となり の トトロ。 となりのトトロ信楽焼

となりのトトロ信楽焼

となり の トトロ

いつもさつきの立場で見ていた。 子供ながらにどれだけ背負っているのかと。 常にできることを精一杯して、妹の面倒を母親の分まで見て、家事をこなし、新しい学校にも早々に馴染む順応性、母に会いたい気持ち、母を心配する気持ちを自分自身もたくさん抱えているのに、それを表に出さずに、周りに心配をかけないよう張り詰めて、子供が子供でいられない環境の中で過ごしている。 だからこそ、母親の病状が崩れ、父親も仕事中にトラブルが起きると、動転して気落ちして、いっぱいいっぱいのコップが溢れるかのようにいっきに泣いてしまう。 子供の頃は、そんなに抱え込んでいる姉をよそに好き勝手しているめいが、幼すぎて、足手まといな存在として見ていたが、産後幼い子供と見たら、子供はめいの気持ちで見ているようで。 お弁当を食べたいところや、オタマジャクシからどんぐり、ミニトトロへと興味の対象がどんどん変わり知らぬ間に遠くまで動き回っているところなど、幼児ならではの行動パターンがリアルに描かれている。 そして、子供の頃は気付かなかった、おとうさんの器の大きさ。 元々民俗学者なので自然や日本古来の言い伝えなどには詳しいのだが、それを差し引いても子供達への気持ちに寄り添いながら、子供達が平常心を保てるように常にゆったりと接している。 引っ越しして子供達だけと暮らすほどの妻の容態。 シングルファザー状態で、気がかりな事、様々あるだろうに。 家庭的で諭し上手で、博識で、心の余裕がある素敵なおとうさん。 トトロと名乗るシーン、子供の頃は自分も風を感じるかのごとく見ていたが、大人になると、あんなに口からの風を浴びて、口臭すごいのだろうかとか、気になる。 歯は草食動物のような歯で、山の神だし生き物を食べたりはしていなさそうなのだが。。 カンタの不器用ながら男らしい優しさ、おばあちゃんの身内のように接してくれる優しさ、めいを探し回ってくれる近所の畑の人々、みんなが周りにも心を配りながら暮らす、首都圏ではなかなか見られなくなった日本の風景。 舞台となった昭和30年代の日本も、今も、日本人が美徳とする、我慢や忍耐、思慮深さや配慮の精神は令和となった現在も変わっていない気がする。 だからこそ、令和になっても心に響く作品。

次の

となりのトトロ絶版の原作小説内容は?原作者の事件とは?ネット通販できる?

となり の トトロ

となりのトトロ 信楽焼 世界でも人気の高いスタジオジブリの映画「となりのトトロ」。 ファンだという方も多いのではないでしょうか。 そんな人気キャラクター「となりのトトロ」が、なんと信楽焼になりました。 お行儀よく並べて 赤いちりめん台にお行儀よく並んだ、大中小のかわいいトトロ。 基本のセットには、赤いちりめんと「となりのトトロ 信楽焼」と書かれた木札がセットになっています。 赤いちりめんの上に並ぶ、どことなくかしこまった表情がかわいいですね。 特徴的な手の爪や後ろから見るぷっくりとしたしっぽも、忠実に再現されています。 いろいろなの飾り方で楽しめます。 季節の情景に合わせ自分で飾ってみるのも楽しみ方の一つ。 緑の中に置いて見ると、本当にジブリの世界観のようで、また違ったトトロの見え方が楽しめます。 いろいろなシーンを演出して写真を撮ったり、楽しみ方は様々です。 ひとつひとつが手づくりです 信楽焼トトロは、スタジオジブリ監修のもと手作業でひとつずつ丁寧に制作されています。 「火色」と言われる信楽焼独特な味わい深い色が特徴で、他にはないトトロの置物となっています。 商品詳細 この商品の平均評価: 4. 見た目の可愛いらしさと何とも言えない表情で一目で気に入ったようです。 商品は一つ一つ丁寧な作りで、梱包も大変良い状態で受け取る事が出来ました。 次回も機会がありましたら是非購入したいと思います。 購入者さん 非公開 投稿日:2017年10月01日 おすすめ度 とにかく可愛い! 完成度が半端なく高く可愛くてしかたないです。 サイズを見てなかったので 小さくてびっくりしましたが、そんなこと忘れるほど トトロです! H. Nさん 非公開 投稿日:2017年05月09日 おすすめ度 息子の新居への引っ越し祝いに送りました。 連休に新居に招かれました。 予定通り、私たちの到着前に無事に息子宅に届いていました。 穏やかな日の光が差し込む居間のローボードの上に3体仲良く飾ってありました。 親子みんながトトロのようにほのぼの仲良く暮らしてほしいと思います。 土のぬくもりがトトロの雰囲気とぴったりあって、素朴で暖かい作品で大変気に入りました。 画像通りの商品でとても気に入りました!子供に壊されない所に飾ります。 購入者さん 非公開 投稿日:2015年10月28日 おすすめ度 小さめですが、可愛いです。 リビングに飾ってます。 明山のおすすめ商品• ご注文について 年中無休、24時間承っております <重要> 携帯電話のメールアドレスでご注文される場合、あらかじめメールフィルターの受信設定でmeizan. jpからのメールを受信出来るように設定をお願いします。 *ご注文が確認できましたら「ご注文確認メール(自動返信)」をお送りしています。 万一、「ご注文確認メール」が届かない場合は、ご注文が正しく入っていない可能性(アドレス間違い等)がございますのでこちらからご連絡下さい。 *ご注文頂いた後、1営業日以内に「発送予定日メール」でお届日をご案内いたします。 ご注文について 年中無休、24時間承っております <重要> 携帯電話のメールアドレスでご注文される場合、あらかじめメールフィルターの受信設定でmeizan. jpからのメールを受信出来るように設定をお願いします。 *ご注文が確認できましたら「ご注文確認メール(自動返信)」をお送りしています。 万一、「ご注文確認メール」が届かない場合は、ご注文が正しく入っていない可能性(アドレス間違い等)がございますのでこちらからご連絡下さい。 *ご注文頂いた後、1営業日以内に「発送予定日メール」でお届日をご案内いたします。 発送について 即日発送を心がけております。 平日午前9時までのご注文は、ご希望により即日発送可能です。 (雛人形・兜などの季節商品のピーク時、並びにオーダー商品についてはお待ちいただくことがあります) *実店舗などでも同一商品を販売しているため、ご注文をいただいた時点で在庫切れになっていなくても、タイミングにより欠品の場合がございます。 お急ぎの場合、代替品を選んでいただく場合もございます。 *複数の商品をご購入で、一部の商品が在庫切れの場合、すべての商品がそろってからの一括での発送となります。 発送について 即日発送を心がけております。 平日午前9時までのご注文は、ご希望により即日発送可能です。 (雛人形・兜などの季節商品のピーク時、並びにオーダー商品についてはお待ちいただくことがあります) *実店舗などでも同一商品を販売しているため、ご注文をいただいた時点で在庫切れになっていなくても、タイミングにより欠品の場合がございます。 お急ぎの場合、代替品を選んでいただく場合もございます。 *複数の商品をご購入で、一部の商品が在庫切れの場合、すべての商品がそろってからの一括での発送となります。 上記以外のカードでのお支払いも承っております。 詳しくは「 」をご覧ください。 カード番号等はSSLにて暗号化してサーバに送られますので、安心してご利用いただけます。 お支払い方法 クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・Amazon Pay・楽天Payにてお支払いいただけます。 詳しくは「 」をご覧ください。 カード番号等はSSLにて暗号化してサーバに送られますので、安心してご利用いただけます。

次の

となりのトトロ信楽焼

となり の トトロ

上映データ [ ] 公開日 上映時間 (昭和63年) 86分20秒14コマ サイズ 上映スクリーン数 東宝洋画系129館 制作期間 1987年4月1日 1988年4月1日 作画枚数 4万8743枚 使用色数 308色 キャッチコピー 「 このへんな生きものは まだ日本にいるのです。 たぶん。 」、純粋な気持ちいつまでも。 同時上映 「」(監督) ストーリー [ ] 小学生のサツキと妹のメイは、母の療養のために父と一緒に初夏の頃の農村へ引っ越してくる。 引越し先の空き家には小さな黒いオバケが沢山住んでいた。 最初はビックリした二人だったが、隣のおばあちゃんからそれは子供にしか見えず、害もなく、人が住み始めるといつのまにか居なくなるという話を聞いてサツキは拍子抜けし、メイは「つまんない」とぼやく。 サツキの通う学校が田植え休みの日、入院している母の見舞いに行った二人はオバケ屋敷のことを報告する。 母がオバケ嫌いであることを心配したが、少しも怖がらずに「自分もオバケに会いたい」と言ってくれる母を見て、心強さを感じた二人は母が早く退院して一緒に暮らせることを願う。 そんなある日。 1人で遊んでいたメイは庭で不思議な生き物を見つける。 その生き物を追いかけて森に入ると、そこにはずっと大きな生き物が寝転んでいる。 その生き物にメイが名を尋ねると、"トトロ"と答えたようにメイには聞こえた。 その後、林の奥で眠っていた所を発見されたメイは、サツキと父にもトトロを見せようとするが、トトロが寝ていた場所が見つからず、やがて二人が笑いだしたため自分が言った事を信じていないのだと思い、本当にトトロを見たのだと怒って言い張る。 しかし、そんなメイに父は「トトロはきっとこの森の主で、いつでも会えるわけではないのだ」と優しく諭し、三人でくすの木のある塚森へ向かい「これからもよろしくお願いします」と改めて引っ越しの挨拶をする。 その晩、サツキは母あての手紙にこの時の出来事を書き記し、自分もトトロに会ってみたいと添える。 の季節となったある夜、サツキとメイが森にあるバス停で雨の中父の帰りを待っていると、そこへ頭に葉っぱを乗せたトトロがやって来る。 ずぶ濡れのトトロを見かねてサツキがお父さんの黒い傘を貸してやると、トトロはお礼に木の実が入った笹の葉の包みを渡し、バスの姿をしたネコ(ネコバス)に乗って行ってしまう。 数日後、二人は木の実を庭にまいたが、なかなか芽が出ずメイは数十日間毎日「まだでないまだでない」と言っている。 さらに数日たったある夜、二人は就寝中にある物音に目を覚まし、庭を歩き回るトトロ達の姿を見つけて駆け寄る。 やがて木の実はトトロの不思議な力で巨木へと育ち、二人はトトロと共にに乗って空を飛び、一緒に木の上でを吹いて遊ぶ。 翌朝、目が覚めると巨木は消えていたが、かわりに小さな芽が生えていた。 それを見た二人は、夢だけど夢ではなかったと大喜びする。 数ヵ月後。 夏休みとなったある日、二人が隣のおばあちゃんと畑のトウモロコシを収穫していると、おばあちゃんの孫のカンタが預かってきた病院からの電報を持ってやって来る。 サツキは慌てて電話を借りるとこの事を父に伝え、母が体調を崩してしまい一時退院が延びる事を知る。 しかし、いくら仕方ないと言い聞かせても駄々をこねてばかりいるメイに堪忍袋の緒を切らし、大ゲンカしてしまう。 幼いながらも家を支えてきたしっかり者のサツキも、内心は母を失うかもしれない不安と恐怖でいっぱいだった。 家に戻った直後、堪えきれずおばあちゃんの前で大泣きしてしまった。 その様子を見ていたメイが母の所に向い、姿を消している事が判明し、村中で探し回るが一向に見つからない。 途方にくれたサツキは藁にもすがる思いでトトロに助けを求めに森へ行く。 寝ぼけ眼のトトロは「どうしたらいいかわからないの…」と泣き崩れたサツキを見て事態を察し、くすの木のてっぺんに登るとネコバスを呼んでくれた。 サツキを乗せたネコバスは風のように走り、道に迷って泣いていたメイを見つける。 メイが持っているトウモロコシを見たサツキはメイが母にトウモロコシを届けようとしたことを知った。 それを見たネコバスは二人を病院に連れて行く。 そこには元気そうに父と話す母の姿があり、それを見た二人は安心する。 母が二人の気配に気づき窓辺を見上げると、そこには『おかあさんへ』と彫られたメイが持ってきたトウモロコシが置かれていた。 その後、二人は再びネコバスに乗って家まで送ってもらい、そこでカンタとおばあちゃんと合流すると、四人仲良く家路を歩く。 そしてトトロ達は今夜もくすの木の上でオカリナを吹いていた。 登場するキャラクター [ ] サツキ(草壁サツキ) 声 - 草壁家の長女。 