レジン 型どり。 レジン型の自作方法まとめ!代用品やおゆまるの型取り方法は?

レジンの型取りができる粘土素材まとめ

レジン 型どり

レジン教室〜Howto2 シリコン型の作り方 シリコン型の取り方と注意点 「シリコンで型を取る」 と言いますと、たいていの方が 「むずかしそう・・・」 とお感じになるようですね。 「型を取る」 という言葉が専門的なことに感じるからでしょうか。 でも実際にはとても簡単なのです。 シリコンで型が自作できるようになりますと レジンでの作品づくりの世界が無限に広がりますよ。 ぜひチャレンジしてみてくださいね! (2015年1月 加筆) 1 シリコン型の取り方と注意点 原形には型の取れるものと取れないものがあります。 まずは基本中の基本、原形のことからご説明します。 次の絵をご覧下さい。 これは原形の断面図です。 図1 これらの原形は型を取ることが出来ます。 図2 これらは型を取ることが出来ません。 違いがお分かりになりましたか? では図2を実際に型を取るとどうなるか見てみましょう。 左はを流し入れたところです。 これが型取りの基本です。 それは複雑な型でも同じことです。 では型の種類についてご説明します。 おおまかに次の3つに分けることが出来ます。 1 2 3 この他にもいくつかタイプがありますがだいたいこの3つの応用です。 2、3の型は道具が必要ですし、ちょっとむずかしいので、まずは簡単な1の型から始めましょう。 これはゼリーやプリンを作るのと同じ単純な型ですが、市販のレジン製品のほとんどがこの型で作られています。 たとえばキーホルダー、アクセサリーパーツ、冷蔵庫などにつけるマグネット、フォトフレーム、ほかにも工夫次第でいろいろなものを作ることができます。 まずは型を取る原形を用意します。 身近にあるものでも、ご自分で作ったものでもなんでもどうぞ。 ただシリコンがしみこむような素材は、そのままでは型を取ることができません。 またガラス製のもの、陶器、陶磁器なども、種類によってはシリコンがくっついてしまって、取れなくなることがあります。 どんな原形にしても、などで表面をコーティングするといいでしょう。 その場合は水性ラッカーではなく、有機溶剤系のラッカーをお使いください。 水性ラッカーはシリコンを流し入れたときに溶けて、型の表面が荒れてしまいます。 ちなみに私は原形を作る素材として、石膏、石膏粘土、などを使っています。 紙粘土は表面を滑らかにきれいにすることができないので、原形制作には不向きです。 用意したものが型を取ることが出来るものかどうか、先の図を参考にして、原形のすべての部分が引っかからないかよくチェックしてください。 これを怠ると型だけでなく、せっかくお作りになった原形もこわしてしまう、ということにもなりかねませんので十分にご注意ください。 はじめのうちはごく簡単なデザインのものの方がいいかもしれませんね。 型を取る手順 適当な大きさに切ったプラスチック板に、原形を接着剤で貼り付けます。 原形のかたちに合わせて厚紙で囲い、シリコンがもれないように、セロハンテープでしっかりとめます。 厚紙の高さは原形の高さより5ミリ以上大きめにしてください。 計量カップにシリコンを適量入れ、分量の硬化剤を添加してゴムヘラでよく混ぜ合わせます。 ゆっくりと混ぜ合わせてください。 早く混ぜると細かい気泡が入って型のできが悪くなります。 また、硬化剤が均一になるように、カップの内側をこそげとるようにして混ぜ合わせてください。 混ぜ合わせ方が不十分ですと、硬化不良を起すことがあります。 シリコンを少しずつ流し入れます。 細工部分やくぼんだところに気泡を巻き込まないように注意してください。 原形に気泡がついてしまったときは、爪楊枝などで取り除きます。 3、4の作業で型の良し悪しが決まりますから、じっくりと落ち着いて行ってください。 シリコンが完全に硬化したら、厚紙をはがして原形を取り出します。 硬化時間はシリコンの種類や気温によって違いますので、説明書をよくお読みになってください。 プラスチック板と原形の隙間にシリコンが入り込んでいたら、カッターナイフやハサミで切り取ります。 カッターナイフの刃は新しいもので作業してください。 天気のいい日に半日太陽に当てます。 これはどこの説明書に載ってない、私が経験からいきついた仕上げ方法です。 こうすると型の離型性が高くなります。 これを行わずにすぐにレジンを成型しようとすると、シリコン型とレジンがくっついてしまうことがありますのでご注意ください。 以上が基本的な型取りの作業工程です。 まだまだ細かいコツがたくさんありますが、一度にご紹介できませんので少しずつご説明していきますね。

