夜 に なると 熱 が 上がる コロナ。 夜になると微熱が続く原因と考えられる病気や対処法

コロナウィルスに感染した場合 一日中発熱がつづくのでしょうか? 喉の

夜 に なると 熱 が 上がる コロナ

いまだ終息の兆しが見えない、新型コロナウイルスによる感染症。 厚生労働省は感染の可能性を疑う目安を「風邪の症状や37. 5度以上の発熱が4日以上続いた場合」とし、該当する場合は、帰国者・接触者相談センターに問い合わせるように呼び掛けています。 季節の変わり目に差し掛かり、連日気温の変化も大きいことから、ネット上では「微熱かも」「風邪気味なので、毎日体温を測っている」という人が多いようですが、中には「体温が正しく測れているのか不安」「平熱が高い方だから、微熱の判断が難しい」「そもそも、平熱と微熱の基準ってあるの?」など疑問の声もあります。 「体温」に関するさまざまな疑問について、内科医の市原由美江さんに聞きました。 食後は避け、脇をしっかり締めて Q. そもそも「平熱」「微熱」とは何でしょうか。 市原さん「一般的に、平熱は36. 0度以上37. 0度未満、微熱は37. 0度以上38. 0度未満です。 また、感染症法に基づく届け出基準では37. 5度以上を『発熱』、38. 0度以上を『高熱』と定義しています」 Q. 「平熱が低い/高い」といった言葉を耳にすることがありますが、平熱の高さに違いがあるのは事実でしょうか。 市原さん「事実です。 平熱は個人差が大きく、35度台の人もいれば37度台前半の人もいます。 最近の研究では、がんにかかっている人や肥満の人は体温が高い傾向にあり、人種では黒人女性の体温が高いという結果が出ていますが、これ以上の詳細は分かっていません。 ちなみに、日本人の平均体温は36. 89度とされています。 年齢を重ねるにつれて体温は下がってくるので、子どもは平熱が高く、逆に高齢者は平熱が低くなります。 また、体温は朝に低く、夕方に高くなります。 1日の中でも体温は変化していて、日中に高く、夜間に低くなるのです。 気温にも影響されるので暑い季節は高く、寒い季節は低くなります」 Q. 「体温を測るたびに違う数値が出る」という声もあるようですが、考えられる要因は何でしょうか。 市原さん「先述したように、1日の中でも時間帯によって体温が違うことや室温・洋服が違うこと、測り方が安定していないことなどが考えられます」 Q. 体温をできるだけ正確に測るためには、体のどの部位でどのように測るのがよいのでしょうか。 市原さん「測る部位によって温度が違います。 温度は口の中や直腸の方が安定していますが、それぞれ体温計が特殊なものとなり現実的ではないので、一般的には脇の下で測るのがよいでしょう。 汗をかいていると正確に測れないので、きれいにしてから体温計を脇の奥まで当て、脇をしっかり締めて動かないように固定します。 これは動くことによる摩擦熱の影響や、体温計がずれて測定部位が変わることによる温度変化で、正しく測れない可能性があるためです。 検温中に動くと正確に測れないことがあるので、安静にした状態で測りましょう。 普通の体温計であれば、数秒から数分で測れるものなどさまざまなので、それぞれに定められた時間まで待つことが基本です。 水銀の体温計であれば、10分程度かける方が正しく検温しやすいです」 Q. 検温に適したタイミングや環境とは。 市原さん「測る時間帯はいつでも構いませんが、日中と夜間の自分の平熱がどのくらいなのかを事前に把握しておくとよいでしょう。 ただし、食後は体温が上がるので、食後2時間くらいまでの検温は避けてください。 また、極端に寒い/暑いような環境で測るのも避けましょう」 Q. 一般的に熱があるか確認するとき、おでこに触ることも多いと思います。 これはなぜですか。 市原さん「他者が熱の有無を確認する場合、おでこは表面に出ている上、手でちょうどカバーできる大きさなので、自然とおでこで熱の確認をするようになったのではないでしょうか。 実際、おでこで測る体温計もありますが、おでこは外気の影響を受けやすいので他の部位よりも正確性に欠けます」 Q. 自分の平熱を正しく知るためのポイントや注意点とは。 市原さん「自分の平熱を把握することはとても大切です。 時間帯によって変わるので日中と夜間の平熱を確認しましょう。 平熱は個人差が大きいので、37. 5度を超えていなくても体内で発熱の原因となる炎症が起こっている可能性があります。 目安として、平熱よりも体温が1度以上高いときは、喉の痛みや倦怠(けんたい)感などの症状がないか注意してみましょう」 外部サイト.

