ナラティブ ガンダム 改造。 ガンダムNTの後付けの設定、ナラティブガンダムは存在しないはずのガンダム!?

HG ナラティブガンダムC装備

ナラティブ ガンダム 改造

HG ナラティブガンダム用 B装備拡張セット コロニー内戦闘用の形態であるB装備。 まず注意点ですが、『B装備拡張セット』という事で ナラティブガンダム本体は付属しません。 例えるなら、HGUCベース・ジャバーのような大きさ。 まずは内容物から見ていきます。 ポリキャップはごく一部しか使わないため、余剰がかなり出ます。 ホイルシールは付属しませんが、パーツ分割による色分けは優秀です。 組み上げたB装備がこちら。 ちなみにランナーの都合上、サーベルラックは2つ組めますが1つは余剰となります。 バックパックは丸ごと交換します。 2基のスラスター(グレーのパーツ)もB装備には付属しないため、A装備のスラスターを移植します。 交換したバックパックに、 有線式遠隔攻撃端末を取り付けます。 シンプルなプラ同士の凹凸接続ですが、KPS素材が使われているためか接続強度が丁度いい感じでした。 後ろから。 自立は安定しますが、ナラティブの股関節が緩いので脚が勝手に広がらないよう微調節してあげた方がいいかもしれません。 (デフォルト状態でも転倒はしませんでしたが一応) フィンファンネルのような形をした インコム。 有線式かつサイコ・キャプチャーを搭載しており、NT-D発動時には無線式のファンネルになるという設定です。 内側は要塗装です。 元々シンプルなカラーデザインというのもあり、端末の色分けは優秀です。 基部で角度が変えられます。 リード線は形状を記憶するタイプのものが2本付属します。 小型シールドは一度手首パーツを外してから前腕部に取り付けます。 ガッチリと保持されます。 ジェガンが装備しているシールドの上部分を切り取ったようなデザインですね。 4連装ミサイル・ランチャーも赤で色分けされています。 そして完成したHGUCナラティブガンダムB装備がこちら。 シルエットが変わり、AともCとも違う印象になりました。

次の

ガンダムNTの後付けの設定、ナラティブガンダムは存在しないはずのガンダム!?

ナラティブ ガンダム 改造

概要 [ ] がの試験機として開発した多目的試験用。 以前に開発された 試験機であり、一部機体形状に共通点が見受けられる。 本来はデータ収集を目的とした実験機である為、各部のは露出したままであり 、武装も60mmバルカン砲のみであるなど戦闘での運用は考慮されていない。 データ回収を目的にを搭載しており、胸部にバーティカル・イン・ザ・ボディ方式のを有する。 ただし、コア・ファイターを搭載する関係上、0090年代には珍しくは搭載されていない。 アナハイムからの手に渡り、ジェネレーターやOSを最新の物に交換された上で「」作戦に投入された。 なお、機体名称のナラティブは「神話」という意味を持ち、が「」は神の領域に触れる行為であるとして名付けた物であり、アナハイムでの呼び名は不明。 ナラティブガンダム単体はあくまで「素体」であり、この状態では戦闘能力は皆無に等しい。 一方で、機体の拡張性に優れており、「不死鳥狩り」では様々な武装ユニットを事前に用意した上で作戦に投入されている。 ただし、武装ユニットを装備してこの機体に搭乗する場合、パイロットは専用のウェアラブルデバイスを装着した「サイコ・スーツ」を着用する必要がある。 このスーツにはサイコフレームが仕込まれており、Gの軽減やサイコ・キャプチャーを発動することが可能となる。 また、秘密裏にが搭載されており、一定以上の感脳波を感知するとパイロットの制御を離れて自動的に対象を殲滅する。 登場作品と操縦者 [ ] 主役機として登場。 主に換装中のシーンでこの形態が登場している。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] コア・ファイターで脱出可能。 胴体部に垂直合体方式(バーティカル・イン・ザ・ボディ)方式のコア・ファイターを内蔵する。 本機に秘密裏に搭載されているOSで、「エヌティーディー」と呼称する。 一定以上のサイコ・ウェーブを感知すると自動的に発動し、パイロットの制御を離れて対象を殲滅する。 系列機のように変形して機体のリミッターが解除されるわけではないので、この機能が発動しても外見や性能に変化はない。 サイコミュ・ジャック ファンネルのコントロールを奪う等、敵のを自分の制御下に置く事を可能とする機能。 NT-D発動時のみ行える。 サイコ・スーツに組み込まれているサイコミュ用特殊素材。 表向きは機体に搭載されていない為、間接的に機体に搭載される事になる。 マルチプルディスチャージャー 指の付け根部分に搭載されている多目的ランチャー。 作中ではワイヤーを使用している。 武装・必殺攻撃 [ ] 60mmバルカン砲 頭部に2門内蔵されている。 この状態では唯一の武装である。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] 高機動用オプションと大型兵装群を装備した状態。 コロニー内戦闘を想定した非ビーム兵装主体の状態。 を外装した状態。 本来の装備プランには存在しない姿であり、名称も便宜上のものである。 サイコミュ・ジャックの影響で、ハル・ユニットと一時的にドッキングした。 そのため一部のファン達からD装備という非公式の愛称が付けられている。 本機の後に開発された機体。 同じアナハイム製の機体であるためか機体の一部形状が酷似している。 この機体には本来サイコフレームは搭載される予定ではなかったが、現場の判断で搭載されることとなった。 なお、小説『』に、この機体の開発に至るまでにテスト機が3~4機開発されたという記述があり、本機がそれに該当する可能性がある。 漫画『』において、では本機と同型のベース・フレームを使用する予定だったとされている。 型式番号を含め、本機と共通点があるが、関連性は不明。 商品情報 [ ] リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の

