カレー ルー レシピ。 カレールーのおすすめブランドは?美味しい作り方と本格レシピ

俺たちのDASHカレー|ザ!鉄腕!DASH!!|日本テレビ

カレー ルー レシピ

定番レシピ 6つのスパイスで作るカレーレシピ。 ルーを使わない簡単本格カレー 市販のカレールーは添加物がいっぱいです。 味も好みのものが見つからなかったので、自分でスパイスを調合して好みのカレーを作りました。 ポイントはたっぷりの玉ねぎを飴色になるまで炒めて甘みを出すこと。 玉ねぎを飴色にになるまで炒めるのは手間ですが、やはりこれをしないとカレーのとろみも甘みも出ないですね。 玉ねぎの季節にカレーベースをたくさん作って冷凍しておけば、いつでも手軽に本格カレーが楽しめます。 今回はチキンカレーにしましたが、チキンを省いて野菜カレーにしても美味しいです。 市販ルーには望めないスパイスの風味と玉ねぎの甘みが効いた、応用が利く、我が家の基本カレーです。 鶏もも肉に塩胡椒して、ぶつ切りにする。 フードプロセッサーを使うと簡単。 焦げやすいので注意。 玉ねぎが飴色になり、油が滲み出てくるまでしっかり炒めること。 この状態で冷凍保存しておけば、次回から時短でスパイスカレーが作れる。 人参、じゃが芋を加えて混ぜる。 なければブイヨンでもOK。 途中、鍋底に焦げ付かないように、木べらで時々混ぜる。 仕上げにガラムマサラを加えてなじませ、隠し味の醤油を加えて混ぜ、出来上がり。 ターメリックライスに、ローストアーモンドかカシューナッツをトッピング。 色合いも綺麗で、ナッツが香ばしくて美味しいです。 このカレーはスパイスがたっぷり入っているので、子供向けの味ではありません。 甘めのカレーにしたい場合は、玉ねぎを増やし、スパイス(カイエンペッパーとグローブ)を抜くと優しい味になります。 ガラムマサラは市販のものでも美味しいですが、手作りするとさらにスパイスの風味がアップ。 普通はチキンカレーにはじゃが芋や人参は入れないのですが、私は昔ながらの日本のカレーも好きなので、カレーにはじゃが芋と人参は入ってて欲しいんですよね。 市販のカレールーでは物足りないけど、本格的すぎるインドカレーもちょっとという方にぴったりの大人カレーです。

