ゴールデン レトリバー 性格。 【性格】ゴールデンレトリバーは甘えん坊。ゴールデンの性格4つの特徴

ゴールデンレトリバーは性格が悪いって本当?内面の特徴を紹介

ゴールデン レトリバー 性格

準備中 ゴールデン・レトリーバーをブリーダー直販のペットショップで購入する ゴールデン・レトリーバーの性格 純粋犬種の登録や保護を行う、国際的愛犬団体ジャパンケネルクラブによると、ゴールデン・レトリーバーは優しく友好的で、従順な性格をしています。 ゴールデン・レトリーバーには2つのタイプに分けることができます。 イギリス系と呼ばれる白っぽい毛色は大人しく、アメリカ系と呼ばれる濃い毛色は好奇心旺盛な性格とされています。 よく似た犬種に、ラブラドール・レトリーバーがいます。 どちらも優しく学習能力の高い犬種のため、購入の際によく比較される犬種です。 ラブラドール・レトリーバーは短毛で、ゴールデン・レトリーバーよりも頭蓋骨がまるっこい形をしています。 ゴールデン・レトリーバーの歴史は不明ですが、スコットランドのトィードマウス卿が交配させたことが起源であることは、間違いないようです。 ゴールデン・レトリーバーの平均寿命 ゴールデン・レトリーバーの寿命は11~13年で、イギリス系とアメリカ系で寿命の違いはないとされています。 よく似た犬種のラブラドール・レトリーバーとも大きな差はなく、一般的な大型犬と同じ平均寿命と言えます。 ゴールデン・レトリーバーの平均体重 ゴールデン・レトリーバーの平均体重は24〜34kgです。 個体差もありますが、 オスは29~34kg、メスは24~29kgが望ましいとされています。 生後間もないころの体重は300〜500gですが、生後12ヶ月ほどで成犬の体重に成長します。 ゴールデン・レトリーバーの平均体高 ゴールデン・レトリーバーの体高は、51~61cmが平均となります。 個体差もありますが、大抵はオスの方がメスよりも大きく、 オスは56~61cm、メスは51~56cmが望ましいとされています。 ゴールデン・レトリーバーの人気カット ゴールデン・レトリーバーはダブルコートで毛が生え変わるため、 基本的にはカットの必要がない犬種です。 抜け毛を取り除いたり、毛の絡まりを防いだりするためだけではなく、皮膚病を防ぐためにも 毎日のブラッシングが欠かせません。 基本的にトリミングはしなくても大丈夫なのですが、肛門周りの毛や指の間から出ている毛、絡まってしまった毛などの部分的なカットは、犬の健康維持のために必要です。 夏の暑い時期には、サマーカットやライオンカットなど、涼しげなカットをするゴールデン・レトリーバーもいます。 ですが毛を短くすると 体温調節ができなくなり、熱中症や冷えによる体調不良を引き起こす可能性があるため、カットをする場合は毛を短くしすぎない方がいいでしょう。 com ゴールデン・レトリーバーが成犬になるまでの期間 小型犬に比べ、ゴールデン・レトリーバーは成長スピードは遅く、 性成熟は生後6~8ヶ月頃になります。 生後8ヶ月になると成犬とほぼ同じ体重になり、それから生後12~16ヶ月までゆっくりと成犬へと移行していきます。 ゴールデン・レトリーバーの鳴き声 ゴールデン・レトリーバーは、 非常に無駄吠えが少ない犬種になります。 子犬の頃に夜鳴きや要求吠えはありますが、しっかりとしつけをすることで成犬時の無駄吠えはなくなります。 しつけをしていても、知らない人が家に入ってきた場合などは、突発的に吠えることがあります。 ゴールデン・レトリーバーがかかりやすい病気 子犬がかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 股関節形成不全 遺伝的に股関節形成不全になりやすいといわれています。 関節炎などの症状が出て、歩行時のふらつきや横座りをするようになります。 成犬がかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 胃拡張・胃捻転 食後に激しい運動をすることで胃拡張を起こしていた胃が胃捻転を起こすと、腹痛や吐きそうな素振り、早い呼吸やふらつきなどの症状がでます。 