佐賀 がぶがぶ ラーメン。 ラーメンマニアは必見!絶品の佐賀ラーメン!決して他県に負けてません!

『』by グフゲルググ : がぶがぶらーめん 本店

佐賀 がぶがぶ ラーメン

こんばんは!ばんぶーです。 前回の記事に引き続き、今回もラーメン新店のご紹介です。 佐賀市巨勢にできて本日オープンした「がぶがぶらーめん」に行ってきたのですが、これがですねー、ついについに、満を待して佐賀に上陸した二郎系ラーメン店だったんです! 場所 佐賀市巨勢町、佐賀県民がいうところのいわゆる「モラージュにいく道」をモラージュ側に入らないで西部環状線方面にすすんだところ、ヤマダ電機の手前、小野病院の向かい側にあります。 もともとは、「スカルズキッチン」というハンバーガー店があったところですね。 雰囲気 外観! 黄色い看板で、太麺、醤油豚骨、と、東京で爆発的ブームと中毒者を生み出しているあの店のイズムを感じます。 あ、タイトルどおり二郎のことです。 外にはトッピングや無料券が当たるガチャガチャが。 遊び心があって面白いですね。 見た目通り店内は狭めでカウンター席のみ。 最大で20席ぐらいかと思いますが、オープン初日ということで満席になるとこんな感じになります。 狭すぎィ!! しかしながら、これもなんとなく二郎っぽいといえば二郎っぽいのかもしれないです。 基本的に超・静かで、ひとりのお客さん多め、ほとんどのお客さんがみんな無言で着丼を待っています。 以前東京で行った本場の二郎(神保町店)とかなり近い空気感。 とはいえ、店員さんはフレンドリーで、総合的な雰囲気は悪くないです。 若い男性2人で切り盛りされているみたいですね。 メニュー メニューは、基本のラーメンやラーメン大盛り、それに夏限定のつけ麺があります。 あとはトッピングですね。 黒ウーロン茶があるのもニヤリとさせられます笑。 注文について、二郎はだいたい食券だと思いますが、こちらは一蘭のように注文用紙に記入してで、用紙と引き換えにお金を先払いする方式。 野菜やにんにく、アブラ、濃いめなどのマシマシ(ここではがぶがぶ)もこの用紙で注文できます。 これははっきりいってかなり良いです!正直、二郎のあの、「にんにく入れますか?」からのコールはかなり緊張するんですよね。 リズムを乱さないように〜とか色々考えちゃって。 それが名物でもあるんですが、初心者には敷居が高いので、記入方式だとじっくり考えられてありがたいです。 実食! さて実食です! 初めてということで、今回の注文は、オール普通のラーメン 700円に、チャーシュー4枚(+100円)だけ選択しました。 着丼までそこそこ待ちます。 改善されていくことでしょう。 ドバァーン!!という効果音が似合うルックス。 一人用土鍋、というサイズ感もすごいです。 このもりもり。 コップとの対比で伝わるかな? 野菜を天地返ししつつ、麺をほじくっていただきます! … … いやこれ 美味しいです! はい、二郎よりはるかに美味いです。 個人的に。 今まで食べた二郎系ラーメンでベストの、久留米のに迫る勢い。 むしろそれに結構近い味わいです。 前食べた二郎はどろどろ脂と醤油の味、という感じで、スープの味自体は意外と薄い感じだったんですが、これはしっかり濃厚な豚骨ベース。 醤油ダレも甘みがあって九州人好みな感じに仕上がってます! 普通にラーメンとして美味いよこれ! 麺もやはりガシガシした固く伸ばしたダゴ汁的な麺ですが、これも個人的には二郎より全然ふつうのラーメンよりで、アリ。 チャーシューもまたよし。 醤油ダレしみしみで濃いめの味付けですが、ちゃんと火が通ってて肉肉しいです。 良いアクセント。 量も普通のラーメンでいうと大盛り基準ですが、男性の方ならまぁ完食できる量だと思います。 大盛り好きなら+100円の大盛りや野菜がぶがぶも選択肢に入ってくるのではないでしょうか。 ボリュームを考えると700円(大盛りは+100円)という値段もむしろ安いと思います。 と、いうことで! 巨勢にできた新しいラーメン店、がぶがぶらーめんは、本場二郎の雰囲気をほどよく味わえて、本場以上に美味しく、ローカライズされた、ボリューミーな濃厚豚骨ラーメンが味わえるお店でした。 佐賀在住のジロリアンにはもちろん、濃厚豚骨好き、大盛り好きの方には特におすすめです! ごちそうさまでした! Instagramも更新しているのでそちらもどうぞ。 カテゴリー• 306• 249• 180•