ガンオン攻略 : ナラティブガンダム C装備の評価とステータス

ナラティブ ガンダム 改造

価格は5,940円です。 付属品はビームサーベル2本、大型ビームサーベル刃2本 ディスプレイスタンド、サイコキャプチャー保持スタンド2本、サイコキャプチャー差し替えジョイントが付属します。 付属するホイルシールは大きめですが殆どがA装備部分の色分けを補うものです。 余剰パーツも若干あり、銃持ち手やサーベルラックのようなパーツなどが余ります。 まずは素体となるナラティブガンダム。 機体の上腕や大腿部など色々な所の装甲が外されていてフレームがむき出しになっているのも特徴的。 キットの色分けは成形色でほぼ再現されています。 肩や腰アーマーなどにある丸ディテールのグレーやダクトなど細かい部分は塗装が必要ですが ほぼイメージ通りに仕上がっています。 使われているポリキャップはPC001でKPSも使われています。 ABSのランナーもありますがA装備に使うランナーでした。 それと今回は前腕にもロール軸がありました。 頭部アップ。 アンテナなどはきっちり色分けされていますがバルカン部分などは塗装が必要です。 ツインアイはシールですがパーツ自体はクリアパーツです。 首はプラパーツで塗装しやすい作りです。 胸部は独特な形状でコアファイターのようなディテールもあり一部にクリアパーツが使われています。 バックパックはバーニアが別パーツ。 BJで若干可動し内側のディテールもありました。 パック接続部は2穴タイプです。 肩アーマーはダクトや丸ディテールの塗装が必要です。 合わせ目はほとんど目立ちませんが肩側に若干あります。 腕部は上腕がフレームむき出しとなっています。 手首は画像の物のみで平手などはありません。 銃持ち手は余剰扱い フロントアーマーとサイドアーマーが可動。 こちらもダクト内部や丸ディテールは塗装が必要です。 リアアーマーですが余剰扱いになっているサーベルラックのようなパーツが取り付け可能になっていました。 股関節は軸のスイングギミックがあります。 太腿などはフレームむき出しになっています。 脹脛のダクトなどは開口されていて脛は合わせ目も出ない分割。 膝にはシリンダーのディテールがあります。 膝ブロックには合わせ目あり。 脹脛のカバーは可動しますが内部にバーニアなどはありませんでした。 足首は蓋パーツがあり肉抜きなしで見栄えが良いです。 可動範囲など。 PC001仕様なので全体的に良く動く作りになっています。 肩のポリキャップは上方向に可動しますが 胸部分がハの時に開くようになっていて前方向にも動くようになっています。 また腰も横にスイング可能でした。 脚部も股関節は180度近く開きますし膝の可動も十分。 ただ足首の接地は足首関節がBJなので並です。 武装は少なくビームサーベルのみで手持ちの銃などはありません。 フェネクスのアームドアーマーは取り外しています。 続いてA装備への換装ギミック。 まずはフロントアーマーの装甲を一部外し、ハイメガキャノンが付いたものを被せます。 続いて脚部ユニットですがナラティブの膝から下を埋め込むように取り付けます。 脚部のロックなどは無いのですが、上からカバーパーツを取り付けるため抜け落ちる事はありません。 続いてスタンドにフレーム&大型ブースターを取り付けたパーツを ナラティブガンダムの腰に接続。 そしてサイコキャプチャーユニットを背面のフレームに接続し グリップを握らせます。 これでナラティブガンダム A装備の完成です。 