関連 キーワード。 関連キーワード取得ツールおすすめ9選。無料なのに優秀!

ブログネタのヒントの宝庫! 『関連キーワード取得ツール』の使い方

関連 キーワード

まずは「サジェストキーワード」と「関連キーワード」について解説していきます。 GoogleとYahoo! のそれぞれに分けてお話していきます。 サジェストキーワードとは? サジェストキーワードとは、GoogleやYahoo! の検索窓に文字入力したときに表示されるキーワードです。 【Googleのサジェストキーワード】 【 Yahoo! のサジェストキーワード】 上記のように検索エンジンに文字入力したときに出現するのが「サジェストキーワード」です。 このサジェストキーワードの呼び名はGoogleだと「 オートコンプリート」、Yahoo! だと「 キーワード入力補助機能」です。 関連キーワードとは? 続いて「関連キーワード」について解説していきます。 関連キーワードとは、検索結果画面の「検索窓下」や「ページ下」に表示されるキーワードです。 【Googleの関連キーワード】 【Yahoo! の関連キーワード 検索窓下 】 【Yahoo! の関連キーワード ページ下 】 上記のように検索結果画面のページ下や検索窓下に表示されてるのが「関連キーワード」です。 またGoogleだと「 検索候補」、Yahoo! だと「 関連検索ワード」や「 虫眼鏡」と言われてます。 「サジェスト」の表示される仕組み では「サジェストキーワード」の 表示される仕組みについて解説していきます。 Googleの「オートコンプリート」、Yahoo! の「キーワード入力補助機能」に分けてお話していきます。 Googleのオートコンプリートの仕組み まずはGoogleのサジェストキーワード オートコンプリート の表示される仕組みについて解説していきます。 オートコンプリートの仕組み Google では、人気度や類似性などの要因に基づいて検索候補を表示します。 検索候補を選択すると、そのキーワードを使用して検索が行われます。 検索候補のベースとなるもの ・入力した検索キーワード。 ・過去に行った関連する検索(Google アカウントにログインしており、[ウェブとアプリのアクティビティ] を有効にしている場合)。 ・他のユーザーが検索しているキーワード(急上昇ワード検索を含む)。 急上昇ワード検索は、ご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化し、ユーザーの検索履歴には関連していません。 現在の急上昇ワード検索結果を取得するには、Google トレンドにアクセスしてください。 検索候補は検索結果ではありません。 また、検索キーワードに関する他のユーザーや Google の見解を示すものでもありません。 上記がYahoo! が公開してる「サジェストキーワード キーワード入力補助機能 」の表示される仕組みです。 なので、Yahoo! 関連キーワードの表示される仕組み 続いて関連キーワードの表示される仕組みについて解説していきます。 Googleの「検索候補」とYahoo! の「関連検索ワード」に分けて解説していきます。 Googleの「検索候補」の仕組み Googleの関連キーワード 検索候補 の表示される仕組みについて解説していきます。 検索候補の仕組み 検索候補は、人間の関与なしにアルゴリズムによって自動生成されます。 このアルゴリズムは次のような特性を備えています。 他のユーザーが過去にそのキーワードを検索した頻度など、複数の要因に基づいています。 ウェブ上のさまざまな情報を反映するように設計されています。 多くの人気トピックに関連する予測が表示される場合があります。 上記がGoogleが公開してる「関連キーワード 検索候補 」の表示される仕組みです。 なので、Googleの「関連キーワード 検索候補 」は 自分以外のユーザーの検索傾向をベースにしながら、他の複数の情報をもとに表示されてるということです。 他の情報とは「国」や「地域」などがあります。 Yahoo! の「関連検索ワード 虫眼鏡 」の仕組み Yahoo! の関連キーワード 関連検索ワード の表示される仕組みについて解説していきます。 「関連検索ワード」とは、Yahoo! 