ギャン 理論。 MT4 ギャン理論に基づいたインジケーター MTF + アラーム

ギャン理論

ギャン 理論

アニバーサリーデイトの法則は時間軸に焦点を当てたアノマリー的な法則になります。 都市伝説や宇宙の法則としか考えられないような不思議に感じる法則がアニバーサリーデイトの法則です。 主に 指数に関係する法則で 個別銘柄では機能していません。 明確な定義がなく曖昧な定義しかされておらず言う人によって解釈がバラバラですが 私が「おぉ、これは!」と思ったアニバーサリーデイトの法則を紹介しようと思います。 アニバーサリーデイトとは 「ウォール街での45年」という本で初めて提示された新概念になります。 ギャン理論で有名な ウィリアム・ディルバート・ギャンが初期のアニバーサリーデイトの提唱者になります。 GANN(ギャン)は「ウォール街での45年」という本を執筆する時の動機はアニバーサリーデイトを紹介するためだったと言われています。 「著者が本書を著すことを動機づけたのは、アニバーサリー・デイトである。 研究によって、筆者は過去の高値、安値を付けたのと同じ月に、株が重要なトレンド転換を果たしていることを発見した。 このような時間的なターゲットを筆者はアニバーサリー・デイトと呼ぶ。 これらの時を注意深く見守る事で、重要なトレンド転換を探る事ができる」 この時のギャンの理論では月単位で株価が重要なトレンド転換をすると述べていますが、その後の研究でより詳細な分析方法が確立されています。 今回のアニバーサリーデイトの紹介は、より詳細な分析を確立した方になります。 ギャンはどのような人物だったのか 本名を ウィリアム・ディルバート・ギャンといいます。 日本でも有名な投資法の一つであるギャン理論の提唱者になります。 世界的にファンが多く1世紀近く経過した今でも崇拝者が多く伝説のトレーダーの1人になります。 手書きしかなかった時代に米英の博物館資料まで研究し独自の分析手法を数々生み出し、生涯勝率は8割以上で生涯に儲けたお金は5000万USドル(現在価値に換算すると50億ドル)以上と言われています。 第一次世界大戦の株価暴落も当て、世界恐慌を時期だけでなく、その規模までも予測し当てました。 1955年6月14日に死去。 満77歳で亡くなりました。 ウィリアム・ディルバート・ギャンについてはまた今度詳しく書こうと思います。 100年前にここまで分析してたのかと驚くだけでなく、今も寸分の狂いもないチャートの構造は神秘性すら感じるので面白いと思います。 アニバーサリーデイトの法則の基本 アニバーサリーデイトの基本は過去に相場の転換点があった時期はその後も何度も繰り返し同じような時期に相場の転換点が来るというものです。 ギャンが発表した内容では、月単位での分析でしたが今では日単位の分析が可能になっています。 その的中率は72%程度ととても高い数字になっています。 アニバーサリーデイトの法則 1. 前後5営業日以上に渡って更新されない高値や安値を付けている 2. 前年の同日から前後5営業日以内に相場の転換点が現れる このたった2つの条件になります。 アニバーサリーデイトで日経平均株価を例に検証していきます。 すべてではないのですが、上の図はアニバーサリーデイトをまとめたものです。 転換点となる日付は毎年似たような日付であるのがわかります。 毎年必ず転換日となるわけではないですが、数年後にまた同じような日付が転換点になっていたりします。 奇妙としか言いようがないのですが、歴史をずっと遡っても同じような日付で転換日が来ます。 興味がある人は是非検証してみたら分かると思います。 日経平均株価の転換日まとめ 1月16日付近 3月16日付近 5月14日付近 9月7日付近 11月9日付近 こう並べてみるとわかりますが、5~9月以外は2ヶ月おきに何かしら転換点が来ているように思います。 トレンドの転換に関しては上昇トレンドに転換する日付が次の年には下降トレンドに転換する日付になっていたりと一貫性はないようです。 多分このあたりは研究すれば法則が見つかるかもしれませんが、まだやっていません。 法則性を発見したら書きたいと思います。 まとめ 見てもらったとおり、転換日となる日付は似通っています。 この事を「 アニバーサリーデイト」といいます。 非常にに気持ち悪い現象ですが、事実このようなことが起こっています。 実はビットコインでも同じようなことが起こっていて、6日が付く日に相場が転換するというジンクスというか都市伝説のようなものがあります。 これはまた別の機会にまとめようと思います。 気持ち悪く感じますが、ドル円などもこのような現象が見られます。 相場の参加者が多い市場ほど的中率が上がる傾向にあるそうです。 なので、個別銘柄のような少数が参加している相場では見られない現象になっています。 相場というのは一体何なんでしょうね・・・。 不思議で仕方がないですね。 稼げないトレーダーの特徴 勝てないトレーダーには、共通の特徴があります。 それは「ルールを守れない」「感情に左右される」「勉強不足」などです。 これらは、時間が解消してくれるものではなく、修行僧のように自分と向き合う必要があり、安定した結果を出せる人は僅か10%程度とされていて かなり狭き門なのです。 トレーダーズ証券では、勝ってる人のトレードを自動でコピートレードしてくれるサービスがあり、これが、凄いです・・・。 証券会社が提供しているサービスという事もあり、安心できますし、新しい技術ですが、こういう新しい波に乗ると大きなお金が稼げるのはいつの時代も変わらないと思います。 少しの努力ですが、こういう小さな行動の積み重ねや経験が大きなチャンスに繋がります。 無料で口座は作れますし、トレードすると50000円貰えるキャンペーン中らしいので、是非やってみましょう。

