ドラパルド 対策。 ドラパルト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ドラパルトの入手方法【ドラポルトではありません】

ドラパルド 対策

Contents• 素早さは、最速リザードン抜き調整です。 ガラルビギニングでは、最速サザンドラ抜きまでしか振っておらず、リザードンに上を取られたことによって負けるという事態が発生したため、最低でもリザードンは抜いておきたいところです。 耐久については、環境が物理多めなので、防御に性格補正と努力値を割いていますが、ここは調整しがいがありそうです。 例えば、Bに振っている努力値を92、Dへ振ることによって、C252補正ありサザンドラの悪のはどうを耐えるようになります。 細かい調整は、今後バトルを重ねながら模索していきます。 特性については、壁貼りポケモンを起点にしたり、竜舞を見せることによって、物理型のため特性クリアボディだと思ってか、壁貼りオーロンゲがでてきたこともあったため、すりぬけ推奨です。 ガラルビギニングではクリアボディで使っていたのですが、すりぬけにしとけばよかったと思った状況が何度も発生しました。 技について、竜舞とバトンタッチは、この型における必須技で、 攻撃技としては、タイプ一致かつ相手の襷を潰せるドラゴンアローとダイマックス時に防御を上げることができ、ドラゴンが効かないフェアリータイプ意識の鋼の翼を採用しています。 ただし、鋼タイプのポケモンに対しては両方半減されてしまうため、ゴーストダイブも選択肢に入るかと思います。 ゴーストダイブのメリットとしては、相手のダイマックスターン稼ぎできること鋼タイプに等倍を取れますが、デメリットとしては、ダイマックス時に防御を上げれないこと、オーロンゲに等倍以上とれなくなってしまうことが上げられます。 立ち回り このドラパルトの立ち回りとしては、バトル前半で竜の舞を積み、弱点保険を発動させ、ドラパルトで相手のパーティに負荷をかけ、 ドラパルトが苦手なポケモンや、あくびを打たれた場合等、バトンタッチにより能力変化を後続に繋ぎます。 実際に使っている感じ、この型の良いところは、竜の舞を見せることによって、弱点保険を警戒されなくなること、物理型であり、特性クリアボディなのでは?と思わせることができ、わざわざオーロンゲ がでてきて壁を貼りにくることもありました。 意味ないのに笑 また、鬼火を受けようが、あくびを受けようが、バトンタッチで能力上昇を後続にまわせ、あくびの効果は引き継がれないため、後続アタッカーで相手をぼこぼこにできます。 また、耐久はタイプ一致弱点でも結構耐えるため、ダイマックスをしなくても弱点保険を発動させることができます。 具体的な立ち回り 対オーロンゲ 壁貼りオーロンゲをよく見るかと思うのですが、オーロンゲと対面した場合、竜の舞を積みます。 A252補正ありのオーロンゲのソウルクラッシュを余裕で耐えるので、弱点保険も発動できる可能性も高いです。 壁を貼ってきたらかもです。 場合によっては2回、3回と竜舞を積むこともできたりします。 