症状が進むと倒れこみ、数時間で死に至ることもあります。 約15〜30万円 悪性リンパ腫 多中心型、縦隔型、皮膚型、節外型などの型があり、症状もそれぞれ異なります。 リンパ節の腫れ、食欲の低下、体重減少、嘔吐や下痢、皮膚の出血や爛れ、苦しそうな呼吸や咳などの症状が出たら注意が必要です。 老年期に発症することが多いです。 不明 甲状腺機能低下症 ホルモンの病気になります。 運動を嫌がる、元気がなくなる、脱毛や寒がるなどの症状が出ます。 老年期に発症することが多いです。 閉め切った室内や直射日光のあたる場所でのお留守番や、 気温や湿度が高い日の昼間のお散歩は避けましょう。 毛を短く切ってしまうと、体温調節ができず熱中症になってしまう可能性もあります。 ゴールデン・レトリーバーの体臭 ダブルコートの犬はシングルコートの犬よりも、被毛の中に臭いがこもるため、 体臭が強くなるといわれています。 そのため、ダブルコートのゴールデン・レトリーバーも体臭は強めです。 ゴールデン・レトリーバーの飼い方 ゴールデン・レトリーバーは 無駄吠えが少なく、賢くしつけがしやすい犬種のため、室内でも飼いやすい犬種といわれています。 運動量が多い犬種なので、散歩は1日に2回必要です。 室内で飼う場合は、ケージが必要になります。 しつけの時に閉じ込めるのではなく、安心して寝れる場所、自分のテリトリーというように認識させることが大切です。 力が強く、家具や柱などを壊してしまうことがあるため、子犬の頃のしつけはしっかりと行いましょう。 ドッグフードの量・回数 ゴールデン・レトリーバーは太りやすい犬種のため、 適切な食事量を守ることが必要となります。 健康面や運動量、消化能力などの個体差で異なりますが、成犬の適量な食事は、体重の2. 成長期中の子犬は2倍の量、老犬は2〜3割少なめの量が適量です。 適切な食事の回数は 生後6ヶ月までは1日に3〜4回、生後6ヶ月以降は1日に2回です。 老犬になり消化器官が弱くなったら、食事回数を増やすようにしましょう。 皮膚トラブルを避けるためにも、良質な動物性タンパク質が主原料として使われているドッグフートが適しています。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく・ニラ・玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 com ゴールデン・レトリーバーは、オーバーコートとアンダーコートがあるダブルコートなので、 抜け毛が非常に多いです。 春に夏毛へ変わる換毛期、秋に冬毛へ変わる換毛期がきます。 抜け毛が多い時期は、 毎日1回のブラッシングを2回に増やしましょう。 散歩の後にブラッシングをすると、抜け毛や皮膚病だけではなく、寄生虫の予防にもなります。 シャンプーは月に1~2回です。 回数を増やしてしまうと、皮膚に負担がかかり、フケや皮膚病などの原因になってしまいます。 お風呂の入れ方 ゴールデン・レトリーバーは水が好きな子が多く、シャンプーも嫌がらずにさせてくれる子が多いです。 しかし水に慣れていない子犬は、シャワーや水を怖がることがあるため、 子犬の頃から水遊びなどをして水に慣らしておくことが大切です。 初めてのシャンプーは犬が怖がらないように気をつけて入れましょう。 ゴールデン・レトリーバーの 被毛は水を弾いてしまうため、根元までしっかりと濡らし、シャンプーを泡だててから洗い、すすぎ残しには十分注意しましょう。 ドライヤーが不十分で半乾きのままだと、毛の根元で雑菌が繁殖してしまい皮膚病の原因にもなるため、シャンプーの後はしっかりと乾かすことが大切です。 シャンプーは 必ず犬用を使用しましょう。 犬の肌や被毛に合うよう作られており、人間のシャンプーとは全く異なるためです。 子犬と成犬、それぞれのお風呂の入れ方について紹介します。 ゴールデン・レトリーバーの子犬のお風呂の入れ方• シャワーの温度を、35〜37度くらいになるよう調節しましょう。 まだシャワーに慣れてない子犬は、おもちゃなどを用意して気をひくと良いでしょう。 体を濡らす時は、足からお尻、体、顔の順に濡らしていきます。 