スピーディー ゴンザレス。 Boomerang

Speedy Gonzales [Mono Version] (スピーディー ・ ゴンザレス [モノラル版]) の歌詞

スピーディー ゴンザレス

キャラクター [ ] とにかくが大好きですばしっこいのが特徴。 お調子者で稲妻の速度で走るのが得意である。 彼が登場する舞台は常にメキシコである。 基本的には正義感が強く、仲間のネズミが窮地に陥ると猛スピードで駆け付け、ネコ等の外敵から何度も窮地を救っている。 最初に出演したのはロバート・マッキンソン監督の『メキシコ料理は結構()』であり、舞台はの港のの貨物船であり、絡んだのは猫のコンビで、まだデザインは赤いポロシャツに金歯、目も大きかった。 1955年のフリッツ・フレレング監督のより現在のデザインとなった。 後述の通り、3回アカデミー賞にノミネートし、ルーニー・テューンズの人気キャラとなった。 さらに1960年代初頭、やトゥィーティー等人気キャラが出演しなくなると、彼の出演作品は急激に伸びた。 1965年よりダフィー・ダックと絡んでも人気は衰えず、クラシック短編の連載終了前年まで出演した。 にの短編アニメ賞を受賞した他に、1957年、1959年、1961年にも彼が出演した作品がノミネートしている。 絡むのは常にシルベスターであり、他にはロードランナーとコヨーテ、などがある。 また一時はに対するの象徴たるものとして規制されていたが、逆にヒスパニック系の視聴者らから抗議の声が上がり、規制は解除された。 登場作品 [ ] 作品リスト [ ] 邦題 原題 公開日 監督 共演キャラ 備考 Cat-Tails for Two 1953年8月29日 ロバート・マッキンソン - 現在と外見が異なる。 Speedy Gonzales 1955年9月17日 フリッツ・フレレング アカデミー賞受賞。 Tabasco Roads 1957年7月20日 ロバート・マッキンソン - アカデミー賞ノミネート作品。 Gonzales' Tamales 1957年11月30日 フリッツ・フレレング シルベスター Tortilla Flaps 1958年1月18日 ロバート・マッキンソン - Mexicali Shmoes 1959年7月4日 ロバート・マッキンソン - アカデミー賞ノミネート作品。 Here Today,Gone Tamale 1959年8月29日 フリッツ・フレレング シルベスター West of the Pesos 1960年1月23日 ロバート・マッキンソン シルベスター Cannery Woe 1961年1月7日 ロバート・マッキンソン シルベスター The Pied Piper of Guadalupe 1961年8月19日 フリッツ・フレレング シルベスター アカデミー賞 ノミネート。 Chili Weather 1963年8月17日 フリッツ・フレレング シルベスター Cats and Bruises 1965年1月30日 フリッツ・フレレング シルベスター The Wild Chase 1965年2月27日 フリッツ・フレレング ホーリー・プラット シルベスター、 ロードランナー、 ワイリー・コヨーテ Assault and Peppered 1965年4月24日 ロバート・マッキンソン ダフィー・ダック Chili Corn Corny 1965年10月23日 ロバート・マッキンソン ダフィー Go Go Amigo 1965年11月20日 ロバート・マッキンソン ダフィー The Astroduck 1966年1月1日 ロバート・マッキンソン ダフィー Daffy Rents 1966年3月26日 ロバート・マッキンソン ダフィー A- Haunting We Will Go 1966年4月16日 ロバート・マッキンソン ダフィー ウィッチ・ヘイゼル Feather Finger 1966年8月20日 ロバート・マッキンソン ダフィー Daffy's Diner 1967年1月21日 ロバート・マッキンソン ダフィー Go Away Stowaway 1967年9月30日 アレックス・ロヴィー ダフィー Fiesta Fiasco 1967年12月9日 アレックス・ロヴィー ダフィー 楽曲 [ ] スピーディー・ゴンザレスを題材にしたノベルティ・ソング「 ()」を、に ()が発表した。 に(英語版)、 (、)((中南米)版)、(版、仏題は「Le Petit Gonzales」)らがカバーした。 日本では1962年にがカバーし、シングル「さいはての慕情」のB面に収録した(訳詞:)。 その後様々なアーティストによってカバーされている。 また、・・・などのクラブにおいて、応援用チャントとしても使用されている。 担当声優 [ ] 現在のところ、確認できるのは、だが、それ以前に担当した声優と為ると今のところ不明。 に収録された吹き替え版のフィルムだと現存すら絶望的と思われる。 以前は女性声優が声を担当していたという話もあるが真偽のほどはまだ定かではない。 またぶっちぎりステージでは女性声優のがスピーディー・ゴンザレスの声を担当している。 註 [ ].

