ヒカキンまるお。 まるお&もふこを隠しカメラで盗撮したら信じられない光景が!!!【ヒカキンTV】

ヒカキンまるお死亡で精神崩壊してる画像が面白い!元ネタ動画とペットの猫のプロフィール

ヒカキンまるお

ismedia. 実はこの「折れ耳タイプ」の猫は 奇形腫を人間の都合で 繁殖されたものらしいです。 先ほどお話した、スコットランドの農園で、たまたま耳の折れた奇形の猫が生まれ、 新しい形状が面白いと繁殖が試みられたのだ。 しかし、この軟骨の異常は、都合よく耳だけに現れるわけではない。 正式には『 遺伝性骨軟骨異形成』と呼ばれ、容赦なく四肢にも症状が現れる。 早ければ生後数ヵ月で発症することもあり、 痛みによってジャンプができない、 痛くて歩きたがらない、触ると嫌がる、などの症状が起ってしまうのだ。 折れ耳の猫には、 ほぼ100%の確率で、何かしらの症状が出ると言われている。 ismedia. このようなことから、 スコティッシュフォールドの発祥国である イギリスにある、猫の 品種登録団体「GCCF」は 1974年から、 「 折れ耳タイプを繁殖すべきではない」 としており、 種の登録を取りやめているそうです。 情報発信で収益を上げている ヒカキンさんが これを知っていたのかは不明ですが、 もし知っていたら 違う種類の猫を飼ったのではとも 思ってしまいますね。 値段は? 「スコティッシュフォールド」の値段は 平均17万円ということでした。 ただ、折れ耳タイプはもう少し 高い金額かもしれません。 見た目が面白いということで 奇形腫の猫の値段が 釣り上げられているというのも ビジネスとはいえ、悲しいことですね。 HIKAKIN(ヒカキン)が猫を飼ったら炎上した理由 ヒカキンさんが猫・まるおを 飼い始めたことを公開した動画は 再生数こと多いものの 「炎上」が起きたのも記憶に新しいはず。 炎上の理由は、 影響力のある人が保護猫を 引き取って動画で紹介してほしかった ということでした。 これはさすがに ヒカキンさんの自由では・・・と 思うところですが、 猫愛好家からすると 誰か有名な人に発信して 欲しかったのかもしれませんね。 保護猫を飼える条件はヒカキンに一致しない? ヒカキンさんが炎上した際、 争点になったのは 「 ヒカキンはそもそも保護猫を飼えるのか」 ということでした。 これについて、調べてツイート している人がいたので転載します。 もしかしたら、 ヒカキンさんは持ち家かもしれませんが 男性で独身で飼育歴なしというのは確実です。 こうやって調べてみると、 炎上している内容は そもそも 不可能なことを 強いているということが分かりました。 まとめ 今回はテレビに猫と共に出演するのは 初となるヒカキンさんの 猫関連の情報をまとめました。 多くの人に見られる発信者は ちょっとしたことでも 炎上してしまうのですね。 個人的には・・・ 「折れ耳タイプ」の障害のことを知っていたら ヒカキンさんは、初めての飼い猫に 「折れ耳タイプ」を 選ばなかったのではと思いました。 今後どういうケアをしていくのか 注目が集まりそうです。 関連記事.

次の

【ヒカキン】収入や家、猫のまるおや本名についてなどWiki風に紹介!

