武蔵 小杉 下水。 逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ|日刊ゲンダイDIGITAL

武蔵小杉

武蔵 小杉 下水

東日本を中心に広範囲で甚大な被害をもたらした台風19号。 15日現在、亡くなった方は全国で70人にのぼり、さらに25人が行方不明になっている。 そして今回の台風は、都市部にも大きな被害をもたらした。 交通網の混乱だけではなく、 人気のタワーマンションでも緊急事態が発生。 住民たちの生活に深刻な影響が出ている。 武蔵小杉では生活に深刻な影響が 首都圏屈指のターミナル駅で1日約13万人が利用(2018年度)する、川崎市のJR武蔵小杉駅。 15日午前8時ごろ、その付近は駅に並ぶ人で大行列となっていた。 駅構内に続く道には乾いた泥が残り、掃除に使用したとみられるモップが立て掛けられている。 台風19号の影響で、横須賀線口の新南改札は水浸しとなった。 武蔵小杉駅では午前7時、台風の影響で水没していた改札が仮復旧。 午前7時時点では大きな混乱は見られなかったが、その30分後には、改札口に並ぶ行列が数十メートルに。 さらに30分後の午前8時には、 改札口への行列が約200メートルにまで伸びていた。 行列が伸びた理由は、 駅への入場規制だ。 駅構内では、エスカレーターやエレベーターが浸水で使えなくなったことから階段に人が集中。 混乱を避けるために入場が規制され、利用客の中には、 普段は5分程度の構内の移動に約30分かかったという人もいた。 タワマンではトイレ問題 大混雑となったJR武蔵小杉駅の横須賀口周辺は、タワーマンションが立ち並ぶ人気エリア。 台風直撃時の様子を捉えた映像では、交差点の水が風で波打ち、マンションの地下2階にも茶色い水が押し寄せていたが、翌日には復旧して、住民は普段の生活を取り戻しているという。 その一方、いまだ普段の生活を取り戻せていない住民もいて、「電源は当分復活しません」 「住戸のトイレは使用しないでください」という貼り紙が貼られたマンションもある。 そして、男性が特に困っていたのが... 特に深刻な状態となっているのが、人気のタワーマンション。 47階建てマンションに住むこちらの男性は、エレベーターが停電のため使えず、階段を使って上り下りしている。 蛇口をひねっても、水道から水は出ないという。 47階建てマンションの住民: 汚水処理がうまくいってないから、水の使用は控えるようにと。 だからトイレも使えないんですよ。 マンション内で排水の処理ができなくなっているため、トイレが使用禁止となっていた。 「災害後肺炎」とは? そして15日、JR武蔵小杉駅周辺で目に付いたのが、マスクをして歩く人の姿。 街ゆくマスク姿の人からは 「空気中は何が飛んでいるか今は分からないですよね。 だからちょっと怖いといえば怖いかな」という話も聞こえた。 現場では砂ぼこりとなって舞い上がっていたが、実はこの砂ぼこりが危ない。 台風で出ていた泥水は下水などの汚泥が固まったももなので、 汚泥などをそのまま吸い込むと非常に危険という。 コスギコモンズクリニック・高木誠院長: 砂ぼこりには 細菌とかも多く含まれているというふうに言われているので、吸い込むことで肺炎を起こしたり、アレルギー疾患を起こしたりすることが考えられます。 これからの台風への対策とは? 加藤綾子キャスター: 私も14日、長野県に取材に行ったんですけれども、VTRを見て、それぞれの地域でそれぞれの被害の形があるなという印象を受けたんですが、別所さんは今回の台風というのは。 別所哲也さん: 僕は実家が静岡なんですけど、避難勧告が出ている地域とどうしたらいいんだろうと迷ってる地域と横の連携がなかなか... うちの80を超えた親たちも、情報をどうとるか。 情報難民になってしまっているっていう状況があって。 また都市部は都市部で、電源なんかが地下にあるマンション、タワーマンション非常に多いですから、1回まひしてしまうとなかなか動きが取れない。 そして、今後の対策としては次の被害、健康被害を受けないようにするにはどうすればいいのか非常に重要ですね。 風間晋解説委員: 都市部であれ、地方であれ、被災した方たちの話を聞くと「まさかこんなことになるとは思わなかった」とか「こんなの初めてだ」という声が共通項なわけですよ。 つまり、私たちの経験に基づく判断を覆すような災害が、日本各地で毎年のように起こっているというのは本当に、まさにそういう形になっていると思うので。 今までの災害に対するマインドセットというのを、ここでやっぱり変えていかなきゃいけないんだなと思いますね。 加藤綾子キャスター: 気象現象の変化とともに、私たちの対応というものもやはり変えていかないといけないですよね。 (Live News it! 10月15日放送より).