次の

手作りカレールーの作り方

カレー ルー レシピ

自炊と言えば…代表料理の1つにカレー作りがありますが、その中でもハマると評判なのが、「スパイスカレー作り」。 ライターのひにしあいさんは、毎日のようにカレーを作りすぎて冷凍庫が自作したスパイスカレーだらけになる日々を送っているそうです。 そんなひにしさんが教えてくれるのは、簡単3種スパイスの絶品カレーレシピと激安スパイス屋さん情報です。 スパイスは100均やスーパーで買うより、新大久保まで足を伸ばすかネット通販で買ったほうが断然コスパが良いのだとか。 ニトリの便利グッズ「キャニスター」や「油はね防止ネット」も紹介してます。 基本の3種スパイス「ターメリック」「カイエンペッパー」「コリアンダー」で作る簡単レシピのスパイスカレーをぜひ付け合わせのアチャールと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。 (・) どうも、お久しぶりです。 ひにしです。 約1年ぶりにみんなのごはんで記事を書くのですが、この間私が何をしていたか…それは 「スパイスカレー作りにハマっています」 日々作り続けているカレーたち カレーです。 そう、カレー。 「スパイスカレー作り」にハマりにハマっています。 「スパイスカレー、ガチでハマる。 まじでやばいぞ」とは聞いていたんですが、これが本当に 沼!!!!!!!!!!!!!!!! 毎日のようにカレーを作りすぎて冷凍庫が自作したスパイスカレーだらけになる日々を送っております。 そう、スパイスカレーは最高に楽しい趣味。 「でも、ルーを使わないカレーはやっぱり難しそうだし、ハードルが高いよねー」 そんな「興味はあるけどなー」と思っているけど、まだ手を出してないスパイスカレー作り初心者の皆さん! そんな方向けにこそ読んでほしい! 同じようにハマりたての私が、• お得にスパイスを調達する方法• 超おすすめのスパイス容器• たった3つのスパイスで作る絶品カレー この 「スパイスカレー沼ハマり三種の神器」を伝授。 狙いは1つ。 あなたもここから、共にカレー沼に溺れるのです……………………………! まずはスパイスを買おう 「最初は100均やスーパーに売っているスパイスから始めてみる」 もちろん、それでもいいけど正直言って結構コスパが悪い。 最低でも5回以上はしっかりスパイスカレー作りたいな…という方はお得にスパイスをゲットするのがおすすめ。 スパイス類をお得に買うには? 都内にお住いの人は落ち着いたら是非行ってほしい。 そこは……………… 新です(3月に取材しました)。 JRの新駅を出て道を渡って、小道を入るとすぐに… 「ネパール横丁」が突如あります!!!!!! 「ナスコ ハラルフード」「ザ ジャンナット ハラルフード」このお店がある通りです。 この通称「ネパール通り」にとんでもない種類のスパイスがはちゃめちゃお得に売られています。 安いだけでなく、なかなか手に入らないレアなスパイスもここなら調達できるそう。 店内入るとだいたいこんな感じ。 スパイスから、ココナッツミルク、様々なものがg単位から大容量までどどーんと売られています。 スパイスカレー初心者が手に入れておきたい基本のスパイス 「ターメリック」「カイエンペッパー」「コリアンダー」 それぞれ200g入ったこのパッケージがだいたい300円~350円。 もう激安。 レシピにもよるけど、3~4皿分に使うスパイスはそれぞれ多くても大さじ1(15g)なので、200gもあればかなり使えます。 スーパーの小さい瓶入りのスパイス(12g)が安くても100円って考えると、激安っぷりが伝わるはず…。 ちょっとハマってきたら、必ず手を出すことになる カルダモンや イエローマスタードシード、 フェネグリークシードなどもこのお値段。 のネパール通りでスパイス探し、まじオススメ!!!落ち着いたら行ってみて!!! もちろんネットでも調達可能! ネパール通りよりは高くなってしまうけど、ネットショップで調達するのも便利です。 必須のスパイス3つにガラムマサラ、クミンシードが100gずつ入って1,680円(2020年4月時点)。 「とりあえず作ってみるかー」って時、このセットは使いやすいし、スーパーで瓶のを買うよりはかなりお得なので参考にしてみて! 超おすすめスパイス容器はこれだ! スパイス類って容器に入れて並べて名前とか貼るとめちゃめちゃテンション上がりません? 私はもれなく上がる派の人です。 テンションが上がりすぎてキッチンのすき間にスパイス棚を作りました。 これが沼か……そうなのか…… この容器がそのおすすめなんですが、• 料理中さっと使えて密閉もできる• 縦横に並べることができる これを完璧に満たしていてかわいい…。 最高すぎるのに1つ400円くらいなので発狂寸前だし、ニトリで買ったので、日本国民みんなが手に入れやすいはず…! パウダー類を入れている入れ物は… ふたがこういう形になってて完全に密閉ができる形。 湿気から中身が守られている安心感がすごい。 ホールのスパイスを入れている入れ物は冷蔵庫などにもピタッと貼れるタイプ。 これ、側面部分が超便利! 開き具合で少しずつホールスパイスを出すことができる!