フェイス タイム ビデオ。 ビデオ会議、アップルの無料アプリ「FaceTime」が結構使える!

【iPhone】FaceTimeとは?意外と知らないフェイスタイムの基本!

フェイス タイム ビデオ

FaceTimeとは? Last update 2016-04-17 12:42 FaceTimeとは、iPhone iPadやiPod touchも含む 同士で無料で通話・テレビ電話が出来るアプリです。 超高音質で、相手がiPhoneであれば誰にでもかけることが出来ます。 Sponsored Link 目次• FaceTimeの特徴 iPhoneであればはじめから使える 無料で通話出来る。 と言っても、最近は話し放題で24時間無料電話がかけられるし、SkypeやLINE電話でも無料で電話できるよ。 という声が聞こえてきそうですが、FaceTimeの最大の特徴は、 相手がiPhone iPadでも可 であれば、特別にアプリをインストールしなくても使うことが出来る点です。 相手のメールアドレスしか知らない。 という場合でも、相手がiPhoneを使っていればFaceTimeで電話をかけることが出来ます。 連絡先にあるFaceTimeってなに? 連絡先の中に「FaceTime」という項目があることに気づいている人も多いかと思います。 連絡先にこの 「FaceTime」という項目がある場合、相手はiPhoneを使っています。 自分や連絡先に登録している人がiPhoneであれば、この「FaceTime」が自動的に表示されます。 このようにFaceTimeという項目がない相手は、「アンドロイド」か「ガラケー」、あるいは固定電話などです。 超高音質 もう一つの特徴は、非常に高音質な点です。 やでも書きましたが、FaceTimeは非常に高音質で、遅延が少ないです。 最近、騒がれているでは、電話代がかかってしまうのが難点でしたが、相手がiPhoneであれば、高音質な無料通話をかけることが出来ます。 FaceTimeやSkypeで音質比較 モバイル通信でのパケット使用量が少ない FaceTimeを始め、無料電話アプリや050で発信する電話は、「IP電話 インターネット電話 」と呼ばれ、パケットを使用します。 なので、あまり長電話をすると、パケット使用量が増え、パケット制限を受けてしまう可能性があります。 以下は、各IP電話で1分間通話した時の、使用したパケット量です。 050Plusで1分間通話した場合のパケット使用量 050Plusで1分間通話した時の、使用したパケット量では、約1. 1MBでした。 1時間で60. 6MBになる計算です。 1GBで通話できる時間は、約909分 15時間 です。 LINEで1分間通話した場合のパケット使用量 続いてLINE同士で1分間通話した場合の、使用したパケット量で、約1. 3MBでした。 050Plusに比べ、若干音質がいいぶん、少ししい容量が多いようです。 1GBで通話できる時間は、約769分 13時間 です。 SMARTalkで1分間通話した場合のパケット使用量 続いては、050Plusのように050の電話番号が使えるです。 9MBと、今回調査したIP電話の中では最大ですが、これは遅延を少なく、最も高音質にする設定にしたからかもしれません。 FaceTime オーディオで1分間通話した場合のパケット使用量 さて、FaceTime 音声のみのオーディオの場合 はどのくらいだったか、というと・・・ なんとたった、 491KB 0. 49MB でした。 1時間でも約29. 5MBしか使いません。 1GBで通話できる時間は、約2,036分 34時間。 つまり、高音質でなおかつ、日本で最も普及しているiPhoneなので、殆どの相手に無料で通話ができる、ということになります。 Skypeで1分間通話した場合のパケット使用量 さて、実はもっともパケット使用量が少ないIP電話は、実はFaceTimeではありませんでした。 なんとSkypeが最も使用パケット量が少なかったんです。 でも書きましたが、Skypeは、電話番号にかけたり、Skype同士で通話したり、遅延が最も少ない、超優れたIP電話アプリなんです。 Windows10を使っていれば、ほぼSkype用のIDが習得済。 いちいちSkypeをインストールしなければならない手間がありますが、そうでなければ最強の無料通話アプリかもしれません。 まぁ、Skypeにも超困ったデメリットも有るのですが、それはを参照してください。 Wi-Fiを使った場合のパケット使用量 コメントでも頂いたのですが、中には「ポケットWi-Fi」のようなWiMaxやYモバイルのモバイルWi-Fiを契約している人もいるかと思います。 モバイルWi-Fi経由の場合、Wi-Fiとして接続してしまうので、FaceTimeは、高画質、高音質で接続しようとします。 そこで、Wi-Fiの場合はどれくらいのパケットを使用するのでしょうか?検証してみました。 iPhoneを2台。 iPadを1台用意し、1台のiPhoneをテザリング用として使用し、iPhoneとiPadでFaceTimeを1分間映像通話してみました。 ご覧のように、テザリングでモバイル通信しているものの、Wi-Fiで接続しているので、高画質で相手と会話できました。 1分間のパケット使用量は、22. 4MB 実際には1分10秒ぐらい でした。 だいたい1分間で20MBほどのパケットを使用するようです。 FaceTimeオーディオ 音声のみ の場合は、4. 4MBでした。 つまりFaceTimeは、映像も音声のみも、Wi-Fiでは、贅沢に ? パケットを使用し、より高画質、高音質にして使えるようになるようです。 残念ながら高画質・低画質の設定は手動で切り替えることが出来ないので、モバイルWi-Fiを使う場合は注意が必要です。 FaceTimeを使うには FaceTimeは、基本的には始めから使用できるようになっています。 FaceTimeで通話するには、FaceTimeアプリを起動してもいいのですが、連絡先からもかけることが出来ます。 FaceTimeには、カメラのマークと受話器のマークの2つがありますが、 ・カメラのマーク:映像付き通話 ・受話器:音声のみの通話 になります。 このどちらかのアイコンをタップすると、相手にFaceTimeをかけることが出来ます。 