次の

Boomerang

スピーディー ゴンザレス

キャラクター [ ] とにかくが大好きですばしっこいのが特徴。 お調子者で稲妻の速度で走るのが得意である。 彼が登場する舞台は常にメキシコである。 基本的には正義感が強く、仲間のネズミが窮地に陥ると猛スピードで駆け付け、ネコ等の外敵から何度も窮地を救っている。 最初に出演したのはロバート・マッキンソン監督の『メキシコ料理は結構()』であり、舞台はの港のの貨物船であり、絡んだのは猫のコンビで、まだデザインは赤いポロシャツに金歯、目も大きかった。 1955年のフリッツ・フレレング監督のより現在のデザインとなった。 後述の通り、3回アカデミー賞にノミネートし、ルーニー・テューンズの人気キャラとなった。 さらに1960年代初頭、やトゥィーティー等人気キャラが出演しなくなると、彼の出演作品は急激に伸びた。 1965年よりダフィー・ダックと絡んでも人気は衰えず、クラシック短編の連載終了前年まで出演した。 にの短編アニメ賞を受賞した他に、1957年、1959年、1961年にも彼が出演した作品がノミネートしている。 絡むのは常にシルベスターであり、他にはロードランナーとコヨーテ、などがある。 また一時はに対するの象徴たるものとして規制されていたが、逆にヒスパニック系の視聴者らから抗議の声が上がり、規制は解除された。 登場作品 [ ] 作品リスト [ ] 邦題 原題 公開日 監督 共演キャラ 備考 Cat-Tails for Two 1953年8月29日 ロバート・マッキンソン - 現在と外見が異なる。 Speedy Gonzales 1955年9月17日 フリッツ・フレレング アカデミー賞受賞。 Tabasco Roads 1957年7月20日 ロバート・マッキンソン - アカデミー賞ノミネート作品。 Gonzales' Tamales 1957年11月30日 フリッツ・フレレング シルベスター Tortilla Flaps 1958年1月18日 ロバート・マッキンソン - Mexicali Shmoes 1959年7月4日 ロバート・マッキンソン - アカデミー賞ノミネート作品。 Here Today,Gone Tamale 1959年8月29日 フリッツ・フレレング シルベスター West of the Pesos 1960年1月23日 ロバート・マッキンソン シルベスター Cannery Woe 1961年1月7日 ロバート・マッキンソン シルベスター The Pied Piper of Guadalupe 1961年8月19日 フリッツ・フレレング シルベスター アカデミー賞 ノミネート。 Chili Weather 1963年8月17日 フリッツ・フレレング シルベスター Cats and Bruises 1965年1月30日 フリッツ・フレレング シルベスター The Wild Chase 1965年2月27日 フリッツ・フレレング ホーリー・プラット シルベスター、 ロードランナー、 ワイリー・コヨーテ Assault and Peppered 1965年4月24日 ロバート・マッキンソン ダフィー・ダック Chili Corn Corny 1965年10月23日 ロバート・マッキンソン ダフィー Go Go Amigo 1965年11月20日 ロバート・マッキンソン ダフィー The Astroduck 1966年1月1日 ロバート・マッキンソン ダフィー Daffy Rents 1966年3月26日 ロバート・マッキンソン ダフィー A- Haunting We Will Go 1966年4月16日 ロバート・マッキンソン ダフィー ウィッチ・ヘイゼル Feather Finger 1966年8月20日 ロバート・マッキンソン ダフィー Daffy's Diner 1967年1月21日 ロバート・マッキンソン ダフィー Go Away Stowaway 1967年9月30日 アレックス・ロヴィー ダフィー Fiesta Fiasco 1967年12月9日 アレックス・ロヴィー ダフィー 楽曲 [ ] スピーディー・ゴンザレスを題材にしたノベルティ・ソング「 ()」を、に ()が発表した。 に(英語版)、 (、)((中南米)版)、(版、仏題は「Le Petit Gonzales」)らがカバーした。 日本では1962年にがカバーし、シングル「さいはての慕情」のB面に収録した(訳詞:)。 その後様々なアーティストによってカバーされている。 また、・・・などのクラブにおいて、応援用チャントとしても使用されている。 担当声優 [ ] 現在のところ、確認できるのは、だが、それ以前に担当した声優と為ると今のところ不明。 に収録された吹き替え版のフィルムだと現存すら絶望的と思われる。 以前は女性声優が声を担当していたという話もあるが真偽のほどはまだ定かではない。 またぶっちぎりステージでは女性声優のがスピーディー・ゴンザレスの声を担当している。 註 [ ].

