洒落怖 殿堂入り。 洒落にならない怖い話 ぽぽぽぽぽ・・・:殿堂入り

【厳選23話】殿堂入りの怖い話

洒落怖 殿堂入り

なんというか、よく問題を当てられても答えられなくて、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってて、特に暗くも無いし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。 ちなみにAは喋るとき少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。 夏休み前、遊びと称して心霊スポットへ連れて行って脅かしてやろうという、 工房丸出しの幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声をかけた。 一つ返事で承諾したA。 場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。 そして当日。 真夏の夜、Aを含め5人はいたものの、 場所が場所だけにやっぱりひんやりとして、ちょっと不安になった。 それでもここまで来たなら行こう、という事で、 膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んでいく。 もちろん先頭はA。 ある一定の所まできたら4人そろって隠れてやろうという事になっていた。 (バカ高校の生徒の頭で考える作戦はこれが限界) 10分くらい彷徨ったとき、廃屋、というか小屋みたいなものを見つけた。 それを見つけてここがタイミングだな、と隠れようとしたとき。 小屋の入り口付近に、白い女が、もう本当にイラストとかで見る「髪の長い白いワンピースの女」がいた。 誰かが逃げろ!と叫んだ。 俺も走り出そうとした。 ところが。 Aが逃げない。 「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」といっても、きょとんとした顔でAは、 「ん、んー?なんか、お、おるんかー?(ドモってるからこんな感じ)」と。 どうやら彼だけ「見えて」ないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。 置いていくわけにも行かず、逃げるに逃げれなくなった俺達。 女が滑るように近付いてくる。 Aの方向ををこれ以上ない、恐ろしい笑顔で見ていた。 こいつを連れて行こう、みたいな、こいつなら気付かずに、見たいな・・・ やばい・・・とは思うものの何も出来ない。 とうとう女がAの隣りまで来た。 「なあんてな。 Aは女の顔に自分の顔を近づけ、面と向かって言い出した。 「おい、コラ。 こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。 いい加減死んだ事に気付け、このアマ。 」 ワンピースの女はもう笑っていなかった。 明らかに動揺した顔を2,3秒浮かべた後、ふっと消えた。 Aは最後に「そのほうがいい。 」と呟いた。 途端、雨が降りはじめた。 Aは唖然としていた俺達に向かって「ん?行こ、行こ。 いつもの口調に戻っていた。 俺達はAと本当の友達になった。 後にAにあの時の事を聞いた。 「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな。 」 としか言わなかった。

次の

お憑かれさまでした

洒落怖 殿堂入り

ネット上に出回る怖い話まとめ。 本当にあった怖い話。 死ぬほど洒落にならない怖い話。 身の毛もよだつ怖い話。 を厳選して紹介します。 リゾートバイト 『リゾートバイト』 はインターネットで古くから人気がある怖い話ではある。 大学3年の夏に3人は海のあるリゾート地で友人同士でもできるバイトをはじめる。 見事に海の近くの旅館に採用され、友人同士で楽しくリゾートバイトをしていくのだが、彼らの中の一人が封鎖されて入ってはいけないといわれている部屋に女将さんが料理を持ってく姿を何度も目撃していた。 それを全員に話したところ学生3名は好奇心から、こっそりとその部屋へ向かうのだがそこで見てはいけないものを目撃してしまうという物語。 全編はこちら.

次の

【意味怖】トイレットペーパー(解説付き)|厳選洒落怖まとめ

洒落怖 殿堂入り

なんというか、よく問題を当てられても答えられなくて、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってて、特に暗くも無いし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。 ちなみにAは喋るとき少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。 夏休み前、遊びと称して心霊スポットへ連れて行って脅かしてやろうという、 工房丸出しの幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声をかけた。 一つ返事で承諾したA。 場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。 そして当日。 真夏の夜、Aを含め5人はいたものの、 場所が場所だけにやっぱりひんやりとして、ちょっと不安になった。 それでもここまで来たなら行こう、という事で、 膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んでいく。 もちろん先頭はA。 ある一定の所まできたら4人そろって隠れてやろうという事になっていた。 (バカ高校の生徒の頭で考える作戦はこれが限界) 10分くらい彷徨ったとき、廃屋、というか小屋みたいなものを見つけた。 それを見つけてここがタイミングだな、と隠れようとしたとき。 小屋の入り口付近に、白い女が、もう本当にイラストとかで見る「髪の長い白いワンピースの女」がいた。 誰かが逃げろ!と叫んだ。 俺も走り出そうとした。 ところが。 Aが逃げない。 「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」といっても、きょとんとした顔でAは、 「ん、んー?なんか、お、おるんかー?(ドモってるからこんな感じ)」と。 どうやら彼だけ「見えて」ないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。 置いていくわけにも行かず、逃げるに逃げれなくなった俺達。 女が滑るように近付いてくる。 Aの方向ををこれ以上ない、恐ろしい笑顔で見ていた。 こいつを連れて行こう、みたいな、こいつなら気付かずに、見たいな・・・ やばい・・・とは思うものの何も出来ない。 とうとう女がAの隣りまで来た。 「なあんてな。 Aは女の顔に自分の顔を近づけ、面と向かって言い出した。 「おい、コラ。 こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。 いい加減死んだ事に気付け、このアマ。 」 ワンピースの女はもう笑っていなかった。 明らかに動揺した顔を2,3秒浮かべた後、ふっと消えた。 Aは最後に「そのほうがいい。 」と呟いた。 途端、雨が降りはじめた。 Aは唖然としていた俺達に向かって「ん?行こ、行こ。 いつもの口調に戻っていた。 俺達はAと本当の友達になった。 後にAにあの時の事を聞いた。 「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな。 」 としか言わなかった。

次の