四 十 九 日 香典。 四十九日 お供え 花】金額・相場・種類・お寺・マナー

四十九日法要のお返しについて。香典返しとの違いも解説!

四 十 九 日 香典

法事・法要とは、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事ですよね。 ゆっくり悲しむ間もなく通夜・葬式がバタバタと過ぎ去ったかと思うと、今度は、忌明けにあたる四十九日法要が行われます。 四十九日法要でも、僧侶や親類を呼んで盛大に行われますが、参列者に多く聞かれるのが、「四十九日のお香典には一体いくら包むべきなのでしょうか?」という質問です。 ですが、金額にはこれといって特に決まりはありませんし、地域の風習によっても違いがあるようです。 そのほかにも、ご香典袋の宛名の書き方や、水引の色なども人によって言うことが違っていて、よく分からずに恥をかいたという方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、四十九日の香典で、そうとは知らずに恥をかいてしまったという失敗例をご紹介しますので、ぜひいざという時の為にお役立てください。 金額の相場が分からなくて 祖母が亡くなったので、1万円を不祝儀袋にお包みして持参したら、東京から参列しにきた兄は2万円を包んで来たと知り、恥ずかしかった、という話を聞いたことがあります。 ですが、近所の人にも相談したら1万円が相場だと言われたのに、どうして兄は金額が大きかったのでしょうか? 実は、ご香典の金額は、はっきりと決まってはおらず、地域の風習によって違いがあるため、法事が行われる地域に合わせた金額をお包みしなければならないわけですね。 他にも、勤務先社員の家族に不幸があった場合は、だいたいの相場は5千円ですが、関西方面では3千円だったりと、微妙に金額が違います。 お香典の金額は、故人や遺族との親交の深さや、参列者の年齢によって異なりますので、周りの人に聞き、金額を合わせるようにしたほうがよいでしょう。 法要を欠席するため、御香典を1万円相当の電報為替で送ってしまった ここに、2つ大きな間違いがあることにお気づきでしょうか?1つは、法要を欠席する場合のマナーとして、不祝儀袋を現金書留ではなく、電報為替で送ってしまったという失敗です。 電報為替ですと、喪主は、現金を直接受け取ることができません。 忙しい喪主に迷惑をかけてしまいますので止めましょう。 また、欠席するということは、料理などを何も食べないのですから、あなたに接待経費がかかりません。 包むとしても5千円程度で充分です。 高額なお香典は、かえって気を使わせてしまうことになりますのでやめましょう。 また、お香典ではなく、供花などのお供物を贈っても喜んで頂けるでしょう。 香りがきついものや、トゲのあるものは避け、仏花か、個人の好きだったお花を贈りましょう。 法要の欠席する連絡を電話で済まし、現金書留で5千円を送った 四十九日法要には、ご家族からのご案内があった場合は、出来る限り出席することが望ましいですが、やむを得ず欠席する場合は、丁寧な対応をするのが法事のマナーです。 法事欠礼のため、5千円を送るのは妥当な額と言えます。 ですが、ただ送るだけでは誠意が感じられませんね。 ご香典のほかに、欠席のお詫びを書いたお手紙を添えましょう。 また、現金書留に入れる際に、そのままお金を入れるのではなく、きちんと不祝儀袋に入れましたか?お手紙を添えてなるべく早く送ることも大切です。 なお、書留に入れる手紙は長く書く必要はありません。 「この度は法要のお招きを頂きましたが、一身上の都合で参列させていただくことが叶わず、本当に申し訳ございません。 」などと書きます。 名前を名字しか書かず、裏には「二万円也」と書いてしまった 不祝儀袋に、名字だけ書いて渡してしまった、という経験はありませんか?市販の香典袋に記入する時は、遺族の方と親しい間柄であっても、必ずフルネームを書きます。 「佐藤」「鈴木」だけでは分かりづらいからです。 また、知り合いだからと住所の記入を遠慮する人がいますが、これも遺族が整理する際に困ることになりますので、必ず記入することが法事のマナーです。 