FaceTimeが使えるか確認する 連絡先のiPhoneを使っている相手に、FaceTimeの項目がない場合、FaceTimeがオフになっている可能性があります。 オンにするには、 設定を開き、「FaceTime」をタップします。 FaceTimeの右側のスイッチがオフ 白黒 になっている場合は、タップしてオン 緑色 にします。 このような画面にになった場合は、やApp Storeで使用している「」を入力してください。 このように緑色になっていれば使えます。 余計なアドレスのチェックを外しておく 設定の「FaceTime」の項目を開くと、下の方に「FACETIME着信用の連絡先情報」の部分に、幾つかの電話番号と、メールアドレスが表示されていて、デフォルトですべての電話番号・メールアドレスにチェックが付いていると思います。 が、この場合、灰色になっている電話番号以外のメールアドレスなどのチェックは外しておいてください。 FaceTimeには、決まった電話番号、メールアドレスというものがありません。 そのため、ここで登録した電話番号やメールアドレスを元に、相手を識別します。 灰色になっている電話番号は、そのiPhoneの電話番号になり、最低1つは登録しないといけません。 で、もし、家族で同じメールアドレスを登録して、チェックを入れておくと、その人にもFaceTimeがかかってきてしまいます。 例えば、旦那さんと奥さんが、同じApple IDを使用していて、同じメールアドレスにチェックを入れていると、旦那さんにかかってきたFaceTimeが奥さんの方にも同時にかかってしまいます。 こうしたことを防ぐために、FaceTimeに使用するアドレスは、そのiPhoneの電話番号にしてください。 こちらが音声のみのFaceTimeをかけた時の画面です。 「FaceTime」のボタンが薄くなってタップできないようになっています。 映像通話の場合は、このような画面。 カメラのアイコン 左下 をタップすると、インカメラと裏のカメラを切り替えることが出来ます。 iPadでFaceTimeを使いたい iPadには電話機能がありません。 電話アプリ自体がない ただ、このFaceTimeを使えば、相手がiPhoneであれば電話をかけることが出来ます。 「別のメールを追加」をタップすると、新たにメールアドレスを追加することが出来ます。 次に、iPhoneやiPadに電話してほしい相手に、iPad用の連絡先を登録します。 わかり易い名前で登録しておきます。 で、この時に先ほど 「FaceTime」のところでチェックを入れたメールアドレスを登録します。 これで、iPhoneからもiPadからもFaceTimeを利用して、電話をかけることが出来ました。 なお、連絡先にiPadの用の連絡先を登録しなくてもFaceTimeで通話できますが、登録していない人からFaceTimeが掛かって来ると、このように相手がメールアドレスや電話番号で表示されます。 映像通話の画質は FaceTimeの映像は、非常に高品質です。 が、あまり高品質だと、その分パケット使用量も増えてしまいます。 そのため、FaceTimeではWi-Fiか携帯電話回線か、で映像品質は変えているようです。 以下は、「携帯電話回線」と「Wi-Fi」を使用してFaceTimeを使った時の映像の比較です。 左が携帯電話回線 LTE で、右がWi-Fiです。 拡大すると、明らかに画質が違いますね。 このようにWi-Fiを使用すれば、非常に高品質な映像で会話することが出来ます。 映像通話時のパケット使用量は? Wi-Fiを持っている人であれば、パケット使用量を気にせずに映像通話時をすることが出来ますが、Wi-Fiがない場合、映像通話をした時の使用パケット量はどのくらいになるのでしょうか? 携帯電話回線を使って1分間、FaceTimeの映像通話をした時のパケット使用量は、なんと2. 1GBで400分 約6時間半 通話することが出来ます。 顔をアップで見せたくない 日本では、あまりテレビ電話のようなものは普及していないようです。 その理由としては、顔がドアップでうつってしまい、しかも下から見上げるように顔を写すと、ブサイクに見えてしまう。 と、心配してしまうからだと思います。 だから女性はカメラを上に構えるんですね で、FaceTimeは、映像通話時は、自動的にハンズフリーモードになるので、iPhoneを離した場所に置いても、十分マイクで声を拾ってくれます。 なので、好きな場所にiPhoneを設置して、好きなアングルで自分を映すことができるので、ご安心を。 関連ページ• 上限7GBのLTE経由です。 娘のiPad-- Wi-Fi --ポケットWi-Fi-- LTE -- Internet -- 光回線 --ルータ-- Wi-Fi --自宅のiPad 彼女とFaceTimeすると、一分で20MB程度必要でした。 これだと、1GBで50分しか通話できません。 いろいろなページを見ると一分で数MB程度とあり異なるので疑問でした。 このページに行き当たり、やっと、疑問が解けました。 ありがとうございます。 WI-Fi使用の場合のデータ通信量は、私の所では、一分で20MB程度でしたが、そちらではどのくらいですか。 また、WI-Fiでも、画質を落として通信データ量を減らす方法があったら、ご教授ください。 3台を使用し、1台をテザリング機として使用 Facetimeは、Wi-Fiだと高画質しか選択できないのだと思います。 ただ、Facetime オーディオなら、2MBぐらいでしたよ。 毎回毎回ビデオ映像の必要はないでしょうし、どうしても。 というのであれば、インターネット回線を引いたほうがずっと安上がりだと思います。 そもそも私が学生・・・どころか、30代になるまでこうした便利な機能などなかったわけで・・・。 安い料金で全てを望むのは、ちと贅沢だとは思いますが・・・。 わざわざ実験して下さって助かりました。 昨年娘が浪人でお世話になった家は上限が無かったので、よくFaceTimeを使っていました。 写真と違って動画では表情や気持ちの持ちようが分かるので、家族共々安心出来、とても便利でした。 1分20MBを目安に、時々ちょこっとFaceTimeするようやってみます。 確かに「安い料金ですべてを望む」のは難しいですが、実態をいろいろ知って制限の中で工夫しながらやっていくのも、学生なのでいいかなと思っています。

