ご査収いただきますよう。 【例文あり】もう間違えない!「ご査収」の正しい意味と使い方

「ご確認」の意味と使い方!「ご査収」との違い、類語、英語も紹介

ご査収いただきますよう

「ご確認」の読み方・意味・敬語 「ご確認」の読み方は「ごかくにん」 「ご確認」の読み方は「 ごかくにん」です。 「ご確認」は、「確認」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついた言葉です。 「確」は音読みで「かく」と読み、訓読みで「たしか・たしかめる」と読みます。 「確」は「たしか・まちがいない・たしかめる」という意味があります。 「認」は音読みで「にん」と読み、訓読みで「みとめる」と読みます。 「認」は「みとめる・ゆるす・みきわめる」という意味があります。 「ご確認」の意味は「相手が確かにそうだと認めること・たしかめること」 「ご確認」は、「確認」という言葉に丁寧の「ご」をつけたこ言葉です。 「確認」は、「 確かにそうだと認めること」「 また、はっきり確かめること」を意味します。 「確認」に、「ご」をつけることで「 相手がそうだと認めること・たしかめること」という意味合いをもつようになり、 目上の人やビジネスシーンで使用できるようになります。 「ご確認」は丁寧語 「ご確認」は、 丁寧語です。 上司や取引先など目上の人に使用する「ご確認ください」は、 尊敬を表す接頭語「ご」+「確認」+丁寧語「ください」で成り立っています。 「 たしかめてください」「 認めてください」というような意味合いで使用されます。 「ご確認」の主な使い方を例文でつきで紹介しますので参考にしますので参考にてくださ 「ご確認」の使い方と例文 基本的な使い方は「ご確認ください」 「ご確認」の基本的な使い方は「 ご確認ください」です。 「ご~する」という表現は謙譲語の形で、「ご」を使用した語尾は「ください」となります。 よって、「ご確認してください」とう表現は誤用になりますので注意しましょう。 「ご確認ください」は、「確認してほしい」ということを丁寧に伝えることができる言い回しです。 ・ご確認なさってください ・ご確認の程お願いします ・ご確認くださいますようお願い申し上げます ・ご確認くださいませ ・ご確認していただけますか ・ご確認いただければ幸いです ・ご確認願います などと表現すると、より丁寧になります。 例文 「お時間のあるときに、資料をご確認いただければ幸いです」 「詳しい当日のスケジュールについてはパンフレットをご確認ください」 「会場のアクセス方法はホームページをご確認ください」 「注文内容にお間違いがないかご確認いただけますか」 「今一度、持ち物をご確認の程お願いします」 「お忘れ物のないよう、ご確認願います」 「ご確認お願いします」は丁寧な表現 「ご確認お願いします」は、「ご確認」の丁寧な表現です。 「ご確認お願いします」は、「確認」という言葉と「願う」という言葉から成り立っています。 つまり「ご確認お願いします」は、「ご確認」という言葉に、丁寧語の「お」をつけた「願う」という言葉をつけ、更に「する」の丁寧語である「します」をつけた丁寧な表現ということになります。 例文 「こちらに記載の内容にお間違いがないかご確認お願いします」 「会議の内容については先日お渡しした資料のご確認をお願いします」 「予約の有無については日によて異なりますのでホームページでご確認お願いします」 「アルバイトの募集を開始いたしました。 詳しくは募集要項をご確認お願いします 「お忘れ物のないよう十分にご確認お願いします」 目上の相手には「ご確認お願いいたします」 目上の相手には「 ご確認お願いいたします」という言い回しを使用します。 目上の人に「確認してください」とお願いをする場合は、 相手に対する「尊敬」や「謙譲」を言い方をする必要があるので丁寧語である「ご確認お願いします」よりも、謙譲語である「ご確認お願いいたします」を使用するべきだということがわかります。 しかし、お同じ社内の人間には「ご確認お願いします」という表現をすることが一般的になってきました。 相手との関係性によっては、目上の人であっても「ご確認お願いします」を使用することができます。 例文 「企画書を提出させていただきましたのでご確認をお願いいたします」 「大変恐縮ではございますが、資料のご確認をお願いいたします」 「お手数をおかけしますが、見積書のご確認をお願いいたします」 「お忙しいところ申し訳ありませんが、内容のご確認をお願いいたします」 「各位、資料のご確認をお願いいたします」 「ご確認のほど〜」は「確認してくれるよう〜」という意味 「ご確認のほど~」は「 確認してくれるよう~」という意味で使用される言い回しです。 「ほど~」は、 限定を避ける表現方法で「~してもらえるよう」というような意味合いのある言葉です。 「してもらえるよう」という表現方法は、「~してください」と強制的なニュアンスで伝えるよりも柔らかい印象でお願いをすることができます。 「ご確認のほど~お願い申し上げます」というような使い方をします。 確認後に何かアクションを要望するときに、「ご確認ください」とするのではなく「ご確認のうえ」という言い回しをします。 例えば、確認した後に連絡してほしいという場合は、「ご確認のうえ、ご連絡くださいますようお願いいたします」というように言い表します。 「査収」は「 よく調べたうえで受け取ること」を意味しています。 「ご査収ください」は 相手に何か渡す際に使いますが、ただ受け取るのではなく、中身や内容の確認をしたうえで受け取ってくださいということを伝えたい場合に使います。 「ご確認」は、 様々な場面で使用することができる言葉です。 「メールを送らせていただいたのでご確認お願いたします」というように使うことができますが、この場合は調べるものがないので「ご査収してください」と使うことはできません。 ・明日の会議の資料をメールに送付したのでご査収ください。 ・ご注文のお品を本日発送させてただきましたので、ご査収ください。