検索の利用者が入力したキーワードと組み合わせて検索されるキーワードや、関連性の高いキーワードを機械的に収集し、検索回数の多いものを自動的に表示することで、再検索を補助する機能です。 ・「関連キーワード」は、自分自身の検索傾向は 除外してる 「サジェストキーワード」と「関連キーワード」の明確な違いは、「自分自身の検索傾向の有り・無し」ということです。 これって自分がググったときを思い出してみるとそうですよね。 たとえば友だちと飲み会をする場所をググって決めたあとに、再度ググってみるとサジェストキーワードとして場所名が出現しますよね。 居酒屋の名前が「あ」から始まるなら、「あ」と入れた瞬間にサジェストで居酒屋名が出てくると思います。 これが「サジェスト」の 大きな特徴なんです。 逆に自分がググった居酒屋名が「関連キーワード」として、検索窓下やページ下に表示されることはありませんよね笑 なので、「サジェスト」と「関連キーワード」の明確な違いは「自分自身の検索傾向」が反映されるかどうかなんです。 ブログ記事のタイトルやキーワード選定に最適なのは? では、ブログ記事のタイトルやキーワード選定をする場合に参考にすべきはどちらなのか? それは「 関連キーワード」です。 というのも「関連キーワード」は検索エンジンが独自のアルゴリズムで検索ボリュームが多いキーワードを表示してます。 また自分自身の検索傾向を含めてないので、純粋に検索ボリュームが多いキーワードでもあります。 なので、参考にするなら圧倒的に「関連キーワード」なんですよね。 「サジェスト」は自分が検索者になった時には便利な機能ではありますが、ブログ記事のタイトルやキーワード選定するときには向いてません。 ただ、 注意すべきポイントはあります! それは「関連キーワード」には検索ボリュームはあるけど、 リアルタイムで検索されてるかどうかは別の話ということです。 たとえばGoogleなら「関連キーワード」のリアルタイム性については情報をこのように公開してます。 ・他のユーザーが検索しているキーワード(急上昇ワード検索を含む)。 急上昇ワード検索は、ご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化し、ユーザーの検索履歴には関連していません。 現在の急上昇ワード検索結果を取得するには、Google トレンドにアクセスしてください。 Googleはリアルタイムでの検索ボリュームを知りたいのなら、「 Googleトレンドを活用してください」と明記してます。 またYahoo! は「関連キーワード」のリアルタイム性については言及してませんでしたが…。 基本的な検索エンジンの仕組み 検索技術 はGoogleを活用してますし、検索窓とは別で「リアルタイム検索」もあるので、「関連キーワード」にはリアルタイム性はないと思います。 なので「関連キーワード」は検索ボリュームはあるけどリアルタイム性はないので、それを認識した上でブログ記事のタイトルやキーワード選定をしていきましょう。 リアルタイムの検索ボリュームを知りたい場合 では、 リアルタイムの検索ボリュームを知りたい場合にはどうすれば良いのか?• この3つの方法でリアルタイムの検索ボリュームを把握しましょう。 特におすすめなのが「 Twitter」ですね。 「Googleトレンド」も「Yahoo! 急上昇ワード」もリアルタイム性はありますが、Twitterのスピード感と比較すると足元にも及びません。 「Twitter=オンタイム」ですからね笑 なので「Twitter」を軸に他の2つの方法を活用するのが良いですね! ブログ記事の方向性で最適を目指そう! 今回は、「サジェスト」と「関連キーワード」の表示される仕組みと明確な違いについて解説しました。 ブログ記事のタイトル作成やキーワード選定するときには「関連キーワード」を活用しましょう。 検索ボリュームが顕在化してるキーワードなので、ある程度のアクセス数は期待できると思います。 ただリアルタイム性はないので、ブログ記事の方向性に併せて「関連キーワード」と「リアルタイム情報」を活用したほうが良いですね! 僕のメルマガ講座では、今回お話した「サジェストキーワード」と「関連キーワード」を活用した、「キーワード選定方法」と「タイトルの付け方」をより具体的に解説してる動画コンテンツをプレゼント中です。 ぜひ、ご活用ください。