ヒカキンまるお

約1035万回に到達 「ちっちゃいときから大好きで、1年前から飼いたいなってずっと思ってて。 ついに本日から、家族になります!」 ヒカキンさんは2018年7月19日に公開した動画で、自宅で生後2か月のネコ(スコティッシュフォールドのオス)を飼い始めたと報告した。 名前は「まるお」。 「すごく人懐っこくていい子なんですよ」と魅力を語っている。 ヒカキンさんは8月7日現在までの約3週間で、計4本の「ネコ」動画を配信した。 約1035万回 「猫の名前が決まりました!」(22日配信)... 約660万回 「まるお、初めての爪とぎタワーで大暴走!? 【まるおの成長日記 #1】」(25日配信)... 約590万回 「まるお、初めてのトンネルで大暴走w【まるおの成長日記 #2】」(8月1日配信)... 約440万回 初回の動画で1000万回の大台を突破して以降も、400~600万回をキープ。 「ネコ」以外の動画が100~200万台で落ち着いていることをふまえれば、まさに「ネコ」特需に沸いているといえるのだ。 「長友とのPK<<<猫なのが笑う」 こうした「まるお」特需はW杯サッカー代表のそれをもしのぐ。 8月3日、ヒカキンさんは日本代表の長友佑都選手とPKで対決する動画を配信した。 ただ、再生回数は7日現在、「まるお」の約半分に相当する約260万回にとどまっているのだ。 「今後もね、面白いネコ用品とかまるおが喜びそうなグッズがあったら試してみたい」(7月25日動画) 「もしオススメのおもちゃがあったらぜひ、教えてください」(8月1日動画) 既にヒカキンさんはそう呼びかけており、今後もこうした「まるお」特需が続く可能性は高い。 人気者のヒカキンさんと、バズコンテンツのネコ。 両者のコラボ効果に注目する人は多く、ツイッターなどインターネット上では 「ヒカキン猫動画だけ再生回数多くて草 やっぱ動物は強いね」 「ヒカキンが猫動画あげるといつもより倍以上に再生回数伸びてるのこの世の真理って感じ」 「ヒカキンの再生回数、日数の差を考えても長友とのPK<<<猫なのが笑う」 との声が上がっている。

次の

ヒカキンのネコ「まるお」早くも人気爆発! 再生数、長友コラボ上回る: J

ヒカキンまるお

ismedia. 実はこの「折れ耳タイプ」の猫は 奇形腫を人間の都合で 繁殖されたものらしいです。 先ほどお話した、スコットランドの農園で、たまたま耳の折れた奇形の猫が生まれ、 新しい形状が面白いと繁殖が試みられたのだ。 しかし、この軟骨の異常は、都合よく耳だけに現れるわけではない。 正式には『 遺伝性骨軟骨異形成』と呼ばれ、容赦なく四肢にも症状が現れる。 早ければ生後数ヵ月で発症することもあり、 痛みによってジャンプができない、 痛くて歩きたがらない、触ると嫌がる、などの症状が起ってしまうのだ。 折れ耳の猫には、 ほぼ100%の確率で、何かしらの症状が出ると言われている。 ismedia. このようなことから、 スコティッシュフォールドの発祥国である イギリスにある、猫の 品種登録団体「GCCF」は 1974年から、 「 折れ耳タイプを繁殖すべきではない」 としており、 種の登録を取りやめているそうです。 情報発信で収益を上げている ヒカキンさんが これを知っていたのかは不明ですが、 もし知っていたら 違う種類の猫を飼ったのではとも 思ってしまいますね。 値段は? 「スコティッシュフォールド」の値段は 平均17万円ということでした。 ただ、折れ耳タイプはもう少し 高い金額かもしれません。 見た目が面白いということで 奇形腫の猫の値段が 釣り上げられているというのも ビジネスとはいえ、悲しいことですね。 HIKAKIN(ヒカキン)が猫を飼ったら炎上した理由 ヒカキンさんが猫・まるおを 飼い始めたことを公開した動画は 再生数こと多いものの 「炎上」が起きたのも記憶に新しいはず。 炎上の理由は、 影響力のある人が保護猫を 引き取って動画で紹介してほしかった ということでした。 これはさすがに ヒカキンさんの自由では・・・と 思うところですが、 猫愛好家からすると 誰か有名な人に発信して 欲しかったのかもしれませんね。 保護猫を飼える条件はヒカキンに一致しない? ヒカキンさんが炎上した際、 争点になったのは 「 ヒカキンはそもそも保護猫を飼えるのか」 ということでした。 これについて、調べてツイート している人がいたので転載します。 もしかしたら、 ヒカキンさんは持ち家かもしれませんが 男性で独身で飼育歴なしというのは確実です。 こうやって調べてみると、 炎上している内容は そもそも 不可能なことを 強いているということが分かりました。 まとめ 今回はテレビに猫と共に出演するのは 初となるヒカキンさんの 猫関連の情報をまとめました。 多くの人に見られる発信者は ちょっとしたことでも 炎上してしまうのですね。 個人的には・・・ 「折れ耳タイプ」の障害のことを知っていたら ヒカキンさんは、初めての飼い猫に 「折れ耳タイプ」を 選ばなかったのではと思いました。 今後どういうケアをしていくのか 注目が集まりそうです。 関連記事.

次の