顔を洗う時は、シャワーを直接当てずに手でお湯をすくってかけるなど、子犬を驚かせないよう注意してください。 泡立てたシャンプーで、優しくマッサージするように洗います。 泡を洗い流す時は、顔、体、足の順でしっかりとすすぎましょう。 しっかりと洗い流した後は、タオルでしっかりと水気を拭き取ります。 ドライヤーで乾かしていくのですが、皮膚を傷めないように子犬の体から30cm離してください。 湿気が残ると皮膚病の原因となってしまうため、根元や肉球の間、耳なども乾いているか確認しましょう。 com 優しく友好的で、従順な性格といっても、遊び好きで好奇心旺盛な面も持つ犬種のため、しつけが不十分だと成犬になった時はとても大変です。 大型犬は、 プロのドックトレーナーに指導してもらうことをおすすめします。 室内で安全に飼うためにも、「トイレ」、「吠え」、「噛み癖」、「散歩」、「待て」のしつけ方法を紹介します。 トイレのしつけ方 お迎えして一番最初にはじめるしつけは、トイレトレーニングになります。 ブリーダーやペットショップで覚えて来る子も稀にいますが、 ペットシーツがトイレだと覚えていない子犬のほうが多いです。 一度間違えた場所で覚えてしまうと、ずっとそこで排出する可能性があります。 成犬や保護犬のトイレのしつけ直しは、子犬のしつけの手順と同じですが、 トイレの回数が減る分根気が必要になります。 子犬からお迎えの場合は、しつけのしやすい子犬のうちに、しっかりと覚えてもらいましょう。 ケージとシーツを用意し、トイレの場所を作ります。 ケージから出している場合は、排泄をする時間になったらケージに戻すようにしましょう。 床の匂いを嗅いだり、そわそわと回る仕草をしたら、排泄のサインです。 排泄を床などにしてしまわないよう、ペットシーツの上に誘導します。 ペットシーツで排泄ができたら、褒めてあげましょう。 排泄の失敗をさせないことと、成功して褒められる経験を積み重ね、子犬はトイレの場所を覚えていきます。 無駄吠えのしつけ方法 ゴールデン・レトリーバーは運動量が多い犬種です。 散歩の時間や遊ぶ時間が少ないと運動不足になり、 ストレスから吠えてしまう可能性があります。 また、子犬の頃は夜寂しくて鳴いてしまう場合や、構って欲しい時やおやつが欲しい時などに吠えてしまいます。 普段からのコミュニケーションを大切にし、無駄吠えのしつけをしていきましょう。 無駄吠えをする時は、吠えた時に叱るのではなく、吠える原因を探りましょう。 子犬の頃の夜鳴きや、何かしらの要求吠えは、無視することが大切です。 吠えるから、と要求に応えるのではなく、吠えなくなってから要求に応えましょう。 吠えても構ってもらえないと、要求が通らないことを学習してもらいます。 玄関のチャイムや外の音などに警戒して吠える場合は、入って来る人におやつをもらったり、音がするとおやつをあげるようにして、怖くないことを教えます。 噛み癖のしつけ方法 ゴールデン・レトリーバーの子犬はとても遊び好きで、 家の中にあるものを噛んで壊してしまうことがあります。 大型犬で力も強いので、成犬になっても噛み癖が残っていると人に怪我をさせてしまう可能性もあります。 そうならないよう以下の点に注意して、噛み癖のしつけをしましょう。 散歩の時間や遊びの時間は足りていないか、怪我や病気をしていないかを確認をしましょう。 足りていない場合は、散歩の時間や遊ぶ時間を十分にとるようにしてください。 歯が乳歯から抜け替わる時期は特に噛む欲求が強くなるため、噛むためのおもちゃを用意しましょう。 遊びの延長で噛んでしまう場合は、クールダウンをすることも必要です。 遊びの時に噛んでしまったら、構うのをやめて他の部屋にいきましょう。 部屋の物を噛む場合は、噛めない環境づくりを心がけてください。 床にものを置かないようにし、留守番の時はケージに入れるなどの対策をしましょう。 待てのしつけ方法 大型犬のゴールデン・レトリーバーは、 散歩の時や病院の時などに落ち着きがないととても大変です。 待てを覚えさせることで、信号や病院の待ち時間も落ち着いて待つことができ、日常的にも過ごしやすくなります。 以下の点に注意しつつ、待てを覚えてもらいましょう。