序盤から中盤まで黄色いシャツの襟付き服にオレンジ色の、それに濃い青い靴を履いているが、終盤からは夏服として薄黄色いのに白いを履いている。 当初は10歳の小学4年生という設定だったが、あまりにしっかりしているので12歳の小学6年生に変更された。 親思いで聞き分けがよく 、妹の面倒を見たり、寝坊する父親に代わって家事もこなすしっかり者だが、好奇心旺盛で有頂天になると大仰な振る舞いをする傾向がある。 また、病院から容態の悪化を告げる電報が届いた時や、母を追って迷子になったメイを探しにトトロの森へたどり着いた際は不安から大泣きしてしまう繊細な一面も持っている。 母からは「聞き分けが良すぎる」と言われた。 トトロとは、雨の日に停留場で初めて対面した。 肝が据わっており、初めてトトロやネコバスを見た際も驚きはしたが怖がりはせず特にトトロに出会えた際は喜びの表情を見せていた。 では寝ているシーンがあるが台詞はなし。 名前の由来は皐月()から。 メイ(草壁メイ) 声 - 草壁家の次女。 序盤から中盤まで白いシャツの襟付き服に濃いピンク色のノースリーブのワンピース、それに黄色い靴を履いているが、終盤からは夏服として薄いピンクのノースリーブのワンピースに赤いサンダルを履いている。 姉のサツキと同じく親思い。 努力家で聞き分けのいい姉とは対照的に、幼い故に聞き分けが悪く言い出したら聞かない頑固な性格。 サツキとは喧嘩もすることもあるがお姉ちゃん子で寂しさで姉の学校まで行ったり、どこかに行くと大抵はついてくる。 には通っておらず、父親が大学へ行く日はカンタのおばあちゃんの家へ預けられている。 好奇心の強さや観察眼は姉以上で、初めて見た中小トトロを追ってトトロの棲家までたどり着いている。 物語の終盤、家からかなり離れた母の入院先へトウモロコシを届けようとして迷子になってしまい、サツキがトトロの力を借りて探しに出ることになり、一緒に同行したネコバスの力を借り、無事に届けることができた。 前述の好奇心に加え姉と同様の肝が据わっており、初めて小トトロを見た際も怖がらず、面白がるようにその後をつけ回した。 名前の由来はで五月を表すMayから。 をちゃんと言えずトウモコロシと言ったり、をオジャマタクシと言ってしまったりする。 またこの作品では何もない所でよく転んでいて、大雨の中では転んだ拍子に服が泥だらけになったりするなど、幼児らしい所をしばしば見せている。 顔のモデルは宮崎自身である。 お父さん(草壁タツオ ) 声 - サツキとメイの父。 身長180cm。 32歳。 にあるで、としてを教え、生活費を稼ぐため翻訳の仕事(主に)もこなす。 寝坊癖があるなど少しおっちょこちょいで頼りないが、優しく落ち着きがある。 に住むのが小さいときから夢だったと語るなど。 いついかなる時も子供心を忘れない純粋さの持ち主。 大人であるため、トトロとは会ったことはないが、二人の娘の目撃談を疑っておらず、塚森の主と考えている。 俳優のが声優をつとめる予定だったが、イッセー尾形の事務所スタッフがの方が適任だと紹介し、糸井がキャスティングされることになった。 なお、糸井はこの作品から長らくジブリ作品のキャッチコピーを担当することとなる。 久保つぎこ著の小説版では『』を歌うシーンがあり、出身者であることが示唆されている。 お母さん(草壁靖子:くさかべやすこ) 声 - サツキとメイの母。 優しく穏やかな性格。 体が弱く、「七国山病院」に入院している。 演出覚書には「胸を病んで入院中」とあるが 、作中では靖子の病名は明言されていない。 サツキが夏休みに入って最初の土曜日に一時退院が決まっていたが、をこじらせて延期になってしまう。 その事を病院側が電報で知らせたために、メイが迷子になる騒ぎが起き、そのことを申し訳ないと思い、退院したら2人の我が儘をいっぱい聞くつもりだと語った。 エンディングでは、無事退院した姿を見せている。 トトロ(大トトロ) 声 - 森の主であり、この国に太古より生き、巨大なクスノキに住んでいる生き物。 トトロは精霊などではなく、動物である。 毛色は灰色で、たいてい塚森にあるオオクスの木で眠っている。 子供にしか見ることができない(普通は人間には見えない)。 蒔いたばかりの種をすぐさま大木に成長させたり、回転するコマの上に乗って空を飛んだりすることができ、月夜の晩にはを吹いている。 また、雨の日のバス停でサツキから父の傘を借りてからはそれも持ち歩くようになる。 「トトロ」という呼び名は伝承などに由来するものではなく、メイに名前を聞かれた時、うわのそらで眠たげに「ドゥオ、ドゥオ、ヴォロー」 、という野太い声を上げ、これを返事と解釈したメイが「トトロって言うのね」と思い込んだことによる。 初期の設定での名前は「ミミンズク」。 年齢は1302歳。 身長は2m。 の『』にぬいぐるみとして登場する(「」を参照)。 の『』(第11話)にイメージとして、中トトロ、小トトロと共に登場する。 中トトロ 毛は青く、よく木の実が入った袋を持っている。 小トトロより一回り大きく、胸には大トトロと同じ模様がある。 小トトロと同行中にメイに発見され、追いかけられた。 初期の設定での名前は「ズク」。 年齢は679歳。 小トトロ 毛は白い。 普段は半透明で姿を消すことができる。 中トトロと一緒に行動する。 3匹の中では最初にメイに発見され、追いかけられた。 普段は手は描かれていないが、オカリナを吹いたりする際に毛の中から伸び出している。 映画コミックなどでは、チビトトロと表記されることもある。 初期の設定での名前は「ミン」。 年齢は109歳。 ネコバス 声 - 身体がのような巨大な雄。 ボンネットにあたる部分が頭で、背中が空洞になった胴体は柔らかな毛皮に覆われた座席になっている。 爛々と光る眼が、額の両サイドのネズミがマーカーランプになっており、12本の足で 水上、電線など、場所を選ばず風のように高速で走り、森の中を抜けるときは木々が脇に避けて道を空ける。 トトロ同様、子供にしか見えない(普通は人間には見えない)が、走り去る姿にが反応して吠え付いたり、送電線に留まっていた小鳥たちが接近に応じて飛び立つ描写がある。 