金額を書く際に注意が必要なのは漢数字の書き方。 「壱(一)、弐(二)、阡(千)、萬(万)」ですね。 最後に「也」はつけませんので注意しましょう。 お香典の相場は1万円ですが、個人との近しさや、家柄なども考慮すると、もう少し高額な場合もあります。 さらに、整理する喪家のためにも、中袋にも、必ず住所・氏名・金額を書きましょう。 水引は、地域の風習や金額の相場につりあう色で 不祝儀袋の水引の色には、黒白、双銀、黄白等があります。 京都から東京にお嫁に来たA子さん。 ご主人の親戚側で不幸があり、四十九日法要に、黄白の水引の不祝儀袋でご香典を持参したところ、「関西方面の人の不祝儀袋は違うんだね。 」と言われて恥ずかしかったそうです。 確かに、黄白の水引は、関西方面では普通なのですが、一般的な四十九日法要では、白黒の水引が用いられます。 よく分からず、市販の不祝儀袋を使われるのでしたら、水引は白黒の結びきりのものを使いましょう。 双銀は仏事全般に使えますが、黒白の水引きのものに比べると少々割高ですので、中に入れる金額が5万円以上のときなどに使う場合が多いようです。 金額の相場にあう不祝儀袋を使いましょう。 3万円包み、主人の代理で参列したが・・・ 主人に何かと目をかけてくださっていた主人の伯父が亡くなり、主人が入院中だったので、その妻が不祝儀袋を主人の名前で、3万円お包みして四十九日法要に参列しました。 すると、ご香典が主人の名前だったことで、主人が退院したと思われてしまい、さらに金額が多かったこともあって、喪主が、夫婦で参列したと思い込み、慌てて食事の席を二人分用意してしまった、という失敗談があります。 個人に御世話になった気持ちを表したいと思っても、お包みする金額が高すぎるとかえって迷惑をかけてしまいます。 このような場合には、金額は1~2万円にし、それとは別に、お菓子などをお渡ししたほうがよいでしょう。 また、本人の代理で参列する場合は、不祝儀袋の名前は、本人(この場合は主人)の横に、小さく「内」と書き添えて代理であることが分かるようにします。 香典袋に「ご霊前」と書いてしまった 香典袋の表書きには、「御仏前」「ご香典」「ご霊前」など、様々なものがありますね。 葬儀のとき、「御仏前」と書いたから四十九日法要も同じで大丈夫、と思っている人はいませんか? 実は、仏教では、四十九日を過ぎてから、故人は仏様になると考えられています。 ですから、通夜や葬儀・葬式のときの不祝儀袋は「御霊前」ですが、四十九日以降の不祝儀袋の表書きは、「御仏前」と書きます。 これは、お包みする金額に関わりなく、不祝儀袋の常識として覚えておいたほうがよいでしょう。 しかし、それも宗教や宗派あるいは地域によっても異なる場合がありますので、相手方の宗教宗派が分からないときには、「お香典」、「御供物料」という表書きを書いておけば安心ですね。 以上、四十九日の香典で、恥をかいてしまった失敗例をご紹介しました。 一般的に、四十九日法要の時に持参する香典の相場が分からず、恥をかいてしまう場合が多く見られますが、他にも香典袋(不祝儀袋)の表書きや水引の色などにも、地域や風習によって違いがあり、分かりづらいことをお分かり頂けましたよね。 さらに、故人や遺族との親交の深さや、参列者の年齢によって異なりますので、周りの人に相談するなどして、合わせるようにしましょう。 多少の間違いがあっても、遺族に配慮した態度を持って参列すれば気持ちは伝わるので大丈夫です。 また、万が一参列できない場合は、現金書留に一筆お詫びの手紙を添えるなどの気配りも大切ですね。 お香典だけでなく、お花やお菓子、お線香などを送ってもよいでしょう。 まとめ 四十九日の香典、相場を知らずに恥をかいた7つの失敗例 ・金額の相場が分からなくて ・欠席するため、御香典を1万円相当の電報為替で送ってしまった ・法要の欠席する連絡を電話で済まし、現金書留で5千円を送った ・名前を名字しか書かず、裏には「二万円也」と書いてしまった ・水引は、地域の風習や金額の相場につりあう色で ・3万円包み、主人の代理で参列したが・・・ ・香典袋に「ご霊前」と書いてしまった.

