低用量ピル 憂鬱。 生理 情緒不安定 ピル

ピルで胸が大きくなるってホント?知っておきたいそのワケと危険性

低用量ピル 憂鬱

<目次>• ビタミンCとピル併用には注意 美肌サプリの定番といえば ビタミンC。 そのビタミンCですが、ピルとの併用にはちょっと注意が必要そうです。 1981年英国メディカルジャーナル Briggs MH氏の論文にこんな報告があるのです。 『低用量ピル(トリキラー、トリファジル、ノルデット)の服用者12人が、50mgまたは1000mgのビタミンCサプリメントをピルと一緒に服用。 その結果、 ピルユーザーが大量のビタミンCを摂取すると、低エストロゲンピルでも高エストロゲンピルと同じだけの強い作用が見られるようになることがわかった。 』 つまり、低用量ピルを摂っていても、高用量ピルと同じだけの作用が出てしまうのです。 それはつまり、副作用も強く出てしまうということ。 偏頭痛や吐き気など、ピルの副作用は人それぞれですが、副作用が気になっている方はビタミンCとの併用には注意しましょう。 セントジョーンズワートとピルの飲み合わせは避ける セントジョーンズワートについては、記事でも紹介しましたが、薬やサプリとの飲み合わせに注意が必要なハーブです。 ピルと併用した場合、セントジョーンズワートとの相互作用により、ピルの効果を弱めしまうことが知られています。 避妊のためにピルを摂っていても、作用が弱くなれば妊娠の可能性が高くなります。 また、子宮内膜症など治療のためにピルを使用している場合、ピルの作用が弱まれば病気の治療に支障をきたしてしまうので、ピルユーザーはセントジョーンズワートの併用は避けましょう。 女性ホルモン系サプリとピルの併用も要注意 胸は気になるけど、健康被害はもっと嫌。 意外と気付かず摂っているのが、大豆イソフラボン、プエラリア・ミリフィカなどの女性ホルモンに似た成分が入ったサプリメント。 ピル自体が女性ホルモンを補う薬品なので、それ以上にサプリメントで追加してしまうと、副作用が起こりやすくなったり強く出てしまいます。 女性ホルモン系の成分は「胸が大きくなる!」とPRしているサプリメントに入っていることが多いため、意図せず摂ってしまうこともあります。 ピルを使用するときは必ず内容を確認してサプリメントを選ぶようにましょう。 今回は一般的に注意が必要な成分を紹介しましたが、これ以外にも、体質によって組み合わせによる副作用が表れる可能性もあります。 ピル使用中にサプリメントを併用する場合は、必ず医師に確認してくださいね。 【関連記事】•