次の

「ご査収」の意味や使い方とは?誤用しないためのポイント

ご査収いただきますよう

この記事の目次• 意味 「ご査収いただきますようお願い申し上げます」は直訳すると「受け取ってもらうようお願いします」という意味。 ようは「 受け取ってほしい」と言いたいわけなのですが… なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 単語をバラして意味を考えてみると…• 査収の 「査」は「調査・検査・精査」などで使われる通り 何かをよく確認すること• 査収の 「収」は「収集・収める」などで使われるように 何かを受け取ること• この「査収」に尊敬語「お・ご」を使うと 「ご査収」という敬語の完成 つまり 「ご査収ください」だと意味は… 「よく確認して受け取ってほしい」のように解釈できます。 むずかしければ「ご査収=受け取ること」だとお考えください。 まず前半部分の「ます」はシンプルに丁寧語の「ます」 つづいて後半の「よう(様)」の意味はいろいろありますが… ここでは「 婉曲 えんきょく な命令・希望の意を表す」言葉として使われます。 希望をあらわす「よう(様)」にはたとえば、• 【例文】時間に遅れない よう、ご留意ください• 【例文】部長に怒られない ように気をつける• 【例文】風邪などお召しになりません ように などあり。 ちなみに「ように」でも「よう」でも正しい日本語ですが、「ご査収いただきます ようにお願い申し上げます」はあまり一般的ではありません。 また表記は漢字「ます様に」でも平仮名「ますように」でも、どちらも正しい日本語です。 お願い申し上げます は「お願いする」よりも丁寧な敬語• ご査収 = よく確認して受け取ること• お(ご)~いただく = 「〜してもらう」の意味の敬語(謙譲語)• ますよう=丁寧語「ます」+希望「よう(様)」• すると「ご査収いただきますようお願い申し上げます」の意味は… 「受け取ってもらうように、お願いします」 のように解釈できます。 ようするに「 受け取ってほしい!」「 受け取ってください!」というあなたの希望をあらわしているのですが、このままではあまりにストレート過ぎて目上や上司に使うにはイマイチです。 そこで遠まわりに「~してもらうようにお願い!」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 念のため「ご査収いただきますようお願い申し上げます」の敬語の使い方について整理しておきます。 もとになる単語「査収」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 ちなみに敬語「お(ご)」は… 「自分がご査収する」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がご査収くださる」のであれば尊敬語としての使い方。 というように2パターンあります。 これって何が違うのでしょうか? 念のため「ご査収いただ きますよう vs ご査収いただ けますよう」の違いについて簡単に説明しておきます。 意味と敬語の違い どちらも結局のところ「 受け取ってほしい!」「 受け取ってください!」という意味になるのですが…こまかくは以下のとおり意味と敬語の違いあり。 謙譲語「いただく」に可能表現をつけくわえると「いただける」。 ということなので可能表現をつかうのか、そうでないかという点において違いますね。 可能の表現をつかうと意味としては「〜して もらえるよう」となります。 どれも「〜できる」という意味になりますね。 可能の表現をつけくわえることによって「もしよかったら受け取ってもらえますか?」というようなニュアンスになるからですね。 よりやわらか~いお願い・依頼のフレーズと解釈できます。 本当に些細なことなので誰も気にしないとは思いますが… ただ結論としては、 とにかく どちらも上司・社内の目上にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語です。 ご安心ください。 【使い方】ビジネスメールの結びetc… つづいて「ご査収いただきますようお願い申し上げます」の使い方について。 意味のとおりで何かしら「 受け取ってほしい!」「 受け取ってください!」と言いたいビジネスシーンに使います。 ただしビジネス会話や電話対応でつかわれることはほとんどなく、ほとんどの場合ビジネスメールで、とくに結び・締め・文末につかいます。 ビジネスメール結び・締め・文末につかう特有のフレーズとお考えください。 【例文】どうかご査収いただきますようお願い申し上げます• 【例文】何卒ご査収いただきますようお願い申し上げます• 【例文】大変恐れ入りますが、どうかご査収いただきますようお願い申し上げます のようにして使います。 ほとんどの場合ビジネスメールで、とくに結び・締め・文末としてつかいますね。 まぁようするに「 受け取ってほしい!」「 受け取ってください!」という意味なのですが丁寧な敬語にすると、こんな風にややこしい文章になります。 【例文】ご査収いただきますよう お願い致します としても丁寧です。 あるいは… 「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい「ご査収いただきますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 としても丁寧です。 頭の片隅にいれておきましょう。 「ください」単体としての意味は「〜してくれ」「〜して欲しい」の丁寧な言いまわしと考えることができます。 が、 「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。 そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。 とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。 どちらも丁寧であり使い分けの必要なし で、どちらが丁寧かという話。 結論としてはどちらも丁寧であり使い分けする必要はありません。 どちらかというとビジネスメールの結びには「~くださいますよう」をつかうことが多いのですが… これは年代によって違いますし地域によっても差があるかと。 若い世代は「いただきますよう」を好み、私のようなおっさんは「くださいますよう」を好む傾向にあり。 ということで心底どちらをつかっても差し支えありません。 ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。 そこで活躍するのが「ご査収 のほどお願い申し上げます」です。 使い方にはたとえば• 例文「ご査収のほどお願い申し上げます」• 例文「ご査収のほどお願い致します」 などあり。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 もともと、とくに深い意味はありません。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 ちなみに「ご査収の程」というように漢字をもちいてもOK。 あなたのお好みでお使いください。 ビジネスメール例文(全文) こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご査収いただきますようお願い申し上げます」の使い方をビジネスメール例文でご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 転職ノマドと申します。 貴社の求人広告を拝見し、連絡いたしました。 このたび、貴社求人にてご記載の営業職に応募いたしたく、 添付にて履歴書を送付いたします。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご査収いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 さて標記の件、添付にて資料送付いたします。 ご査収いただきますようお願い致します。 営業部 のまど• 京都大学・経済学部の加藤一郎と申します。 さて首記の件、エントリーシートを添付ファイルにて送付いたします。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご査収のほど何卒宜しくお願いいたします。 見積もり送付メール(ビジネス・社外) メール件名:見積送付の件 転職株式会社 転職 様 平素はお世話になっております。 株式会社就活の就活です。 さて、先ほどお問い合わせ頂きました見積もりの件、 添付ファイルにて送付いたします。 ご査収のほど 何卒よろしくお願い致します。 メール署名 参考記事• ︎︎ 他にもある丁寧な言い換え敬語.