次の

四十九日法要の引出物と香典返しの違いについて

四 十 九 日 香典

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 四十九日法要での挨拶 お通夜や葬儀では喪主が挨拶をするタイミングが何度かありますが、四十九日法要ではどのようなタイミングでどういった内容の挨拶をするのでしょうか。 直前になって「何を話そう」と焦らなくて良いように、前もってタイミングや内容を確認しておきましょう。 挨拶の内容 四十九日法要は、お通夜や葬儀の次に集まる人数が多いのが一般的です。 そのため、挨拶では、まず 集まってくださったことに対する感謝を伝えます。 貴重な時間を割いて遠方から来てくれている場合もあるためです。 緊張して話す内容を忘れてしまうこともあるかもしれませんが、お礼は忘れず伝えるようにしましょう。 タイミングによっては、 故人の生前の様子や思い出話をすることもありますが、空気が重くならないような内容にすることをおすすめします。 締めの挨拶では、故人がいなくなったあとの家族としての決意といった内容を話すこともあります。 どのような内容でも、話す内容は 必要以上に長くなりすぎないように心掛けると良いでしょう。 挨拶をおこなうタイミング 四十九日法要では、故人が仏様のところに向かうといわれる行事でもあります。 それまでの法要と比べると、参列する人数や規模が大きいのも特徴です。 「忌明け」という呼び方があるように、四十九日法要を境に喪中が明けることになるため、大切な法要だといえます。 そんな四十九日法要ではどのようなタイミングで挨拶をすると良いのでしょうか。 四十九日法要では 「法要の始まりを告げる始めの挨拶」と 「法要後に会食がある場合の中締めの挨拶」「会食がない場合の締めの挨拶」「会食での挨拶」と、進行に応じて挨拶をするのが一般的です。 親族や地域の風習によっても挨拶のタイミングは異なるため、風習がある場合はそれに従うようにしましょう。 四十九日法要の挨拶例文 四十九日法要の挨拶では、どういったタイミングでどのような内容を話せば良いのかが分かりました。 お礼や思い出話を話すことがあるということは分かっても、具体的にどのような言い回しで話したら良いのだろうかと悩む人もいるかもしれません。 そこで次に、挨拶の例文をご紹介します。 例文を参考に、故人や自分自身に当てはめて内容を考えてみてくださいね。 始めの挨拶 法要の始めの挨拶をする際は、まず 集まってくださったことへのお礼を伝えます。 故人が亡くなったことや生前の様子について話す場合は、内容を簡潔にまとめるようにしましょう。 本日はお忙しい中、亡き母のためにお集まりいただき、ありがとうございます。 葬儀の際には、一方ならぬお世話を賜りましたことを改めてお礼申し上げます。 ただいまより故〇〇の四十九日法要を執りおこないたいと思います。 それではご住職、よろしくお願い致します 本日はご多用中にもかかわらず、父である〇〇の四十九日法要にご列席いただき、誠にありがとうございます。 父がこの世を去ってから49日が経ちましたが、改めてその存在の大きさを実感しております。 父は生前からにぎやかな談笑が好きな人でしたので、こうして皆様にお集まりいただけて喜んでいると思います。 本日はどうぞよろしくお願いいたします 中締めの挨拶 法要が終わったあとには、来てくれた方へのお礼を兼ねて会食を行います。 しかし、会場の都合がつかない場合や、遠方から来ている人が多い場合は、会食をせずに式を終わらせます。 「会食を行う場合」「会食を行わない場合」それぞれどのような挨拶をすると良いのかご紹介します。 ・法要後に会食がある場合 本日はお忙しい中、亡き父の四十九日法要にご列席いただきまして、ありがとうございました。 おかげさまで無事に法要を終えることができました。 粗宴ではございますが、別席にてお食事を用意しております。 故人との思い出を話しながら召し上がっていただけると幸いです ・法要後に会食がない場合 本日は〇〇の四十九日法要にお集まりいただき、誠にありがとうございます。 無事に法要を終えることができましたのも、皆様のお力添えの賜物と感謝しております。 皆様と一緒に粗宴を囲みたいところですが、遠方からお越しの方が多いこともありますので、これにてお開きとさせていただきます。 本日はありがとうございました 締めの挨拶 法要の締めの挨拶は、集まってくれたことへの お礼と今後のお付き合いをお願いする内容を話すのが一般的です。 本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございました。 そろそろお時間となりましたので、これで式をお開きとさせていただきます。 〇〇が亡くなって寂しくなりましたが、残された家族で助け合っていきたいと存じます。 今後とも変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。 