次の

Android向けのFaceTimeアプリ

フェイス タイム ビデオ

FaceTimeとは一体なんなのでしょうか。 FaceTimeとは、Apple社の製品に標準でインストールされている 無料のビデオ電話や音声通話ができるアプリのことです。 そのため、Apple製品同士なら、新たにアプリをインストールすることなく高音質な音声通話や、高画質なビデオ通話が楽しめると言った特徴があります。 ちなみに、FaceTimeという名前からもわかるように、元々はビデオ通話だけにしかできないアプリでした。 そのため、普通の電話はしたいけど、ビデオ電話はあまりしたくないといった人にはあまり使われてきませんでした。 ですが、その後のアップデートで、音声通話だけもできるように変更が加えられました。 実際に、ラインと比べてみてもその差はすぐわかります。 ラインの方は、少し音がこもったように聞こえますが、 FaceTimeはすごくはっきりとクリアで高音質に聞こえます。 これはぜひ試してみてほしいです。 ラインも、最近になってFull HD Voiceというものを導入してかなり高音質化されたのですが、それでもFaceTimeには及ばないと思います。 音声通話において、声が遅れたり、ノイズが入ったりするのはかなりストレスになりがちなので、それがないというだけでも、FaceTimeが選ばれる特徴になりそうです。 実際に普段からFaceTimeを使う事が多いのですが、僕がFaceTimeを使う最大の理由は、この高音質さです。