わざわざふた開けなくていいのが地味に便利。 カルダモンとかは1回に使う量が5粒なんてことも多いのでこれがちょうどいい。 スパイス以外でも使えるので、形から入りたい派はニトリの入れ物!超おすすめ。 「たった3つのスパイスで作る簡単絶品カレー」を伝授します!!!!!! 「たった3つのスパイスで美味しいカレーなんてできるわけないじゃん」そんな声が聞こえてきそうですが、 大丈夫、できるんです!!!!! 1時間もあればできるし、超簡単だからまずはここから始めてみて!誰でも作れるようにめちゃめちゃ細かく工程を書いてますぞ! 材料(4人前)• スパイス• ターメリック…小さじ1• コリアンダー…大さじ1• 玉ねぎ…1個• にんにくチューブ…小さじ3• しょうがチューブ…小さじ2• カットトマト…200g(カットトマト缶の半分)• 鳥もも肉…500g• 塩…小さじ1• 玉ねぎを粗みじん切りにする 小さくしすぎず、5mm~1cm角くらいの大きさでOK 2. 脂がある部位なら大丈夫 3. 底が深めのフライにサラダ油をちょっと多めに入れて中火で加熱 サラダ油が温まるまでなので、10秒くらい 4. 玉ねぎを入れて広げる感じにする(強火) ざっと混ぜ合わせたらこんな感じに広げる 5. 水分をとばす感じであまり混ぜずに炒める(強火) 焦げるのだけ注意して割と放置でOK 6. 色づいてきたら4分くらい強火のまま炒める 7. 水分が飛んで茶色くなってきたら中火~強火くらいにしてしっかり炒める まだいく 8. 玉ねぎのフチがこげ茶色になるくらいまでしっかりと炒める(中火) これぐらいの感じが目安 9. にんにくとしょうがをちょっと水で溶いて投入し全体になじませる(中火) 2分くらい炒める 10. 油の照りが浮く感じになったら玉ねぎの炒めは完了 11. カットトマトを投入(中火) 形の残ってるトマトをつぶすように混ぜる 焦げすぎてるなーって玉ねぎがあればスプーンで除いておこう 12. すくい上げて傾けても落ちないくらいくらいまで炒める(中火) ねっとりした感じになればOK 13. スパイスを1つずつ順番に入れたあと、塩も少々入れる(弱火) 今回使う3種のスパイスにはそれぞれこんな役割が! ターメリック:ウコンが原材料。 あのカレーの黄色い色をつけるのが役割。 白い台所でうっかりこぼすとすぐ黄色くなるので注意 カイエンペッパー:赤唐辛子のパウダーで辛味をつけるのが役割。 めっちゃ辛いので入れ過ぎまじ注意 コリアンダー:パクチーの種の粉。 香りをつけるのが役割。 辛いのが好きな人はちょっと増やして 最後にコリアンダーを大さじ1入れて混ぜ合わせる あとで味見て調整するので、ほんとこれくらいのちょっとの塩 全部混ぜるとこんな感じに 15. 水を200ml入れて煮立てる(強火) 16. さらに200mlの水を入れて煮立てる(強火) 17. 鶏肉を投入して煮立てる(強火) 一気にカレーっぽくなってきたぞーーーーーー! 18. こしょうを好きな量振って20分から30分煮込む(弱火から中火) ふつふつするくらいで汁っぽさがなくなるまで煮るのでまだまだ… ニトリに売ってる「油はね防止ネット」を使うと便利 19. 油が浮いてくる位のタイミング。 完成まであとちょっと……! 味を見てこれくらいの所で止めてもOK。 お好みで 20. てりってりの感じになったら完成だーーーーーー! これくらいまで煮詰めると味がぐっとしてくるぞ 盛り付けるとこんな感じ~~~~~~~! もうこれ、完璧カレーでしょ?3つのスパイスでもできちゃうの! お肉は柔らかく、しっかりとした味わいのスパイスカレー、こんなに簡単にできちゃうんです。 レシピ通りならそこまで辛くないので、辛さはカイエンペッパーでぜひ調整を! 半熟卵なんか乗せても最高です。 たった3種のスパイスで簡単に出来るスパイスカレーの沼……………………ここから、足を突っ込んでみては? おまけのアチャールレシピ 今回付け合わせに添えた「玉ねぎのアチャール」も簡単でうますぎで、カレーにもう合いまくるので、ついでに紹介を(家の冷蔵庫に余ってたので添えました)。 アチャールとはのようなもので、お店によっては複数のアチャールを添えて混ぜて食べることもあります。 サラダ油…大さじ2• 赤唐辛子…2個(輪切り)• にんにく…1かけ(つぶす)• 粒マスタード…小さじ1• しょうがチューブ…2cm• レモン汁…大さじ1 作り方• フライにを入れて弱火で1分加熱• 保存パックにとを入れてよくもんで一晩冷蔵庫で置く 玉ねぎがしんなりして、辛味が抜けクミンの香りがたまらんアチャールができます。 これ、酒のツマミにも最高なので、玉ねぎ余ったなーって時にもおすすめ! ハマろう、スパイスカレー沼 今回カレーに使ったスパイスはたったの3つだけど、丸のまま使うクミンシードやカルダモンとか、クローブを使ったカレーとか…いろんなスパイスを知れば知るほどこの世界はまじで沼です。 作りたい味に合わせてスパイスを組み合わせて作るカレーは「自分だけのカレー」感がすごいし試したい組み合わせがどんどん出てくる。 ぜひここから自家製スパイスカレーの沼にずぶずぶになってみてください! プロフィール.