次の

ギャン理論の運用ルールまとめ

ギャン 理論

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2015年4月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2015年4月) ウィリアム・ディルバート・ギャン (William Delbert Gann、 - )は、の。 後述する「ギャンの価値ある28のルール」で知られている。 手書きしかなかったアナログ全盛時代に米英の博物館資料まで精査し、独自の分析手法を数々生み出した。 その中で価格の変動には周期性があることを発見、日本の株式チャートにおけるとほぼ同じものを独自に編み出し、発見した法則を厳正なルールで制御することによって生涯8割以上という驚異的な勝率を誇った。 その的確な分析手法によってさえ1年以上前に予測してみせた。 彼が実際にトレードしていた時から実に1世紀近くが経過した今でも崇拝者の非常に多い、強いカリスマ性を持つトレーダーである。 の始祖。 生涯 [ ] 1878年6月6日、 ()にて、代々軍人の綿農家の子として生まれる。 3人兄弟の筈だったが長兄が幼少期に死んでおり、実質2人兄弟の末っ子として育った。 綿花栽培は豊作と不作を繰り返していたので、決して生活は楽ではなかった。 神は決して自分たちを見捨てない」として、自らのおかれた状況を「甘んじて受け容れるほかない」という教育を受けた。 ギャンの母はで、ギャンを牧師にしようとするくらい熱心だった。 ギャンは幼いころから聖書を丸暗記させられたほどである。 そして生家が貧乏だったので大学進学を諦め、親友の家が経営する近くの綿花工場で働いた。 その工場で綿花取引のノウハウを学び、24歳頃から少ない投資で相場をやるようになった。 但し、誰もがやるように最初期は大損もしている。 それで一心発起して値動きの研究に勤しみだした。 人類最大の揺るぎないベストセラーたる聖書や、古代ギリシア以来綿々と続く数秘術・神秘学・占星術にも研究の目を向けた(天意を読み抜こうとした)。 そうした動きの中でスコットランド式の第33期に加入している(元々テキサスには、スペインの植民地として開拓されていった当初からや)教徒や、最近でも1993年2月28日にと銃撃戦の挙句集団自殺した「」のような狂信的な教団が多かった。 ) そして9ヶ月間に渡りニューヨークの ()、ロンドンのの資料を過去700年間の物価と1820年以降の証券取引の記録を丹念に調べた(特に株を始めとするの株価操作術を学んだ)。 この徹底研究によってギャンは値動きの特性を把握した。 周期性はいわゆる「アニバーサリー・デイト」と呼ばれる記念日である。 1929年9月3日の最高値と、1932年7月3日の最安値。 以降何年間もアメリカの市況はこの前後1週間位に高値・安値の動きが続いた。 「スイング・インジケーター」である。 1908年にギャンはニューヨークのに出て成功した。 『』の前身『The Ticker and Investment Digest』誌に掲載された記事には、当時30歳のギャンが既に適確無比なプライスと時期を予想して収益を上げていた実態が伝えられており、「科学的手法が斬新だ」と評されている。 ギャンはそのまま切磋琢磨しつづけ、最終的には生涯に5000万(現在価値に換算すると50億ドル)儲けた。 1914年にはや株価暴落を予想して的中させたばかりか、1928年末「来年の見通し」として世界恐慌の時期と規模を凡そ当てている。 (ギャンは9月3日だとしたが、「暗黒の木曜日」は10月24日だった。 7週間+2日の誤差があった訳だが、大局的な予想としては「的中」に類する)。 1955年6月14日に死去。 満77歳没。 チャート模式図 手法 [ ] 日々の相場を高値と安値、始値と終値の変形バーチャートを手書きで書き連ねた。 これは現代日本で最も一般的な「ローソク足」の原形である(テクニカル分析のを開発したこそが開発者だという説も多くある)。 そういう中、有名な「ギャンの価値ある28のルール」を自戒的に綴っていく。 ギャンの価値ある28のルール [ ]• 常にストップロス注文を使う。 (毎回置く)• 取引を重複させない。 (もし2つ以上の取引をオープンしていたら、最初の取引のルールに違反すべきではない。 利益を損失にしない。 (含み益が出たら、ストップロス注文等でそれが含み損に陥らない状態にする。 トレンドが分からない時は取引しない。 トレンドに逆らった取引はしない。 迷ったら出る。 迷ったら入らない。 活発な市場でのみ取引する。 違う市場間でリスクを均等に分散する。 指値注文はせず、成り行き注文で取引する。 正当な理由がないのに手仕舞わない。 取引で儲けた余剰利益は別の口座に置く。 利益の薄い(scalp)取引はしない。 損失を平均化しない。 (ナンピンはしない)• 忍耐無く市場から抜け出したり、待つのが不安だからといって市場に入ったりしない。 小さな利益と大きな損失を避ける。 ストップロス注文を置いたらキャンセルしない。 市場に頻繁に出入りすることは避ける。 相場の両サイド(ロング、ショート)からお金を稼ぐことに意欲的であること。 価格が低いとか高いからと言って買ったり売ったりしない。 (値頃感で取引しない)• 間違ったタイミングでのピラミッディングに注意する。 ピラミッディングはレジスタンスを超えるか、サポートゾーンが壊された時のみ成されるべき。 ピラミッディングは適切なタイミングでは非常に有益な場合がある。 買いの時に上昇トレンドが強く、売りの時に明確な下落トレンドがある商品を選択する。 負けポジションをヘッジしない。 ある商品をロングしていてそれが下がり始めたら、ヘッジするために他の商品をショートしてはいけない。 市場から出る。 損を確定し、次の機会を待つ。 正当な理由が無い限り、ポジションを変えない。 取引をする時は一定のルールに従って、正当な理由で取引をする。 その後はトレンドが変わる明確な兆候が無い限り、出ない。 長い期間での取引で儲けた時は、トレードを避ける。 規律ある計画的な取引プログラムを維持する必要がある。 天井や底を推測しようとしない。 本当に天井か底かは市場が見せてくれる。 盲目な人のアドバイスに従わない。 最初の損失後は取引を減らす。 決して増やさない。 間違って入って間違って出てはいけないし、正しく入って間違って出てはいけない。 これは二重の間違いである。 参考資料 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年4月)• 日本テクニカルアナリスト協会 『W. ギャン著作集I』• 日本テクニカルアナリスト協会 『W. ギャン著作集II』• 林康史 『ギャンの相場理論』• 林康史 『伝説の株必勝法「W. ギャンの28鉄則』• この項目は、(を含む)に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