次の

レジンを型取ってアクセサリーを作ろう!オススメの型取り15選も♪

レジン 型どり

DIYやらハンドメイドやらが大好きで、オリジナルのものがつくりた~い! という方が憧れるのは、そうです、 オリジナルのシリコン型作り 自分で作った原型をもとに、シリコン型を作ってリアルなフィギュアを作ったり、 お気に入りのアレを型取りしてにシリコン型を作成! そして量産~!! (なんて、考えただけでも楽しくなっちゃいますよね!うへへ…) と言うことで、シリコンの型取り用材料をゲットだぜ!とばかりにネットサーフィンすべく、 インターネットと言う大海原に繰り出した、家サーファーの諸君、 意外とシリコンモールド用自作用の材料は種類があるけれども、情報が少ないです。 型から作っちゃう凝り性の人はまだまだ少ないためか、 「どれを使ったらいいかわからない~!」 なんてお悩みではありませんか? なので、こちらのページでは、 初心者からOK! 「初心者だけど本格派目指すんで。 」って方、 ヤボなことは言いません。 この項目はすっ飛ばしてへ直行してください。 それ以外の方、「ちょっとやってみたいだけ~」とか、 「まずは簡単で手軽に出来るものからやってみたい~」 という方向けにどんな型取り剤がおすすめかタイプ別にまとめてみたので、まずはそちらから参考にしていただければと思います。 まず、大まかに分けると型取り用型取り用素材には 「液体タイプ」と「粘土タイプ」の2種類があります。 それぞれの特徴はこんなかんじです… 液体タイプの型取り用シリコンの特徴と作り方 その名の通り、どろっとした感じの液体で、硬化剤を混ぜることによって固まります。 柔らかい粘土などの型取りに適していて、2回に分けて型取りすることで立体の物の型を取ることが出来ます。 熱に強いのでUVライトなどで溶けることが無く、半立体のものでも本格的に作りたい人にはこちらのタイプがおススメです。 一度作った自作シリコン型は何度でも使えるので、同じものを大量生産したい場合にもおすすめです。 フィギュアなどを本格的に作る場合はこちら以外の選択肢はないのですが、 デメリットとしては1kgで販売されているものがほとんどなので、 小さいものを作りたい場合は気軽に始めにくいことと、 失敗してしまったものはゴミにしかならないということです。 粘土タイプの型取り用シリコンの特徴と作り方 これは正確にいうと型取り用ねんどと言ったほうが正しいのですが、出来上がったものはもちろんシリコンモールド型のように使用できます。 使い方は粘度のようにこねて、原型に押し当てて作るので、半立体の物に向いています。 また、使う分だけ少量ずつ利用できるので、小さいものを気軽に作るのには適しています。 ・レジン型用などの 半立体の型取りに使いたい ・小さめのものを気軽に型取りしたい ・色んな物を少量ずつ作りたい ・短い作業時間で型取りしたい こんな場合にはおすすめです。 2種類の粘土を混ぜ合わせることで硬化するタイプの物と、温めることで柔らかくなり冷めると固まるタイプのものがあります。 温めるタイプのものは、硬化しても再度熱を加えることで再び軟化しますので、何度でも再利用できてお手軽な上に経済的です。 デメリットとしては何回も使っていると劣化してくるので大量生産には向いてないこと、本格的なフィギュアなどには向かないことです。 温めるタイプは熱に弱いので、レジン用UVライトで溶ける場合もあるので、ライトの距離と出力に注意が必要です。 