次の

夜になると38度に熱が上がります

夜 に なると 熱 が 上がる コロナ

夜になると微熱が出てしまう事がありませんか?特に周囲に風邪の人が居たわけでなくうつされた訳ではない、夜だけに限って微熱が出るという症状の場合にはそれは「心因性発熱」が原因なのかもしれません。 今日はそんな「心因性発熱」について学んでいきましょう。 原因としては潜在的なストレスやオーバーワークによる発症が多いので注意が必要です。 自身の中に蓄積しているストレスや疲労がしっかり処理できていないと、いつまでもこの様な症状が発生してしまう事になります。 もし1ヶ月以上慢性的に発症される方は重大な病気の可能性もありますので注意が必要です。 夜になると微熱が発生し、体がだるくなってしまう症状の原因や対処法などについて知って、しっかりと改善できるようにしていきましょう。 この記事の目次• 夜になると微熱がでる原因 夜になると微熱が発生してしまうのは、心因性発熱という症状が発生していることが考えられます。 心因性発熱と一言でいっても、肉体的疲労や精神的ストレス、他の病気との合併症など様々な原因があります。 また熱が出る事で様々な障害が考えられます。 予定の変更や通院、作業の遅延などが重なりいつの間にか疲労しているということが関係していてなかなか気づきづらいこともあります。 まずは何故こういう熱が出てくるのか原因を理解してみましょう。 心因性発熱には3つのケースがある 心因性発熱は大きく分けて3つのケースがあります。 過度なストレスを受ける事で体温が上昇し、そのストレスが解消されると症状が治まるケース• 1と2が合併症となり発熱するのが3番目のケースで、子供や幼児は1のケースが多く、大人や年配の方は2か3のケースが多いです。 人間にかかわらず恒温動物の体温が心理的なストレスをを受けことで上昇する事は、動物実験では幅広く認知されています。 この発熱は交感神経が優位になることで体の活動が活発になり、体温が上昇するというメカニズムが関係して発生しています。 心因性発熱の症状について 基本的には発熱の体温としては37度付近の微熱が発生することがほとんどで38度を超える症状は稀になります。 この発熱は解熱剤などでは症状を抑えることは出来ず、休むことでしか対策することが出来ません。 内科などに行っても血液検査など一般的な検査ではなんら原因が見つからず、心療内科や精神科を紹介される場合がほとんどです。 微熱の症状の他には、自律神経が乱れることで脱水症状になりやすく、乾燥や不整脈などの症状も発生します。 同時にめまいや手足の痺れ、不眠症やうつ病や躁病と言った精神疾患も併発しやすい傾向もあります。 夜に症状が発生しやすいのは、日中は適度な緊張状態で自律神経を保たれていたものが、急激に緊張が解けることで、今までごまかしていたストレスなどが一気に体の自律神経を乱れさせ体調不良を起こしてしまうと言うものになります。 慢性的な疲れとストレスが原因 仕事での緊張や人と合う回数が多い、喧嘩をした時などのメンタルが激しく揺さぶられることが大きな原因となります。 具体的には、慢性的なストレスを抱える事で37度前後の微熱が出る事が多いです。 例えば仕事で残業が続いたり、学生なら授業に塾、部活など忙しい日が続いたり、家事や介護などで疲れ果てたりといったようなストレスが重なる事で発生します。 「心因性発熱」はストレスに負けない様に、交感神経を刺激して体の防御希望を高めるために発生します。 交感神経の高まりと共に体温が上がります、熱が出てだるくなる、と言った症状が出てきます。 あまりにも慢性的に続く様であれば、他の病気との合併症が危惧されますので無理をせず早めに医者に掛かってください。 心因性発熱の症状になりやすい人 この心因性の症状を発生させやすい人というのが存在します。 ストレスを溜めやすいと言うのは、性格的な要因が大きく、同じ環境に居ても同じ言葉をかけられても考え方などの違いによって蓄積されるストレスや疲労量は大きく変わります。 特に心因性の問題になりやすい人は、完璧主義者に多く、次に責任感の強い人、真面目な人、言葉数の少ない人という風に、トラブルにつながりやすい人には性格的にストレスを溜めやすいという傾向があります。 逆に仕事中に適度に力を抜いていたり、小まめに休憩を入れて仕事を効率よく勧めている人には発生しづらい傾向がありますので、性格的にストレスを蓄積しやすい特徴を持った人は、考え方や目線を変えて、精神的なストレスだけでも軽減していく必要があるでしょう。 その他の可能性 更年期で数週間以上の熱発が続いてる場合は、一般的にはそういう状態を「不明熱」と言い、ホルモン異常・悪性腫瘍・膠原病・慢性感染症などを疑い、それぞれの検査を行います。 体重が急に減ったり、疲れやすくなったり、イライラするようになったとか、筋力が落ちたとか、そういう随伴するいろんな症状がきっかけで、何の病気か判断出来る場合もあります。 「熱が出たけど薬を飲んでも効果がない」と言う時は、まず何の病気なのかを出来るだけ判断してください。 慢性的に発熱してるのに放っておくと取り返しのつかない病気だったりする場合もあります。 妊娠初期の症状の可能性 妊娠初期の症状では、生理周期の高温期が長くなり微熱が長期的に続いている様な状態が発生します。 この働きは、受精卵が卵管で出来上がってから、受精卵が卵管を移動し子宮にたどり着き、着床するまでの過程をサポートするもので、たっぷり子宮内に血液を送り込み子宮が収縮するのを防いで着床しやすくしています。 この働きは女性ホルモンの黄体ホルモンが優位に働き体温を上昇させている事で発生しているいわば生理現象になります。 本来通常の生理周期では低温期と高温期が2週間おき程度で交互に現れますが、妊娠初期や生理不順などが発生すると時期が伸びることがあります。 着床が完了し、妊娠が確定すると15週間ほど高温期が続きます。 しかし、個人差があり2週間ほどで平熱に戻った人や20週目まで高温期が続いた人も居ます。 もしこれらの気になる症状と共に、妊娠が発生するような性的接触を行っている場合には妊娠検査などをしたほうが良いでしょう。 夜に微熱が出た時の対処方法 この病気に大事なのは自覚です。 「自分が無理をし過ぎている」「頑張りすぎている」などと言ったオーバーワークをまずは自覚して見直していく必要があります。 ここでは、心因性発熱が続く場合の対処法を覚えましょう。 70%の出力でもOKの精神 1日の中での行動を決めて、優先順位をつけて、仕事でも家事でも全力注入では無く、それを全てやろうとせずに70%ほどの気持ちで取り組む事が大事です。 100%出来ないことに対して「自分はもっとできるはず・・・」とか「手を抜いている」などの自己嫌悪や罪悪感を抱かずに「これは今の自分に必要な治療だ」と割り切って頭も心も今の自分の現状を理解してあげてください。 多めに休憩を取りながら仕事や家事を行い、疲れを感じ始めた時に抱く考えと、行動を、「まだまだやれる、もうちょっとだけ頑張ろう、区切りのいい所までやってから休もう」ではなく、「疲れは危険信号、しんどくなる前に休憩しよう」にチェンジしていくと精神的負担が軽減されます。 