特性をすり抜けにしていない場合はHB特化オーロンゲ に対して、壁がある状態で、攻撃が3段階上昇してもはがねのつばさが3分の1程度しか入らないので、裏に引く前提で積みます。 すり抜けの場合は、竜の舞を一回積んでおけば、鋼の翼連打で勝てます。 ガラルビギニングでは、クリアボディで使っていたのですが、この壁貼りオーロンゲが結構いるため、ドラパルトの特性はすり抜け推奨です。 対ヒヒダルマ 超高火力の五里霧中A252補正ありのガラルヒヒダルマのつららおとしも、相手の攻撃が1段階下がることで、確定で耐えるようになります。 ウインディやギャラドス等で威嚇を入れた後に対面させることができれば、ガラルヒヒダルマでさえ積みの起点になります。 相手が鉢巻を持っていた場合は流石に死にます。 対ローブシン ローブシンとの対面では、攻撃特化の相手の命の珠力ずく冷凍パンチを確定で耐えるため、竜舞と弱点保険を発動させることができます。 しかし、H252ローブシンへのドラゴンアローはAが3段階上昇していても確定で耐えられてしまうため、バトンで引いて後続に託すか、ダイマックスしてダイドラグーンを打つ必要があります。 対面でローブシンに勝ちたい場合は、竜舞を積まずにドラゴンアローを打ち、相手の攻撃で弱点保険を発動させ、ドラゴンアローを打つことで、高確率で倒れます。 対ミミッキュ A252補正あり命の珠ミミッキュとの対面の場合基本的に勝てません。 相手が剣舞からのかげうちできた場合であれば、化けの皮を剥がした後、弱点保険によるA2段階上昇後のはがねの翼で確定で倒せるため、ミミッキュに勝てますが、 剣舞をせずに、シャドークローからのかげうち、または剣舞からのシャドークローできた場合はドラパルトが負けます。 この型ではミミッキュの対処はしんどいです。 対サザンドラ 受けポケ対策として、ランクマッチにサザンドラ結構多くいます。 チョッキや食べ残しを持っている印象があるので、火力アップアイテムアイテムを持っているサザンドラは少なく、またミミッキュを意識して素早さが上がりやすい性格にしている場合が多いかと思います。 そのため、C252無補正サザンドラの「あくのはどう」はドラパルトの特防に努力値を割いていなくても、約87. そのため、竜舞から入り、次のターン上からドラゴンアローで倒すという選択ができます。 特攻に補正をかけていないサザンドラであれば、スカーフ持ちでも対処できます。 ちなみに、相手のサザンドラのあくのはどうを確定で耐えたい場合は、ドラパルトのBに振っている努力値をDに20回すことによって確定で耐えるようになります。 また、Dに92まわすと、Cに補正のあるサザンドラのあくの波動を確定で耐えるようになります。 被ダメ計算 攻撃側ポケモン 技 被ダメ ダイマックス技 C252補正無サザンドラ あくのはどう 86. 使用している感じ、ダイマックスをせずに、竜の舞と弱点保険を発動させた状態にすることは結構簡単です。 相手を選ぶ必要がありますが、個人的には相当強い型なのでは?と考えています。 耐久調整はまだまだ考える必要がありそうですが、参考になれば嬉しいです!.

