アメリカ グリーン カード。 5つのアメリカ永住権取得方法 l アメリカビザ・永住権取得支援サイトl 弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所

そもそもアメリカ永住権(グリーンカード)とは何ですか?

アメリカ グリーン カード

アメリカの永住権(グリーンカード)は現実的に取得できるチャンスがあるし、 先進国の中では運がよければ低いハードルで 調達できるというメリットがある。 そのため、気軽に永住権であるグリーンカードを 欲しがる人がいるのも事実で、 抽選で取得できることが話題にのぼることもある。 ただし、ここには大きなデメリットがあるのを忘れてはいけない。 世界中どこにいても追い回してくる 厄介な荷物を背負って生きていくことになってしまうので。 ある意味、呪縛にすら近い。 アメリカの永住権、グリーンカードを取得した場合のデメリットは、 なんといってもアメリカから常に課税されること。 これには世界の大まかな税制について理解しておく必要がある。 ざっくり分ければ、世界の税制は2種類存在する。 通常は住んでいる国で税金を納めるのが一般的。 たとえば、マレーシアが居住国の日本人なら マレーシアに納税することになる。 国籍に関わらず、 住んでいる場所が基準となるのが属地主義の考え方で、 世界中のほとんどの国はこの基準を採用している。 もちろん日本の課税方針もこの属地主義方式にのっとっている。 海外居住者が原則として日本からは非課税になり、 住んでいる国に税金を支払うことになるのは この属地主義の考え方で運営されているから。 この場合、税金の高い国に住むのはデメリットの1つになる。 こうした属地主義が世界の大勢を占める中、 アメリカは例外的に属人主義を取っている。 これはアメリカ人なら世界のどこに住んでいようと関係なく、 常に課税するという考え方。 他の国からすると、 自国の居住者からの税金が減るので風当たりは強い。 それでも超大国のやり方は揺らがない。 ついでに言えば、 アメリカ人は国外での銀行の口座開設を断れることが多いが、 それもこの点が原因になっている。 アメリカ政府としては国民の所得を補足する必要があり、 入金や残高と言った口座の内容の照会を求める。 それが負担になり、 各国の銀行の少なからぬ部分が アメリカ人の口座開設を拒否している。 しかも、この課税対象は永住権、グリーンカード取得者にも向けられる。 つまり日本人がアメリカの永住権を取った場合、 国籍は変わることなく日本のまま。 ただし、課税に関しては世界中どこにいても 常にアメリカから対象とされることになる。 これがグリーンカードの恐怖。 大いなるデメリットとなる。 アメリカが永住権を発行しているのは、 これが目的ではないかとさえ感じてしまう。 向こうとしては、税収が増えるというメリットがあるわけなので。 もちろん、それだけではないと思うが・・・。 このデメリットはあまりにも大きいので、 本当にアメリカに住み続けるとか、 そもそも税金が問題にならない程度の収入しかないとか、 そういう場合以外には下手にグリーンカードを取得することができない。 私もマレーシアとフィリピンにおいて 永住権を取得することにした。 これは日本に何かあった時の保険のようなもので、 いくつか持っておくにこしたことはないと思っている。 ただ、アメリカについてはだめ。 あまりにもコストが高くつきすぎる。 グリーンカード取得時の費用がどうであっても、 保有している間に課税され続けることを考えると 世界有数の高コストの永住権とすら言えてしまう。 したがって、何が何でも取る訳にはいかない。 別に向こうも無理に押し付けてきているわけではないので、 申請したりしなければ手に入ることはないのだが。 グリーンカードのこの課税権は世界的に見ても特殊要素なので、 気をつけておく必要がある。 先進国に住める権利なんて魅力的な感じがするが、 甘い話には罠があるという分かりやすい例。 自分が生まれ育った国でもなく、 住んでいるわけでもないアメリカに課税されるという 意味不明な事態を避けるためにも、 グリーンカードを取ることはできない。 永住権取得時にいくらかの費用がかかる国の方が、 トータルで見ると圧倒的に低コストで済むことになる。 たしかに永住権を取ればアメリカに住めるというメリットはあるが、 将来の権利として保有するだけにしてはデメリットがありすぎ。 別に長期的に住みつこうと思っていないのであれば、 あまりにも問題が大きすぎるのではないかと。 それよりは、旅行者として気が向いた時に訪れる方が 結局のところ安くつく。 暮らす場合に比べればホテル代がかかったりするが、 税金のことを考えれば小さな額。 もちろん所得の金額によっても話は変わるが、 ある程度の収入があるのであれば、 この点は注意しておく必要がある。 世界で統一された税制は存在しないので、 アメリカのように特殊なやり方を採用する国もある。 永住権の取得に際して、 メリットだけを見ていると足元をすくわれるし、 とんでもない被害額になることもありえる。 こんな例は他の国にもあって、 シンガポールだと子供の年齢によって兵役を課される場合も。 メリットがあったとしても、 それを上回るデメリットが存在しないかどうかも 永住権取得前にかならずチェックしておく必要がある。