次の

Googleの関連キーワードを取得して活用するための【3つの無料ツール】

関連 キーワード

検索結果の上位表示争いが激化した結果、単にターゲットキーワードを詰め込んだだけのWebサイトは評価されなくなってきました。 現在の検索エンジンは「コンテンツ内容の深さ」を重視しているため、意味のないキーワードの羅列はスパムとして排除されかねません。 そこで注目したいのが「関連キーワード」の活用です。 ここでは、関連キーワードの基礎知識と重要性、適切なワードを探すツールについて紹介します。 こちらもオススメ• 関連キーワードとは? 関連キーワードは、「現在、検索しているキーワード」と関連性が高いとされるキーワードのことを指します。 例えば「東京都」をキーワードに検索した場合、「東京都 地図」、「東京都 23区」「東京都 市」「東京 面積」などが関連キーワードとして検出されます。 そのほかにも「都庁」「〇区」「人口」といった「一緒に検索されやすい語句」が関連キーワードとなります。 Yahoo! の場合は、画面の上下に「虫眼鏡のマーク」に続いて関連キーワードが表示されます。 そのほか、ブラウザや検索エンジンのオートコンプリートによる表示でも関連キーワードを確認することができます。 関連キーワードとなるのは、実際に検索される機会が多い(出現率の多い)ワードです。 ユーザが検索する際に絞り込みやすいように、文字入力を補完する役割も担っています。 SEOにも役立つ! 関連キーワードの仕組みと重要性 関連キーワードは、検索者が「キーワードと一緒に入力する頻度の高いワード」です。 ただし、GoogleとYahoo! では表示される仕組みが異なっているため、多少の違いが出てきます。 Googleの関連キーワードは、「Webページ上にある出現頻度の高いワード」を関連キーワードとして表示しているようです。 それに対してYahoo! の関連キーワードは、「一定の期間内に頻繁に使われているワード」を関連キーワードとして位置付けているようです。 Webサイトの評価を考えた場合、単純に「ターゲットキーワードの数」を増やすだけでSEO効果を上げることはできません。 むしろ、同じキーワードをしつこく配置しただけでは、スパム扱いされてしまうおそれがあります。 かつては、「ターゲットキーワード数の多さ」による有効性がある程度は認められていましたが、現在はキーワードだけを詰め込んでも評価されにくい時代になっています。 検索結果の上位に進出するためには、ユーザが求めている「質の高いコンテンツ」を制作することが重要となります。 ターゲットキーワードに関連するキーワードでコンテンツを構成していけば、ユーザが知りたい内容が豊富にそろったWebサイトであると判断されます。 つまり、「関連キーワード」を適切に活用することが、検索結果の上位進出につながるのです。 関連キーワードはどうやって調べる? では、ターゲットキーワードに関連するワードはどのように調べればよいのでしょうか? 関連キーワードを手軽に調べる方法としては、以下のようなものが挙げられます。 オートコンプリート機能を利用する• )を確認する• 専用ツールを利用する 実際にGoogleやYahoo! で検索して表示される関連キーワードを確認する方法もありますが、もっと効率よく有効性の高い関連キーワードを調べたいのであれば、専用ツールを利用するのがおすすめです。 よく知られているツールとしては、「関連キーワード取得ツール」や「Googleサジェストツール」のほか、Google AdWordsの利用者向けに提供されている「キーワードプランナー」などがあります。 関連キーワード検索ツールの紹介 参考までに、代表的な関連キーワード検索ツールをいくつか紹介しておきましょう。 気になった方は、関連キーワードを探すときに利用してみてください。 関連キーワード取得ツール(提供:株式会社シンクラフト) 「Googleサジェスト」、「教えて!goo」、「Yahoo! 知恵袋」をサポートしているツール。 キーワードが一覧表示され、一般ユーザがどのようなワードに興味を持っているかを、ひと目で確認できます。 KOUHO. JP(提供:アイスタイル株式会社) 「Amazonサジェスト」、「楽天サジェスト」、「Bingサジェスト」、「はてな連想語」、「Twitter共起語」をサポートしているツール。 ショッピングやSNSといった場面で、ユーザに密接したキーワードを確認できるため、今後のトレンド予測にも役立ちます。 販売のような業種によって使い分けられるのが便利です。 またGoogleトレンドの動向もあわせて見ることができます。 まとめ:効果の高い関連キーワードをちりばめてSEO強化につなげる ページビュー(PV)を増やすには、検索結果の上位表示を目指さなければなりません。 ターゲットキーワードにのみ頼る方法は、SEOの観点から見て「絶対」とはいえなくなっています。 現在の検索エンジンは「コンテンツの内容の優劣」を見極めて検索結果に反映させています。 ユーザが求めているコンテンツとして評価されるためには、関連キーワードを効果的に活用していく必要があります。 ターゲットキーワードを補完するワードの発見が、Webサイトの閲覧数を上昇させてくれるはずです。 こちらもオススメ•