次の

【佐賀のラーメン17選】地元エディターのおすすめ麺|EDITORS SAGA

佐賀 がぶがぶ ラーメン

こんばんは!ばんぶーです。 前回の記事に引き続き、今回もラーメン新店のご紹介です。 佐賀市巨勢にできて本日オープンした「がぶがぶらーめん」に行ってきたのですが、これがですねー、ついについに、満を待して佐賀に上陸した二郎系ラーメン店だったんです! 場所 佐賀市巨勢町、佐賀県民がいうところのいわゆる「モラージュにいく道」をモラージュ側に入らないで西部環状線方面にすすんだところ、ヤマダ電機の手前、小野病院の向かい側にあります。 もともとは、「スカルズキッチン」というハンバーガー店があったところですね。 雰囲気 外観! 黄色い看板で、太麺、醤油豚骨、と、東京で爆発的ブームと中毒者を生み出しているあの店のイズムを感じます。 あ、タイトルどおり二郎のことです。 外にはトッピングや無料券が当たるガチャガチャが。 遊び心があって面白いですね。 見た目通り店内は狭めでカウンター席のみ。 最大で20席ぐらいかと思いますが、オープン初日ということで満席になるとこんな感じになります。 狭すぎィ!! しかしながら、これもなんとなく二郎っぽいといえば二郎っぽいのかもしれないです。 基本的に超・静かで、ひとりのお客さん多め、ほとんどのお客さんがみんな無言で着丼を待っています。 以前東京で行った本場の二郎(神保町店)とかなり近い空気感。 とはいえ、店員さんはフレンドリーで、総合的な雰囲気は悪くないです。 若い男性2人で切り盛りされているみたいですね。 メニュー メニューは、基本のラーメンやラーメン大盛り、それに夏限定のつけ麺があります。 あとはトッピングですね。 黒ウーロン茶があるのもニヤリとさせられます笑。 注文について、二郎はだいたい食券だと思いますが、こちらは一蘭のように注文用紙に記入してで、用紙と引き換えにお金を先払いする方式。 野菜やにんにく、アブラ、濃いめなどのマシマシ(ここではがぶがぶ)もこの用紙で注文できます。 これははっきりいってかなり良いです!正直、二郎のあの、「にんにく入れますか?」からのコールはかなり緊張するんですよね。 リズムを乱さないように〜とか色々考えちゃって。 それが名物でもあるんですが、初心者には敷居が高いので、記入方式だとじっくり考えられてありがたいです。 実食! さて実食です! 初めてということで、今回の注文は、オール普通のラーメン 700円に、チャーシュー4枚(+100円)だけ選択しました。 着丼までそこそこ待ちます。 改善されていくことでしょう。 ドバァーン!!という効果音が似合うルックス。 一人用土鍋、というサイズ感もすごいです。 このもりもり。 コップとの対比で伝わるかな? 野菜を天地返ししつつ、麺をほじくっていただきます! … … いやこれ 美味しいです! はい、二郎よりはるかに美味いです。 個人的に。 今まで食べた二郎系ラーメンでベストの、久留米のに迫る勢い。 むしろそれに結構近い味わいです。 前食べた二郎はどろどろ脂と醤油の味、という感じで、スープの味自体は意外と薄い感じだったんですが、これはしっかり濃厚な豚骨ベース。 醤油ダレも甘みがあって九州人好みな感じに仕上がってます! 普通にラーメンとして美味いよこれ! 麺もやはりガシガシした固く伸ばしたダゴ汁的な麺ですが、これも個人的には二郎より全然ふつうのラーメンよりで、アリ。 チャーシューもまたよし。 醤油ダレしみしみで濃いめの味付けですが、ちゃんと火が通ってて肉肉しいです。 良いアクセント。 量も普通のラーメンでいうと大盛り基準ですが、男性の方ならまぁ完食できる量だと思います。 大盛り好きなら+100円の大盛りや野菜がぶがぶも選択肢に入ってくるのではないでしょうか。 ボリュームを考えると700円(大盛りは+100円)という値段もむしろ安いと思います。 と、いうことで! 巨勢にできた新しいラーメン店、がぶがぶらーめんは、本場二郎の雰囲気をほどよく味わえて、本場以上に美味しく、ローカライズされた、ボリューミーな濃厚豚骨ラーメンが味わえるお店でした。 佐賀在住のジロリアンにはもちろん、濃厚豚骨好き、大盛り好きの方には特におすすめです! ごちそうさまでした! Instagramも更新しているのでそちらもどうぞ。 カテゴリー• 306• 249• 180•

次の

がぶがぶらーめん(地図/佐賀市/ラーメン)