次の

自分でできるグリーンカード抽選(DV

アメリカ グリーン カード

「これにより失業中のすべてのアメリカ人が、経済再開時に最初に仕事に就くことを保障できる」と述べた。 一方、今回の措置に対しては、トランプ氏が11月の大統領選をにらみ、新型ウイルスの世界的流行(パンデミック)を口実に、かねてから主張している移民規制の強化を進めようとするものだとの批判も出ている。 <関連記事>• 年間何十万件にも及ぶ短期の労働ビザ(査証)の発給は影響を受けない。 また、米国民の配偶者や21歳未満の未婚の子ども、現在アメリカに滞在中でグリーンカードを申請している人、医師や看護師などの医療関係者は、手続き停止の対象外となる。 しかし、グリーンカード保持者が親族のスポンサーとなることは規制されるとみられる。 トランプ氏はこうした行為を「移民の連鎖」と呼んでいる。 今回の大統領令に対しては、訴訟が起こされると見込まれている。 これまでの経緯 トランプ氏は20日夜、「すべての移民」の受け入れを一時停止するとした。 この表明に対しては、農場労働者やH-1Bビザをもつハイテク関連の従業員などの就労が制限されることを恐れるなどしたビジネス界から、すぐに反発が起きていた。 最終的に、大統領令は大幅に対象が狭められ、グリーンカード取得希望者だけについて手続きを60日間停止するものとなった。 なぜ移民を制限? 新型ウイルス流行の影響により、アメリカでは2000万人以上が仕事を失っている。 トランプ氏は、政府には米国民が仕事を取り戻せるようにする「厳粛な義務」があるとしていた。 また、「新型ウイルスの影響で失職したアメリカ人が、外国から来る移民労働者に取って替えられるのは間違いであり不公正だ」と述べていた。 共和党のトランプ氏にとって移民問題は、従来から力を入れているテーマだ。 前回の大統領選でも、移民への厳しい姿勢を強調して勝利した。 そのため今回の大統領令については、民主党のジョー・バイデン前副大統領との対決が予想されている11月の大統領選に向け、支持者層にアピールする狙いがあるとの見方もある。 トランプ氏が新型ウイルス流行対策から注意をそらそうとしているとの批判も出ている。 グリーンカードとは 米政府は通常、1年に約100万件のグリーンカードを発行している。 移民に合法的な永住権を与えるもので、米国の市民権を申請することもできる。 2018年の連邦上院の報告書によると、グリーンカードの約7割はアメリカで暮らす親族がいる人に出されている。 雇用先との関係に基づいて申請されるグリーンカードは、約8割がすでにアメリカにいる人に発給され、短期のビザを永住権へと切り替えるものとなっている。

次の

5つのアメリカ永住権取得方法 l アメリカビザ・永住権取得支援サイトl 弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所