心因性発熱の患者さんのほとんどが「頑張り屋さん」です。 無理を続けてきた事に対する、疲労やストレスが無意識のうちに蓄積され症状として体に現れます。 頑張る事も大事ですが、体が悲鳴を上げ始めたら少し休んで自分の健康を優先してあげてください。 元気に回復して、予防の知識や習慣を手に入れてから頑張り始めても遅くはないはずです。 休憩を増やし自分を労わる オーバーワークやストレスで疲労仕切った体を休める事は重要な事です。 無理に熟睡状態にならなくてもいいので、体を横にし、目を閉じて安静状態にするだけでも効果はあります。 目を閉じるだけでもリラックス効果はあります。 潜在的なストレスや疲労に気づかない事が原因で心因性発熱を発症しているので、意識的に休憩を増やし肉体的にも精神的にもストレスから解放してあげましょう。 現代人の多くは休憩や睡眠を削り仕事や人付き合いを優先する傾向にありますが、この時ばかりは何も考えずに自分の体の健康の事を考え、優先して休息を多くとる事で疲れ切った体を癒してください。 心理療法 心理療法は、主に会話を行い、精神疾患や心身症になりかけている人、または患っている人に、精神心理的問題や不適応に陥っている人などの認知・情緒・行動などに働きかけ、症状の改善に適した行動を図ることを目的としています。 特に、人間関係に起因するストレスなどの影響が認められる心因性の精神疾患の治療においては、心理療法はストレスに対しての分析をするので、薬物療法とはまた違った治療方法になります。 様々な合併症も考えられるため適切な治療を受け治さないと、症状も治りにくいことがあります。 特に精神に問題があるケースは、精神的ストレスの解消を同時に進行するか、むしろ精神科医にかかってカウンセリングなどの治療を先に行う方がよい場合があります。 精神の状態が安定しないと体温が下がりにくいですが、精神状態が良くなれば、時間の経過と共に心因性発熱も治る人もいます。 夜になると微熱が出るのを予防する方法 体調不良による風邪の熱にでも、肉体的・精神的ストレス性の熱にでも、身体の高体温状態 微熱状態 が継続して発症するということは、身体は体温を上昇させるために通常よりも多くのエネルギーを消費しています。 普段なら何でもないことが、身体にとっては過度な負担となってしまう可能性があることを理解してください。 心因性発熱が慢性的に発症している期間の日常の大事な意識は、通常生活をゆっくり過ごす事と、睡眠時間を多めにとり体を休める事が何よりも大切です。 市販薬として販売されている風邪などに有効な解熱剤などは効果がないので、生活習慣を完全してしっかり対策していきましょう。 仕事・家事のペースダウン 日々の生活を支える為に仕事や家事は行っていかなければなりません。 が、ここで大きな負担を抱える事が心因性発熱に繋がっているので「少し手を抜きましょう」。 残業が続いてる方は、職場に体調の事を申し出て少し早めに帰宅したり、火事が多い人は毎日やっている家事を2日に一度にする、など自身の体の様子を見ながら「無理の無い程度」で日常を送る事が必要です。 心因性発熱は今まで「無理をして頑張り続けた代償」になるので、「自分は頑張ってない」とか「これでいいのか?」など悲観的にならずに、気持ちを割り切って「今は療養の時」と自覚しましょう。 肉体も精神も労い、明るく健やかな日常を手に入れましょう。 十分な睡眠時間 睡眠不足が日本人口の6割を超えると言われている現代人。 確かに仕事や家事、会社・友人・恋人との付き合いなどを含めると、自分の時間や睡眠時間を割いていかないと、それらを満たすことはできません。 ですが、心因性発熱を防ぐためにも十分な睡眠時間はしっかりと取りましょう。 毎日快眠を目指すのもいいですが、それでは時間が足りないでしょうから「2日に1日はしっかりと寝る」または「毎日10時には絶対に寝る」などと意識付けする事が大切です。 十分な睡眠を取る事で、疲労回復、自律神経の安定、と肉体的にも精神的にもいい状態でいられます。 肉体が健康的に安定することで集中力が向上し、作業時間も短く効率的に行える事でしょう。 多忙な日々が続くと、一番最初に割かれてしまう「睡眠時間」ですが、必要な休息・睡眠ですので肉体を労わる意味でもシッカリと寝て、快復に務めましょう。 ストレス解消 ストレスは精神にも肉体にも数多くの影響を与えます。 ですのでストレスで体調を壊す時、一つの病気だけでなく、複数の症状発症、精神疾患が合併症として同時におこることがあります。 ストレス社会と呼ばれている日本では、ストレス解消は大事なライフワークの一環と言っても過言ではないかもしれません。 大好きなアーティストの音楽を聴いたりLIVEに行ったり、旅行に出かけて美味しい物を食べたり、絶景や自然に癒されたり、家で静かに絵を描いたりと、趣味などで自分に使う時間を増やし、ストレスを解消しましょう。 汗をかくような運動をしたり、カラオケで大声で叫ぶように歌うのも肉体的ストレスを発散するのには大きな効果がありますし、アイマスクをして、アロマを炊き、穏やかなヒーリングミュージックを聴くのも精神的ストレスの解消に効果があります。 ストレスを解消しリラックス状態を作る事で精神に安心をもたらす事が、結果として心因性発熱の予防に繋がります。 読書、運動、ティータイムがストレス解消に有効 イギリスの大学の研究では読書がストレスの発散法の中では最も効果がありその次がティータイムでありました。 読書を行った場合6分間で70%のストレス発散効果が現れたとする研究結果を発表しています。 自分が熱中して読むことが出来る本であれば、漫画でも小説でも戯曲でも構わないとしています。 ストレスは自分の脳内で嫌な出来事などが繰り返されることで増幅していくものになります。 ですから、物語などに熱中して忘れられることが効果的なのです。 また、運動においても体を動かすことに脳を使うことでストレスの軽減につながります。 また、適度な疲労感は睡眠導入のきっかけにもなり、自律神経を整える効果も期待できます。 さらに運動で体を鍛えることで思考がポジティブに変換され、ストレスを溜めにくいマインドを手に入れることもできます。 これらのストレス対策法を試して、ストレスを溜めないようにしていきましょう。 まとめ 心因性発熱は肉体的ストレスや精神的ストレス、他にも日常の「頑張り過ぎ」が大きな原因となります。 頑張る事で対価を得たり、社会的地位向上と得られるものも大きいとは思いますが、仕事や家事のペースを落とし、休息を増やし、負担を減らしましょう。 無意識な内にストレス過多になっていることが多いのでシッカリと自覚することが大事です。 自分の体と相談しながら無理の無いペースで心因性発熱を解消に、予防していきましょう。 肉体・精神疲労時に現れるこの病気は様々な病気との合併症も考えられる病気なので、慢性的に続くときは自己判断せずに病院へ行き、心療内科などでカウンセリングを受けてみてください。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!」.