実際のバスのように行先表示窓()があり、迷子になったメイの元に向く際は「めい」、サツキとメイがこっそりお母さんを見舞いに訪ねる際には「七国山病院」(本編では「院」の字の「阝」が左右逆に、「完」が上下逆になっている)、巣に戻るときは「す」 など、状況に応じて行先が表示される。 昔はに化けていたが、バスを見てからはバスの姿や行動を真似るようになった。 これは、日本の神が新しい物好きであるためだという。 限定公開の作品「」にはメイひとりしか入れないものから、列車のように長いもの、大型客船ほどもあるものまで様々なサイズや形態の個体が登場する。 まっくろくろすけ() 草壁家に住んでいた、イガ栗のような形に白い目をした黒い生き物。 おばあちゃんはススワタリと呼んでいる。 家中をと灰だらけにしてしまう。 元が煤で出来ているためか触ったりすると真っ黒になってしまう。 「ワリャッ!」という声は、に住むの声をサンプリングし、久石が作成したものである。 後年のスタジオジブリ作品『』においても、釜爺の助手として石炭運びをするススワタリが登場するが、こちらには細い手足が生えている。 おばあちゃん 声 - カンタの母方の祖母。 草壁家が引っ越してくるまで家を管理しており、隣家の大垣家に住む。 サツキとメイを本当の孫のようにかわいがり、2人の面倒をよくみてくれる。 畑でいろいろなやを育てている。 ロマンアルバムによると「おっかない性格」らしく、本編でもサツキたちの家をおばけ屋敷呼ばわりして囃し立てたカンタを一喝し、逃げ帰らせている。 小さい頃にはススワタリが見えたという。 カンタ(大垣勘太) 声 - サツキのクラスメイト。 身長はサツキより少し低い。 よく家の仕事を手伝っているが、飛行機模型を弄るなど年相応に遊ぶ描写もある。 純情で照れ屋な性格で、都会から来たサツキが気になる様子だが素直になれない様子。 当初、家の事を悪く言った為、サツキとは険悪であったが、大雨の中メイを連れて雨宿りしていたサツキに自らの傘を貸した事で和解する(その際には傘を忘れてきたと嘘を付いて意地を張って母からゲンコツを食らう)。 その後は、サツキとメイが喧嘩した時にメイに声を掛けたり、メイが迷子になり途方に暮れていたサツキの元へ駆け付ける等頼れる面も見られた。 カンタの母 声 - 雨の日なのに傘を忘れてきたと嘘をついて意地を張るカンタにゲンコツを一発お見舞いした。 典型的な肝っ玉母さん。 その後サツキとメイが傘を返しに来た時は律儀に返してくれたことを感謝した。 カンタの父 作中では、婿養子と思しき描写がある。 あまり存在感がない。 学校の先生(森山玲子) サツキの担任。 大柄で恰幅のいい、大学を出たばかりの若い女性教師。 草壁家の事情を理解しており、メイが淋しがって勝手に学校に来た時は、放課後まで一緒の教室にいることを許してくれた。 ミチ子(ミッちゃん) サツキのクラスメートで、引っ越してから一番最初にできた友達。 朝、登校するサツキを迎えにやって来た。 サツキからはミッちゃんと呼ばれている。 学校ではサツキの隣の席に座っている。 エンディングではサツキ達と共に木登りなどで活発に遊んでいる姿を見せている。 草刈りをしている男性 サツキにメイのことを尋ねられたおじさん。 本家のおばあちゃん カンタの家の本家筋にあたる親戚。 サツキに電話を貸した(当時は電話は各家庭に普及しておらず、限られた家にしかなかった)。 小説版では伯父さんも登場している。 農作業車に乗っていた男 若い男性。 いきなり飛び出してきたサツキを怒鳴りつけたが、事情を理解すると同情した。 農作業車に乗っていた女(リョウコちゃん) 農作業車の荷台に乗っていた若い女性。 七国山病院に向かって迷子になったメイのことを聞くサツキに、「七国山から来たが幼い女の子は見ていない」という情報を伝えた。 郵便配達員 七国山病院からおかあさんの病気に関する電報を届けに来たが、留守だったので隣のカンタの家に預けに行く。 バスの車掌 雨の日、サツキとメイが、から最寄りの稲荷前の停留場へおとうさんの傘を持って行った際に止まったバスの車掌。 太古の昔、人間とトトロ族が戦って、トトロ族は負けた。 そのなかの生き残り、それが映画では現代の所沢にトトロ族の末裔がひょこっと顔を出した話」という。 本作の原型となる構想は、宮崎駿がに、そしてに在籍していたころに書き連ねていたイメージボードに残されている。 この時点では主人公の女の子は1人で、メイに似た容姿をした5歳の女の子であり、サツキとメイのデザインと性格が混在していた (容姿はメイ、服装はサツキのものとして残された)。 この初期構想の少女が描かれた絵は劇場パンフレットの他、小説版の表紙カバーなど、様々な媒体にも採用されている。 テレビスペシャルなどへの採用を模索していたとされるが、企画書は通っていない。 イメージの一部は、宮崎がに在籍したときに設定や演出に参加した『』からも採られている。 劇場公開時のポスター(後にビデオ、DVDのパッケージでも使用)は、本編同様にサツキとメイがトトロと並ぶ図案が検討されていたが、デザイン上の都合で二人ではうまく描けなかったため、この初期イメージの女の子がトトロと雨降りのバス停で立っているイラストが使われている。 サツキとメイの誕生 [ ] 宮崎によれば、当初、女の子がトトロに出会う場面について、雨のバス停の時と昼間の時との2つの場面を思いついてしまい悩んでいたところ、映画化決定の1年前に入って主人公を2人の姉妹にすることを思いつき、サツキとメイの2人が生まれたという。 一方、現在のスタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫は、放送の特別番組において、「もともと同時上映の『』ともども60分の尺の予定が、『火垂るの墓』が90分に延びることになったので、じゃあトトロも80分以上にしようって話になった。 どうやって20分も延ばすか悩んでいたが、宮崎監督が『主人公を姉妹にすれば、20分くらい延びるだろう』と言い出し2人になった」と語っている。 なお、宮崎が「中編劇場アニメーション作品(60分)」として書いた本作品の企画書(1986年12月1日)の時点で、すでにサツキ(小学校3年生)とメイ(5歳)の姉妹が主人公として設定されている。 企画の難航 [ ] 宮崎は『』の公開を終えた後、に「トトロ」の企画書をに提出する。 