ザラ(アズールレーン)。 (C97) [夏季のタネ (サマー)] ザラと魅惑のプールサイド (アズールレーン)

アズールレーンのフォーミダブル・ザラ・キャラが話題

ザラ(アズールレーン)

展開したシールドは10回までしか敵弾を防いでくれませんが、発動の上限はなく、ザラ自身の耐久値も高いので、盾役としての性能が高いです。 主砲が榴弾場合は、炎上効果がなくなる代わりに与ダメージが増加します。 変わって徹甲弾の場合は、主砲が命中した時3. 0% で10秒間その敵に与えるダメージが増加する効果です。 編成している艦が多い場合は徹甲弾のダメージ増加効果に期待できますが、安定性をとるなら榴弾がおすすめです。 盾役だけでなく、火力役としても貢献できる優秀なキャラです。 0% で発動、12秒間、敵弾を10回まで無効できる盾を2つ生成する。 半徹甲高爆榴弾 【最大Lv10】 自身が榴弾・SAP弾属性主砲を装備している場合、敵を炎上させる効果がなくなる代わりに与えるダメージを4. 5% 12. 0% 増加する;徹甲弾属性主砲を装備している場合、主砲攻撃が敵に命中した時に3. 5% 8. 0% で発動:10秒間自身がその敵に与えるダメージが5. 0% 15.

次の

ザラ(アズールレーン)とは (アズレンザラとは) [単語記事]

ザラ(アズールレーン)

概要 アプリゲーム「」にて実装されたで、元ネタはのである「」。 同実装の、姉妹艦の等と共に、では初となるイタリア系のKAN-SENである。 性能・スキル 装備枠はユニオンの副砲型重巡と同じで魚雷を持たず限界突破で主砲の砲座が+1される。 対空値もユニオン艦ほどではなくとも平均よりは高めであり対空砲の装備補正も最後まで限凸させれば100%に届く。 回避値が若干低いが後述のスキルのお陰で充分補うことはできる スキル テルニシールド 自身がダメージを受けた場合8. 敵からの攻撃であれば確率にもよるがなんにでも反応して展開されるので低めの回避値をカバーできる。 半徹甲高爆榴弾 自身が榴弾・SAP弾属性主砲を装備している場合、敵を炎上させる効果が無くなる代わりに与えるダメージを4. 主砲弾が榴弾かイベント限定主砲のSAP弾だった場合炎上ダメージがなくなる代わりに与ダメージそのものを上昇させる。 徹甲弾の場合は確率で且つ時間限定ではあるもののより高倍率のデバフを敵艦に付与できる。 主砲の再発射時間を10秒以内にできれば運にもよるが常時デバフを与え続けることが出来る。 SAP弾について ザラの全弾発射で特によく見るであろう紫色の砲弾。 大まかな挙動は徹甲弾と同じで、中装甲の艦に特に強くそれ以外には弱いという独特の特性を持つ。 容姿 モデルの如きすらっとした長身とはち切れんばかりに豊満で柔らかそうな身体をした大人の女性。 頭には深緑にオレンジのアクセントの入った帽子を被り初登場時のイベント名を思わせるようなオレンジがかった紅蓮の長髪をツインテールにしている。 外はこげ茶で裏地は赤のマントを首元と胸元で止めて羽織っており儀礼用と思われる直剣を帯刀している。 服のサイズが合っていない 黒と緑に赤と金の指しが入った服装でガーターベルトでタイツをつっていると思われる。 背中は中ほどから露出していると思われ、胸元は中ほどまでしか覆われておらず布地に圧されてその上にはみ出しているほど。 腹部もパツパツで臍のくぼみがくっきりと浮き出ている。 炎のようなオーラのようなものを纏っていてよく見るとハートのような形をしている。 水着スキンでは髪をサイドテールに束ね黒のビキニを纏っている。 性格 仕事はしっかりとこなし、他の艦にも気づかいや気配りができるサディアの中枢艦隊メンバーにふさわしい能力を持っている。 元がイタリアの艦船をもとにしたために、オシャレやワインにも通じていて、夜空を眺めたりするのも戦場でなければ好きだというロマンチックな一面も。 一方、その肉感的なプロポーションに違わず容姿にも自信があるらしく、じろじろ見ているとからかうようなことを言ってきたり、タッチをすると誘ってくるようなことを言ってきたりする。 一方、自らが沈むことになったあの戦いのことはトラウマのようで、敗北時やとの出撃時にはそれを思わせるようなことをこぼしたりも。 妹ののことはとても大事にしていて、妹のこととなると指揮官相手でも許せるかわからないほどらしい 水着スキンでは水泳のインストラクターや監視員をやっているようで、バタ足のレクチャーや危険行為の注意をしていることが察せられる 関連タグ …イベントと同時に実装された水着スキン。 Live2Dで滑らかに動く 関連記事 親記事.

次の

【アズールレーン】このプロポーションで妖艶かつ蠱惑的とかズルくない!? 新SSR重巡洋艦「ザラ」実装決定!

