峰 理子。 “水着”の「峰 理子」パートナー | ChaosTCG|カオス

All4JP

峰 理子

画像一覧 第1話「La Bambina」 キンジにブラジャーを見られて怒るアリア。 「へ、へ…変態!最低、最低、最低!」 「おい、やめろ!違う、これは…」 キンジの顔面に乳房を当てながら銃撃するアリア。 「何だよ…女の子の胸って、こんなに小っこくても、柔らかいものだったのか…」 スカートのチャックを閉めるアリア。 第2話「双剣双銃のアリア」 風呂上りのアリアの全裸を目撃するキンジ。 「ち、違う、俺はただ…これをっ!」 刀を回収しに来ただけだ…と説明するつもりが、アリアのブラジャーとパンツまで持ち上げてしまうキンジ。 「あっ…」 「し…し…死ねええええっ!」 バキューン!ズキューン!ドキューン! 「ぎゃああああああっ!」 第4話「武偵殺し」 キンジを色仕掛けで籠絡させようとする理子。 「キンジって…本当にラブに鈍感。 ねえ、分かってる?キンジ。 これもイベントシーンなんだよ?」 「あん…じゅるり…ぺろぺろ」 キンジの耳を舐め回す理子。 第5話「武偵憲章1条」 アリアを甦生させるため、服を開き、胸に注射を打つキンジ。 「戻ってこい…アリア!」 「ん…」 「気が付いたか、アリア!」 「なっ…何してんの、変態!」 「うあっ!」 「こっ…こんな胸、何で見たがるのよ!」 「小さいからか!成長しないからか!どうせ身長なんて、万年142センチよっ!」 アリアにキスして、ヒストリアモードに突入するキンジ。 「アリア…赦してくれ。 こうするしか無かった」 「バカキンジ!こんな時に何てことすんのよ!私…私、ファーストキスだったのにっ!」 「安心していい。 俺もだよ」 「キンジ…」 第6話「星伽の巫女」 キンジの目の前で後方転回する、パンツ丸見えのアリア。 脱衣しようとする白雪を制止するキンジ。 「脱ぐ脱ぐ脱ぐ!キンちゃんなら、見られても平気なの!」 「こらこらっ!」 「キンちゃん、やめて、放して!」 第7話「かごのとり」 胸開きチアリーダー衣装を着たアリア。 第9話「蜂蜜色の罠」 試験中、キンジの膝の上に潜り込む理子。 「あれ、ペンが…?」 「キーくんのシャーペンなら、理子が隠れんぼさせたよ」 「いつの間に?返せっ」 「どうぞ」 「因みに理子…今日、ノーブラだから」 「余計なこと言うな…」 理子の乳を弄るキンジ。 「こ、これか…?」 「あんっ…それ、違う…」 「キーくんってば、意外と大胆…。 い、今のは理子も、ちょっとビックリしました」 シーツに包まれた下着姿の白雪。 「あ、あの…。 そんなに見ないで…。 でも、見たかったら、好きなだけ見て…」 「キ、キンちゃん様…。 続きをどうぞ…お願いします…」 第10話「特訓」 脱衣中の女子生徒たち。 アリアの服を脱がす理子。 「いい機会だからー、アリアのサイズを測ろうと思ってたの」 「さ、脱いで脱いで~」 「や、やめなさい変態!」 靴下を脱いで裸足になるアリア。 小夜鳴先生に群がる下着姿の女子生徒たち。 「君たち!再検査は採血だけですから、脱がなくてもいいんですよ」 「え~。 先生、もう脱いじゃったし、このまま採血して下さ~い」 「ついでに触診もして下さ~い」 ロッカーを抉じ開け、中に潜伏中のキンジと武藤を発見するレキ。 「きゃああああっ」 「キンジっ!?」 アリアによる制裁が始まろうとするが、直後に乱入してきた狼のせいで事態は有耶無耶になる。 「コーサカス白銀狼。 ヨーロッパ東部から中央アジアに生息する、絶滅危惧種です」 「そんな奴が、どうして此処に…?」 制服裸足のアリア。 俯せ姿勢で狙撃銃を構え、パンチラするレキ。 第11話「潜入」 袖無しメイド服を着て、スカートを捲り上げるアリア。 第12話「ブラド」 下着姿で空を舞う理子。 服はパラシュートに変形中。 アリアの首を舐め回す理子。 「理子、そこはダメっ…あんっ」 アリアの乳に顔を埋めるキンジ。 「ぬおっ」 「この変態!離れなさいよっ」 アリアの胸から落ちたパッドを拾い上げるキンジ。 「ん?何だこれ」 「このバカキンジーッ!バカバカバカバカ!」 第13話「武偵が来たりて温泉研修」 旅館に向かう途中の道で、制服を脱ぎ出す白雪。 「おいやめろ、白雪!」 「止めないでキンちゃん。 今すぐキンちゃんと既成事実作るんだもんっ!」 「だったらここで…三人で、とか?」 「お前なあっ!」 旅館の部屋に座る梅子の生脚・裸足。 白雪の巨乳に見とれる理子とジャンヌ。 「雪ちゃんおっぱい大き~い」 「うむ、見事だ」 「は、恥ずかしいよ…。 あんまり見ないで…」 「ほらほら雪ちゃん。 隠さない、隠さない」 「見せなきゃ勿体ないぞ~」(おっぱいツンツン) 「いやあんっ」 「お~、理子より全然柔らか~い」 「本当か?どれどれ」(おっぱいツンツン) 「ジャ…ジャンヌ…あんっ」 「ったく…おっぱい、おっぱい、と。 高校生にもなって、お前らは餓鬼だねぇ」 「大人の女は…くびれ、だろ」 「おおお~っ」 自分の貧弱な体格に劣等感を爆発させ、銃を乱射するアリア。 「ううう…どいつもこいつも下等なーっ!」 バキューン!ズキューン!ドキューン! 「防弾リンス!」 「防弾石鹸!」 「防弾アヒル!」 「防弾ヘッドフォン…」 「もーっ!」 この作品では、あらゆる日用品が防弾仕様になっている。 多分、彼女のようにすぐ発砲する危険人物が多いからだろう。 「あらあら、皆さんお揃いで…」(おっぱいばいんばいん) 裸バスタオル姿の巨乳女将に圧倒される一同。 人物一覧• 遠山 キンジ(とおやま きんじ)• 神崎・H・アリア(かんざき ホームズ アリア)• 峰 理子(みね りこ)/理子・峰・リュパン4世• 星伽 白雪(ほとぎ しらゆき)• レキ(蕾姫)/矢田 レキ(やだ れき)• ジャンヌ/ジャンヌ・ダルク30世• 小夜鳴 徹(さよなき とおる)• 武藤 剛気(むとう ごうき)• 綴 梅子(つづり うめこ) 関連作品• (本編、2011年春期放送)• (外伝、2015年秋期放送).