しかし、舞台が となっていることや題材が地味であることに加え、当初60分程度の中編映画として企画されたために単独での全国公開は難しかったことから、制作企画会議において承認を得るまでには至らなかった。 そこに、が検討していた『』を同時上映する案が浮上し再度企画を持ち込んだが、オバケに墓という組み合わせが顰蹙を買って承認されず企画自体が頓挫しそうになった。 だが、『火垂るの墓』の原作小説を刊行しているが企画に賛同し『火垂るの墓』の出資、製作にすることとなり、徳間書店と新潮社の共同プロジェクトとして中編2本体制が確立することとなった。 制作体制 [ ] 制作母体は前回同様、が選ばれた。 高畑班が従来のスタジオに入り、宮崎班は新設した第二スタジオに準備室を設営する。 高畑、宮崎の信頼に堪える主要スタッフ(アニメーター)は限られており、人員のやりくりに制作側は苦慮を迫られた。 高畑側が旧知のベテランを集めた一方で、宮崎側は作画監督の、美術監督ののように、新しく参入したスタッフを中心に制作することとなった。 両作品とも60分の中編になるはずだったが、結局は予定を超えて90分前後の長編映画となった。 宮崎によると、冒頭の引っ越しの絵コンテを書き上げた段階で、この作品が予定の時間に収まりきらないことが分かり、高畑の『火垂るの墓』も同様な状況であることを聞いて、時間を延ばすことにしたという。 また『火垂るの墓』で登場する蛍やトマトは一切出さないことにしたなど、『火垂るの墓』との重複を意識して避けたと語っている。 音楽は『』に引き続きが担当している。 宮崎は制作準備室が立ち上がった頃、本作も久石に音楽を頼みたいとスタッフに話していたという。 トトロとサツキ、メイが雨のバス停で出会うシーンについて、宮崎は「音つけて、音楽つけて、あのシーンは本当によくなりました」と述べている。 公開後 [ ] 宮崎は、「登場人物たちは作品完成後も年々自分の頭の中で年を重ねており、現在では主人公も嫁いで元気に暮らしている」と述べている。 「(宮崎の中では)そのまま若いままではいないです。 いませんよ。 そりゃあ。 もうあの人たち(さつきとメイ)はすっかりもう成人になってます。 すっかりいい娘になって、その後結婚した後は、知らない(笑)」という。 反響 [ ] (時撮影) 観客動員数は約80万人。 配給収入が5. 9億円と『』を大きく下回り公開当時は振るわず、興行的には外れてしまう(この失敗のおかげで資金回収のために『』が製作されることになった)。 しかしの「日本映画ベストテン」第1位など、各種日本映画関係の作品賞を獲得。 更に4月28日以降、の『』でジブリ最新作公開年の夏、最新作公開日前夜の放送日等に放映されており、毎回高視聴率を記録する。 1998年以降は2年おきにテレビ放送されており、2014年7月11日に14回目、2016年11月4日に15回目、2018年8月17日に16回目の放送となる。 トトロのキャラクター商品第一号である、映画公開時に宣伝用に販売したは合計666,920個を販売し 、1989年末にサン・アローから発売されたぬいぐるみ(前述の物とは異なる)をに『となりのトトロ』がテレビ放映された際に視聴者プレゼントしたところ、日本テレビに200万通の応募はがきが殺到した。 サン・アローから発売された「となりのトトロ」のぬいぐるみは1991年2月時点で、大トトロが計約100万個、中トトロと小トトロが計約60万個、その他が計約50万個(合わせて計約210万個)を販売した。 キャラクター人気と販売の好調ぶりを、ジブリのプロデューサーである鈴木敏夫は「一番の稼ぎ頭」と表現している。 なお、元々鈴木と宮崎はキャラクターグッズに否定的であったが、上記のサン・アローの関係者が見本を持ってきて、これの出来がよく、宮崎が許可を出した。 またキャラクターとして定着したトトロは、『』以降、スタジオジブリのシンボルマークとしても使われている。 ジブリ映画にはブルーバックにトトロが描かれたものが使用されるようになり、以前の作品がビデオや化される時も本編に追加されるようになった。 にはよりビデオが発売され、発売後約1ヶ月で100万本を出荷するヒットになった。 そして、にはブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントよりが発売された。 こちらもオリコンDVDチャートで前人未到の500週ランクインを達成し、国内DVD売上もアニメ作品史上4作目となる100万枚を突破している。 は「ネコバスが凄く気に入った」と語っており、「黒澤明が選んだ100本の映画」にてアニメ作品で唯一トトロが選ばれている。 やの監督・総指揮で知られるは「僕の人生で最も好きな映画の1つだよ」と述べている。 開催の「」では、本作に登場した「草壁家」が『』として再現され、長久手会場に建設された。 好評により博覧会終了後も保存され 、現在はにて予約制で見学できる。 本作のヒットにより、各地で本作をイメージさせる場所や物が話題となり観光名所になるといった現象が発生した。 宇目のに、「ととろ」バス停(佐伯 - 木浦線)があり、付近に居住していた子どもが「ととろのバス停にとなりのトトロがいたら」と話し、母親が1992年にねこバスやトトロの人形や手書きパネルを置いた。 いつしかトトロを彷彿させるその名称やパネルが注目され、2000年に新聞報道されてから、この「ととろの里」 は、旧の人気観光地のひとつとなった。 2013年4月のダイヤ改正で佐伯-木浦線は廃止されたが、ととろバス停は大分バスの配慮によってバス運行当時の姿のまま残されていた。 その後、老朽化のため2月下旬に地区住民の土地提供により、80メートル程離れた場所に移設、修復され佐伯市のバス停として活用されている。 小杉には、トトロにそっくりな形をした「小杉の大杉」がある。 藩政時代からの由緒ある木であり、夫婦で見ると子宝が授かると言われている。 李山地区にもトトロにそっくりな形をしたトトロの木がある。 には通称「トトロの家」と呼ばれる家があり、宮崎駿著書「トトロの住む家」で「トトロが喜んで住みそうな懐かしい家」と紹介されモデルになったとされる。 この家屋は、(13年)に、東京市震災復興局のが設計したものであった。 