ブラッキー育成論。 【ポケモン鎧の孤島】ラッキーの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

いやしのすずで状態異常に強い! どくどく撒きブラッキー育成論【ORAS】

ブラッキー育成論

高い耐久値を持つ悪タイプ。 高い数値と再生回復技により崩されにくく、積み技にはイカサマ・バークアウト、 状態異常技には特性シンクロと、様々な崩し手段に対抗しうる素養を持つ。 主軸として採用されるケースはないものの、広範囲に誤魔化しが効くため6枠目の穴埋めとして採用されうる。 バルジーナとは特性シンクロ、願い事によるクッション性能、対ライコウ、対ゲッコウガなどで差別化できる。 サンムーンではあくタイプにいたずらごころ+補助技が無効となり、エルフーンなどのハメ戦法に誤魔化されなくなった。 反面、高火力フェアリーの増加、Zワザによる役割破壊の危険など、純耐久型のブラッキーには向かい風となる要素も。 依然として補完性能は高いため、柔軟な採用と選出を心がけたい。 イカサマ 悪95 142 100-教え技。 こちらの攻撃力に関わらず火力が出せる。 対物理アタッカー向け。 のろいと相性がいい。 速くないのであると便利。 のろいとも好相性。 ジュエル消失がやや痛い。 出典 ポケモン第七世代(サン・ムーン)・対戦考察まとめWiki - ブラッキー つきのひかり 妖- 受け型と好相性だが、猛毒に弱い点、天候によって回復量が変わる点には注意。 どくどく 毒 90 耐久型のダメージソースに。 無効も多いが悪技強化のおかげで鋼に完封される機会は減った。 ちょうはつ 悪 100 耐久ポケモンの補助技対策に。 仮想敵次第では多少のS調整をしたい。 まもる 無- ねがいごとでの回復、あくびの眠り待ち、たべのこし・どくどくの時間稼ぎに。 ねがいごと 無- 味方後続の低負荷降臨を目的に採用。 守るとセットで自身の回復も可。 いばる 無 85 主に特殊受け時のイカサマの火力補完に。 いやしのすず 無-教え技。 シンクロとセットで毒々主体の相手に役割を持てる。 あくび 無- 主に交代読みで相手を流す。 まもると相性がいい。 のろい 霊- 耐久と火力を上げる。 しっぺがえし、ふいうちと相性がいい。 ねむる 超- カゴのみやねごとが必要になるが、状態異常に強くなるのが大きな利点。 状態異常やイカサマを使う特殊受け型とは異なり、基本的に居座りを前提とした運用になる。 聖なる剣で防御ランクを無視するギルガルドを安定して処理できない上、 遂行速度が遅く火力インフレに対応しきれないためレート上位での採用はまずない。 願い事とは、次のターン終了時に自分のHPの半分の量だけ、場にいるポケモンのHPを回復させるワザです。 願い事を使えるポケモンは少なく、願い事が使えて物理、特殊ともに耐久が高いポケモンはブラッキーとラッキーとハピナスくらいです。 シャワーズ、ママンボウなども耐久は高いのですが、それぞれ防御、特防が低いので安定しません。 その点、ブラッキー、ラッキー、ハピナスは防御、特防共に高い次元にあります。

次の

【ポケモンGO】ブラッキーのスーパーリーグ最適技と対策ポケモン:耐久トップクラス!|ポケらく

ブラッキー育成論

どくどく撒きブラッキー 育成論 概要 ちょっと柔らかい、クレセリアといったイメージが強いブラッキー。 そんなブラッキーですが、クレセリアにはない強みがブラッキーは2つ持っています。 その場合、どくどくをちょうはつに変更する事で【どくどく】をうってくるポケモンを完封できるようになります。 毒毒を採用しない、特性:シンクロ+いやしのすずで状態異常ばらまき型が増えています。 ブラッキー 差別化 どくどく+イカサマという観点では、ポリゴン2、バルジーナが存在します。 ポリゴン2 数値上の耐久力では、ポリゴン2の方が上です。 補正なしA252振りガブリアスの逆鱗のダメージを参考で計算すると ・ポリゴン2 28. 一方、どくどくなどの状態異常の耐性・メガガルーラへの負荷(ゴツゴツメット)を考慮すると ブラッキーの方が現環境では使い勝手が良さそうです。 なお、現環境ではポリゴン2は受けとして成立しなくなってきています。 詳細は、をどうぞ。 バルジーナ バルジーナの素早さ種族値S80族、ブラッキーは65族です。 ちょうはつを先制で打てるバルジーナの方が、耐久ポケモンの処理能力が高そうです。 状態異常の耐性では、どっこいどっこいといったところでしょうか。 ただ、特殊耐久力はブラッキーが上回ります。 特攻特化水ロトムのハイドロポンプで計算してみます。 HP252振りブラッキー 35. ブラッキーの方が特防が堅い分、中途半端な特殊アタッカーも役割範囲に入ります。 イカサマ 陽気HP4、A252振りメガガルーラ 43.

次の

ブラッキーの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ブラッキー育成論

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 ブラッキーの対策ポケモン.

次の