次の

スピーディー・ゴンザレス/パット・ブーン

スピーディー ゴンザレス

キャラクター [ ] とにかくが大好きですばしっこいのが特徴。 お調子者で稲妻の速度で走るのが得意である。 彼が登場する舞台は常にメキシコである。 基本的には正義感が強く、仲間のネズミが窮地に陥ると猛スピードで駆け付け、ネコ等の外敵から何度も窮地を救っている。 最初に出演したのはロバート・マッキンソン監督の『メキシコ料理は結構()』であり、舞台はの港のの貨物船であり、絡んだのは猫のコンビで、まだデザインは赤いポロシャツに金歯、目も大きかった。 1955年のフリッツ・フレレング監督のより現在のデザインとなった。 後述の通り、3回アカデミー賞にノミネートし、ルーニー・テューンズの人気キャラとなった。 さらに1960年代初頭、やトゥィーティー等人気キャラが出演しなくなると、彼の出演作品は急激に伸びた。 1965年よりダフィー・ダックと絡んでも人気は衰えず、クラシック短編の連載終了前年まで出演した。 にの短編アニメ賞を受賞した他に、1957年、1959年、1961年にも彼が出演した作品がノミネートしている。 絡むのは常にシルベスターであり、他にはロードランナーとコヨーテ、などがある。 また一時はに対するの象徴たるものとして規制されていたが、逆にヒスパニック系の視聴者らから抗議の声が上がり、規制は解除された。 登場作品 [ ] 作品リスト [ ] 邦題 原題 公開日 監督 共演キャラ 備考 Cat-Tails for Two 1953年8月29日 ロバート・マッキンソン - 現在と外見が異なる。 Speedy Gonzales 1955年9月17日 フリッツ・フレレング アカデミー賞受賞。 Tabasco Roads 1957年7月20日 ロバート・マッキンソン - アカデミー賞ノミネート作品。 Gonzales' Tamales 1957年11月30日 フリッツ・フレレング シルベスター Tortilla Flaps 1958年1月18日 ロバート・マッキンソン - Mexicali Shmoes 1959年7月4日 ロバート・マッキンソン - アカデミー賞ノミネート作品。 Here Today,Gone Tamale 1959年8月29日 フリッツ・フレレング シルベスター West of the Pesos 1960年1月23日 ロバート・マッキンソン シルベスター Cannery Woe 1961年1月7日 ロバート・マッキンソン シルベスター The Pied Piper of Guadalupe 1961年8月19日 フリッツ・フレレング シルベスター アカデミー賞 ノミネート。 Chili Weather 1963年8月17日 フリッツ・フレレング シルベスター Cats and Bruises 1965年1月30日 フリッツ・フレレング シルベスター The Wild Chase 1965年2月27日 フリッツ・フレレング ホーリー・プラット シルベスター、 ロードランナー、 ワイリー・コヨーテ Assault and Peppered 1965年4月24日 ロバート・マッキンソン ダフィー・ダック Chili Corn Corny 1965年10月23日 ロバート・マッキンソン ダフィー Go Go Amigo 1965年11月20日 ロバート・マッキンソン ダフィー The Astroduck 1966年1月1日 ロバート・マッキンソン ダフィー Daffy Rents 1966年3月26日 ロバート・マッキンソン ダフィー A- Haunting We Will Go 1966年4月16日 ロバート・マッキンソン ダフィー ウィッチ・ヘイゼル Feather Finger 1966年8月20日 ロバート・マッキンソン ダフィー Daffy's Diner 1967年1月21日 ロバート・マッキンソン ダフィー Go Away Stowaway 1967年9月30日 アレックス・ロヴィー ダフィー Fiesta Fiasco 1967年12月9日 アレックス・ロヴィー ダフィー 楽曲 [ ] スピーディー・ゴンザレスを題材にしたノベルティ・ソング「 ()」を、に ()が発表した。 に(英語版)、 (、)((中南米)版)、(版、仏題は「Le Petit Gonzales」)らがカバーした。 日本では1962年にがカバーし、シングル「さいはての慕情」のB面に収録した(訳詞:)。 その後様々なアーティストによってカバーされている。 また、・・・などのクラブにおいて、応援用チャントとしても使用されている。 担当声優 [ ] 現在のところ、確認できるのは、だが、それ以前に担当した声優と為ると今のところ不明。 に収録された吹き替え版のフィルムだと現存すら絶望的と思われる。 以前は女性声優が声を担当していたという話もあるが真偽のほどはまだ定かではない。 またぶっちぎりステージでは女性声優のがスピーディー・ゴンザレスの声を担当している。 註 [ ].

次の