杉並区が所有者から買い取り公園として残される予定であったが、2009年2月14日深夜に発生した外部侵入者による放火が疑われる火災により全焼してしまった。 その後再建は見送りになったものの、宮崎駿のデザインスケッチを元にした公園へと生まれ変わることに決まり 、2010年7月25日に「」としてオープンした(所在地: 杉並区阿佐谷北五丁目45番13号)。 の戸外炉峠(ととろとうげ)では、付近の畑で農作業する人の休憩所として使われていた廃車バスが、1998年頃地元のまちづくりグループの手でネコバス模様に塗装され、ダミーのバス停等も置かれている。 が行ったアンケート「バンダイこどもアンケートレポート」によると、0歳から12歳までのこどもがいる保護者を対象に行ったアンケートにおいて、作品の公開から20年以上経過している2011年1月(集計は前年10月に実施)時点で、こどもに見せたい映画の第1位を獲得しており 、依然として根強い人気の映画と評価されている。 また、集計を行ったバンダイは、親にとってサツキとメイは理想の女の子であると分析している。 また英誌では「アニメ長編映画ランキング トップ50」で1位になり 、同じく英誌の「史上最高のアニメ映画50本」でも6位になり 、本作は国外においても非常に高い評価となっている。 に公開された映画『』では、大トトロのが出演。 声は発しないが、歯をむき出して笑う顔を見せる。 『』には1988年のサブカル・流行の1つとしてとなりのトトロが紹介されている。 作品のモチーフ [ ] 時代設定は初頭(カレンダーは1952年及び1958年の日付)とされているが、宮崎は「テレビのなかった時代」と述べており 、特定の年代を念頭に置いて演出したわけではない。 後に宮崎は、を想定して作られたとも述べている。 宮崎は、トトロと主人公たちが住んでいる緑豊かな集落のイメージの由来について、かつて在籍したのある、子供のころに見て育った、宮崎の自宅のある、ののふるさとなど様々な地名を挙げており、作品の風景はこれらが入り混じったものであって、具体的な作品の舞台を定めたのではないとしているが、2018年に発売された「トトロが生まれたところ」という本で、宮崎本人が所沢が舞台となったと記してある。 その他にも、宮崎の親族がので経営する温泉旅館「」の名前が挙げられることもある。 その後、宮崎がからの「トトロの森」保全運動に携わったり、所沢の地名が形を変えて作品に取り入れられていることもあって、がその舞台として紹介されることもある。 狭山丘陵との関連性 [ ] 作品の固有名詞にはからにかけて広がるの地名を元にしたものがある。 また劇中、草壁家の引っ越しの場面で「」の張り紙をした箱が登場する。 所沢市の東部、松郷交差点付近の地名で、草壁家が住む「松郷」のモデルとなったとされる。 [所59] 「エステシティ所沢〜所沢車検場前〜()〜東口(・)」の所沢車検場前バス停付近。 埼玉県所沢市• 埼玉県所沢市松郷に隣接する地区名で、ねこバスに表示される行き先「牛沼」のモデルとされる。 「トトロ」の名前は「所沢にいるとなりのオバケ」に由来している。 またトトロの原型となっているのは、の『』である。 初期の設定では、大トトロは「ミミンズク」で1,302歳、中トトロは「ズク」で679歳、小トトロは「ミン」で109歳。 また、「トトロのふるさと基金」が、の緑地を取得・保護する活動を行っている。 宮崎駿は顧問を引き受けるなど協力している。 声の出演 [ ] 英語版は2種類存在する。 キャラクター 日本語版 英語版(ディズニー版) 英語版(ストリームライン版) 草壁サツキ リサ・マイケルソン 草壁メイ シェリル・チェイス 草壁タツオ(お父さん) グレゴリー・スニーゴフ 草壁ヤス子(お母さん) アレクサンドラ・ケンウォーシー トトロ ネコバス フランク・ウェルカー カンタのばあちゃん パット・キャロル ナタリー・コーレ 大垣勘太(カンタ) ポール・ブッチャー ケネス・ハートマン カンタの母 メラニー・マックィーン カンタの父 学校の先生(森山玲子) ミチ子(ミッちゃん) 草刈り男 本家のおばあちゃん 農作業車に乗っていた男 農作業車に乗っていた女(リョウコちゃん) ララ・コーディー 郵便配達員 バスの車掌 女の子 役不明 石田光子 アシュレイ・ローズ・オル カテリン・ペーターゼン エヴァン・サバラ スタッフ [ ] 製作 企画 山下辰巳 、、、遠藤正明、、田中誠、、、、山川浩臣、田川英子 新川信正、、工藤正明 立木康子、 坂野方子、コマサ、諸橋伸司、大谷久美子、槇田喜代子、田中立子、松井理和子、服部圭一郎、水谷貴代、椎名律子、遠藤ゆか、、手島晶子、岩柳恵美子、、前田由加里、竹縄尚子、岡部和美、新留理恵、岡田正和 山懸亜紀、日暮恭子、渡辺恵子、福冨和子 吉田肇、長野順一、大田正之、北村直樹、山本剛 山浦由加里、伊藤広治、石井明子、川村忠輝 ドラゴンプロダクション 、、太田清美、吉崎正樹、、菅原紀代子、山川晃、伊奈淳子、松浦裕子 、白石誠、松室剛、大塚伸弘、田中貞彦 アトリエブーカ 金子英俊、田村恵子 特殊効果 色彩チーフ 色彩設計 色指定 水田信子 仕上検査 本橋政江、立山照代、成田賢二、中村美和子 仕上 スタジオキリー 岩切紀親、西牧道子、高橋直美、渡辺信子、渡部真由美、大出美智子、森沢千代美、吉田久、山村及利子、大川直子、工藤百合子、高木夕紀、原田徳子、梶田とよ子、米井フジノ、高橋愛子、柳登紀、岡美代子、山根文、田中初江 太田美智子、安達順子、藤野洋子、村田佳子 スタジオステップ 京野由紀、朝日朋子、塙洋美、沢内順美、鈴木怜子、渋谷礼子、竹倉博恵 仕上協力 スタジオルンルン、童夢舎、スタジオビーム、スタジオ雲雀、協栄プロダクション、グループジョイ、トランスアーツ 撮影 黒田洋一、池上元秋、前原勝則、鈴木典子、大藤哲生、佐伯清、池谷和美、野口博志、伊藤寛、難波充子、杉山知子、鈴木克次、池上伸治 音響制作 音響補佐 整音 井上秀司 整音助手 住谷真、福島弘治、大谷六良 音響効果制作 音響効果助手 小野弘典 台詞編集 依田章良 音楽制作 、、渡辺隆史 音楽収録 、 台紙収録 CD制作 編集助手 足立浩 演出助手 制作担当 田中栄子 制作デスク 、 制作進行 伊藤裕之、鈴木高明 協力 、編集部 仕上技術協力 城西デュプロ 村尾守 「となりのトトロ」 製作委員会 、加藤博之、金子彰、粕谷昌宏、朝生茂、佐々木崇夫、、田所稔、大塚勤、白石彦五郎、小鷹久義、小林智子、、坪地義雄、吉田哲彦 亀山修 エグゼクティブプロデューサー 、 配給 英語版スタッフ [ ]• ストリームライン版• 演出・台本 - グレゴリー・スネゴフ• プロデューサー -• 製作 - ストリームライン・ピクチャーズ• 配給 -• ディズニー版• 演出・プロデューサー - リック・デンプシー• CDではのコーラスが付いているが、映画では井上のソロで2番が省略されている。 