やり直しOKな液体タイプ型取り用シリコンの特徴と使い方 液体タイプとしながら別項目で紹介するこちらのタイプは、粘土タイプと液体タイプの中間のような型取り材です。 粘土タイプのように通常は固形なのですが、加熱することによって溶けて液体状になります。 冷えることで固まるのですが、再度温めることで液体になり、繰り返し使用することが出来ます。 粘土タイプと違い、液体タイプのように立体物の型取りも可能です。 なので、液体タイプと粘土タイプの特徴を組み合わせたような型取り用シリコンです。 ・立体を作りたいけれど手軽なものが良い ・液体タイプに挑戦してみたいけれど自信がない。 ・型取りしたシリコンを再利用したい こんな場合にはオススメです。 失敗しても再利用できるのが気軽でいいですね。 デメリットとしては、熱に弱いのでレジン用ライトの距離と出力に気をつけること、 立体の型取りをするときに温度管理に注意することです。 また、再度の使用は可能ですが、無限に繰り返し使えるわけではなく、ある程度使うと新しいものに変えたほうが良くなってくるようです。 ~番外編~食用OKの型取り用シリコン シリコンで型取りをして作りたいものは何でしょうか? レジン型?販売していないパーツの復元?それともフィギュア? 「自作のオリジナルシリコン型を使ってアレのチョコレートを作っちゃいたいんだよっ!」 という、食品用目的で型取り用シリコンを検討している方、 残念ですが、今見てもらっているページで紹介している型取り用シリコンを使うことはできません。 チョコレート型等のオリジナルシリコンモールド型を自作したい方は、以下のページで簡単な作り方と材料を紹介しているので参考にしてください。 レジンキャスト・型取り用シリコン 標準比率は主剤:硬化剤 100g:4gです。 一般的な型取り用シリコンで硬化後はやや柔らかめ コストパフォーマンスが良く、初心者から上級者まで幅広い方に利用されています。 初心者でしたら失敗しても「まだ材料あるからもう一度やってみようかな」となる程よい分量です。 と、失敗ありきで説明すると 難しいのでは? と感じてしまいますね。 と言うことで。 購入した方の口コミレビューから抜粋 ・このシリコンはコスパが良いです。 フィギュアなどの型取りをするときに毎回使っています。 ・型取り用シリコーンゴムとして、いちばんベーシックなものだと思います。 いつも動物や人物のフィギュア作りに使用しています。 ・初心者なので、使い方がわからなくてショップに問い合わせたところ、丁寧に説明してもらえました。 おかげで初めてでも綺麗につくれました! ちなみに口コミでは硬化時間は約4時間くらいとありました。 柔らかめなので、場合によっては扱いにくいと感じてしまうこともあるようです。 半立体などを作る時に量をケチって底が浅いものを作ってしまうと、使用する時に型崩れする原因になりますので注意が必要です。 反面、仕上がりが柔らかいので型に流し込ん出来上がったものを取り出すときはやりやすいのがメリットです。 低収縮のシリコン材なので、正確に型取りしたい場合に良さそうです。 新品開封後は必ずよく撹拌してからお使い下さい。 (固まっている部分も含め) 金属粉が固くしまっている場合もあるので、 その場合は金属の棒や先の尖った物等を刺して液体を 馴染ませてから撹拌すると比較的楽に混ざるとのことです。 乳白色の半透明タイプで原型が見えるのでカットして 原型を取り出す方法には便利です。 立体物を作成する時には、原型が完全にシリコンに埋まってしまうので、カットなどして取り出さなくてはならないのですが、 不透明なタイプだとどの程度まで切り込んでいけばいいのか見えないので、 慣れないとちょっと緊張するかなと思います。 