ザラ(アズールレーン)

名 RN 基本 所属 艦種 R 桑 艦歴 籍 出身地 リグー州 ラ・スペツィア 造船所 OTO ・ーラ 社 ラ・スペツィア造船所 艦級 級 進日 0年 就役 1年-11年() 最期 11年(沈没) 備考• 艦のモットーは「ME(り強い、頑強な)」。 マタ岬戦にて、の射撃により艦メと共に沈没。 所属、抜群なを持つ艦隊中枢の一人。 私を弁えており、落ち着いて頼りになるしい一面と、妖艶で蠱惑的な一面をうまく使い分けており、 の懐として活躍している。 ーーーー・艦船紹介より に、新勢「」の登場に伴い、が予告された。 同11日ので開始される「悲せし焔の」にて期間限定建造でされている。 入手方法は当然、での期間限定建造のみ。 同時にされたR たゆ胸部装甲であるミとは2枚看のような存在となっている。 としては、ぜひとも両方手に入れたいところであろう。 とは言え、と資の残高と相談の上で狙おう。 あら、私とポーラはよく外見で褒められるけど、このようにじろじろ見ていては変に噂されるわよ? (でのにあたる)に所属する。 に近いに、榛色(ヘイ)の瞳。 深いとにられたは、胸の部分が大きく開けられており、にふさわしいがその存在をしまくっている。 そして、わずかに潮した表情や、足のに差し込まれたなど、妙に妖しい魅を放つでもある。 性格面は、普段は堅実な余裕を見せつつも、ときに「女」をにすることも心得ているのである。 のらしく、に強かったりな面を覗かせたりも。 に対しては、しっかりと実務をこなしながら、時に強に甘えさせてくれる。 特に親密度が上がったりでやってくれるは破壊抜群。 そんなが一悔しさを隠そうともしないのが、史実でのマタ岬戦の記憶である。 その時のであるに対しては、一緒の艦隊に組むと複雑な思いを吐露する姿を見ることができる。 ふぅ…やっぱり今日は水泳日和ね。 やたちにを導するという意外な一面を見せる。 そののがに逆らってを支えている感は必見。 しかもで動きまくりである。 やなどので絵が9割を占める状況て、いかにこの姿のが強かったかがわかろうというものである。 2周年記念での2倍がされるので、こりゃ買いだと思うはいらっしゃい にゃ。 余談だけど、実は私、服のコーデが得意よ?今度仕立ててあげよっか?指揮官? では、いきなり艦船紹介で「抜群な」が「抜群な」とされるが発生した。 いや、あのと妖しげな線を見た諸君の多くは「待ったなし」と思ったことだろうが。 そして、必然というべきかのリプライにはのに言及するものが相次いでいる。 ?アズレン・ザラだとか言ったやつは? また、一見してのと「・・」という立つ共通点があることからになり、の間では「 」とか、「 」などと呼ばれることになった。 も、はナーでをむしろに思っている。 対して、は自信たっぷりな態度であることから性格面は大きく異なる二人である。 私の守り、容易く貫けるとは思わないことね! 1:ールド 自身がを受けた場合8. 0 18. 0 で発動、12間、敵弾を10回まで効にできるを2つ生成する 2:半甲高爆榴弾 自身が榴弾・P弾を装備している場合、敵をさせる効果がくなる代わりに与えるを4. 5 12. 0 増加する を装備している場合、攻撃が敵に命中した時に3. 5 8. 0 で発動:10間自身がその敵に与えるが5. 0 15. 0 勢以外ではしい副。 値はやに次ぐものを誇る守備の。 対値も結構高め。 1は攻撃をくらった時にで二重のを生成。 一つは正面に固定、もう一つは回転する。 のの強化版のようなものである。 2は装備するの弾種によって効果が変わる。 榴弾・P弾は効果のがくなる代わりに撃自体の与が上がる。 ではでの10間与ダップであり、を上げれば結構連続発動も起きる。 どちらの効果も強なため、敵の装甲の種類に合わせてすればいいだろう。 ちなみにP弾とは今回の「悲せし焔の」で始めて登場の弾種である。 S or-Prci 半 のであり、的にはの貫通と榴弾の効果の両方を持つ。 中装甲に強く、軽装甲と重装甲に弱いのはと同様。 の弾が。 このP弾を発射できるのは今回のでは mm連装17T3のみであり、の史実のであることもあってぜひともに装備させてあげたいところ。 ただし、入手方法が域の最深部またはSP域での設計図のみであり、15枚集めるのは運も手伝うのでなかなかに至難の業である。 幸いにして、はどのを乗せてもを発揮できるため、躍起になってこのを作る必要はない。 諸君は、燃料と時間と体に相談しつつ挑戦したい者は挑戦しよう。 くっ……あの屈辱的な夜、思い出したくもないわ…っ! 級は、当時の軍で構想されていた中心の艦隊兵における、に随伴る防御に優れたとして建造された。 前級である級にべて装甲が強化されている。 も、艦隊の構想はに終わってしまうのだが。 のは、0年に進。 1年に工した。 級は軍の部隊の中核として活躍し、「」は10年にの級「ベ」を損傷させる活躍もしている。 しかし、11年に起こったマタ岬戦で、航行となった艦「」を救援に向かっている最中、らの射撃を受けて艦「メ」と共に大破、沈没した。 艦歴についての詳細は、の記事も参照。 出撃お疲れ様。 気晴らしに関連動画でもどう? 任務完了よ!ふふふ、関連静画がなかなか多いじゃない?指揮官、いい子いい子~ 関連商品をこんなに運んできてくれるなんて本当に頑張ったわね…指揮官、ちゃんとあの子たちをねぎらってちょうだい 関連項目は慣れているわ。 全艦、戦闘陣形、Tiro(ティーロ)!• ザラ(アズールレーン)•

次の