次の

ゴールデンレトリバーの性格と特徴、寿命や飼い方、子犬の価格まで

ゴールデン レトリバー 性格

体の大きさは3種類! ゴールデンドゥードルのサイズはさまざまですが、大きく分けると3タイプあり、これもゴールデンドゥードルの大きな特徴です。 最も一般的なサイズは、ラージスタンダードで、スタンダードプードルとゴールデンレトリバーの組み合わせから誕生するゴールデンドゥードルです。 ラージスタンダードタイプは、体高50~60cmで、体重は22~40kgで、日本でも見かけることが多いタイプです。 少し小さめのスモールスタンダードは、ミニチュアプードルとゴールデンレトリバーの組み合わせから誕生し、体高は43~50cm、体重は18~22. 6kg。 さらにトイプードルとゴールデンレトリバーの組み合わせから誕生するミニチュアゴールデンドゥードルは、体高が33~50. 8cm、体重は6. 8~15. 8kgと小型~中型犬サイズです。 運動能力の高いプードルと遊び好きなゴールデンレトリバー譲りの性質を持っているゴールデンドゥードルは、まさに天真爛漫、楽しくアクティブに遊ぶことが大好きです。 プードル譲りの運動能力は、疲れを知らないのでは?と思わせるほど。 そのため、毎日の散歩ではたっぷり時間をとり、できればドッグランなどで自由に走らせてあげることが大切です。 また、飼い主と一緒に遊ぶことが好きなため、一緒に何かをして遊んであげることがおすすめです。 特に、回収犬であるゴールデンレトリバーが好きなボール遊びはゴールデンドゥードルも大好き。 定期的にドッグランなどの広いところでボール遊びをして運動不足にならないように気をつけてあげましょう。

次の

ゴールデンレトリバーの歴史、特徴、性格を詳しく解説!