次の

関連キーワード取得ツールまとめ|ブログネタ難民はサジェストからアイディアを探せ

関連 キーワード

まずは「サジェストキーワード」と「関連キーワード」について解説していきます。 GoogleとYahoo! のそれぞれに分けてお話していきます。 サジェストキーワードとは? サジェストキーワードとは、GoogleやYahoo! の検索窓に文字入力したときに表示されるキーワードです。 【Googleのサジェストキーワード】 【 Yahoo! のサジェストキーワード】 上記のように検索エンジンに文字入力したときに出現するのが「サジェストキーワード」です。 このサジェストキーワードの呼び名はGoogleだと「 オートコンプリート」、Yahoo! だと「 キーワード入力補助機能」です。 関連キーワードとは? 続いて「関連キーワード」について解説していきます。 関連キーワードとは、検索結果画面の「検索窓下」や「ページ下」に表示されるキーワードです。 【Googleの関連キーワード】 【Yahoo! の関連キーワード 検索窓下 】 【Yahoo! の関連キーワード ページ下 】 上記のように検索結果画面のページ下や検索窓下に表示されてるのが「関連キーワード」です。 またGoogleだと「 検索候補」、Yahoo! だと「 関連検索ワード」や「 虫眼鏡」と言われてます。 「サジェスト」の表示される仕組み では「サジェストキーワード」の 表示される仕組みについて解説していきます。 Googleの「オートコンプリート」、Yahoo! の「キーワード入力補助機能」に分けてお話していきます。 Googleのオートコンプリートの仕組み まずはGoogleのサジェストキーワード オートコンプリート の表示される仕組みについて解説していきます。 オートコンプリートの仕組み Google では、人気度や類似性などの要因に基づいて検索候補を表示します。 検索候補を選択すると、そのキーワードを使用して検索が行われます。 検索候補のベースとなるもの ・入力した検索キーワード。 ・過去に行った関連する検索(Google アカウントにログインしており、[ウェブとアプリのアクティビティ] を有効にしている場合)。 ・他のユーザーが検索しているキーワード(急上昇ワード検索を含む)。 急上昇ワード検索は、ご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化し、ユーザーの検索履歴には関連していません。 現在の急上昇ワード検索結果を取得するには、Google トレンドにアクセスしてください。 検索候補は検索結果ではありません。 また、検索キーワードに関する他のユーザーや Google の見解を示すものでもありません。 上記がYahoo! が公開してる「サジェストキーワード キーワード入力補助機能 」の表示される仕組みです。 なので、Yahoo! 関連キーワードの表示される仕組み 続いて関連キーワードの表示される仕組みについて解説していきます。 Googleの「検索候補」とYahoo! の「関連検索ワード」に分けて解説していきます。 Googleの「検索候補」の仕組み Googleの関連キーワード 検索候補 の表示される仕組みについて解説していきます。 検索候補の仕組み 検索候補は、人間の関与なしにアルゴリズムによって自動生成されます。 このアルゴリズムは次のような特性を備えています。 他のユーザーが過去にそのキーワードを検索した頻度など、複数の要因に基づいています。 ウェブ上のさまざまな情報を反映するように設計されています。 多くの人気トピックに関連する予測が表示される場合があります。 上記がGoogleが公開してる「関連キーワード 検索候補 」の表示される仕組みです。 なので、Googleの「関連キーワード 検索候補 」は 自分以外のユーザーの検索傾向をベースにしながら、他の複数の情報をもとに表示されてるということです。 他の情報とは「国」や「地域」などがあります。 Yahoo! の「関連検索ワード 虫眼鏡 」の仕組み Yahoo! の関連キーワード 関連検索ワード の表示される仕組みについて解説していきます。 「関連検索ワード」とは、Yahoo! 