ケー サプライ 錠 600mg。 ケーサプライ錠600mgの添付文書

ケーサプライ錠600mgの添付文書

ケー サプライ 錠 600mg

スパン・ケー 600mgを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。 これらの症状や他に気になる症状が発現し、継続するような場合には医師の診断を受けてください。 mdは 医薬品危険物の輸出入免許を取得して医薬品販売を行なっています。 海外の医薬品卸と直接取引をしており、信頼できる正規品のみをお届けします。 仕入れた商品は 自社倉庫にて医薬品の品質を徹底管理していますのでどうぞ安心してご利用ください。 医薬品の個人輸入においては以下の点にご注意いただく必要がございます。 詳細に関してはをご覧ください。 **ご留意事項** 当店で扱う医薬品のほとんどは日本国内では処方箋薬となります。 商品説明はお客様の便宜上記しているもので内容を保証するものではなく、また「使用方法・用量・おすすめ商品・効果」等についてのお問合わせには対応できかねますことを予めご了承ください。 個人輸入で購入する医薬品は日本での医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはならず、輸入した医薬品のご使用はお客様ご自身の責任となりますのでご留意ください。 ご注文医薬品について十分な知識が無い場合には、ご購入前に医師や薬剤師に相談し、十分に知識を得られることをおすすめいたします。 当サイトについて.

次の

ケーサプライ錠600mg[佐藤薬品工業]の飲み合わせ(禁忌)や効果・副作用情報 [カラダノート] みんなのお薬口コミ

ケー サプライ 錠 600mg

カリウム製剤と吸湿性 よく知られているように、 スローケーや アスパラカリウムなどのカリウム製剤は、吸湿性、潮解性があるため、一包化には適していません。 スローケーの添付文書には、 1. 吸湿性が極めて高いので、アルミピロー開封後は湿気を避けて保存のこと。 PTPシートから取り出して調剤しないこと。 粉砕して調剤しないこと。 アスパラカリウムの添付文書には、 1 PTPシートを破損しないよう注意すること。 2 服用直前までPTPシートから取り出さないこと。 3 錠剤は一包化に適さない薬剤である。 ただし、一包化が必要な場合は気密性の高い容器で保存し、必要に応じて乾燥剤を入れるなど湿気に十分注意すること。 スローケーは絶対一包化不可で、アスパラカリウムは必要に応じて可能。 しかし、アスパラカリウムのインタビューフォームをみると、無包装状態で条件によっては5日程度で崩れやすくなってしまう。 スローケーのインタビューフォームをみても、無包装状態でも安定性がよくわからない。 アスパラカリウムのジェネリックに アスケート錠、スローケーのジェネリックに ケーサプライ錠というのがあるが、それらの添付文書には、一包化不可の記載はみられない。 こちらに変更して調剤することも考えられる。 やむを得ず一包化する場合であっても、乾燥剤はつけて渡したほうがよいだろう。 アスパラカリウムのバラ包装? 私はその存在を最近まで知りませんでしたが、アスパラカリウム錠300mgには1000錠入りのバラ包装がある。 田辺製薬販売のホームページには以下の記載がみられる。 本剤は吸湿性が極めて高く、PTP 包装あるいはバラ包装(シリカゲル入りの鉄製缶)から本剤を取り出した場合、湿気を避けて保存する必要があります。 相対湿度 52~75%の保管条件下で、3 日間では外観に変化はみられないものの、5日間で表面のあれが認められ、保管30日間ではひび割れ等の著しい外観変化および実用上問題となる硬度の低下が認められました。 一方、相対湿度 42%以下で保管した場合、1 ヵ月の時点でも外観に変化はなく、硬度の 低下はあるものの、実用上問題のない程度の変化でした。 注 PTP包装状態の加湿条件下での保管(相対湿度 75%、2ヵ月間)においては、実用上問題のない程度ではありますが、硬度の低下がみられており、アルミピローから取り出した場合の長期保存も湿気を避けて保管してください。 また、PTPシートで保存する場合も、PTPシートを破損させないようにご留意ください。 湿度にさえ気を付ければ、バラ包装も問題ない。 乾燥剤を毎回付けてお渡しすれば、一包化も可能だろう。 スローケーとアスパラカリウムの違いは? スローケーもアスパラカリウムも、カリウムの補給に用いられるカリウム製剤です。 スローケーの成分は、塩化カリウム。 アスパラカリウムの成分は、L-アスパラギン酸カリウム。 アスパラカリウム錠300mg中に、カリウムは1. 8mEq含まれる。 スローケー錠600mg中に、カリウムは8mEq含まれる。 アスパラカリウムの用法は、1日0. 9~2. 7g(錠:3~9錠、散:1. 8~5. 4g)を3回に分割経口投与。 スローケーは徐放性製剤で、用法は、1回2錠を1日2回。 スローケー4錠中にカリウムは32mEq。 アスパラカリウム9錠中にカリウムは16. 2mEq。 685• 184• 257• 190• 251• 103• 284• 250• 129• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の

ケーサプライ錠600mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ケー サプライ 錠 600mg

スローケー錠とケーサプライ錠の年間使用量 平成28年4月~平成29年3月までのスローケー錠600mgの総使用量が2800万錠(カリウム製剤としての使用量で第二位)であるのに対して、後発医薬品のケーサプライ錠600mgの総使用量は800万錠というデータが厚生労働省のNDBデータに示されています。 スローケー錠は2019年1月以降在庫が無くなり次第販売中止となることが確定しておりますので、ケーサプライ錠の流通量が不足することが予想されます。 slow-k ケーサプライ錠の製造状況 ケーサプライ錠600mgを製造販売しているアルフレッサファーマの学術に増産の可能性について電話で確認したところ、 「今のところケーサプライ錠600mgの製造を増やす予定はない(2018年10月10日現在)。 既存のお得意先(購入している病院、薬局)に関しては今まで通り安定供給することは可能ですが、新規の発注に関しては難しいかもしれない」 という回答を得ました(2018年10月10日現在)。 今後、どのような対応となるかは不明です。 需要と供給の関係で、現状のまま解決策が無い場合、スローケー錠600mgを服用している患者様は他のカリウム製剤(内服)へ変更する可能性もあります。 カリウム製剤の使用量 1位:アスパラカリウム錠300mg(1錠1. 9mEq):年間1400万グラム 5位:アスケート300mg(アスパラカリウム錠のGE):年間880万錠 6位:ケーサプライ錠600mg 1錠8mEq :年間800万錠 という順となっています。 (点滴では特にmEqが指標となります)。 スローケーから他剤へ変更する場合、内服薬では少し注意が必要です。 スローケー錠からグルコンサンK細粒への換算 スローケーからグルコンサンK細粒への変更する場合はmEqが同じになるように服用量を決めます。 スローケー錠は徐放錠であるため1日2回の用法ですが、グルコンサンK細粒は徐放性がないため1日3~4回に分けて飲む用法となっております。 スローケー600mg(8mEq)からケーサプライ錠以外の製品へ変更を検討する場合 アスパラカリウム錠300mg(1錠中に1. 8mEq) グルコンサンK錠2. 5mEq(1錠中に2. 5mEq) 錠剤としては厳密にぴったり必要なmEq(4mEqまたは8mEq)になりそうな製品はないのですが、このあたりは使用してみて考える医師もいるかもしれません。 患者様としてはスローケー錠から他の錠剤へ変わると、飲む薬の数が増えそうです。 (スローケー1錠から粉薬へ変更する場合は、理論値として同じ量になる薬があります。

次の