次の

スパイスカレー初心者必見!簡単3種スパイスの絶品カレーレシピと激安スパイス屋を伝授

カレー ルー レシピ

自炊と言えば…代表料理の1つにカレー作りがありますが、その中でもハマると評判なのが、「スパイスカレー作り」。 ライターのひにしあいさんは、毎日のようにカレーを作りすぎて冷凍庫が自作したスパイスカレーだらけになる日々を送っているそうです。 そんなひにしさんが教えてくれるのは、簡単3種スパイスの絶品カレーレシピと激安スパイス屋さん情報です。 スパイスは100均やスーパーで買うより、新大久保まで足を伸ばすかネット通販で買ったほうが断然コスパが良いのだとか。 ニトリの便利グッズ「キャニスター」や「油はね防止ネット」も紹介してます。 基本の3種スパイス「ターメリック」「カイエンペッパー」「コリアンダー」で作る簡単レシピのスパイスカレーをぜひ付け合わせのアチャールと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。 (・) どうも、お久しぶりです。 ひにしです。 約1年ぶりにみんなのごはんで記事を書くのですが、この間私が何をしていたか…それは 「スパイスカレー作りにハマっています」 日々作り続けているカレーたち カレーです。 そう、カレー。 「スパイスカレー作り」にハマりにハマっています。 「スパイスカレー、ガチでハマる。 まじでやばいぞ」とは聞いていたんですが、これが本当に 沼!!!!!!!!!!!!!!!! 毎日のようにカレーを作りすぎて冷凍庫が自作したスパイスカレーだらけになる日々を送っております。 そう、スパイスカレーは最高に楽しい趣味。 「でも、ルーを使わないカレーはやっぱり難しそうだし、ハードルが高いよねー」 そんな「興味はあるけどなー」と思っているけど、まだ手を出してないスパイスカレー作り初心者の皆さん! そんな方向けにこそ読んでほしい! 同じようにハマりたての私が、• お得にスパイスを調達する方法• 超おすすめのスパイス容器• たった3つのスパイスで作る絶品カレー この 「スパイスカレー沼ハマり三種の神器」を伝授。 狙いは1つ。 あなたもここから、共にカレー沼に溺れるのです……………………………! まずはスパイスを買おう 「最初は100均やスーパーに売っているスパイスから始めてみる」 もちろん、それでもいいけど正直言って結構コスパが悪い。 最低でも5回以上はしっかりスパイスカレー作りたいな…という方はお得にスパイスをゲットするのがおすすめ。 スパイス類をお得に買うには? 都内にお住いの人は落ち着いたら是非行ってほしい。 そこは……………… 新です(3月に取材しました)。 JRの新駅を出て道を渡って、小道を入るとすぐに… 「ネパール横丁」が突如あります!!!!!! 「ナスコ ハラルフード」「ザ ジャンナット ハラルフード」このお店がある通りです。 この通称「ネパール通り」にとんでもない種類のスパイスがはちゃめちゃお得に売られています。 安いだけでなく、なかなか手に入らないレアなスパイスもここなら調達できるそう。 店内入るとだいたいこんな感じ。 スパイスから、ココナッツミルク、様々なものがg単位から大容量までどどーんと売られています。 スパイスカレー初心者が手に入れておきたい基本のスパイス 「ターメリック」「カイエンペッパー」「コリアンダー」 それぞれ200g入ったこのパッケージがだいたい300円~350円。 もう激安。 