その点、半透明なので見て確認しながらカットできるので初心者向きです。 シリコンは柔らかめで伸びもあるので逆テーパーなど抜くのにも向いています。 購入した方の口コミレビューは ・UVレジン用の型自作するために使いました。 貝殻を原型にしてシリコン型を作ったのですが、思ったより早く硬化し始めたのでびっくりしました。 貝殻の筋までクッキリと再現したきれいな型が取れました! ・化石のレプリカ作成に使用しています。 仕上がりが柔らかいので、壊れやすい化石の原型を取るのに重宝しています。 ・手軽に使えて、効果速度が速いので作業時間短縮になります。 型取りがキレイに出来るので気に入っています。 簡単で大まかなものの型取りにおすすめとのことです。 デメリットとしては液体タイプのものと比べてグラム当たりの値段が少々高めなこと、 さらに、大きいサイズを作りたい場合には向いていないです。 硬化時間が早いので、手早く作業を進められて、型取りをすぐに完了させることが出来る反面、 ゆっくりやっていると硬化してしまって型取り不可能になってしまうので素早く作業することが大事です。 初心者どころか子供でもOK! 型取り用に愛用している人が多く、小さいものや少量だけ型に使いたい場合に手軽なので人気です。 一度固まっても温め直せばまた柔らかくなり、何度でも成型可能なので、 一回購入すればずっと使えるので経済的。 対象年齢は6歳からになっているので、子どもと一緒に作品作りも可能です。 というか、もともとは子供が使用することを想定して開発された「ねんど」なので、使い方も扱いもダントツで簡単なのは間違いないです。 失敗しても何度でもやり直しがきくし、細かい部分まで忠実に型が取れたので感激しました! ・お湯で柔らかくなって型取りも簡単にできるので使いやすいです。 80度のお湯を使うので子供とやる時は注意が必要です。 ・シャーペンについているラバーグリップのような感触です。 色を混ぜるとマーブルになって綺麗です。 子供はスーパーボールにして遊んでいました。 お湯で作業出来る気軽さと、失敗してもやり直せるので型取り初心者にはとても人気がある素材です。 デメリットとしては、熱に弱いのでレジン型として使用する時にはUVランプで溶けてしまうこともあるので、 距離を離すか、出力を弱くして硬化時間を長めにとるなどの対策が必要です。 レンジで溶かせる簡単型取り用シリコン、コンポジ・モールド 「型取り材として問題なく使用できました。 非常に緻密に原型の型取りをできたのでとても素晴らしいと思いました。 」 とのことです。 グラム数から考えるとコスパが良いとは言えませんが、何度も使用できるのは良いですね。 熱に弱いので、UVレジン硬化用のランプの熱で溶けてしまうことがあるため、距離をとるか、弱めの出力で使用するなどの注意事項はありますが、 電子レンジで溶かして再利用可能なので初心者向けで手軽に使用できます。 型取り用シリコンでオリジナルシリコンモールド型を自作する材料まとめ 以上、型取りに必要なシリコン素材のまとめでした。 まずは手軽に使える素材で試してみるもよし、初めっから本格的な型取りに挑戦するもよし。 どれも特徴とメリットデメリット比較したうえで楽しいDIYライフをエンジョイしてみましょう~! ちなみに、小さい子どもがいる家庭では、おゆまるは完全におもちゃにされるので、 子供用と自分用に別々に用意しておくほうが無難かもしれませんね 笑.