次の

コロナウィルスに感染した場合 一日中発熱がつづくのでしょうか? 喉の

夜 に なると 熱 が 上がる コロナ

夜になると38度を超える熱が出て朝は下がっている・・・という症状が私と一緒だったので回答を入れさせていただきました。 あくまで参考になさってください。 私も夜になると38度~39度台の熱と腰痛が出て朝は平熱か37度くらいに下がる。 仕事は週2程度のパートでしたが寒気を感じる程度だったので出勤していました。 それを2週間くらい繰り返していましたが、病院には行っており風邪薬を処方されていました。 ただそれがなかなか治らないので途中で尿検査(腎臓の方を疑われたそうです)をしました。 がそれが陰性で今度は血液検査をしました。 その結果が出て来院した時には熱も出なくなった頃だったのですが、先生には肺炎だったかもしれないと言われました。 内科の先生でもただの風邪かどうか簡単には判断できないものもあるのかもしれません。 明日病院に行けるならばもう一度先生に相談してみたらいかがですか? 38度の熱はかなり辛いですよね。 いまだ続くとなると、お薬が効いているのかどうかも相談が必要じゃないでしょうか? 職場、派遣会社には正直に話して相談もしてみたらいかがでしょうか? 早く治ると良いですね。 お大事になさってくださいね。 年齢にもよりますが、其の発熱パターンではインフルエンザの検査は必要なかったはずだが・・・・。 其の内科から薬は購入しましたか? まあ、コンビニでも行って、ビタミンCと総合ビタミン剤を買ってきましょう。。 V-Cを毎時1gずつ飲んで、下痢するところまで飲めばそれが、其のときの体内のビタミンC要求量です。 既に症状がかなり出ていますから、これで直ぐに治る事はありませんが、楽にはなるはずです。 他には、蛋白質も多めに食べたり飲んだりしておきましょう。 タンパク質末でも大豆製品でも乳製品でも良いでしょう。 コンビニに有るアミノ酸の粉末とか飲料やゼリーも良いでしょう。 時間をおいて飲むと良いですよ。 内臓疾患は過去には無いですよね。 有る場合はこれは止めておきましょう(時間をあけて少量ずつなら可)。 食事は消化の良いものを。 消化吸収にはかなりエネルギーを使うので、上記の様な即吸収できるものが良いのです。 Q 最近4歳になった息子のことです。 ここ数日、毎日夕方過ぎ(6時過ぎ位から)になると熱が出ます。 大体38. が、朝になると、たいてい下がっています。 咳はここ1週間位ずっと出ていてなかなか止まらないので、 それが原因で度々吐いてしまうこともあるので、 熱のことと合わせて病院(小児科)に連れて行ったのですが、 特に肺に音も無いし、のども特に赤くないので大丈夫でしょう、 と言われ咳止めだけの処方になりました。 2日間、咳止めを飲ませていますが、 特に咳が止まる様子も無く、熱も毎日出ています。 本人もつらいようで、咳が出て熱が出てつらい時は、 寝ていられないようで、何度も泣いて起きます。 毎日幼稚園などの疲れが出るにしても、 こんなに毎日熱を出すものなんでしょうか? 幼稚園後に、公園に行っても行かなくても(家で休んでいても) 特に変わらず発熱しています。 このまま放っておいてもいいものなのか、 やはり病院にもう一度行ったほうがいいものなのか、 行くなら小児科以外が良いのかなど、 もし思い当たる節のある方は教えていただけないでしょうか? どうぞ宜しくお願いいたします。 最近4歳になった息子のことです。 ここ数日、毎日夕方過ぎ(6時過ぎ位から)になると熱が出ます。 大体38. が、朝になると、たいてい下がっています。 咳はここ1週間位ずっと出ていてなかなか止まらないので、 それが原因で度々吐いてしまうこともあるので、 熱のことと合わせて病院(小児科)に連れて行ったのですが、 特に肺に音も無いし、のども特に赤くないので大丈夫でしょう、 と言われ咳止めだけの処方になりました。 2日間、咳止めを飲ませています... A ベストアンサー 漢方を勉強しています 質問者様のお子様のように、夕方から発熱して朝に下がるのは 漢方で「潮熱(ちょうねつ)」や「往来寒熱」などと言われます 漢方の考え方では、朝太陽が昇ると身体にも「気」がめぐり始め体が活動し始め、また 太陽が沈むと「気」は身体の中にもぐりこみ睡眠の準備に入っていきます もしその「気」が、病気やストレスなどで消耗して少なくなってしまった場合は、 朝からなかなか身体に「気」がめぐらず、いわゆる朝が弱い、スロースターターになってしまいます さらに夕方からはだんだん「気」のめぐりが良くなってしまい 逆に「気」がめぐり過ぎてしまい、過熱してしまい、 お子様のような夕方からの発熱を引き起こしてしまいますね。 そういう意味では、お子様は結構体力が消耗しているのでしょうか 現状は体内に熱がこもって、ある程度は便秘ではあると思います 大腸は熱がこもりやすい臓器で、浣腸をしたり、弱い下剤を飲ませてあげて 便をすっきり出してあげればすぐに熱が下がることが多いですよ また、漢方的には不思議なことに「肺」と「大腸」はつながっているように関連があるといわれています つまり、大腸に熱がこもって便秘になり、そのため大腸の「気」の流れも停滞しているために 肺の「気」の流れも悪くなり逆流(気の上逆)が起こり、セキが出た、と説明できますね 便をしっかり出せば、せきも自然に直る可能性が高いです 良かったらまずは浣腸をしてみてください きっと熱が下がると思います もし熱が下がった後、他に何か気になる症状が残るようでしたら 漢方に詳しい薬局、専門医にご相談されたら良いかと思いますよ 実際は私もそのお子様を見ていませんのでなんともいえませんので また、漢方的な言葉はわかりにくいので、ここにあげたキーワードで いろいろ検索してみてくださいね。 わかりにくいようでしたら、また質問してくださいね 漢方を勉強しています 質問者様のお子様のように、夕方から発熱して朝に下がるのは 漢方で「潮熱(ちょうねつ)」や「往来寒熱」などと言われます 漢方の考え方では、朝太陽が昇ると身体にも「気」がめぐり始め体が活動し始め、また 太陽が沈むと「気」は身体の中にもぐりこみ睡眠の準備に入っていきます もしその「気」が、病気やストレスなどで消耗して少なくなってしまった場合は、 朝からなかなか身体に「気」がめぐらず、いわゆる朝が弱い、スロースターターになってしまいます さらに夕方からは... A ベストアンサー こんにちわ、拝見いたしました。 この内容の主訴では、まだなんとも言えませんね。 