曲名は「お母さんの写真」で、歌詞が一部異なっている。 カラオケで全曲が歌え、ジブリ関連のCDや井上あずみの独自ベストなどに収録されている。 に久石譲のコンサートにて初演された。 物語に入る前に、「さんぽ」のメロディーに合わせてオーケストラの楽器紹介が行われる。 CDはより、オーケストラスコアはより発売されている。 オーケストラストーリーズ「となりのトトロ」曲目リスト• さんぽ(楽器紹介)• 五月の村• すすわたり〜おかあさん• トトロがいた! 風のとおり道• まいご• ねこバス• となりのトトロ 受賞歴 [ ]• 第3回AVA国際映像ソフトフェア ビデオ部門アニメビデオ賞• 第12回 映画賞• 第13回 監督賞• 1988年度ベストテン 日本映画ベストテン第1位、読者選出日本映画ベストテン第1位、読者選出日本映画監督賞• 1988年度 日本映画大賞、• 第29回優秀映画鑑賞会会員選出ベストテン 日本映画第4位• 第31回 特別賞• 日本映画ペンクラブ1988年度ベスト5 邦画部門第2位• 1988年度第24回ベストテン 日本映画第1位• 第6回・アトム賞 最優秀作品賞、脚本部門最優秀賞、美術部門最優秀賞、主題歌部門最優秀賞• 昭和63年度(第39回)文部大臣賞• 第20回メディア部門• 芸術選奨芸術作品賞• 優秀映画製作奨励金交付作品• 昭和63年度・特別推薦• シティロード読者選出ベストテン'88 ベストシネマ邦画第1位、ベスト監督第3位• 1988年度シネフロント・ベストテン 日本映画ベストテン第1位• 1988年度全国映連賞 作品賞、監督賞• 第11回()作品賞第1位• Time Out London誌 アニメ長編映画オールタイムトップ50 第1位• 日経リサーチがに発表した「タレント・キャラクターイメージ調査」において、トトロが好意度ランキングで第2位に選ばれた。 売上記録 [ ] (日本国内) 内容 記録 補足 興行収入 約11. 7億円 推測 配給収入 5. 88億円 全国動員 80万1,680人(35日間) 『イメージソング集』 0. 5万枚出荷(1987年発売のLP) 4万本出荷(1987年発売のCA) 8. 5万枚出荷(1987年発売のCD) 4万枚出荷(1996年発売の再発CD) 0. 5万枚出荷(2004年発売の再々発CD) 『サウンドトラック』 0. 5万枚出荷(1988年発売のLP) 8万本出荷(1988年発売のCA) 17万枚出荷(1988年発売のCD) 9万枚出荷(1996年発売の再発CD) 1万枚出荷(2004年発売の再々発CD) 『ドラマ編』 0. 1万本出荷(1992年発売のCA) 0. 2万枚出荷(1989年発売のCD) 0. 5万枚出荷(1996年発売の再発CD) 『サウンドブック』 0. 2万枚出荷(1988年発売のLP) 3万本出荷(1988年発売のCA) 5万枚出荷(1988年発売のCD) 1. 1万枚出荷(1996年発売の再発CD) 0. 5万枚出荷(2004年発売の再々発CD) 『ハイテックシリーズ』 1. 8万本出荷(1990年発売のCA) 4. 5万枚出荷(1990年発売のCD) 0. 5万枚出荷(1996年発売の再発CD) 0. 5万枚出荷(2004年発売の再発CD) 『CD-BOX』 0. 7万枚出荷(1994年発売のCD) 『いっしょに歌おう! 5万枚出荷(1999年発売のCD) 『オーケストラストーリーズ』 1. 2万枚出荷(2002年発売のCD) 主題歌『さんぽ/となりのトトロ』 7. 5万枚出荷(1988年発売のCD) 0. 5万枚出荷(2004年発売の再発CD) VHS・ベータ(徳間版) 24万本出荷 1996年10月時点 VHS(ブエナビスタ版) 190万本出荷 2003年6月時点 DVD(ブエナビスタ版、2枚組・特典付) 119. 2万枚販売 2013年6月時点 2013年7月1日付オリコン週間DVDランキングにて史上初の通算600週目のランクイン Blu-ray Disc 0. 8万枚販売 2012年7月(発売初週)時点 テレビ放送の視聴率 [ ] 数値はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 回数 放送日 視聴率 1 1989年 04月28日(金) 21. となりのトトロ - (1997年6月27日)• となりのトトロ DVD - ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント(2001年9月28日)• となりのトトロ DVD デジタルリマスター版 - (2014年7月16日)• DVD(宮崎駿監督作品集) - ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン(2014年7月2日)• となりのトトロ Blu-ray Disc - ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン(2012年7月18日)• Blu-ray Disc(宮崎駿監督作品集) - ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン(2014年7月2日) 出版• となりのトトロ(ポエム版)(1988年2月29日)• 中川李枝子が書いた詩に宮崎駿が描いた水彩画を添えている。 映画本編の内容には触れていない。 