次の

ピルと漢方の服用で生理痛とPMSが改善された体験談

低用量ピル 憂鬱

月経前症候群は略してPMSとも呼ばれており、多くの女性たちがこれに悩んでいます。 月経前症候群は月経前に女性が感じる様々な精神的・身体的症状で、不快なことも多く含まれるため日常生活に支障が出ることもあるのが問題となっています。 月経前症候群の症状としては身体的症状には頭痛や腰痛、むくみなどがありますが、自律神経機能に関わる不調としてのぼせやめまいなどが起こることも問題です。 また、PMSによって起こる精神的症状には情緒不安定やイライラ感などが知られています。 ちなみにPMSの中でも特に精神的症状がひどくあらわれる人には月経前不快気分障害(PMDD)という診断が下されることがあります。 PMDDの人はPMSの人よりも月経前のイライラ感や不安感、絶望感などが重症であることが特徴です。 このような月経前症候群を改善したいなら、レディースクリニックで低用量ピルを処方してもらうという方法が良いでしょう。 低用量ピルを服用すると排卵を止めることが出来ます。 月経前症候群は排卵によって体内の女性ホルモンに大きな変動があることが原因で起こっていることが多いので、低用量ピルを飲んでいれば月経前症候群による不快な症状を抑えることが期待出来ます。 PMSを治したい人が利用する方法としてはルナベリーというサプリメントを飲む方法もあります。 しかし、ルナベリーは配合されているチェストベリーというハーブが女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌を正常化することによってPMSの症状を軽減させると説明しています。 そのため改善効果が感じられる人と感じられない人に分かれるため、低用量ピルを婦人科で処方してもらう方が症状の軽減の可能性が高いと言えそうです。 なお、自分はPMDDかもしれないというほど月経前の精神的な落ち込みや不安感などがひどい場合も、婦人科で相談して低用量ピルを使うことによって改善するかもしれないのでまずは受診してみましょう。 婦人科で相談すれば必要に応じて他の治療法を併用するといった提案もしてもらえるため安心です。 生理時の出血量が激減するのは本当か? 毎月の生理に関係して月経前症候群の他にも女性が悩んでいることには、月経痛や月経による出血量の多さなどがあるでしょう。 また、生理の周期が乱れがちになる生理不順を治したいという人もいるのではないでしょうか。 低用量ピルを処方してもらうことは、これらのような生理の悩みの改善にも役立ちます。 例えば、月経痛は子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンというホルモンが多い時に、子宮の収縮が過剰になって起こってしまうものです。 このプロスタグランジンの量や生理の時の出血量は子宮内膜の厚さによって多くなるとされています。 低用量ピルを飲んでおくと子宮内膜が厚くならないうちに生理が来るので月経痛が軽減したり出血量が減る効果が期待出来ます。 生理時の出血量が多い人は貧血になりやすいため、困っていることが多いのではないでしょうか。 その他にも出血量が多い人は頻繁にナプキンを替えなければならない点も不便です。 そのような悩みがある人は低用量ピルの服用によって生理時の出血量が必ず激減するとまではいかなくてもほぼ軽減されることが多いので是非婦人科で相談してみてください。 低用量ピルを飲むと女性ホルモンの変動が抑えられるため、自律神経機能が乱れて月経前にひどい眠気を感じたりすることが多少なりとも改善出来ます。 なお、低用量ピルを使うのが初めての人はプラセボ(偽薬)が含まれている28錠タイプを選ぶと飲み忘れをしにくいので便利でしょう。 プラセボは女性ホルモンが入っていない薬になっており、低用量ピルを利用しているとプラセボを服用する期間に生理のような出血が起こるため、生理周期も安定します。 服用することで様々な効用が得られる低用量ピルを活用して、毎月憂鬱だった期間を楽に過ごしてはいかがでしょうか。

次の

低用量ピルの通販最安値価格と種類|効果や副作用、使用方法の詳細!

低用量ピル 憂鬱

子宮ガンは「子宮の入り口付近にできる子宮頸部ガン」と「子宮の内膜にできる子宮体部ガン(子宮内膜ガン)」に分別できます。 子宮頸部ガンは最近HPVというウィルスが原因で起こるガンであることがわかってきました。 HPVの感染は性交渉での感染の機会が最も多く、約8割の女性が一生に一度はこのHPVというウィルスに感染すると言われています。 しかし、その感染のほとんどが一時的な感染であり、運悪く長期に感染が及んだ際にガン化の可能性が出てきます。 実はこのHPVウィルスは現在約150種類見つかっており、その中で15種類がガン化に関係することもわかっています。 現在ではその15種類中最もガン化の危険性の高いHPVである16型、18型のHPVに対するワクチンが発売されています。 このワクチンの接種で約7割も子宮頸部ガンになる危険性が減ると考えられています。 低用量ピルと子宮頸部ガンとの関係 近時、低用量ピルを内膜症の治療薬として応用されるようになりました。 低用量ピルはその成分(女性ホルモン)のバランスから子宮の内膜の成長を抑えます。 月経とはその内膜が入れ替わることですから、低用量ピルの服用で月経量が減ることになります。 子宮内膜症は内膜の細胞ですから、低用量ピルの服用で内膜症も成長が抑えられるのでは?ということが始まりでした。 一般的にオーソMという低用量ピルは一番月経量を減らすタイプのOCです。 このオーソMを使用すると内膜症の方だけでなく、子宮筋腫の方や病気のない生理痛の強い方でもその生理痛を緩和することができたため、月経困難症に対して使用する婦人科医が増えています。 また、子宮内膜症の方の月経痛だけではなく、病巣も縮小し、病気に対する治療効果もあることがわかってきました。 医療系のベンチャー企業が子宮内膜症の治療薬としてオーソMを健康保険適応薬とするべく、厚生労働省と交渉し、現在、ルナベルという名の子宮内膜症治療薬として病院で処方されています。

次の