次の

All4JP

峰 理子

そんな彼女の心は誰にも理解できない雁字搦めの心。 自分ですらどういう在り方をしているのか解らなくなってしまっているほどに 無茶苦茶に込み合った彼女唯一の精神である。 共に共鳴し共に共振し共に共感する言葉。 今は亡きシャーロック・ホームズが生み出した戦闘方法。 共通点として相手と共鳴している故の完璧なカウンターを可能とする。 弄言使いとは自分が口にした言葉が嘘となり、現実を弄び書き換える力を持つ。 超能力異常過負荷言葉を同時併用することで相手を翻弄し、確実に干渉し、何かを奪い、成果を増幅させる。 前を向きながら後ろを見て左右の字を読むようなそれは、即ち己よりはるかに強大なものへの封印術。 それ故に彼女の存在は厳密に人間ではなく吸血鬼もどきのようなよく解らない存在になっている。 封印中の吸血鬼と契約交渉することで力の一部を引き出すことが可能である。 勇者は怪盗に、宝物を。 非接触時も発動は可能であるが相手によっては抵抗される場合も多く、 意識の隙間や攻撃時に発動しなければ効果を発揮しにくいという欠点があるがその分初見殺しでもある。 原則的に毛髪にのみ適応されるので周囲の物体へ干渉することはできない故に第三、第四の手として用いられる。 小さな切り傷が大きな切創になり、微々たる回復が大きな治癒となる。 攻撃と共に回避を意識した型は銃系の火力を最大限に引き出し、同時に敵の攻撃からの回避に大幅な補正がつく。 気功ではなく純粋な肉体駆動技術であり、極めれば予備動作無しで最大級の一撃を放つことが出来る。 それは決してご都合主義なんかではなく、努力の結果。 あらゆる金銀財宝情報をいかなる障害があろうとも必ず盗み出す玄人の御業。 変装、諜報、隠蔽、機械操作等あらゆる分野を一流を超えた域で身に着けている。 武偵憲章という彼ら独自の戒律によって行動し、常に不殺をモットーとして戦う。 それはただ単に不死者としての矜持に過ぎない。 不死だからと言ってそれに頼る様な軟弱性、慢心を持たぬ努力の結果。 戦場において一人ではない、共に戦う者がいたという証明。 魔術的干渉などではなく、芸や言葉で人の感情をあおる技能。

次の

#19 第19話 リターン・オブ・峰理子

峰 理子

峰理子(みね りこ)とは、 の登場人物である。 版のは。 概要 武偵2年科(ケスタ)に所属。 本名は理子・峰・リュ4世 (峰・理子・リュパン4世) であり、の大・リュの末裔にあたる。 収集が並外れてうまく、武偵はA。 ジと同じ2年A組に所属している。 ので、と同じく小柄でだが胸は大きい。 だらけにしたを着こなし、持ち前のなと可らしい容姿からの者となっている。 には、よくちょっかいを出しては発されている(ジく「科の女」)。 ・・・というのは表の顔であり(普段はを演じているだけ)、実際の性格はかなり的。 裏理子(ジ命名)になると言葉遣いが急に荒くなる。 またド(H)の存在をしており、でジをヒスらせようと誘惑してくることも。 とある事情から「イ・ウー」の一員となっており、それがきっかけでやジ達と対立する事になる。 は非常に高く、とヒスったジを同時に相手して互以上に渡り合う(武偵高のでヒスったジと対戦した時には手を抜いていたため、あっさり敗れている)。 を自在に操るを使って、と同じ「双」を装う。 があり、定の(自分と同じようなを着たが出てくる)を好む。 しかし見たがぐらいなため、を売ってもらえなかったことも。 は嫌いらしい。 () 実は、理子は幼少期にで過酷な監禁生活を送らされていたという経緯がある。 幼少期に両親を亡くしてからドに拾われたが、リュの直系でありながら曾祖の資質を全く受け継いでいなかったことから、 5世(隔世遺伝の子)を生むための具として監禁されて育てられた。 そのため「(リュ) 4世」と言われることをしく嫌っている(の(2や3等)も「」だとして嫌っている)。 体が小さいのも幼少期にロクな物を食べさせてもらえなかったからで、布しか身にうものがなかったことからに対する執着心も強い。 によると、曾祖の資質を全く受け継がなかった理子は、自分をな存在へと変えようとする思いが強く、「イ・ウー」の中でも随一の努だったという(もそんなに一置いていた)。 高いも自身の血の滲むような努で会得したもの。 関連動画 関連静画.

次の