次の

「ご査収の上よろしくお取り計らい」の使い方や意味・例文

ご査収いただきますよう

相手に送った添付書類やファイルを確認してほしい時に使う言葉です。 「ご」…尊敬語。 ていねいなニュアンスが加わります。 「査」…調べる、確認するという意味の漢字。 「収」…受け取る、おさめるという意味の漢字。 つまり、データ等の内容を「確認した上で受け取ってください」を、より丁寧に言い替えた言葉です。 【OK】 ・メールに書類等のデータを添付し、相手に確認してほしいときの文末 ・書類や商品を相手に確認してほしいときの送付状の文末 【NG】 ・そもそも確認してほしい物やデータがない場合 ・すでに相手が確認し終えたものを、送付側の都合で再度確認してほしい場合 確認するものがないのに「ご査収」を使うと、相手が混乱してしまうので注意しましょう。 「のほど」をつけることで印象をやわらげる効果があります。 「ご査収ください」ではどこかぶっきらぼうな印象を受ける…と心配になら「ご査収のほどお願いいたします」と書いて、よりやわらかで丁寧にしましょう。 主に使えるのは下記の5つです。 ・確かにいただきました ・拝受しました ・拝領しました ・拝見しました ・受領しました 「ご査収」は丁寧な言葉なので、受け取った側も「受け取りました」ではなく、「拝受」などの丁寧な表現とお礼を使い、しっかり確認したことを伝えましょう。 ・資料を添付したのでご査収ください。 ・納品書を同封いたしますので、ご査収ください。 ・サンプル品を同梱いたします。 お手数ですが、ご査収のほどお願いいたします。 ご査収の上、ご検討のほど宜しくお願い致します。 ・明日のプレゼン資料です。 ご査収の上、お返事いただければ幸いです。 ・商品が完成いたしました。 ご査収の上、改善等あればご連絡いただきたく存じます。 その時は他の言葉に言い替えて、マンネリ化を防ぎましょう。 「ご査収」のように添付物がなく、メールやある一部分を確かめてほしいときは「ご確認ください」を使いましょう。 「ご査収」との最大の違いは、発注をうけて物やサービス、データなどを納品する際にのみ使う言葉、という点です。 「ご査収」と同じように、上司や取引先に、企画書などを送る際、このように書き添えるといいでしょう。 親しい相手に、「笑って受け取ってください」と伝えるときに使います。 「ご査収」とは違い、大事なビジネスの取引先に対して用いるのは控えましょう。 食べ物を送る時に、この表現を書き添えてください。

次の