次の

【ポケモン剣盾攻略】ドラパルトの型と対策をまとめてみた結果・・・

ドラパルド 対策

レート対戦で人気・最強格のポケモン ソード・シールドでは過去作の対戦での人気ポケモンたちが多く、人気です。 主にサザンドラ・バンギラス・ルカリオ・ロトム・ナットレイ・ギャラドス・ミミッキュ等・・・しかし、恐らく新ポケが最初の流行を作ることでしょう。 その根拠を記していきます。 今回は最強格になるだろうポケモン候補は以下の通りです。 あるサイトでは今回のガブリアスとかなんとか言われている。 第5世代の環境ポケモンのガブと同じスペックがあるのかどうかを考えていきます。 その理由が 素早さ種族値の142。 では堂々の3位。 種族値は以下のようになっておりS特化両刀で、耐久は「中の中」で並程度です。 ・ 変化技 りゅうのまい、でんじは、 ひかりのかべ、リフレクター、おにび、バトンタッチ とても器用なタイプです。 物理攻撃は元々高い上に「りゅうのまい」でさらに補強もできます。 特殊攻撃は威力の高い技の種類が多く、速いので弱点をつく戦い方ができます。 一番気になる点が、 ゴーストタイプ特有の補助技のラインナップです。 先制で「鬼火」を打てるのはとても大きく、特にやけどでのダメージと攻撃半減が狙えるのは大きいです。 さらに、「おにび」の効かないほのおタイプはドラゴンに主力技を半減されるので出てきにくいです。 耐久はフライゴンと同程度で、 4倍弱点は無いため、不一致弱点であれば一撃は耐えるので基本的に2回攻撃のチャンスがあります。 そして、特性の 「すりぬけ」があり、攻撃を通しやすく、ダメージを残せる長所があるので 高速全抜きエース候補としても活躍できますし、最後の片付け役としても便利です。 強い点 そこそこ技の範囲も広く、決定力も2回攻撃すれば耐久型以外相手にできます。 そして補助技でサポートにも回れて、チームで腐りにくいという性質があります。 弱い点 決定力が十分でなく、一致弱点をつけて倒せるポケモンが少数いる程度だと考えられます。 ようは火力不足感がたまに出てくるということです。 それを補うために火力補強アイテムや、積み技も姿を見せるかもしれません。 相手として戦うときの対策 最速78族以上(ホルード以上)であれば、スカーフ持たせて先に殴れます。 しかし、耐久が少しあるのでほとんど、どのポケモンで弱点をついても2発かかってしまい、スカーフがバレて不利になる可能性が出てしまいます。 最強の攻撃能力を持ったポケモンの1匹です。 第五世代でデビューしたときも異常な攻撃力で様々なポケモンを駆逐していった乱暴者。 さらにパワーアップして帰ってきました。 まずは攻撃力ですが種族値140に加え、特性 「ごりむちゅう」は 攻撃力を1. 5倍加します。 特性によって、 実質種族値236相当程度になってしまい、ここからこだわりハチマキを装備すると、とても凶悪です。 素早さで勝てなければ並耐久は力のゴリ押しで負けてしまいます。 ダイマックスも併用したら物理耐久系などで一発耐えない限り等倍では勝ちにくいです。 こちらが種族値です。 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 105 140 55 130 55 95 480 もうひとつの特性「ダルマモード」のHP半分以下のダルマ状態では以下のステータスになります。 (タイプもこおり・ほのおに変更) HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 105 160 55 130 55 135 540 耐久調整ハチマキダルマモードヒヒダルマなんて出てきたら手に負えないかもしれませんね。 この状態のヒヒダルマは 素早さランキング5位です。 ・ 変化技 はらだいこ、 おにび、アンコール シンプルに物理で殴るポケモンなので、技の威力が高いととんでもない強さになります。 はらだいこカムラ型で素早さあげるのもいいでしょうし、アンコールなどでトリッキーな戦いもできなくはないです。 