日中は平熱で夕方から夜に掛けて高熱(39度~40度!)になるわけですよね・・・。 あと、背中が痛い・・・。 いつ頃からですか?私が考えただけでも、甲状腺機能亢進症、腸チフス、ウイルス感染症、膠原病、白血病、悪性リンパ腫、伝染性単核症、膠原病、髄膜炎、脳炎、脳膿瘍、脳卒中(お若いですから関係ないとおもいますが)、腎盂腎炎、腎癌、腎周囲膿瘍、腎結核、腎膿瘍。 咳が出ますか?もし、出れば次の病気が考えられます・・・肺炎、胸膜炎、結核、肺膿瘍、気管支拡張症、気管支炎。 お腹(みぞおちあたりから、おへその下あたり)の痛みや下痢はありますか?もしあてはまれば(背中が痛むときがあります)・・・虫垂炎、腸炎、胆嚢炎、腹膜炎、急性膵炎、急性肝炎(ちなみに、この場合、消化器系の病気になりますので、便の色を確認して下さいね、血便・水様便・色が白い、色が黒い・・・など) そのままにしておいて良いことはありませんので、症状が出ていなくても、病因へ受診して下さい。 尿検査、採血による白血球数の確認と、CRP 炎症反応)、そして、各種の感染症、肝機能、腎機能などを検査し、問診を含めて診断致します。 至急性が認められないような場合は、採血の検査は院外業者へ依頼しますので、結果が出るまで約1週間ほど時間を頂き、その後にまた結果を含めて問診(診察)致します。 おだいじに。 こんにちわ、拝見いたしました。 この内容の主訴では、まだなんとも言えませんね。 日中は平熱で夕方から夜に掛けて高熱(39度~40度!)になるわけですよね・・・。 あと、背中が痛い・・・。 いつ頃からですか?私が考えただけでも、甲状腺機能亢進症、腸チフス、ウイルス感染症、膠原病、白血病、悪性リンパ腫、伝染性単核症、膠原病、髄膜炎、脳炎、脳膿瘍、脳卒中(お若いですから関係ないとおもいますが)、腎盂腎炎、腎癌、腎周囲膿瘍、腎結核、腎膿瘍。 咳が出ますか?もし、出れば次の病気が考えられま... Q お世話になります。 タイトルの通り高熱が下がらず不安になり質問させて頂きました。 これって本当にただの風邪なんでしょうか? 【発症からの状況】 〈1日目〉 仕事中、急に激しい頭痛がして家に帰ってから体温測定。 症状としては頭痛• 発熱のみで、喉の痛み、咳、鼻水、腹部症状、嘔吐等は一切なし。 〈2日目〉 翌日になっても全く改善しないので(38. 風邪でしょうということで解熱剤、抗生物質等、一般的な風邪薬を処方される。 このときお医者様に「そもそも発症から24時間以上経った状況で喉の痛みや鼻水等、粘膜系の症状が全く無いにも関わらず、Fluや上気道感染症という診断はないのでは?どこから感染したというのでしょう?」という生意気なことを言ってみるが聞き入れられず。。。 結局この日の午後に39. 〈4日目• 5日目〉 相変わらず激しい頭痛と発熱。 喉や鼻の症状は全くなし。 いつもは風邪を引いたときは鼻水ズルズル、喉もイタイイタイ状態になってしまいますが、翌日か長くても2〜3日以内に治ってしまいます。 今回のような症状ははじめてで、医師からもただの風邪だと言い切られ心配です。 何より今は病院に行く気力もないです。。。 このような所で臨床に関する質問をするのはナンセンスと思われるかもしれませんが、藁にもすがるような気持ちになってしまっていますので何かご回答いただけるとありがたいです! お世話になります。 タイトルの通り高熱が下がらず不安になり質問させて頂きました。 これって本当にただの風邪なんでしょうか? 【発症からの状況】 〈1日目〉 仕事中、急に激しい頭痛がして家に帰ってから体温測定。 症状としては頭痛• 発熱のみで、喉の痛み、咳、鼻水、腹部症状、嘔吐等は一切なし。 〈2日目〉 翌日になっても全く改善しないので(38. 風邪でしょうということで解熱剤、抗生物質等、一般的な風... A ベストアンサー 発熱2日目に病院に行って、頭痛と発熱以外症状はないと言ったら まず、風邪かもしれませんね、一応お薬だして様子を見ましょうか? そんか感じでしょうね、普通。 発熱の4日のルールってのがあります、頭痛、発熱以外に何かの疾患である可能性を 示す症状でも出てない限り3日は家で様子を見た方がいいんですよ。 特徴的な症状が直ぐ出る疾患ばかりじゃないので、特徴的な症状がない場合 大抵2-3日は不明熱扱いです、そこで風邪ってのが一番多いので 風邪症候群と言われてしまいます。 4日目に大きな病院行った方がいいんですが、もう5日経過していますよね、 早めに大きな病院を受診して下さい、診察時に発熱から何日経過していて 熱が一向に下がらないこと、頭痛があること、ほかに症状があればそれも 含めて医師に説明して下さい、それと発熱の変化をある程度記録して持っていけば良いと思います。 大抵不明熱4日ルールで見てますから、風邪症候群の可能性は低いと判断して 原因を特定する為に検査してくれると思います。 そこでも風邪とか言われるようであれば、かなりのヤブなので他の病院を受診 して下さい。 発熱2日目に病院に行って、頭痛と発熱以外症状はないと言ったら まず、風邪かもしれませんね、一応お薬だして様子を見ましょうか? そんか感じでしょうね、普通。 Q 21歳の女性です! 私は風邪をひきやすく、ひいてしまうと長引いてしまいます;10日から2週間くらいです。 今回も3日ほど前から風邪をひいてしまいました。 しかし最近はとても忙しいので、ゆっくり寝込んでいる暇はありません! とにかく早く治したいのです。 今年の8月にも同じような風邪をひいて、その時も 5 の症状が1週間ほど続きました。 私の平熱は35.6度くらいで、夜になると37度になってしまい辛いです。 ネットでですが色々調べたところ、夜に発熱するのは子どもが多いみたいですね。 そこで、私からの質問は以下の通りです。 Q1、これは効く!というオススメの治し方があったら教えてください。 Q2、布団には入っているのですが、頭痛や鼻づまりであまり眠れません・・・。 眠くなるような食べ物などありましたら教えてください。 Q3、 5 の症状が気になります。 他の病気を併発している可能性はあるのでしょうか? 長々と読んでいただき、ありがとうございます>< よろしくお願いします! 21歳の女性です! 私は風邪をひきやすく、ひいてしまうと長引いてしまいます;10日から2週間くらいです。 今回も3日ほど前から風邪をひいてしまいました。 しかし最近はとても忙しいので、ゆっくり寝込んでいる暇はありません! とにかく早く治したいのです。 