本日は誠にありがとうございました 本日はご多用にもかかわらず、最後までお付き合いいただきありがとうございました。 なごりはつきませんが、お開きとさせていただきたいと存じます。 皆様と〇〇との思い出話を聞かせていただき、改めて生前の〇〇の様子が思い出されました。 〇〇が亡くなって大変寂しく感じておりますが、これからも変わらぬご支援をよろしく申し上げます 会食での挨拶 会食では、 食べ始める前に「ささやかな食事を用意した」こと「ゆっくり過ごしてほしい」という内容を簡潔に話すと良いでしょう。 本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございました。 おかげさまで無事〇〇の四十九日法要を終えることができました。 ささやかですがお食事をご用意しましたので、お時間の許す限りゆっくりお過ごしいただければ幸いです。 本日は誠にありがとうございました 本日は誠にありがとうございました。 このように〇〇を偲ぶ席にお付き合いいただき、嬉しく思っております。 心ばかりではございますが、〇〇の思い出話をしながらお食事を召し上がっていただければと存じます。 お時間の許す限り、おくつろぎください 挨拶をする際のポイント 四十九日法要での挨拶の例文をご紹介しましたが、内容を考えていてもいざ挨拶をしようと思うと緊張してしまうこともあります。 故人との関係が深いほうが集まってくださる法要では、丁重におもてなしをしたいものです。 そこで挨拶をする際に注意しておきたいポイントをご紹介します。 紙で話す内容をメモしておいてもよい 四十九日法要では挨拶をする場面が何度かあります。 それぞれ話す内容を決めていたとしても、どこで何を言うべきだったか忘れてしまうこともあるかもしれません。 対策として、話す内容を紙にメモしておくと良いでしょう。 手元を見ながら話すことは失礼には当たりません。 人前で話すことに慣れていない人はもちろん、故人のことを思い出して冷静に話すことができないといったことも考えられます。 集まってくださった方は温かく見守ってくださるとは思いますが、緊張して固まってしまいお礼が伝えられなくなってしまってはいけません。 メモを見ながらでも 伝えるべき内容を伝えることを優先させるようにしましょう。 乾杯の言葉に気をつける 法要後の会食では、食べ始める際に 「献杯」を行います。 おめでたい席では杯を高く持ち上げて「乾杯」と言いますが、献杯は故人を偲ぶためのものなので静かに行います。 献杯は故人に捧げて敬意を表す意味合いがあるため、 間違えても「乾杯」と言ってはなりません。 会食の初めの挨拶に続いてそのまま同じ人が献杯を行う場合と、挨拶とは別の人が献杯の音頭を取る場合があります。 どちらもお礼や思い出話をしたあとに「それでは献杯させていただきます」「これより献杯させていただきます」「故人の冥福を祈って、献杯」といった言い方をするのが一般的です。 簡潔に話す 法要で挨拶をする場合、故人の生前の様子や思い出をつい長く話しすぎてしまうといったこともあるかもしれません。 集まってくれた人は、故人との関係が深い方々ではありますが、あまりに長い話を何度もするのは失礼にあたります。 会食の前は特に、なかなか食事を食べ始めることができなくなってしまうため、気を付けましょう。 集まってくれたことへのお礼はしっかり伝えて、思い出話や家族の決意などを話す際は 簡潔に内容をまとめた上で話すようにしましょう。 感謝を伝える 四十九日法要の挨拶において一番大事なのは 「感謝」を伝えるということです。 故人が亡くなってから7日ごとに行われる法要は家族や親しい親族のみで行われることもあります。 しかし、四十九日の法要は忌明けのタイミングでもあるため、たくさんの人が集まってくれることが多いでしょう。 葬儀以来の集まりの場合もあるため、 葬儀の際の力添えに関するお礼と、四十九日法要に来てくれたことへのお礼を伝えることを忘れてはいけません。 また遠方からわざわざ足を運んでくれる人がいる場合には、そのご足労についても感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 僧侶にお布施を渡す際の例文 僧侶にお布施を渡す例文について、「ご法要前にご挨拶する場合」「ご法要後にご挨拶する場合」の2つをご紹介します。 ・法要前にご挨拶するとき この度は、お越しいただきましてありがとうございます。 おかげさまで、父(母)の49日法要を滞りなく無事に終えることができました。 こちらは心ばかりのお布施でございます。 どうぞお納めください。 ・法要後にご挨拶するとき この度は、お越しいただきましてありがとうございました。 おかげさまで、父(母)の49日法要を滞りなく無事に終えることができました。 父(母)も喜んでいることと思います。 こちらは心ばかりのお布施でございます。 どうぞお納めください。 僧侶へのご挨拶は短いのでできるだけ 紙などを見ずに、心からの気持ちを伝えることが大切です。 