アメリカ グリーン カード

概要 移民多様化ビザ抽選プログラムは米国議会により発動され、国務省が年間ベースで管理するプログラムで、これにより抽選による移民(DV移民)として知られる新たなカテゴリーが作られています。 米国への移民の率が低かった国々の人々を対象に年間で5万件の永住ビザが発行されます。 毎年行われるこのDVプログラムにより、簡素かつ厳格な資格要件を満たした人々に永住ビザが発行されます。 DVビザの当選者は、コンピューターによるランダムな抽選により選出されますが、ビザは、6つの地域で移民の率の低い順位に多くの数が配分されます。 過去5年間に5万人以上の移民を送った国には与えられません。 各地域内に年間配分された多様化ビザの7%以上が1つの国に集中することはありません。 移民多様化(DV)ビザ申請に関しての詳細な情報はをご覧ください。 DV-2021 移民多様化ビザ抽選プログラム DV-2021 移民多様化ビザプログラム: 応募期間は2019年10月2日(水)正午(東部夏時間)から、 2019 年 11 月 5 日(火)正午(東部標準時間)までです。 期間内に各自が応募出来るのは 1 回のみです。 複数回のエントリーを送信した応募者は失格となります。 DV-2021の応募の詳細については国務省のウェブサイト(英文)をご覧ください。 お知らせ: DV-2021移民多様化ビザ抽選プログラム・ステータスチェックによる結果発表は2020年6月6日に延期となりました。 詳細はをご覧ください。 国務省はDV-2021プログラムのエントリーを含む、すべての手続きを電子化します。 紙でのエントリーは受け付けません。 E-DVエントリーについてはをご参照ください。 インストラクションに従い正しくエントリーが送信された場合、応募者氏名、確認番号が記載された確認画面が表示されます。 必ずその画面をプリントアウトしてください。 の Entrant Status Check にご自身の確認番号を入力して当選結果を調べることが可能です。 確認番号をお持ちの方のみ当選結果を調べることが出来ます。 当選した場合には、ビザ申請のインストラクションと面接についての通知を受取ります。 確認番号を紛失した場合、のEntry Status CheckページでEメールアドレス、苗字、生まれた年を入力していただくことで、確認番号の再入手が可能です。 エントリー手続きは、応募者ご自身で準備されても、第三者(弁護士、友人、親戚等)が代行しても結構です。 ただし、応募出来るのは 1 回のみです。 入力事項については応募者本人が責任を負うことになります。 抽選結果は(落選の情報もあわせ)で確認可能となります。 領事部や国務省ケンタッキー・コンシュラーセンター(KCC)が確認番号や当選状況を公開したり、結果を確認しお伝えすることはありません。 応募者自身が抽選結果を確認し、面接についての情報を得てください。 法律により期間内に各自が応募出来るのは 1 回のみです。 複数回のエントリーを送信した応募者は失格となります。 応募者はエントリーの際、失効していない有効なパスポートの情報が必要となります。 エントリーの際は、過去 6 ヶ月以内に撮影され、なおかつ DV-2021 インストラクションに明記されている条件を満たした写真を使用してください。 昨年のエントリーに提出した写真と同じ写真や、条件を満たしていない写真でのエントリーをした場合は失格となります。 応募者は、 21 歳未満の独身の子どもの情報を全員分必ず入力してください。 応募者と同居しているか否か、一緒に、または後から渡米する、米国に移民する予定がないなどに関わらず必ず全員の必要な情報を入力してください。 申請可能な子どもの情報を応募要項に含めていない場合、失格となります。 ご家族の情報に関する詳しい内容は内の良くある質問でご確認ください。 ここ数年、大使館は、移民多様化ビザ抽選プログラム 抽選によるグリーンカード の応募者に対し、Eメールや電話で様々な当選通知が送られていることを認識しています。 このようなEメールや電話は、大使館や国務省あるいはその他米国政府機関とは一切関係ありません。 これまでDVプログラムに応募するための 費用が要求されたことはありません。 米国政府は、DVプログラムの運営にあたり、外部コンサルタントや民間サービスを雇用することはありません。 応募代行やビザ申請書類等の準備を申し出ている仲介業者やサービスは米国政府の許可や同意を得ず行っています。 DVプログラムの応募に際して、外部仲介業者への依頼や援助を求めるのは応募者の自由です。 ただし、当選者はケンタッキー・コンシュラーセンターで、コンピューターにより無作為に抽選されるため、応募者が自分で直接電子的に送付しても、費用を支払って仲介業者に応募用紙の作成を依頼しても、当選のチャンスは全く同じです。 当選者に、米国内のケンタッキー・コンシュラーセンターから 手紙で当選通知が郵送されることはありません。 詳細は国務省のをご覧ください。

次の