主な症状は 1 喉の痛み 2 頭痛 3 鼻づまり 4 タンや鼻水が黄色い 5 昼間は熱がひくのに夜になると上がる 医師に処方された薬は I、PL顆粒 II、セルベックスカプセル50mg III、トランサミンカプセル250mg 自分で試している... A ベストアンサー なんの予備知識もない素人ですが… 夜になると熱が出る。 と言うのは日中行動しているのですか? 普通に考えて見て、休養すれば体に治癒能力がある限り熱は下ります。 しかし、休養を止めて行動に移れば当然『疲労』するので、疲労が体力を奪い熱が出る。 と言う事が考えられます。 日中も寝てるのに熱が上がる。 と言う事ならば風邪のウィルスに因る人体への攻撃に『体が警戒状態を維持し続ける』のだと思います。 つまりリラックス状態にならず、体の筋肉を硬直させ防御体制を続ける様にさせているのだと思います。 当然リラックス状態に比べて防御体制を摂り続けるのですから『疲労』の具合は比では無いでしょう。 (腕を上げてガード体制を執り続けるのは相当疲れます) と、言う事に原因があるのだとすれば、体の緊張をほぐして上げる事が効果的なのではないでしょうか? マッサージやアロマ等が宜しいのでは? (首筋のマッサージならば横になっていても自分でも出来るハズ) 鼻詰まりに対しては「鼻うがい」が効きます。 鼻の片方を指で押さえて、空いた鼻穴で水道水を吸い込み、飲み込まずに鼻から排出させます。 (プールで鼻に水が入った感覚です) 当然鼻水も沢山出ますが、愕くほど鼻の奥の炎症が収まります。 (脂肪が無い=熱を作り出す燃料が無いと言う事) 健康を損なっていては「美しくなれません」ので、何のためのダイエットなのか?を間違わない様にしましょう。 なんの予備知識もない素人ですが… 夜になると熱が出る。 と言うのは日中行動しているのですか? 普通に考えて見て、休養すれば体に治癒能力がある限り熱は下ります。 しかし、休養を止めて行動に移れば当然『疲労』するので、疲労が体力を奪い熱が出る。 と言う事が考えられます。 日中も寝てるのに熱が上がる。 と言う事ならば風邪のウィルスに因る人体への攻撃に『体が警戒状態を維持し続ける』のだと思います。 つまりリラッ... Q つい最近、法事があり、空調の効いた部屋で数時間過ごしました。 寒気を感じたので、クーラーの効き過ぎと思っていました。 帰り道、激しい寒気に襲われ、震えが止まらず、電車の中でもまともに立っていられないほどでした。 (2~3時間続きました) 家に帰ってからは、寒気と震えは止まり、シャワーを浴びて食事をしてからすぐに床に入りましたが、40度以上の激しい発熱があり苦しみました。 (4~5時間)薬は飲まず、水タオルで冷やしました。 寒気による震えも、高熱も、今まで経験したことがないほど急激で激しいもので、自分がどうにかなってしまうのではないかと思われるほどでした。 かなりたちの悪い熱病なのかとも思いました。 ただ、翌日にはもうほとんど完璧に治っています。 あまりの急激な高熱に、少し筋肉痛があるくらいです。 のどの痛みや内蔵の異常はありません。 高熱は普通、後にひくものですから、たった半日で治るのは全く不思議です。 2年前も同じ症状がありました。 その時も一晩で治ったので、会社は休んでいません。 また、その後何ともないので医者にも行っていません。 これはなんと言う病気なのでしょうか。 また、何が原因なのでしょうか。 つい最近、法事があり、空調の効いた部屋で数時間過ごしました。 寒気を感じたので、クーラーの効き過ぎと思っていました。 帰り道、激しい寒気に襲われ、震えが止まらず、電車の中でもまともに立っていられないほどでした。 (2~3時間続きました) 家に帰ってからは、寒気と震えは止まり、シャワーを浴びて食事をしてからすぐに床に入りましたが、40度以上の激しい発熱があり苦しみました。 (4~5時間)薬は飲まず、水タオルで冷やしました。 寒気による震えも、高熱も、今まで経験したことがないほど急... A ベストアンサー 私も同様のことが年に1、2度くらいあります。 10年来です。 つい先日も夕方からひどい寒気と震え、関節痛で泥のように床に入りました。 夜中じゅう、40度ほど高熱で、汗と不快感でのたうちまわっていたようなおぼろげな記憶でしたが、翌朝にはすっかり治っていました。 自分では疲労が重なってきた頃に、急激な体温調節ができなくなったときにそうなるのかな?と思います… 疲労をためないこと、しっかり睡眠をとり、ちゃんと食事も気をつけること!と自分では用心しています。 一度、全体的な検診など受けてみては? 普段の生活がオーバーワークにならないよう、気をつけてくださいね。 まるっきり回答に繋がる書き込みでなく、スレ汚しで失礼しました。 Q 夜になると熱が出ます。 朝起きたときに体温を測っても熱はありません。 私はもともと平熱が高くはないので、35度後半だったりします。 また、日中も発熱しているようなだるさはなく、現在風邪を引いている訳でもありません。 しかし、夜になると発熱し、その時は身体が火照った感じや、若干だるさを感じる時もありますが、1日のほとんどは特に目立った症状といいますか、身体の調子が悪いと感じることはありません。 普通に過ごせています。 なのであまり気にしないようにしているのですが、このような状態が1ヶ月弱続いているので少し気になってきました。 発熱時は大体37度前半で、今までの最高は37度6分です。 なので微熱が続いてる状態です。 これは病気か何かなのでしょうか。 それとも、私は今年から大学進学のため1人暮らしを始めたので、ただの疲労でこのような症状が出ているのでしょうか。 何かご存知の方、教えて下さい!! A ベストアンサー 長引く夜間のみの発熱、ご心配なことでしょう。 病気として心配なのは、なんといっても結核です。 夜間1回のみ、特に寝汗をかくような発熱を生じる場合は結核の疑いが強くなります。 昼間は全く症状がないこともしばしばで、20代からの若い方の結核もふえています。 一度病院を受診し、レントゲンをはじめ検査をしていただくことをお勧めします。 病院の検査で大きな異常がなければ、ご自分でも察しておられるような、疲労からくる発熱と考えてもよいでしょう。 こうした大きな病気がないにも関わらず、発熱(微熱)が続く場合には、体調を良くする漢方薬がよく効きますのでお試しください。 「補中益気湯:ほちゅうえっきとう」という漢方薬ですが、漢方薬の中でも古来もっともすぐれた薬の一つで、別名「医王湯:いおうとう」とも呼ばれるほどです。 