それでも、 てきとうに殴るだけで勝てる場合が一番多いと思われます。 残念なのは最初から高威力であるのが「つららおとし」のみであり、突破力が少し足りないです。 鬼火で相手の物理攻撃力半減させられる氷タイプなので記憶する必要はありそうですね。 Sを最速142族抜き(ドラパルド)スカーフで攻撃特化してダイマックスで暴れるなんて戦い方も強そうですね。 タイプ不利な水の耐久型のポケモンには有効打がなさそうなのも難しい点です。 強い点 技範囲が少し狭いものの特化すれば弱点つかなくても敵を倒せる力があります。 とんぼがえりやばかぢからなど、 「ごりむちゅう」やこだわりアイテムと相性のいい技を覚えるのも特徴です。 ダイマックスを一度使うとこだわりの制限が解除されるのを有効活用したり、ダルマモードのためにHP調整を図れると絶大な強さを発揮できると思います。 弱い点 なにより苦手なタイプにはとことん苦手なのが目立ちます。 物理耐久のある水タイプにはほとんど手が出せません。 裏のポケモンで十分に補ってやる必要がありそうです。 相手として戦うときの対策 スカーフ型も多そうなので先手で倒すのは最速96族以上の弱点つけるスカーフ以外有効ではありません。 ヤチェドラゴンで鋼か炎技でも可能性はなくはないです。 特性「いたずらごころ」で変化技を先制で展開できる点が魅力的で、も注目を浴びそうです。 実は種族値は510族と控えめで、耐久は弱いくらいです。 攻撃が120族で高い方です。 前述の特性と多彩な戦法で、 機転の利くような場面に応じた動きもできる点が魅力です。 ・ 変化技 ビルドアップ、 いちゃもん、 わるだくみ、でんじは、ひかりのかべ、リフレクター、みがわり、ちょうはつ、トリック 先制で打てる補助技の豪華なラインナップをご覧ください。 このポケモンは必ずこの中のどれかを採用しているため、要注意です。 ダイマックス対策の 「いちゃもん」と自己強化の 「ビルドアップ」や 「わるだくみ」は場合によっては全抜きを狙われます。 死に際に 「リフレクター」や 「ひかりのかべ」を打たれても相当厄介だと思います。 耐久は物理面が貧弱で、特殊面は中の中程度です。 特殊に関してのみは弱点をタイプ一致で突かれなければ耐えそうです。 フェアリーに弱いフェアリータイプなのですが、 積まれていたら強引に突破される可能性もあります。 素早さはないとはいえ、 かなり広い範囲を一致技の等倍で攻撃でき、攻撃面も防御面も補強できるのが最大の強みでしょうか。 強い点 等倍で通せる範囲が広く、積み技や変化技中心で柔軟に戦えるのが強いところです。 最後っ屁の変化技は先制技で倒すくらいしか方法がないのも優秀です。 チームの他のメンバーを活かす戦い方ができるため、最悪苦手な相手しかいなくてもなんらかの役割を果たせる場合があります。 物理で弱点をつけない相手や耐久型に対しては、かなり強気で戦えるのはいいところです。 弱点が 威力低めの技タイプ(毒・鋼・フェアリー)しかないところも〇です。 ダイマックスでは相手のダイマックス状態が終わるまでの遅延行為できるという行動も取れます。 弱い点 元々の決定力はやや技の威力が低いこともあり、足りない印象です。 変化技を中心とした戦い方と思われがちなため、1ターンは攻撃してこないことを読まれて ダイマックスされて瞬間的に沈められるということもあります。 最高威力の「じゃれつく」の命中率の不安や、ダイマックスすると変化技がすべてダイウォールになってしまう点もマイナスでしょうか。 ふいうちを使う場面も多いことから、読みが重要でプレイングスキルがないと扱えなかったりと、敗因をつくりやすいポケモンでもあります。 補助技読みアンコールなどもされやすいかもしれません。 よこどりされると痛いです。 相手として戦うときの対策 防御も特防も変化技で強化される可能性があり、すぐに沈められない印象があります。 しかし物理面は強化されてもタイプ一致で弱点をつけば2発程度で沈められることがあります。 