次の

ハイレベルな作品を目指すなら!レジンの型の取り方とコツ

レジン 型どり

レジン教室〜Howto2 シリコン型の作り方 シリコン型の取り方と注意点 「シリコンで型を取る」 と言いますと、たいていの方が 「むずかしそう・・・」 とお感じになるようですね。 「型を取る」 という言葉が専門的なことに感じるからでしょうか。 でも実際にはとても簡単なのです。 シリコンで型が自作できるようになりますと レジンでの作品づくりの世界が無限に広がりますよ。 ぜひチャレンジしてみてくださいね! (2015年1月 加筆) 1 シリコン型の取り方と注意点 原形には型の取れるものと取れないものがあります。 まずは基本中の基本、原形のことからご説明します。 次の絵をご覧下さい。 これは原形の断面図です。 図1 これらの原形は型を取ることが出来ます。 図2 これらは型を取ることが出来ません。 違いがお分かりになりましたか? では図2を実際に型を取るとどうなるか見てみましょう。 左はを流し入れたところです。 これが型取りの基本です。 それは複雑な型でも同じことです。 では型の種類についてご説明します。 おおまかに次の3つに分けることが出来ます。 1 2 3 この他にもいくつかタイプがありますがだいたいこの3つの応用です。 2、3の型は道具が必要ですし、ちょっとむずかしいので、まずは簡単な1の型から始めましょう。 これはゼリーやプリンを作るのと同じ単純な型ですが、市販のレジン製品のほとんどがこの型で作られています。 たとえばキーホルダー、アクセサリーパーツ、冷蔵庫などにつけるマグネット、フォトフレーム、ほかにも工夫次第でいろいろなものを作ることができます。 まずは型を取る原形を用意します。 身近にあるものでも、ご自分で作ったものでもなんでもどうぞ。 ただシリコンがしみこむような素材は、そのままでは型を取ることができません。 またガラス製のもの、陶器、陶磁器なども、種類によってはシリコンがくっついてしまって、取れなくなることがあります。 どんな原形にしても、などで表面をコーティングするといいでしょう。 その場合は水性ラッカーではなく、有機溶剤系のラッカーをお使いください。 水性ラッカーはシリコンを流し入れたときに溶けて、型の表面が荒れてしまいます。 ちなみに私は原形を作る素材として、石膏、石膏粘土、などを使っています。 紙粘土は表面を滑らかにきれいにすることができないので、原形制作には不向きです。 用意したものが型を取ることが出来るものかどうか、先の図を参考にして、原形のすべての部分が引っかからないかよくチェックしてください。 これを怠ると型だけでなく、せっかくお作りになった原形もこわしてしまう、ということにもなりかねませんので十分にご注意ください。 はじめのうちはごく簡単なデザインのものの方がいいかもしれませんね。 型を取る手順 適当な大きさに切ったプラスチック板に、原形を接着剤で貼り付けます。 原形のかたちに合わせて厚紙で囲い、シリコンがもれないように、セロハンテープでしっかりとめます。 厚紙の高さは原形の高さより5ミリ以上大きめにしてください。 計量カップにシリコンを適量入れ、分量の硬化剤を添加してゴムヘラでよく混ぜ合わせます。 ゆっくりと混ぜ合わせてください。 早く混ぜると細かい気泡が入って型のできが悪くなります。 また、硬化剤が均一になるように、カップの内側をこそげとるようにして混ぜ合わせてください。 混ぜ合わせ方が不十分ですと、硬化不良を起すことがあります。 シリコンを少しずつ流し入れます。 細工部分やくぼんだところに気泡を巻き込まないように注意してください。 原形に気泡がついてしまったときは、爪楊枝などで取り除きます。 3、4の作業で型の良し悪しが決まりますから、じっくりと落ち着いて行ってください。 シリコンが完全に硬化したら、厚紙をはがして原形を取り出します。 硬化時間はシリコンの種類や気温によって違いますので、説明書をよくお読みになってください。 プラスチック板と原形の隙間にシリコンが入り込んでいたら、カッターナイフやハサミで切り取ります。 カッターナイフの刃は新しいもので作業してください。 天気のいい日に半日太陽に当てます。 これはどこの説明書に載ってない、私が経験からいきついた仕上げ方法です。 こうすると型の離型性が高くなります。 これを行わずにすぐにレジンを成型しようとすると、シリコン型とレジンがくっついてしまうことがありますのでご注意ください。 以上が基本的な型取りの作業工程です。 まだまだ細かいコツがたくさんありますが、一度にご紹介できませんので少しずつご説明していきますね。

次の