参列者が挨拶する際の例文 ここでは参列者による献杯の挨拶や、参列者が遺族に対して行う挨拶の例文をいくつかご紹介します。 喪主、遺族、参列者となる際に、参考になさってください。 献杯の挨拶の例文 ・故人の友人が述べる場合 本日は四十九日という大切な節目の日にお招きいただきありがとうございました。 ・故人の兄が述べる場合 故人の兄でございます。 本日はご多忙の中お集りいただきましてありがとうございました。 おかげさまで無事に忌明けを迎えることができ、弟もひと安心していることと思います。 私も少し肩の荷をおろして皆さんと共に弟の思い出を語り合いたいと思っています。 献杯のご唱和をお願いします。 ・喪主自身が行う場合 本日はお時間を作って頂きましてありがとうございました。 おかげで無事に忌明け法要を済ませることができ祖父も喜んでくれていることと思います。 改めて故人を偲び、盃を捧げたいと思います。 遺族に対する挨拶の例文 ・喪主の家または受付での挨拶の例文 本日は大切な節目の日にお招き頂きありがとうございます。 この度はご丁寧なご案内をいただきまして、ありがとうございます。 本日は心を込めてお祈りをさせていただきます。 ・法要や会食が終わってからの挨拶の例文 本日はお招きいただきましてありがとうございました。 とても心安らぐお式でした。 お先に失礼いたします。 皆様どうぞくれぐれもご自愛ください。 本日はお招き頂きありがとうございました。 皆様のお顔を拝見して安心しております。 故人も安心されたと思います。 お元気でお過ごしください。 簡単な挨拶で構いませんので、 マナーを守って気遣う気持ちが大切です。 四十九日のお返しの挨拶状を書く際のポイント 四十九日のお返しの挨拶状は、 四十九日法要を無事におえてから葬儀や通夜のときに香典を頂いた方に向けて忌明けの挨拶状として書きます。 その際、カタログギフトや品物をそえてお返しを贈るかと思いますが、四十九日のお返しの挨拶状の書き方について気をつけるべきポイントがあります。 頭語と結語は両方入れる、あるいは入れない 冒頭の頭語「拝啓」と結びの結語「敬具」については、 入れる場合は両方入れ、入れない場合は両方とも入れないとどちらかにするのがマナーです。 句読点を使用しない 四十九日のお返しの挨拶状では、 文中に句読点「、」「。 」は用いません。 日頃のくせでついつい気付かずに書いてしまうことが多いので、充分と注意しましょう。 時候の挨拶は入れない 四十九日のお返しの挨拶状では、 季節を表す時候の挨拶を入れる必要はありません。 ご弔慰への感謝の言葉を伝える 忙しいなか時間をとっていただき葬儀や告別式に参列していただいたことへのお礼や、ご弔慰(お香典だけではなく弔電、お見舞い、供花、お供え品など、生前のお見舞いも含む一切)を頂いたことについての 感謝の言葉を伝えましょう。 四十九日法要の報告をする 四十九日法要が終わったという報告を文章に盛り込みましょう。 また 仏様になられた故人の戒名(法名)をしっかりと伝えるのも挨拶状を書く上でのマナーです。 四十九日のお返しの挨拶状を送る際の例文 ここでは仏式における四十九日の挨拶状の例文を紹介します。 謹 啓 御尊家御一同様には ますますご清祥にお過ごしの御事と存じます 先般 亡〇 〇〇 儀死去に際しましてはご繁忙中にもかかわりませずご懇篤なるご弔慰を賜わりご芳情の程まことにありがたく 厚く御礼申しあげます お蔭をもちまして 本日滞りなく〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇(戒名)忌明けいたしました つきましては早速 拝趨の上御礼申しあげる筈ではございますが略儀ながら書中をもってご挨拶申しあげます 敬 具 平成〇〇年〇月〇〇日 〇 〇 住 所 〇 〇 〇 〇〇 名 前 〇〇 尚 満中陰志に際しまして供養のしるしまでに甚だ粗品で御座いますが何卒ご受納下さいます様お願い申しあげます まとめ 四十九日法要は、文字通り故人が亡くなってから49日を目安におこなわれる法要のことをいいます。 亡くなってから7日ごとに法要を執りおこないますが、中でも四十九日は大きな節目として多くの人が集まってくれます。 そんな四十九日法要での挨拶は 「法要の開始と終わり」「会食の中の挨拶」と進行に合わせてするのが一般的です。 一番に伝えるべき内容は、集まってくれたことへの感謝の気持ち。 それに加えて生前の故人の様子や思い出、残された家族の決意といった内容を重くならない程度に話すようにします。 最後の挨拶では、今後も変わらないお付き合いをお願いするような言葉を添えて締めるのが良いでしょう。 挨拶をする際には 「感謝の気持ちを伝えること」と 「簡潔に話すこと」を忘れず、失礼にあたることのない内容を心がけましょう。 緊張して話すことが分からなくなってしまうかもしれないので、メモを持参することをおすすめします。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

