヌメりを取る• ナイフかスプーンを身と殻の隙間に入れ、一周させるようにして身を殻からはがす• ヒダと内臓を手ではがす• アワビの口(赤い部分)を包丁で切り取る• 身と肝を流水でよく洗う• 身と肝の水気を拭き取る• 身と肝を1個ずつラップでくるむ• ジップロックなどに空気を抜いて入れ、冷凍庫で保存する ポイントは、しっかりと捌いて下処理をしてから冷凍することです。 また、身と肝を分けて冷凍することで、肝の匂いが移ることを防いでいます。 捌き方は、次の動画を参考にするとわかりやすいですよ。 参考:アワビの捌き方 冷凍したアワビを食べるときは、ラップの上から流水に5~10分当てて解凍してください。 解け具合は、指で押して弾力を感じるくらいが目安です。 冷凍したアワビは、 原則加熱して食べましょう。 生きているアワビを捌いてすぐ冷凍した場合は、生でも食べられるとも言われていますが、必ず安全とは言えませんので加熱したほうが無難です。 冷凍した場合の 保存期間は、約3カ月です。 やはり冷凍する前よりも、アワビの味は落ちてしまいますので、なるべくなら冷凍せずにすぐ食べたほうがいいですね。 まとめ 殻付きの活アワビの保存方法は、3%の塩水で湿らせた新聞紙などでアワビを包み、殻を下にして冷蔵庫の野菜室で保存してください。 冷蔵保存の 保存期間は 2~4日ほどです。 保存期間に関わらず、早めに食べきりましょう。 冷凍保存するときは、アワビを捌いて下処理してから、ラップで包んでジップロック等に入れて冷凍庫に入れましょう。 冷凍した場合の 保存期間は約3カ月です。 しっかり保存すれば保存期間は延びますが、せっかくのアワビなのでおいしいうちに食べましょう! スポンサーリンク•

次の

アワビの刺身の作り方

アワビ 捌き 方

材料 アワビ 適量 【関連リンク】 ・ ・ アワビの捌き方 アワビの汚れと汚れをタワシを使って落とします。 強く擦りすぎると、アワビが固くなってしまうので、 黒かったアワビが白く綺麗になりました。 スプーンを使って殻から剥がします。 スプーンを殻の内側に沿って滑らせ、貝柱を剥がします。 殻から剥がしたら、ヒダと内臓を手で剥がします。 手で引っ張って剥がれない時は、包丁で切り剥がします。 右側の写真はアワビの肝を撮ったものです。 赤線から右側の袋には、砂が入っている事がありますので、切り取ります。 切り取った残りの部分は食べれます。 アワビの「くちばし」と呼ばれている部分を、山形に切り取ります。 完成 完成です。

次の

アワビの刺身の作り方

アワビ 捌き 方

あわびのさばき方 1. 塩をふります。 手などでこすり、ぬめりを取ります。 たわしがあればこすって下さい。 身と殻との間にしゃもじを入れます。 4.貝柱をそぐようにして奥へ入れます。 5.黒いところは、わた(内臓)です。 6.殻と身が離れました。 7.貝柱の方には薄いひだがありますのでわたに向かって取っていきます。 8.ゆっくりと取っていきます。 9.ここまで取ります。 10.ひだと、わたの部分を包丁で切ります。 11.赤線のように包丁を入れ、口を切り取ります。 口は堅いので食べられません。 12.水洗いします。 13.吸盤の方に縦に包丁できりみを入れていきます。 14.貝柱を上にして薄く切っていきます。 15.わたのついたひだです。 砂が入っていることがある為、赤線の右部分を切り取ります。 残りは全て食べられます。 16.赤線の右部分を切り取ります。 17.身と、わたのついたひだを適当に盛りつけてできあがりです。

次の