次の

フェイスタイムとスカイプの違い 2020

フェイス タイム ビデオ

FaceTime の普及につれて、Androidユーザーも自分のデバイスでこの人気のあるFaceTimeを利用したいです。 でも、FaceTimeが初めて発表された時、いつかFaceTimeはiOSデバイス以外のプラットフォーム上で動作できるようになるとアップル会社がそう話したが、六年後の今になっても、「待機」中です。 以上、FaceTimeは、iPhone iPadやiPod touchも含む 同士で無料で通話・テレビ電話が出来るアプリで、Androidではまだ利用できません。 その一方、オープンなプラットフォームはAndroidシステムの優れるところです。 そのため、AndroidでFaceTimeが利用できないとしても、Facetimeに代わるアプリがいっぱい提供されております。 この文章では、特に5つのAndroid向けの通話アプリをまとめてみました。 では、一緒に見ておきましょう!• Microsoft社が今までのWindows Live MessengerをSkypeに統合して、Microsoftシステムのデフォルト通信ソフトにしてから、Skypeはアンドロイドのユーザーに広く使われています。 この通信アプリは音声通話、テレビ通話のほか、インスタントメッセージ、ファイルの共有、グループ通話などの機能も利用できます。 また、直感的かつ簡潔的なインタフェースを持ち、結構操作しやすいです。 FaceTimeと違って、SkypeはiPhone、Android、iPad、タブレット、パソコン、Macなどで利用でき、デバイスの種類に関係なく使えます。 4 .Skypeビデオだけでなく、ゲームなどのレコードもサポートされます。 5.ビデオ• 音声フォーマット、コード、解像度などを変えることにより、出力パラメータを調整できます。 Google Hangouts -無料のメッセージ交換、ビデオ通話、音声通話 Google Hangouts 価格:無料 iPhoneのFaceTimeに対応できるAndroidアプリといえば、(ハングアウト)ではないかなと思われます。 Google Hangoutsは文字のやりとり、音声通話、1 対 1 での会話や大勢でのグループチャットをサポートするほか、フィルター、お絵かきやエフェクト、絵文字などの利用もできます。 今年の8月15日に、Googleは新しいビデオチャットアプリ「Duo」をリリースしました。 GoogleアカウントなどのIDを必要とせず、電話番号同士でビデオチャットできる極シンプルな通話アプリですが、グループチャット機能がないため、まだHangoutsをキープする必要があるそうです。 Viber — 機能豊富の無料通信アプリ Viber 価格:無料 固電と携帯と通話する場合有料になる は無料で通話やテキストメッセージを友達に送ることができる無料通話・メッセージアプリです。 具体的には、 1.無料で様々な種類のメッセージを送信できる:テキストメッセージ、写真、動画、連絡先、オーディオメッセージ 2.無料で音声通話とビデオ通話ができる: Viberから携帯電話や固定電話へ電話がトライアル中無料で通話可能です。 グループチャット:参加者最大200人のグループチャットをサポートします。 友達が送ったメッセージに「いいね!」も可能です。 4.登録も簡単できる:電話番号を登録したあとは、ワンクリックで端末に登録されている連絡先を連携でき、いちいち登録せずに済むのです。 5.メッセージを削除:送信済みのメッセージを後から削除して、プライバシーを保護できます。 LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ LINE 日本で一番使われるコミニュケーションアプリといえば、しかないでしょう!いつでもどこでも素早く簡単に友だちと無料メールが楽しめ、また、10,000種類以上のスタンプと絵文字を備えることで、大変人気を集めています。 もちろん、自分でスタンプを作って、投稿することも可能です。 LINEの新機能 1.グループ通話が登場し、トークメンバーと一緒にグループ通話で盛り上がります。 LINEの主な特徴 1.LINEでいつでも、どこでも無料の音声&ビデオ通話できます。 LINE同士でクリアな音声品質の国際電話を含む電話をしても無料です。 また、最大200人と同時に通話することが可能です! 2.「LINE公式アカウント」 で自分の好きなアイドルや国内外の人気有名人を「友だち」に追加するだけで、容易くお得なメッセージや情報を手に入れます。 3.LINEで携帯電話や固定電話への国際電話するなら、お得な料金で利用できます。 また、LINEを利用していない相手にもかけられます。 WhatsApp Messenger — メッセージアプリ WhatsApp Messenger 価格:2016年から無料 日本ではLINEの方が有名ですが、世界的にはが有名です。 WhatsAppはiPhoneだけでなく、AndroidやBlackBeryなどでも利用でき、まさに、Android向けのFaceTimeアプリと言えます。 2014年FacebookがWhatsAppを買収することを発表し、Facebookと日本に浸透してくるという見込みがありますが、本当にLINE VS WhatsAppという戦いで、WhatsAppは流行するのかまだ不明です。 でも、世界的に優れたメッセンジャーアプリであることは間違いないです。 優れた機能 1.マルチメディアを送受信できる:写真、動画、ドキュメント、ボイスメッセージ 2.通話無料:インターネット通信を使用することで、国内外問わず、WhatsAppを利用しているご家族やご友だちと無料でビデオ通話できます。 3.グループチャット:グループチャットを活用して常々にご家族やご友人と連絡を取れます。 4.WhatsApp Web:アプリだけでなく、パソコンのブラウザをアカウントを登録して、さくさくとメッセージの送受信が可能です。 5.電話番号で登録:WhatsAppはユーザーネームやPINが不要なので、覚えておくユーザーネームやPINがまた一つ覚えるのを避けます。 電話番号でWhatsAppを登録する際、端末に既存する連絡先とスムーズに連動します。 以上はFaceTimeの代わりに、Android用の無料通話アプリです。 ご家族やご友人との大事なビデオ通話を思い出にしたいなら、通話する際、を利用して、ビデオ画面を録画すればいいです。 その使い方について、までご参考ください。

次の