次の

武蔵小杉の超高層住宅街を多摩川の濁流がのみ込んだ理由

武蔵 小杉 下水

武蔵小杉に住んでるから、いっそう目につきやすいのかもしれないけど。 武蔵小杉の浸水被害はうんこだのなんだのってめちゃくちゃ叩かれてて、モヤりが憎しみに変わりそうだったのでその前にここで吐き出そうと思います。 駅前は住宅マンションも浸水。 笑えない 被害状況はテレビ等でも報じられているとおり、キャッチーなのはタワマンの断水停電。 十分気の毒ではあるけれど、自宅に水が入ってきているわけではないので、まだもう少しマシなのかもしれない。 というのも、私が周辺を歩きまわって見たなかで一番つらみを感じたのは、横須賀線側の武蔵小杉駅周辺のオフィスやコンビニ、マンションの浸水被害だったからです。 報道では触れられてないと思う。 駅の自動改札機が水没したということのほうが公共性の高い報道だし。 でもあの駅がそこまで水没するということは、その周辺も当然同様に水没したわけで。 台風翌日に家具やら商品やらが歩道に積まれているさまを見て、これは完全に「被災」だなと感じた次第です。 駅とか道路が水没しただけだったら、もしかしたら、まあ下水も混じってるだろうしうんこだろうねーとか思ってたかもしれないけど。 その水をもろにかぶってしまった家々と、黙々と片付けをする住人のみなさんを前にして、ネット上でだってそういうふうには言いたくないものだと思いました。 というか、武蔵小杉でなくて他の地域だって水が入ってしまった以上は同様に下水も混じってると思うけれど。 なんで武蔵小杉は重点的に叩かれてるんだ。 その理由はたぶんだけど、自宅浸水がなくて、街だけが単純に水没したと思われてるのかなと。 そうしたらなんとなく、特定の「人」ではなくて武蔵小杉という「街」に対して矛先を向けられるから、叩きやすいし騒ぎやすいのかなって。 実際には、住宅の被害もけっこう出てるので、あんまり笑えないですよ。 ということを言いたかったです。 そしてものすごいちなみにですが、翌日歩いたところ臭いは土のにおいしかしなかったので、あれは土が大半なんじゃないかなとは思いました、が、土であっても土まみれになってしまったマンションの方は、本当に本当に気の毒… 武蔵小杉なんかに住むほうが悪い、のか? そして浸水被害と合わせて言われがちなのが 「武蔵小杉に住むほうが悪い」 という論調。 じゃあどこに住めばいいんですかね? 土地が悪いのは重々承知の上で住んでます。 ハザードマップ真っ赤だし。 そもそもあんなわかりやすくでかい多摩川がそばを流れてて、水害なんて起きるわけないって思ってる住人いるのかな。 それでも、通勤時間、マンション・家賃相場、子育て環境を考慮した結果の選択なんです。 もっといいところがあればそこに住んだと思うけど、いまの私にとってはベストだったわけで。 別にドリームもなにもないです。 大半のひとがそれくらいの温度感で住んでると思うのですが。 タワマンだって、「タワマンに住みたい!」と思ってた人もなかにはいるかもしれないけれど、駅近に住みたければタワマンくらいしか選択肢ないのが現状。 駅近に小さなマンションの物件なんてそうそう出ないしそもそも数がない。 (ちなみに私はタワマン民ではないです…そりゃ駅近に住みたかったけどそこは我慢して駅徒歩距離のあるマンションに住んでます) ここからは蛇足。 じゃあお金積んで都心に住みたいかというとそうでもない。 都心といっても麻布にしか住んだことないからほかの地域は知らないけど、麻布は昔からあそこに住んでいるひとには心地よい場所なんだと思う。 外来者である私にとっては、ちょっと合わなかった。 なんとなく道が狭いし街並みは古いし、肌に合わないというかんじ。 それより、武蔵小杉のような新興住宅地のほうが魅力的に映った。 街が若くて、同世代がたくさんいて、大きな商業施設もあって。 まあ、都心や都内に住めなかった負け惜しみなのかな?そんなに東京都アドレスに興味がないから、負けた感もないのだけど。 武蔵小杉よりもっと品川から渋谷あたりへのアクセスが良くて、東海道新幹線にもすぐ乗れて、羽田空港にも行きやすい、それでいて住みやすい街並みがあればそこになびいたかもしれないけど、今のところないんだなあ。 武蔵小杉は私たちのような共働きおのぼりさん夫婦を受け入れてくれる場所だったということもあり、このエリアに住み始めてもう5年ほど経過。 そうこうしてる子どもも生まれて、街に愛着も持つようになりました。 その武蔵小杉エリアが被災してるときにフルボッコにされるのは、さすがに理不尽だなって思っていろいろ書きました。 すべての被災地域に一日でも早く日常が戻りますように。 colopon.

次の

武蔵小杉のタワマンが、三井不動産パークシティーで下水処理場が損傷...

武蔵 小杉 下水

武蔵小杉といえば、駅の水没、改札が封鎖され大変な行列ができていること、またタワーマンションが停電・断水して「トイレが使えない」「仮設トイレが設置された」といった情報は報道でも伝えられています。 しかし、インターネットが伝えることができない「臭気」という情報、というよりもこの場合はハッキリ「漏出物」があった。 そういう現場の証言を期せずして直後に耳にしたことになります。 漏出物が一体どこから来たのかは分かりません。 タワーだけでも2000人ともいわれる住民がいるそうですし、増水した多摩川は、上流からも大量の漏出物が流されてきたことは間違いない。 多摩川河口のあのあたりは、すべてが集積して大変なことになる可能性も考えられないわけではない。 お台場トライアスロンのコラムなどご記憶の方もおありでしょう。 大水が出ると「安全のため」未処理の下水、糞便なども直接川に「放流」されてしまう。 そもそも、大変不衛生です。 決壊した、しなかったというだけが災害ではありません。 東京はもとより、日本全国の治水インフラ、本質的に検討し直すべき時期に差しかかっているのではないでしょうか? 高度成長期や21世紀初頭に想定された「気候」からは、日本の現状はすでに外れた「変動」域にあることが、ほぼ間違いなく予想されるからにほかなりません。 まず、そういうこととかなり距離のある「ポスト・トゥルース」から確認したいと思います。

次の