胃腸や肝臓など体の芯(中心)となる部分の機能をたてなおし、免疫力が上がり、微熱、倦怠感、食欲不振など多くの症状に有効なお薬です。 病院で処方していただくこともできますし、薬局で購入することもできます。 早くに症状が改善されますように、勉強も頑張ってください、お大事に。 長引く夜間のみの発熱、ご心配なことでしょう。 病気として心配なのは、なんといっても結核です。 夜間1回のみ、特に寝汗をかくような発熱を生じる場合は結核の疑いが強くなります。 昼間は全く症状がないこともしばしばで、20代からの若い方の結核もふえています。 一度病院を受診し、レントゲンをはじめ検査をしていただくことをお勧めします。 病院の検査で大きな異常がなければ、ご自分でも察しておられるような、疲労からくる発熱と考えてもよいでしょう。 こうした大きな病気がないにも関わらず、発熱(微... Q 4歳の娘ですが、おとといの夕方から徐々に熱が出てきて夜には39度になりました。 翌朝には36度に下がっていて、本人も元気そうで食欲もありました。 ですので、病院には行きませんでした。 でもまた夕方から熱っぽくなってきて、夜には39度。 また今朝には下がって36度。 元気で食欲もあります。 今は園でもインフルエンザの子がいて、感染する恐れもあるんですが、 インフルエンザでこんな一時的に熱の下がる症状が出るものでしょうか? 病院に行って検査しないと何とも分かりませんが、今は小児科はどこもインフルエンザの患者ばかりで、 下手に行くとうつされるから、元気であれば自宅で様子を見たほうがいい、とも言われました。 でもまた今夜熱が上がったら・・・と不安です。 このような熱が上がったり下がったりする症状は、どんな病気の可能性が考えられますか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー 現在、多くの場所で新型インフルエンザが広がりつつあります。 何となく病名がインフルエンザなので同じ病気?チョット変化した病気?と分かりにくい部分もあるかと思いますが、全く別の病気だと考えても間違えではないと思います。 ですから通常のインフルエンザ(季節性といい主に冬に蔓延するインフルエンザ)の症状と比較しても類似しないケースもあろうかと思います。 通常のインフルエンザなどの感染症と違って新型には多くの国民が免疫という病気から身を守るシステムを持っていないために「誰も」が感染すると言われています。 新型インフルエンザに感染しても熱などの症状が発症しない人もいらっしゃるでしょう。 しかし、逆に糖尿病やがん、妊娠など多くの感染すると重症になりやすい方もいらっしゃいます。 お子様が軽く済んだからといって、他の方にうつした場合、感染した方も軽く済むというわけではありません。 ご家族も感染していらっしゃる場合、病状が重症にならないように抗インフルエンザ薬の服用などを早期に始める必要性もあります。 感染してから発症まで2日~4日など潜伏期間(感染しても発症しない期間)もあるようですから、症状が気にならなくても近隣の保健所または県庁の対策窓口(多くは県庁のホームページでインフルエンザ対策に記載してあります)でお問い合わせをしてはいかがと思います。 mhlw. html 仮に新型インフルエンザに感染していなかったとしても安心できるので良いことだと思います。 新型インフルエンザの感染拡大が起こる前に治療できるのはラッキーですから早期の検査をどうぞ。 少しでも軽症で済ませることが大切です。 現在、多くの場所で新型インフルエンザが広がりつつあります。 何となく病名がインフルエンザなので同じ病気?チョット変化した病気?と分かりにくい部分もあるかと思いますが、全く別の病気だと考えても間違えではないと思います。 ですから通常のインフルエンザ(季節性といい主に冬に蔓延するインフルエンザ)の症状と比較しても類似しないケースもあろうかと思います。 通常のインフルエンザなどの感染症と違って新型には多くの国民が免疫という病気から身を守るシステムを持っていないために「誰も」... Q 36歳女性です。 3日前の午後、悪寒とともに発熱しました。 夕方には38度台になりました。 自宅にあった市販薬を飲んだところ、翌朝には36度台にまで下がっていました。 翌日、内科医院を受診したところ、アレジオンとシングレア錠、トーク、インタールエアロゾルAを処方されました。 咽頭痛はありません。 喉もそれほど赤くはないといわれました。 花粉症のため、その前から鼻水+咳がありました。 レントゲンも撮りましたが、問題ないと診断されました。 そこでは花粉症+なんらかの感染症ではないかといわれましたが、 抗生物質は出しませんと言われました。 自覚症状として、熱が上がる前に悪寒と関節痛がありました。 また、肺の真ん中辺りが狭まるような感じが咳をするとありました。 医院にいるときには平熱でしたが、帰宅してしばらくすると再び熱が上がりました。 医院に指示を仰いだところ、以前もらったロキソニンを飲むように指示されました。 ロキソニンが効いている6時間くらいは熱が下がるのですが、 切れてくるとまた熱が上がりました。 13時と21時に2回服用しました。 そして昨日も昼ごろ、悪寒と関節痛のあと、高熱がでたので再びロキソニンを12時と、21時に服用しました。 今日、日中は熱もなく過ごせたのですが、夕方より少しの寒気があり、 38度の熱が出てきました。 また、就寝前にロキソニンを服用しようと思っています。 ですが、高熱があり、それを薬で解熱する毎日っておかしいと思うんです。 なにか大きな病気の前兆なのかと不安になってしまいます。 再び、受診したほうがよいのでしょうか? また、どのような病気の可能性が考えられるのか是非教えてください。 よろしくお願いします。 36歳女性です。 3日前の午後、悪寒とともに発熱しました。 夕方には38度台になりました。 自宅にあった市販薬を飲んだところ、翌朝には36度台にまで下がっていました。 翌日、内科医院を受診したところ、アレジオンとシングレア錠、トーク、インタールエアロゾルAを処方されました。 咽頭痛はありません。 喉もそれほど赤くはないといわれました。 花粉症のため、その前から鼻水+咳がありました。 レントゲンも撮りましたが、問題ないと診断されました。 そこでは花粉症+なんらかの感染症ではない... A ベストアンサー >医院にいるときには平熱でしたが、帰宅してしばらくすると再び熱が上がりました。 