ゴールデン レトリバー 性格

君はゴールデンレトリバーの魅力を知らないようだね。 この犬は性格も見た目も最高の大型犬だよ。 ゴールデンレトリバーは日本で人気な大型犬ランキングでほとんど1位を独占している超大人気犬種です。 その魅力は計り知れず、仮に日本の環境に合っている小型犬として生まれていたならば確実に天下を取っているとも言われています。 そんなゴールデンレトリバーですが、犬が嫌い、もしくは犬が怖いと思っている方にとってみれば、なぜそんなに良い犬なのか全く分からないという方も多いでしょう。 サイズが大きいのも相まって、多少近寄りがたいという気持ちは分からなくもないですが、それはゴールデンレトリバーの性格を知らない人なのだと思います。 ゴールデンレトリバーはとにかく優しい性格をしています。 大型犬のみならず、全ての中型犬、小型犬の中でもトップクラスに優しいのは言うまでも無く、 その優しさからはマザーテレサやガンジーのような神々しさも感じるほどです。 ゴールデンレトリバーの性格は穏やかで温厚なうえに飼い主に忠実で頭も良いです。 人間に対して警戒心も薄いので噛み癖などは持ちにくく、めったな事では怒らないので子供のいる家庭でも育てやすいですね。 これだけ優秀な性格の持ち主は、人間はもちろん動物界の中でも見かけませんね。 愛情深いだけでなく、遊び好きな所もあるので無邪気な可愛らしさも持ち合わせているので、ゴールデンレトリバーは何もかもがパーフェクトな犬種なのです。 物覚えも早いのでしつけの難易度は低く、トイレトレーニングや芸を仕込むのにも適しているでしょう。 万が一噛み癖や無駄吠えなどをしてしまうゴールデンレトリバーでも頭は良いのでしつけによって改善する事が出来ます。 ぐう聖なゴールデンレトリバー ゴールデンレトリバーをは飼い始めた事を後悔する人が本当に少ないらしく、捨て犬の割合低いみたいだね。 とにかく優しいゴールデンレトリバーはその性格から、ぐう聖(ぐうの音も出ないほどの聖犬)と呼ばれていますが、魅力はそれだけではありません。 ゴールデンレトリバーは見た目も最強の可愛さ、子犬、成犬、老犬問わずまさにぐう聖な外見をしているのです。 口の小さな小型犬ならまだしも、これだけ口が大きいゴールデンレトリバーが自らの欲求を制御して怪我をさせないよう口先の細かい動きで飼い主への配慮をしているのです。 本当にぐう聖な性格をしていますよね。 小型犬は力が弱いのにも関わらず、飼い主の事をナメて順位付けでも自分が上に立とうとする傾向がありますが、 ゴールデンレトリバーはこれだけ大きく力も強いのに、決して威張ろうとしません。 むしろ小さな子供にはより優しく、守ってあげようとするのです。 もはや優しすぎると言えます。 テレビなんかで紹介される、愛犬の感動エピソードなんかでもゴールデンレトリバーの割合が多いとは思いませんか? それだけ賢く、軌跡と捉えられるほどの忠誠心と愛に溢れているようですね。 ゴールデンレトリバーが優しい理由 ゴールデンレトリーバーがこれほどまで優しいのかと言いますと、ゴールデンレトリバーの元々の祖先がニューファンドランドと呼ばれる作業犬だったからです。 昔から人間の言う事を忠実に守り、言葉を理解出来る賢さを持っていたのですね。 さらに当時から海難救助や水難救助で活躍していた歴史があるので、人間を助けるような事に慣れているのかもしれませんね。 そんな祖先のニューファンドランドをさらに飼いやすく改良したのがゴールデンレトリーバーなのですから、優しいのも当然と言えるでしょう。 自発的に人命を救うほどの優しさは、もはや優しさとは呼べないのかもしれません。 生物界の財産。 地球史に残る最も優れた生き物。 それとは全く逆の性質を持つ人間達、そんな人間ですらも自ら考え救おうとする存在。 皆さん気付きましたか? ゴールデンレトリーバーは既に生物を越えようとしているのかもしれません。 かつてキリストが人類を変えたように、ゴールデンレトリーバーの存在は世界を愛で満たす為、世界を変える為に神の申し子としてあるのかもしれませんね。 の記事はこちら まとめ ここからはまとめです。 ゴールデンレトリバーはぐう聖でとにかく優しい性格をしています。 基本的に怒らないので子供でもコミュニケーションが取りやすく、初心者にもおすすめな犬種と言えますね。 その優しい性格は、先祖の犬が人命救助で活躍していたという歴史があるからだと言われています。 日本の犬の飼育環境では小型犬が人気になるのも仕方のない事ですが、仮に日本の土地が安く、個人で広い敷地が確保できるなら、 もしくはゴールデンレトリバーの体重、体長が小さければ天下を取っていたのは間違いないでしょう。 性格が優しいだけでなく、顔つきも優しい、パーフェクトな犬、それがゴールデンレトリバーなのです。

次の