四十九日法要の挨拶をするときのポイントとは!?

四 十 九 日 香典

これは、関西ではお逮夜(たいや)として忌日(供養日)の前日に法要を行う慣習があるためです。 逮夜とは初七日や四十九日、一周忌など定められた忌日の前日の夜のことです。 忌日に法要を行えない場合は、このお逮夜の考えから、前日も忌日と同様として扱われます。 しかし、現在ではさらに繰り上げて、命日に近い土日に法要が行われることが多くなっています。 浄土真宗・真言宗の四十九日の数え方 浄土真宗や真言宗は亡くなったらすぐに成仏するといわれていますが、四十九日という考え方はあるのでしょうか。 浄土真宗や真言宗も仏教の一つですので、初七日から始まる七日おきの中陰法要(忌日法要)を行うことになっています。 ただし、亡くなった方の供養というよりも、遺された方々のための教えの期間と考えられています。 そして、四十九日の数え方も他の宗派と同じく亡くなった日を1日目として数え、49日目を四十九日とします。 三月(みつき)またぎは避けるべき? 四十九日の法要が3か月にまたがることを「三月(みつき)掛け」または「三月(みつき)またぎ」といい、縁起の悪いものとして避けることがあります。 これは四十九日が、三月にまたがると、「始終苦(しじゅうく)労が、身(み)につく」という語呂合わせから来ているといわれます。 単なる語呂合わせなので、気にする必要はありませんが、法要に出席されるご親戚などで気にされるという方がいるかもしれません。 そうしたことが心配、もしくは気になるという人は、3か月にまたがらないように日程を調整するとよいでしょう。 三月またぎを避けるために、亡くなってから35日目の五七日(ごなのか)法要を行う人もいます。

次の