そして特殊防御面はひかりのかべでの強化しかありません。 はがね・毒・フェアリー技で攻めればだいたい勝てそうです。 どのくらい強いかというと雨ならばハチマキで防御特化クレベースすら乱数2発。 このヤバさ、伝わってください。 クレベースというポケモンは全ポケモン中最強中の最強の防御力を持ちます。 こいつは絶対的な鉄壁王をも殺しかねない古代の破壊兵器です。 一番わかりやすい表現をします。 伝説を含めたポケモン界の火力をこいつが大幅更新しました。 種族値ですが、攻撃力はなんと控えめな90族。 特性は「がんじょうあご」という噛む攻撃のみを1. 5倍にするものです。 これではまだヒヒダルマには及びませんが、この子が誰よりも優れているのはその頭が持つ 「エラがみ」という技です。 種族値です。 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 90 90 100 70 80 75 505 種族値は八世代の特徴か、とても標準的で 中速程度で中の上の耐久を持ちます。 水・竜なので竜かフェアリーしか弱点を持たず、 耐久面では優秀だと言えます。 攻撃面でも、水と竜を同時に半減以下にするのは鋼やフェアリーに水を半減するタイプの複合しかありえないので、 かなり幅広いポケモンに等倍が取れます。 しかし、水タイプの「エラがみ」でぶっちぎるポケモンなので、水を半減以下にするタイプへの対策が肝となります。 5)、ストーンエッジ(100)、いかりのまえば(HP半分)、けたぐり(体重依存) 「エラがみ」という技は先に攻撃が成功すると威力2倍になる世界を破滅に導く技です。 半減でも127. 5の威力で普通に強いです。 こだわりスカーフとの相性が良すぎて、 抜かせるポケモン全てを葬り去るパワーを持っています。 ドラゴン技にもちゃっかり「げきりん」があり、相性補完は完璧です。 ただ、元の攻撃力が低いことは気がかりです。 このポケモンの持つ技の種類自体は悪くないのですが、素早さと攻撃の種族値に課題があり、 雨の天候やサポートを使って全抜きエースに仕立て上げるのが理想となりそうです。 強い点 水が等倍で通り、最速スカーフ仕様であれば何も気にせず「エラがみ」を連発で勝てる可能性が高いです。 耐久もそこそこあり、相手によっては倒すのに3発必要ということもあるので、 攻撃を打つチャンスは多いです。 ダイマックスで自分で雨を降らしてタイミング見計らって スカーフ「エラがみ」で倒すという戦法も取れます。 その際は変化技があってもいいと思います。 弱い点 水タイプに弱いです。 というもの「エラがみ」を半減以下にされるとスカーフ型が主流であるので交代せざるをえなくなります。 水を無効にする「ちょすい」や「よびみず」は苦手になるでしょう。 そして、「エラがみ」の2倍アタックを 阻止しながら攻撃できる「ふいうち」は有効です。 こいつは攻撃技だらけで確定なのでふいうちはとても決まります。 技に頼りすぎると先制技全てに弱くなり、物理特化のため鬼火やリフレクター、防御積み技に対応できないポケモンです。 相手として戦うときの対策 意表を突かれない限りほぼスカーフです。 素の状態では、 テッカニン、アギルダー、ドラパルトの3体。 同速の75族より上であればスカーフ装備で「エラがみ」に怯える必要はなくなります。 トリックルームをなんとか使えたらそれで対策にもなります。 交代だしで読みが成功する自信があればヌケニンがいけます。 その時はダイマックスに要注意です。 (こだわり制限解除で弱点技がくるため)スカーフであることが分かってたら タスキいたずらごころ「いちゃもん」or「かなしばり」のような防ぎ方もできます。 ラプラスはちょすいもあり、フリーズドライで4倍弱点を突けるので最も対策に適したポケモンといえます。 レイドの最適ポケモンとして選出されて人気も出てきているので、対策はしておいたほうがいいです。 ポケモン界1の突破力は馬鹿にできません。 ウオノラゴンのタイプ相性とすべての特性(タップで開く) ノーマルモード.