レシピにもよるけど、3~4皿分に使うスパイスはそれぞれ多くても大さじ1(15g)なので、200gもあればかなり使えます。 スーパーの小さい瓶入りのスパイス(12g)が安くても100円って考えると、激安っぷりが伝わるはず…。 ちょっとハマってきたら、必ず手を出すことになる カルダモンや イエローマスタードシード、 フェネグリークシードなどもこのお値段。 のネパール通りでスパイス探し、まじオススメ!!!落ち着いたら行ってみて!!! もちろんネットでも調達可能! ネパール通りよりは高くなってしまうけど、ネットショップで調達するのも便利です。 必須のスパイス3つにガラムマサラ、クミンシードが100gずつ入って1,680円(2020年4月時点)。 「とりあえず作ってみるかー」って時、このセットは使いやすいし、スーパーで瓶のを買うよりはかなりお得なので参考にしてみて! 超おすすめスパイス容器はこれだ! スパイス類って容器に入れて並べて名前とか貼るとめちゃめちゃテンション上がりません? 私はもれなく上がる派の人です。 テンションが上がりすぎてキッチンのすき間にスパイス棚を作りました。 これが沼か……そうなのか…… この容器がそのおすすめなんですが、• 料理中さっと使えて密閉もできる• 縦横に並べることができる これを完璧に満たしていてかわいい…。 最高すぎるのに1つ400円くらいなので発狂寸前だし、ニトリで買ったので、日本国民みんなが手に入れやすいはず…! パウダー類を入れている入れ物は… ふたがこういう形になってて完全に密閉ができる形。 湿気から中身が守られている安心感がすごい。 ホールのスパイスを入れている入れ物は冷蔵庫などにもピタッと貼れるタイプ。 これ、側面部分が超便利! 開き具合で少しずつホールスパイスを出すことができる!わざわざふた開けなくていいのが地味に便利。 カルダモンとかは1回に使う量が5粒なんてことも多いのでこれがちょうどいい。 スパイス以外でも使えるので、形から入りたい派はニトリの入れ物!超おすすめ。 「たった3つのスパイスで作る簡単絶品カレー」を伝授します!!!!!! 「たった3つのスパイスで美味しいカレーなんてできるわけないじゃん」そんな声が聞こえてきそうですが、 大丈夫、できるんです!!!!! 1時間もあればできるし、超簡単だからまずはここから始めてみて!誰でも作れるようにめちゃめちゃ細かく工程を書いてますぞ! 材料(4人前)• スパイス• ターメリック…小さじ1• コリアンダー…大さじ1• 玉ねぎ…1個• にんにくチューブ…小さじ3• しょうがチューブ…小さじ2• カットトマト…200g(カットトマト缶の半分)• 鳥もも肉…500g• 塩…小さじ1• 玉ねぎを粗みじん切りにする 小さくしすぎず、5mm~1cm角くらいの大きさでOK 2. 脂がある部位なら大丈夫 3. 底が深めのフライにサラダ油をちょっと多めに入れて中火で加熱 サラダ油が温まるまでなので、10秒くらい 4. 玉ねぎを入れて広げる感じにする(強火) ざっと混ぜ合わせたらこんな感じに広げる 5. 水分をとばす感じであまり混ぜずに炒める(強火) 焦げるのだけ注意して割と放置でOK 6. 色づいてきたら4分くらい強火のまま炒める 7. 水分が飛んで茶色くなってきたら中火~強火くらいにしてしっかり炒める まだいく 8. 玉ねぎのフチがこげ茶色になるくらいまでしっかりと炒める(中火) これぐらいの感じが目安 9. にんにくとしょうがをちょっと水で溶いて投入し全体になじませる(中火) 2分くらい炒める 10. 