となりのトトロ(徳間アニメ絵本)(1988年6月30日)• となりのトトロ(ロマンアルバム・エクストラ)(1988年6月30日)• ジ・アート・オブ となりのトトロ(1988年8月20日)• 「となりのトトロ」よりもののけ通信(1988年10月31日)• スタジオジブリ作品関連資料集 型録II(1996年8月31日)• となりのトトロ(スタジオジブリ絵コンテ全集3)(2001年6月30日)。 となりのトトロ(、1988年5月、新装版2008年7月ほか)• ジブリの教科書3 となりのトトロ(文春ジブリ文庫、2013年6月)• シネマコミック3 となりのトトロ(、2013年7月) 音楽• となりのトトロ ソング&カラオケ 徳間ジャパンコミュニケーションズ(1999年12月1日)TKCA-71780• オーケストラストーリーズ となりのトトロ 徳間ジャパンコミュニケーションズ(2002年10月23日)TKCA-72453• 久保つぎこ『小説 となりのトトロ』徳間書店、1988年4月• 『』、にで公開。 『トトロの生まれたところ』(スタジオジブリ編、、2018年5月)• 宮崎駿/和田久士・写真 『トトロの住む家』(、1991年12月/岩波書店(増訂版)、2011年1月)• 『ふたりのトトロ 宮崎駿と『となりのトトロ』の時代』(、2018年9月)。 スタッフの回想 脚注 [ ] []• 2018年11月7日. 2018年12月17日閲覧。 2018年12月14日. 2018年12月18日閲覧。 上海=宮嶋加菜子 2018年12月10日. 2018年12月18日閲覧。 一般社団法人共同通信社. 2018年12月10日. 2018年12月18日閲覧。 株式会社時事通信社. 2018年12月15日. 2018年12月18日閲覧。 ミン・イヒョウ 謙 2018年11月29日. 2018年12月18日閲覧。 初めての大規模上映は2018年12月14日。 それ以前は中国で大規模な一般公開には至らなかった。 『宮崎駿全書』(叶精二、フィルムアート社、2006年)によると、コピーは当初「このへんないきものは、もう日本にはいません。 たぶん。 」だったが、宮崎駿の意向により現在のものに変更された。 他の出典:、• 後の関連書籍では年齢が統一されておらず、『ロマンアルバムエクストラVol. 69 となりのトトロ』(徳間書店)では小学4年生、映画パンフレットや公開後に発売されたDVD、雑誌、書籍等には小学6年生と記されている。 『となりのトトロ 絵コンテ集』(徳間書店)の巻末資料の中に、小学4年生の設定であったが、途中で小学6年生に変更されたとある。 宮崎監督曰く、「サツキもまた年相応の女の子なのだという部分と、子供特有の『弱さ』を強調させたかった」との事。 子どもによく見られる「」である。 ただし、トウモコロシと言ったのは最初だけで、二度目はちゃんとと言っている。 『エンピツ戦記』(その為、メイの顔が横長だと話していたスタッフを激怒している)• 一部に「草壁 達男」と漢字で表記された資料がある。 「」 東京糸井重里事務所、2004年9月5日• 久保つぎこ 『となりのトトロ』 徳間書店、1988年4月30日、270頁。。 宮﨑駿『出発点 〔1979-1996〕』(徳間書店、1996年)p. 「The art of Totoro」(宮崎による説明)• 実際は「まだ眠たいよー」という意味らしい• 宮﨑駿『折り返し点』p. 123、宮﨑の発言• メイが逃げ遅れたまっくろくろすけを捕まえて手を真っ黒にし「逃げちゃった」という場面があるが、実際は潰れたという方が正しい。 本当はサツキに貸した。 絵コンテには「小型のオート三輪」と記されている。 (スタジオジブリ公式サイト 制作作品一覧)• 宮崎駿『出発点〔1979~1996〕』(徳間書店、1996年)p. 397「企画書「となりのトトロ」」• カレンダーは公開年より30年前の1958年のカレンダー。 ~再現映像で綴る誕生物語~』、2003年。 木原浩勝『ふたりのトトロ』講談社、2018年、p79。 宮崎駿『出発点 1979~1996』徳間書店、1996年、p499。 「」、2008年8月5日• 『』1991年2月16日付、8頁。 「ブエナビスタホームエンターテイメントのビデオソフト」『』1997年11月11日、3面。 日テレNEWS24 2011年• 黒沢明「夢は天才である」 文藝春秋 1999年8月刊• com 2003年12月1日• 2005年日本国際博覧会協会 「」 2005年• これについて東京都東村山市は、万博終了後の同市への移設・保存を目的に署名活動を行った。 『』(1997年12月13日3頁) 大分県教育委員会汚職事件(2008年)の当事者であったことから、現在では公にはされていない。 佐伯市観光協会オフィシャルサイト「 [ ]」• 大分合同新聞 2015年4月19日(47NEWS。 元記事のURLは(削除済み)• (2009年9月8日時点の) asahi. com 2009年9月6日• 2014年11月8日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2011年1月 , 2011年11月29日閲覧。 com」 2009年10月13日• com 2011年11月7日• 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p. 『ロマンアルバムエクストラVol. 69 となりのトトロ』(徳間書店)122頁• 映画「コクリコ坂から」のパンフレット(企画のための覚書「コクリコ坂から」について「港の見える丘」より)• 『ロマンアルバムエクストラVol. 69 となりのトトロ』(徳間書店)122頁• - マイナビ女子オープン中継ブログ・2016年4月12日• 『ジブリはこうして生まれた。 『THE ART OF となりのトトロ』に掲載の初期イメージボードの設定より• トトロのふるさと基金(2018年3月18日閲覧)• 「タレント・キャラクター消費者の好意度 麗しの不滅 イメージネット調査」『』2004年12月27日付、2面。 - オリコン 2013年6月26日• - 毎日新聞デジタル 2012年7月25日• 2016年11月7日, at the. マイナビニュース 2016年11月7日発行、同日閲覧。 MANTANWEB 2018年8月20日閲覧。

次の