重力 加速度 緯度。 重力加速度(物理名词)_百度百科

天びん豆知識 緯度による重力差に起因する誤差について|島津製作所の天びん(天秤)・はかり : 株式会社島津製作所

重力 加速度 緯度

参考资料• 薛苗苗编;刘友霞丛书主编,地球物理学勘探技术应用,上海人民出版社,2016. 05,第71页• 赵琳,杨晓东,程建华,唐正平编著,现代舰船导航系统,国防工业出版社,2015. 08,第185页• 郭树怀主编;王衍子,党莹副主编,物理学,上海科学技术出版社,2012. 07,第20页• 闻新,朱莎莎,张婉怡,朱亚萍等著,探测、制导与控制专业导论,国防工业出版社,2015. 03,第58页• 韩微微编,你能撬起地球吗? 力学探秘,吉林美术出版社,2014. 01,第145页• 力学词典编辑部,力学词典,中国大百科全书出版社,1990年06月第1版,第566页• 中国大百科全书出版社编辑部,中国大百科全书总编辑委员会《力学》编辑委员会编,中国大百科全书 力学,中国大百科全书出版社,1992. 4,第597页• 中国大百科全书出版社编辑部,中国大百科全书总编辑委员会《力学》编辑委员会编,中国大百科全书 力学,中国大百科全书出版社,1985. 秦浩正编,中学生学习辞典 物理卷,世界图书上海出版公司,2012.

次の

重力

重力 加速度 緯度

移転等で電子天びんの設置場所を変更した場合には、その場所で再度正しい分銅を載せ、調整(キャリブレーション)し直す必要があります。 わずかな違いだろうと思いがちですが、精密に質量測定をする場合は決して無視できない誤差となります。 「天びんの誤差要因について」シリーズの初回は場所による重力の違いについて説明します。 60kgの質量は東京でも大阪でも60kgです。 月面でも60Kgです。 ところが、体重60kgの人が月へ行き、地球で使っていたヘルスメータをそのまま使って体重をはかったとします。 するとそのヘルスメータの表示は約10kgを示します。 ヘルスメータは物体にはたらいている重力の大きさをもとに質量を表示しています。 電子天びんも基本原理はヘルスメータと同じ重力計です。 だから電子天びんも重力が異なる別の場所に移動した際にはその場所でキャリブレーションが必要になります。 805 仙台 9. 801 東京 9. 798 大阪 9. 797 鹿児島 9. その点、校正内蔵形の天びんは非常にラクです。 校正分銅内蔵型天びんのご紹介は 場所(緯度)により重力が異なるわけ 地球はご存知の通り自転しています。 回転しているものには遠心力がはたらきます。 遠心力は回転の中心軸(地球の場合は北極と南極を結ぶ線)から距離が遠くなるにつれて大きくなります。 遠心力は地球の引力を打ち消す方向にはたらくので、遠心力が大きくはたらいているところほど、差し引き地球に引っ張られる力が小さくなります。 そのため、重力は北極と南極が最大で、赤道上が最小になります。

次の

重力加速度

重力 加速度 緯度

では重力加速度とは何か簡単に見ていきましょう。 結論から言ってしまうと重力加速度とは、 物体に重力がかかることによって発生する加速度のことです。 簡単に言えば質量のある物体を何も力を加えずに落下させたときに、 その物体が落下していく速さというのはどんどん上がって(加速)いきますよね。 このように物体に対して重力がかかることで発生する加速度のことを、 重力加速度と言っているんですね(詳しくは次の章で図解します)。 重力加速度は物体に重力がかかることによって発生する加速度のことで、 加速度というのは速さがどんどん増していく度合いのことを言います。 なので周囲に空気が存在している場合でも、少なからず重力加速度は影響を受けてしまいます。 では空気抵抗と重力加速度の関係について見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 空気抵抗があることで重力加速度は小さくなります。 まず空気抵抗とはどういうものかと言うと、空気によって逆向きに発生する力のことです。 空気は無色透明な気体で目で捉えることはできませんが、 空気自体には質量もあって存在していないわけではありません。 あなたが全力でダッシュしたときのことを思い出してほしいのですが、 ダッシュしているとき体に前方から何かが当たってくる感覚があったと思います。 あれこそまさに空気によって逆向きの力を受けている(空気抵抗)ということなんですね。 そして 空気抵抗は簡単に言うと、空気と衝突しているということです。 空気と衝突することで邪魔されるので、走っているときに思うように前に進めなくなります。 つまり空気が存在していれば、物体が落下するときに空気抵抗がかかってしまうということになります。 上図のように物体に重力がかかって落下していきますが、 下向きにかかる重力とは逆方向の上向きに空気抵抗が発生します。 ちなみに空気抵抗があった場合落下させるモノによっては、 速く落ちるモノと遅く落ちるモノがありますよね。 例えば鉄と綿を落としたときをイメージしてみてください。 鉄と綿を落下させると鉄の方が落下速度が速く、綿の方が遅くなります。 この鉄と綿の落下速度の違いは何によって起こるのかと言うと、 それぞれの物質の密度の差によるものです。 私たちが普段から重い軽いと言っているのは物質の密度を比較しているからで、 密度が大きい物質ほど重くなり、密度が小さい物質ほど軽いです。 空気よりも密度が小さい物質であれば空中に浮いてしまいますが、 落下していくということは空気よりも密度が大きい物質だということです。 そして空気よりも密度が大きくて空気の密度に近い物質ほどゆっくり落下して、 空気の密度よりも密度が大きい物質ほど落下速度が速くなります。 これが落下速度が速いモノと遅いモノが存在する理由です。

次の