油の照りが浮く感じになったら玉ねぎの炒めは完了 11. カットトマトを投入(中火) 形の残ってるトマトをつぶすように混ぜる 焦げすぎてるなーって玉ねぎがあればスプーンで除いておこう 12. すくい上げて傾けても落ちないくらいくらいまで炒める(中火) ねっとりした感じになればOK 13. スパイスを1つずつ順番に入れたあと、塩も少々入れる(弱火) 今回使う3種のスパイスにはそれぞれこんな役割が! ターメリック:ウコンが原材料。 あのカレーの黄色い色をつけるのが役割。 白い台所でうっかりこぼすとすぐ黄色くなるので注意 カイエンペッパー:赤唐辛子のパウダーで辛味をつけるのが役割。 めっちゃ辛いので入れ過ぎまじ注意 コリアンダー:パクチーの種の粉。 香りをつけるのが役割。 辛いのが好きな人はちょっと増やして 最後にコリアンダーを大さじ1入れて混ぜ合わせる あとで味見て調整するので、ほんとこれくらいのちょっとの塩 全部混ぜるとこんな感じに 15. 水を200ml入れて煮立てる(強火) 16. さらに200mlの水を入れて煮立てる(強火) 17. 鶏肉を投入して煮立てる(強火) 一気にカレーっぽくなってきたぞーーーーーー! 18. こしょうを好きな量振って20分から30分煮込む(弱火から中火) ふつふつするくらいで汁っぽさがなくなるまで煮るのでまだまだ… ニトリに売ってる「油はね防止ネット」を使うと便利 19. 油が浮いてくる位のタイミング。 完成まであとちょっと……! 味を見てこれくらいの所で止めてもOK。 お好みで 20. てりってりの感じになったら完成だーーーーーー! これくらいまで煮詰めると味がぐっとしてくるぞ 盛り付けるとこんな感じ~~~~~~~! もうこれ、完璧カレーでしょ?3つのスパイスでもできちゃうの! お肉は柔らかく、しっかりとした味わいのスパイスカレー、こんなに簡単にできちゃうんです。 レシピ通りならそこまで辛くないので、辛さはカイエンペッパーでぜひ調整を! 半熟卵なんか乗せても最高です。 たった3種のスパイスで簡単に出来るスパイスカレーの沼……………………ここから、足を突っ込んでみては? おまけのアチャールレシピ 今回付け合わせに添えた「玉ねぎのアチャール」も簡単でうますぎで、カレーにもう合いまくるので、ついでに紹介を(家の冷蔵庫に余ってたので添えました)。 アチャールとはのようなもので、お店によっては複数のアチャールを添えて混ぜて食べることもあります。 サラダ油…大さじ2• 赤唐辛子…2個(輪切り)• にんにく…1かけ(つぶす)• 粒マスタード…小さじ1• しょうがチューブ…2cm• レモン汁…大さじ1 作り方• フライにを入れて弱火で1分加熱• 保存パックにとを入れてよくもんで一晩冷蔵庫で置く 玉ねぎがしんなりして、辛味が抜けクミンの香りがたまらんアチャールができます。 これ、酒のツマミにも最高なので、玉ねぎ余ったなーって時にもおすすめ! ハマろう、スパイスカレー沼 今回カレーに使ったスパイスはたったの3つだけど、丸のまま使うクミンシードやカルダモンとか、クローブを使ったカレーとか…いろんなスパイスを知れば知るほどこの世界はまじで沼です。 作りたい味に合わせてスパイスを組み合わせて作るカレーは「自分だけのカレー」感がすごいし試したい組み合わせがどんどん出てくる。 ぜひここから自家製スパイスカレーの沼にずぶずぶになってみてください! プロフィール.

次の