高機動オプションという事もあり背面には4本のFAユニコーンと同じタイプの大型ブースターが取り付けられ 左右には長大なサイコキャプチャーが装備されているのでHGですが40センチ近い長さがあります。 こちらもそれなりに細かく色分けはされているものの、シールを使う所は結構あります。 換装しても各ユニットはしっかり取り付けられていますが、付属のスタンドを使うか 脚ユニットを接地させておかないと股関節に負担がかかりそうです。 4本ものブースターが突き出した後ろ姿も迫力あります。 こちらの可動部には一部ABSが使われていました。 スタンドは2段階で角度調整が可能です。 一応アクションベース4なども使えるといえば使えますが 浮かせようとすると股関節が重量に耐えられず垂れ下がりますし、かなり負担がかかるのでやめておいたほうが無難だと思います。 グリップアームは多くの可動ポイントがありグリグリ動かせます。 ただサイコキャプチャー基部の接続は四角軸で回転はできません。 砲身を左右にスイングする事自体は可能です。 サイコキャプチャーユニットは砲身がモナカなので合わせ目あり。 アームジョイントなどにもありますがキャプチャー部分など段落ちモールド化されている所もあります。 黄色いパーツの付け根はダークブルーなのですがこちらはシールで補う事ができます。 5連装中型ミサイルポッドは左右のユニットに3基ずつあり カバーは発射時にパージされるそうです。 カバーを外せば弾頭がありますが弾頭の赤色はシールで補います。 FAユニコーンと同じタイプの大型ブースター。 こちらはバーニアが別パーツになっています。 タンクの合わせ目は段落ちモールド化されていました。 タンクの赤ラインはシールで補います。 脚部のユニットは大きいですが合わせ目がディテールに組み込まれている所が多く見栄えは良いです。 膝にある尖ったパーツはスイング可能。 紺色部分にある楕円状のモールドは白ですがシールあり。 後ろ側のスラスターはカバーの可動と連動して飛び出します。 スラスターは内側の黄色やグレーなどが再現されていませんがシールで補えます。 砲身は左右にスイングできますが派手に回転させたりは出来ないのでそこまで大胆なポーズは取れません。 ミサイルハッチパージ。 砲口にはPGサイズの巨大なサーベル刃を取り付け可能。 かなり長いですが保持は可能です。 またキャプチャーユニットは軽く開くとロックが外れ 砲身部分をスライドして前方に展開する事ができます。 その際先端が重くなった砲身を支えられるスタンドも付属。 高さ調整も可能です。 サイコキャプチャーユニット展開状態。 クローはダイナミックに開閉が可能。 大きさもあるので迫力あります。 さらに一部パーツを差し替えて画像のものに交換すれば 挟み込むような位置にもセットできます。 クローの大きさも十分でHGサイズのMSなら掴んでみたりする事も可能でした。 先端がかなりの重さになるためスタンドでの支えは必要です。 以上HGUC ナラティブガンダム A装備 レビューでした。 ナラティブガンダム本体の方は武装がサーベルのみと簡素な内容ですが フレームむき出しの独特なデザインが面白く可動も胸可動や前腕ロールなどもあり良く動く作りになっていました。 A装備を装着すると普通のMSからシルエットが一変し、 ブースターやサイコキャプチャーユニットの砲身が長く伸びた迫力ある機体に変わります。 重量の関係からか砲身は左右スイングのみとシンプルな可動ではありますが 長い砲身を巨大なクローがスライドし、ぐわっと開くのは普通の武装にはない楽しさでした。

次の