次の

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

ドラパルド 対策

この育成論では攻撃に振り切っていますが、特殊に努力値を割く選択肢もあります。 「きあいのタスキ」も耐久に不安のあるドラパルトと相性の良い道具です。 単体性能の上昇が見込みめるのはもちろん、相手の積みエースに対するストッパーとしても機能します。 特性「クリアボディ」は、技による能力ダウンを受けないので、汎用性が高く扱いやすいです。 相手の身代わりや、「ひかりのかべ」「リフレクター」などを対策したい場合は、「すりぬけ」で育成しましょう。 ダイマックスの技で防御が上がる点も魅力。 使いにくい「ゴーストダイブ」との選択技。 特殊に振るのであれば使いやすい「シャドーボール」を優先したい。 「だいもんじ」との選択技。 命中安定だが火力が物足りず、仮想敵の確定数が変ってしまうデメリットがある。 特殊寄りにするなら選択肢に。 特攻2段階ダウンのデメリットがあるため、相手の起点にならないように注意。 攻撃と素早さを上げることで、相手の受け先に大きく負担をかけられる。 採用する場合は、性格を「いじっぱり」または「ようき」にして、物理アタッカーとして育成しましょう。 相手の「おにび」「でんじは」などの補助技を回避しつつ、攻撃を身代わりに受けさせることが可能。 「おにび」で物理アタッカーの攻撃を弱めることで、ドラパルトの身代わりを場に残しやすくします。 その隙に「たたりめ」で相手を倒し、次の敵にも身代わりを残しながら、「おにび」で再び攻撃を下げていく動きが強力です。 HPは「たべのこし」の回復効率の良い調整にし、防御に努力値を降って物理攻撃を受けやすくしています。 素早さは、最速ゲンガーまでのポケモンより先に動けるようにしており、残りを特攻に振っています。 きあいのタスキやがんじょうの効果を失わさせやすいのも利点。 ドラパルトはゴーストタイプのため、持続ダメージを与える効果になる。 ダメージソースとしては非常に優秀。 ドラパルトの役割と立ち回り 型が読まれにくいアタッカー 「ドラパルト」は物理と特殊をどちらも使えるアタッカーですので、非常に型を読まれにくいポケモンです。 覚える技も豊富で考慮しないといけない技が多いため、全ポケモンの中でもトップクラスのアタッカーと言えます。 先発で出してとんぼがえり 「ドラパルト」はSが142と非常に高く、相手の交代先を伺いながら自軍のポケモンと交代できる「とんぼがえり」を覚えます。 そのため、ドラパルトは偵察要因として先発で選出しやすいポケモンです。 高い素早さを活かしたサポート要員 ドラパルトは「でんじは」や「おにび」、「ひかりのかべ」等の補助技も覚えるため、サポート要員としても優秀です。 Sが高いため、サポート要員の天敵である「ちょうはつ」で止まりにくい点も評価できます。 ドラパルトと相性の良いポケモン タイプ相性でドラパルトへの攻撃を受けられるポケモン タイプ相性のよいポケモンを、ドラパルトの弱点を狙ってくる攻撃に対して、受け出ししましょう。 ドラパルトは素早さが高く、先制で「とんぼがえり」を利用した、対面操作が可能です。 攻撃の受け先を変更して、有利な対面を作って戦いましょう。 また、「こだわりスカーフ」型の「サザンドラ」など、 最速のドラパルトに先制を取ってくるポケモンもいるので、注意しましょう。 ポケモン 説明 ・ドラゴン技でドラパルトの弱点をついてくる敵に対して有利 ・特殊耐久が高く、ゴーストタイプの攻撃を無効にできる ・技範囲が広く、フェアリーや氷タイプに弱点をつける ・フェアリーや氷タイプに強く、物理型のポケモンに対しては、「おにび」で攻撃を下げられる ・「トリック」で道具を押し付けることで、受けポケモンなどの機能停止を狙える ・平均以上の耐久を持ち、弱点が少ないので、相手の攻撃を受けやすい ・相手の攻撃を受けた後に、「ボルトチェンジ」で対面操作できる ・物理耐久が高い受けポケモン ・「ちょうはつ」によって、相手の補助技による展開を防げる ・物理と特殊どちらにも受けの強いポケモン ・「ねがいごと」によってドラパルトのHP回復を図れる ・ただしフェアリータイプには弱いため注意 ・受け性能はそれほど高くないが、「ミミッキュ」や「ニンフィア」などの、フェアリータイプに強い ・受けの強いポケモンに対して、「つのドリル」による強引な突破もできる ・ ただしフェアリータイプの炎技に注意 ドラパルトの対策 フェアリータイプで受ける 「ドラパルト」は多くのドラゴンタイプと同じく、フェアリータイプに対して弱いです。 その中でもゴースト技を半減以下で受けられるポケモンは安定してドラパルトの受けが安定します。 そのため、この2つの技をタイプ一致で打てるポケモンはドラパルト対策として有効です。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧.

次の