医院に指示を仰いだところ、以前もらったロキソニンを飲むように指示されました。 ロキソニンが効いている6時間くらいは熱が下がるのですが、 切れてくるとまた熱が上がりました。 13時と21時に2回服用しました。 そして昨日も昼ごろ、悪寒と関節痛のあと、高熱がでたので再びロキソニンを12時と、21時に服用しました。 今日、日中は熱もなく過ごせたのですが、夕方より少しの寒気があり、 38度の熱が出てきました。 また、就寝前にロキソニンを服用しようと思っています。 ですが、高熱があり、それを薬で解熱する毎日っておかしいと思うんです。 私もそういう時期があったと思いますが日中普通に過ごせるなら、抵抗力が落ちているのだと思います。 もしお仕事をされていれば、日中仕事をして夜疲れて熱が出るというのは短期間ならありうると思います。 逆に常時微熱37.0ぐらいから下がることがないのは危険な気がします。 抗生物質を飲まないでそのくらいですんでいるならもともとたいしたことはないとは思うのですが抗生物質を飲んで直してしまっても良いと思います。 素人判断はできないので単なる推測ですが。 >医院にいるときには平熱でしたが、帰宅してしばらくすると再び熱が上がりました。 医院に指示を仰いだところ、以前もらったロキソニンを飲むように指示されました。 ロキソニンが効いている6時間くらいは熱が下がるのですが、 切れてくるとまた熱が上がりました。 13時と21時に2回服用しました。 そして昨日も昼ごろ、悪寒と関節痛のあと、高熱がでたので再びロキソニンを12時と、21時に服用しました。 今日、日中は熱もなく過ごせたのですが、夕方より少しの寒気があり、 38度の熱が出てきまし... A ベストアンサー ご心配のことと存じます。 白血球もCRPも肝機能も正常だったのですね。 発熱する8-9割の原因は感染症です。 ほとんどが細菌感染症(細菌性肺炎、中耳炎、細菌性髄膜炎、尿路感染症などなど)かウイルス感染症です。 血液の結果からは言われたとおりウイルス感染症が疑われます。 その鑑別診断になるわけですが、普通は他の症状を頼りにします。 咳、鼻水もなく、咽頭扁桃の所見にも乏しいのですね。 さて何でしょうか。 8日間も続くのはやはり普通の状態ではありません。 通常は入院で経過を見ていくと思いますが、勧められませんでしたか? ウイルス感染症は特定のウイルス(インフルエンザ、ヘルペス)でないと、 特効薬がなく、自然に治まるのを待つことになります。 長い場合には2週間ほど続くときもありますが(かなり稀)。 また感染症以外で熱を出すことがあります。 今のところ血液疾患、膠原病、川崎病は否定的ですね。 小学校高学年以上で良くあるのが「亜急性壊死性リンパ節炎」、 ウイルス感染のような発熱が2-3週間続きます。 首のリンパ腺は少しでも腫れていませんか。 心配な疾患ではなくステロイドの投与でうそのように解熱します。 あとは稀な感染症、ペットを飼ってますか、 最近海外へは行かれていませんか? いずれにしてもこれ以上続く場合は入院して、 必要なら精密検査を考える段階でしょう。 主治医とよく相談してください。 早く良くなると良いですね。 ご心配のことと存じます。 白血球もCRPも肝機能も正常だったのですね。 発熱する8-9割の原因は感染症です。 ほとんどが細菌感染症(細菌性肺炎、中耳炎、細菌性髄膜炎、尿路感染症などなど)かウイルス感染症です。 血液の結果からは言われたとおりウイルス感染症が疑われます。 その鑑別診断になるわけですが、普通は他の症状を頼りにします。 咳、鼻水もなく、咽頭扁桃の所見にも乏しいのですね。 さて何でしょうか。 8日間も続くのはやはり普通の状態ではありません。 通常は入院で経過を見ていくと思... Q 38度~39. 5度の熱が出て6日目になります。 平熱は35. 4くらいです 発熱2日目に病院へ行きました。 当時の症状は「熱、倦怠感、肩と腰の痛み、頭痛」でした。 インフルエンザ検査の結果は陰性。 バザロインとソレトンを処方され帰ってきました。 処方された後2日間は服用していましたが、薬が効いている間は熱は下がりますが、薬が切れると服用前よりも激しい悪寒とともに熱がぐんと上がるのでそれが辛く、また、熱を無理に下げるのはヨクナイかもしれない。 という思いから服用を止めました。 もう一度病院に行ったほうがいいのかな。 と思うのですが、熱のわりに食欲があり、子供を叱りとばせるくらい元気なんです。 ぐったりしていれば病院へいくのですが・・ どうするべきでしょうか。 迷っています。 現在の状態は「熱39度、悪寒、2日前から咳が少々」です。 よろしくお願いします A ベストアンサー こんばんは。 素人の回答ですので参考程度にお聞きください。 インフルエンザの検査は陰性だったということで大丈夫なのかもしれませんが、ここまで高熱が続くのは異常ですね。 なかなか治らないようなので、細菌感染の疑いもありますね。 早急に病院へ行くことをお奨めします。 服用されていた薬を途中でやめたということですが、それはあまり良くないですよ。 確かに薬で無理に治すのは良くないかもしれませんが、処方された分は全部飲みほしたほうが良いです。 せっかくウイルスが弱りかけていたのに、服用をやめてしまったせいで、ウイルスが耐性をもってしまい、余計に時間がかかることもあります。 なので、薬を飲みつつ、水分補給をしっかりして、暖かくして寝てください。 そうすれば汗はしっかりかきますよ。 体力的にはそれほど悪くないのかもしれませんが、症状として「熱39度、悪寒、2日前から咳が少々」があることからもしかしたら肺炎の可能性も否定できません。 今の時期病院が休みというところも多いかと思うので、もう少し様子を見て、必ず病院に行くようにしてください。 咳がひどくなるようなら休日も診察してくれる救急病院も考えておきましょう。 早く治ると良いですね。 お大事になさってください。 こんばんは。 素人の回答ですので参考程度にお聞きください。 インフルエンザの検査は陰性だったということで大丈夫なのかもしれませんが、ここまで高熱が続くのは異常ですね。 なかなか治らないようなので、細菌感染の疑いもありますね。 早急に病院へ行くことをお奨めします。 服用されていた薬を途中でやめたということですが、それはあまり良くないですよ。 確かに薬で無理に治すのは良くないかもしれませんが、処方された分は全部飲みほしたほうが良いです。 せっかくウイルスが弱りかけていたのに、服用...

次の