検索の利用者が入力したキーワードと組み合わせて検索されるキーワードや、関連性の高いキーワードを機械的に収集し、検索回数の多いものを自動的に表示することで、再検索を補助する機能です。 ・「関連キーワード」は、自分自身の検索傾向は 除外してる 「サジェストキーワード」と「関連キーワード」の明確な違いは、「自分自身の検索傾向の有り・無し」ということです。 これって自分がググったときを思い出してみるとそうですよね。 たとえば友だちと飲み会をする場所をググって決めたあとに、再度ググってみるとサジェストキーワードとして場所名が出現しますよね。 居酒屋の名前が「あ」から始まるなら、「あ」と入れた瞬間にサジェストで居酒屋名が出てくると思います。 これが「サジェスト」の 大きな特徴なんです。 逆に自分がググった居酒屋名が「関連キーワード」として、検索窓下やページ下に表示されることはありませんよね笑 なので、「サジェスト」と「関連キーワード」の明確な違いは「自分自身の検索傾向」が反映されるかどうかなんです。 ブログ記事のタイトルやキーワード選定に最適なのは? では、ブログ記事のタイトルやキーワード選定をする場合に参考にすべきはどちらなのか? それは「 関連キーワード」です。 というのも「関連キーワード」は検索エンジンが独自のアルゴリズムで検索ボリュームが多いキーワードを表示してます。 また自分自身の検索傾向を含めてないので、純粋に検索ボリュームが多いキーワードでもあります。 なので、参考にするなら圧倒的に「関連キーワード」なんですよね。 「サジェスト」は自分が検索者になった時には便利な機能ではありますが、ブログ記事のタイトルやキーワード選定するときには向いてません。 ただ、 注意すべきポイントはあります! それは「関連キーワード」には検索ボリュームはあるけど、 リアルタイムで検索されてるかどうかは別の話ということです。 たとえばGoogleなら「関連キーワード」のリアルタイム性については情報をこのように公開してます。 ・他のユーザーが検索しているキーワード(急上昇ワード検索を含む)。 急上昇ワード検索は、ご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化し、ユーザーの検索履歴には関連していません。 現在の急上昇ワード検索結果を取得するには、Google トレンドにアクセスしてください。 Googleはリアルタイムでの検索ボリュームを知りたいのなら、「 Googleトレンドを活用してください」と明記してます。 またYahoo! は「関連キーワード」のリアルタイム性については言及してませんでしたが…。 基本的な検索エンジンの仕組み 検索技術 はGoogleを活用してますし、検索窓とは別で「リアルタイム検索」もあるので、「関連キーワード」にはリアルタイム性はないと思います。 なので「関連キーワード」は検索ボリュームはあるけどリアルタイム性はないので、それを認識した上でブログ記事のタイトルやキーワード選定をしていきましょう。 リアルタイムの検索ボリュームを知りたい場合 では、 リアルタイムの検索ボリュームを知りたい場合にはどうすれば良いのか?• この3つの方法でリアルタイムの検索ボリュームを把握しましょう。 特におすすめなのが「 Twitter」ですね。 「Googleトレンド」も「Yahoo! 急上昇ワード」もリアルタイム性はありますが、Twitterのスピード感と比較すると足元にも及びません。 「Twitter=オンタイム」ですからね笑 なので「Twitter」を軸に他の2つの方法を活用するのが良いですね! ブログ記事の方向性で最適を目指そう! 今回は、「サジェスト」と「関連キーワード」の表示される仕組みと明確な違いについて解説しました。 ブログ記事のタイトル作成やキーワード選定するときには「関連キーワード」を活用しましょう。 検索ボリュームが顕在化してるキーワードなので、ある程度のアクセス数は期待できると思います。 ただリアルタイム性はないので、ブログ記事の方向性に併せて「関連キーワード」と「リアルタイム情報」を活用したほうが良いですね! 僕のメルマガ講座では、今回お話した「サジェストキーワード」と「関連キーワード」を活用した、「キーワード選定方法」と「タイトルの付け方」をより具体的に解説してる動画コンテンツをプレゼント中です。 ぜひ、ご活用ください。

次の