佐賀 がぶがぶ ラーメン

Contents• 九州では二郎系ラーメンがなかなか食べられない! 佐賀も含め九州は全般的にとんこつラーメンが強く、なかなか他のラーメン文化が浸透していません。 二郎系ラーメンもいくつか福岡などに出てるものの、閉店してしまったりして数はガチで少ないようです。 ラーメン好きからすると、関東付近にいる友人から漏れ聞こえてくる「ラーメン二郎」の情報は胸躍るものがあるのです。 極太の麺。 盛りに盛られた野菜に極厚のチャーシュー。 そんなラーメンは見かけることはないですね。 井手ちゃんぽんが近いかな?でもちゃんぽんだし… というわけで二郎系ラーメンはある種九州人にとっては幻のラーメンでもあるのです。 「コールとか言えるのかな…」「食べるの遅かったら『ギルティ!』とか言われるのかな…」 ネットのコワい情報にびびってましたが、結論からいえば 店員さんも愛想がよく、注文システムが親切で頼みやすい!味も個人的には大満足!でも、人は選ぶかな…という感じです。 一度行って見る価値はありますよ! 佐賀で二郎系を喰らう!「がぶがぶラーメン」 外観はこんな感じ。 看板の黄色が本家の二郎っぽさを感じさせますね。 店頭にあるのは100円で回せるガチャガチャ。 中にはトッピングなどの当たったトッピングをつけてもらえます。 中にはラーメン1杯無料のあたりもあるとか。 中はカウンターのみで10人くらいが座れるくらい。 結構狭いのでグループでの食事には向きませんね。 お客さんもおひとりさまがほとんど、多くて2人連れでした。 さて、噂に聞く二郎系の注文システム。 従来だと「ヤサイマシマシニンニクアブラカラメ」みたいな「コール」と呼ばれる呪文みたいなものをすることでトッピングの量を伝えるのですが、ここは超親切! テーブルに注文表があって、それに商品とトッピングの量を記入していくだけ。 そして注文表を渡す際に先払い。 この「一蘭」っぽい注文システム、いいですよね! 恥ずかしさや怖さもなく自分の注文を伝えられるのは良いと思う!ぜも、一度コールやってみたい気もする… そして、肝心のラーメン。 超腹ペコ状態で行った私は、チャーシューが6枚入った「がぶ肉ダブルラーメン」を全部がぶがぶ(2倍トッピング)で注文!「大」は流石に怖くていけなかった… みよ、この迫力。 ジロリアンには普通の光景かもしれないけど、二郎系初挑戦の私にとってはど迫力のビジュアル。 ここではラーメン鉢ではなく、 土鍋に乗ってラーメンが出てきます。 麺の太さが、ラーメンというよりうどんですね。 自家製麺でやっているそうで、カウンター奥の厨房を見れば製麺機らしき機械があるのがわかります。 流石に細麺のとんこつラーメンのようにすぐは出てきません。 短気な人は向かないかもしれませんね。 個人的に感動したのはこのチャーシュー。 極厚なのにかなり柔らかくてジューシーです。 1本持ち帰りたい。 スープもかなりパンチがあって美味。 にんにく無しを頼んだことがないのですが、にんにくはマストでトッピングしたほうが良いです。 にんにくが溶け込んでるところと溶け込んでないところを飲み比べてみましたが、スープの旨味が全然違います。 溶き卵でつけ麺風に食べるのもおすすめ! 無料のトッピング以外に有料(主に卵系)のトッピングがあるのですが、おすすめは「生とじたまご(150円)」。 とじたまご、とありますがこれをとじずに使います。 器の中で溶き卵にして、つけ麺風に食べます。 実はこれ、オリジナルでも何でもなくて、「ラーメンYouTuber」として知られるSUSURUさんが二郎系ラーメンでよくやってる食べ方なんですね。 毎日ラーメン食べてるYouTuber、SUSURUさんのチャンネル 私はこれをよく見てて、 「いつか二郎系を食べるときは溶き卵につけてすするんだ…!」と思っていましたが、ここでやっと叶いました。 パンチの効いた味がたまごでマイルドになって、また違った楽しみ方ができますよ。 ハマるかハマらないか!まずは1度体感してみよう 「二郎系はハマる人はとことんハマる」と聞きますが、私は完全にハマったほうですね。 量が量だけに毎日はいけませんが(食べ終わった直後は、正直また来ようとは思えませんでしたw)、しばらくするとまた食べたくなる魔力があるんですよね。 ただ、この魔法にかかるかかからないかは明らかな個人差があると思います。 実は、この写真を撮影した当時は割とオープンしてそんなに経っていない時期で、このときはテレビの特集の効果もあってか老若男女幅広く来客がありました。 そうして見つけたのが、 有名店のラーメンの麺・スープ・具材をそのまま宅配で届けてくれる「宅麺. com」というサービス。 店の人がお店で出してる材料そのものを冷凍して送ってます。

次の