ギャン理論で稼ぐ!使うのは移動平均線と5分足だけ!

ギャン 理論

・勝率9割を記録した投資法である ・28のルールがある ギャン理論とは、ウィリアム・デルバード・ギャン 1878〜1955 によって考案されたもので、勝つための投資に必要な投資法です。 ギャンは、1878年にテキサスの綿花農家に生まれた家業を引き継ぐことはなく投資家になりました。 1900年代前半に活躍した伝説のトレーダーです。 株式アナリストなどが〜方式を発表することがありますが、考案した本人は研究をしているだけでトレードをしていないことがほとんどです。 しかし、ギャンだけは別で研究をしながら実際にトレードをやっていた貴重な人物です。 ギャン理論は、1929年のニューヨーク株式大暴落など数々の相場を予見し、勝率は8割〜9割とも言われています。 ギャン理論で提唱される28のルールがあります。 この28のルールは、100年以上も前に作られましたが、現在の株式投資やFX取引においても非常に有効なルールです。 さらに、トレードスタイルに関わらず有効な方法なので、全てのトレーダーの参考になるものです。 勝率9割を記録するギャン理論の28のルール どれも今すぐ実践できるから難しくないよ 1. 資金を10等分し、1回の取引額は全資金の10分の1とする 資金管理の大切さを物語っていますね。 ストップ・ロス・オーダー 逆指値注文 を使い、ロスカットは最小限に抑える 絶対に損切りをしなければいけないということですね。 過剰な取引をしない、資金分配を守る FXはlotを使うおかげで、自分の資金量よりも大きいお金でトレードすることができます。 XMであれば、最大50lotまでトレードできます。 しかし、自分の資金にあったポジションサイズでトレードするべきであるということですね。 利益を損失に変えない。 含み益が出たあとは、利益を減らさないように逆指値を上げていくと提唱しています。 つまりトレーリングストップを使えということです。 トレンドには逆らわない やはりトレンドに逆らったエントリーをしてしまうと、高い勝率を維持するのは難しいようです。 迷ったときは手仕舞い、ポジションを解消する エントリーするかしないか迷ったときは、エントリーをしないという判断も有効です。 FXは自分の得意なパターンのときだけトレードすることが大切になります。 ボラティリティがある相場で取引する ボラティリティ 値動き があり、売買が活発な通貨ペアで取引をした方が大きな利益を得やすいです。 代表的な通貨ペアとしては、ポンド系がこれに当てはまります。 分散投資をする リスクを避けるために、資金の一極集中をしないことが大切です。 一極集中をしてしまうと、うまくいかないときにメンタル面も不安定な状態になってしまうため、投資に影響が出てしまいます。 成り行き注文で取引をする 指し値注文ではなく、成り行き注文がいいと提唱しています。 根拠としては、下がってきた相場に対する買いの指し値注文より上昇しているのを確認してから買いの成り行き注文をした方が優位性があるからです。 根拠なく手仕舞いしない 根拠のない理由では、トレードをしていけません。 根拠を持って、エントリー、決済、損切りをしましょう。 利益は蓄積し、緊急時に備える 利益が出たら、一部を別口座に移して緊急時に備えることが大切です。 これを行うことにより、メンタルも安定してきます。 配当やわずかな利益目的で売買しない 目先の利益だけを考えてトレードするのではなく、長期的な目線を持ってFXに取り組んでみましょう。 ナンピンをしない ナンピンはトレーダー最大の誤りであると提唱しています。 ナンピンで大きな損失を出してしまい、相場から退場していくケースが多いですね。 我慢できない理由だけで相場から逃げない 感情任せのトレードは絶対にしてはいけませんし、それでたまに勝つことはあっても長期的に稼ぐことは絶対にありません。 感情を出してしまうと、最終的に資金を全て失い、相場から退場していきます。 損大利小を避ける 損大利小はコツコツドカンを引き起こす原因にもなります。 早く利益確定をしたい気持ちはわかりますが、損大利小にならないように注意しましょう。 エントリー後は逆指値をおいて、キャンセルしない ストップロスをあらかじめ決めておき、一度決めたらストップロスを変更しないことが大切です。 極端に頻繁な売買は避ける いわゆるポジポジ病ですよね。 ポジポジ病では生き残ることはできません。 空売り 信用売り も積極的に活用する 買いだけでなく、空売りも選択肢の一つとして頭に入れておきましょうということですね。 高い 安い という理由だけで売買しない 値ごろ感にとらわれずに、根拠を持ってエントリーすることが大切です。 高値買い、底値売りに注意しましょう。 ピラミッディングのタイミングに注意する ピラミッディング 乗せ商い とは、例えば上昇相場の場合で押し目ポイントで買い増ししていくことです。 押し目がどこなのかを見極める分析が必要になりますね。 買い増しするごとにlotを小さくしていく 含み益が増えてくたびにlotを上げてしまうと、下落したときに損失額が上回ってしまう危険性があります。 ある銘柄がうまくいかないとき、別の銘柄でリスクヘッジしようとしてはいけない 例えば、ある銘柄を買い建てしていて、その価格レートが下がり始めたとき、これをヘッジしようとして別の銘柄を空売りしてはいけないということです。 明確な理由なしにポジションを変えない、手仕舞いしない 根拠もないのにポジションを変えてはいけませんし、明確なルールによる判断やトレンド転換などの理由なしに手仕舞いしてはいけません。 利益を得た後は取引量を減らし、全資金を投入しない 十分な利益が出た場合には、少しlotを下げてエントリーすることが大切です。 全資金を口座に入れてはいけません。 相場の天井 底 を勝手に決めつけない ここが天井 底 だと闇雲に予想してトレードをしてはいけません。 もう一段階、上 下 に動くケースが多いです。 他人の助言を鵜呑みにせず、自分のルールを確立する 他人の助言は嘘ばかりではありませんが、有名な投資家であるジェシー・リバモアも失敗するときはいつもこうだったと話しています。 自分で研究して、自分のルールを確立して一貫性を持つことが大切です。 ロスカット後はlotを小さくする ロスカット後はlotを下げてエントリーをして、もし3回連続で損失が出てしまった場合には、元手の10分の1にリスクを抑えることが必要です。 早く損を取り戻したいという感情が出てしまいがちですが、退場の危険性を上げてしまいます。 間違えてて仕舞うことを避ける 間違えてエントリーするのを回避するのと同じく、間違えて決済、損切りをするのも回避しなければいけません。 冷静にトレンドを見て判断しましょう。 まとめ.

次の