りり む に 離婚。 杏が東出昌大との離婚を決意した

JUNKおぎやはぎ「りりぽん〝初めて離婚するならこの人がいい〟」

りり む に 離婚

離婚の理由・原因ランキング、1位は夫も妻も同じ原因 離婚の理由・原因をランキング形式でご紹介します。 2018年6月に確認できる最新の資料(裁判所の統計資料・司法統計の結果・2016年度版)で、申立人が妻の場合と夫の場合、それぞれの離婚理由を見ていきましょう。 1位は妻・夫ともに同じく「性格が合わない」でした。 では2位以降は? 今回は、離婚の理由ランキングに加えて、離婚や夫婦関係、お金の専門家が語る「離婚したい人が知っておくべき知識」や「裁判で認められる離婚理由」、「熟年離婚にまつわる情報」もご紹介します。 【参考URL】 【目次】• 離婚の理由・原因ランキングTOP10・妻が申立人の場合 妻が申立人の場合の、離婚の理由ランキングTOP10• 性格が合わない• 生活費を渡さない• 精神的に虐待する• 暴力を振るう• 異性関係• 浪費する• 家庭を捨てて省みない• 性的不調和• 家族親族と折り合いが悪い• 酒を飲み過ぎる 夫が申立人と比べて上位に目立つのは「生活費を渡さない」「暴力を振るう」でした。 離婚前も離婚後も、理不尽な理由でお金がない……なんて苦しまなくて済むよう、慰謝料や養育費について、しっかり知識をつけておきましょう。 暴力にはいろいろな種類がありますが、殴る蹴るなどの身体に対する暴力は、傷害罪・暴行罪という罪に該当する、違法な行為です(刑法204条・208条)。 【関連公式サイト】 【関連記事】 離婚の理由・原因ランキングTOP10・夫が申立人の場合 夫が申立人の場合の、離婚の理由ランキングTOP10• 性格が合わない• 精神的に虐待する• 家族親族と折り合いが悪い• 異性関係• 性的不調和• 浪費する• 同居に応じない• 暴力を振るう• 家庭を捨てて省みない• 病気 妻が申立人と比べて上位に目立つのが「精神的に虐待する」「家族親族と折り合いが悪い」でした。 家に帰ると妻がいるから安らげない、だから帰りたくない。 そんな「帰宅拒否症」の夫が急増していると、テレビや雑誌などで話題になっています。 どちらの味方をすべきかなど、自分の立ち位置に迷う夫も多く、夫の態度が原因で問題がこじれる場合も少なくないようです。 【関連記事】 共通する定番の離婚理由・原因は「性格の不一致」と「浮気・不倫」 「浮気・不倫」は定番の離婚理由 妻も夫も、離婚理由として1位にランクインした「性格が合わない」。 「異性関係」も、妻は5位、夫は4位にランクインしています。 いずれも、いつの時代も変わらない、男女の別れの定番理由ですね。 たとえばコミュニケーション不足の解消など、対処法によっては歩み寄れる場合もあります。 もちろん、そうはいかない場合もありますが、今一度、対処法について考えてみましょう。 妻が浮気した場合と、夫が浮気した場合、どちらのパターンについても考えてみましょう。 【関連記事】 法律で認められている離婚の理由・原因とは? 民法770条1項で認められている離婚の理由・原因 ちなみに、民法770条1項では、「夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。 」として、以下の場合を挙げています。 配偶者に不貞な行為があったとき。 配偶者から悪意で遺棄されたとき。 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。 自分、もしくは相手が離婚したいという理由が、法的には離婚理由として認められない場合もあります。 【関連記事】 離婚したい人が知っておくべき離婚知識.

次の

JUNKおぎやはぎ「りりぽん〝初めて離婚するならこの人がいい〟」

りり む に 離婚

TBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』 は毎週木曜 深夜1時〜3時 放送中! 2017年9月21日(木)の メガネびいきは・・・ 今週もお聴きいただいた皆様、ありがとうございました。 今日は「ほぼ休みみたいなものだった」という矢作さん。 まぁ、このラジオも仕事なんですけど・・・(笑)でもプライベートで忙しい一日を送っていたそうで。 まず世田谷でバイクを車検に出して、そのあと車検に出していた別の車を川崎まで受け取りに行ったらしいのですが、その移動を車ナシでしなければならないということで、なんと矢作さんには珍しく電車移動!小田急線と南武線を乗り継いで、スマホに入っているSuicaのアプリでスイスイと移動したようです。 「グーグルの経路検索に従って移動したら、ほんとに時間通り着いた!」と感動している矢作さん。 聴いているリスナーの皆さんの中には、「何を今さら・・・」と思った方もたくさんいらっしゃると思います。 当番組のパーソナリティは、世間の40代男性とは違う独自の進化をしておりますので、お許しください。 正直、電車に乗っただけでも奇跡です。 さて、先週から告知していましたが、きょうは『プラぽん』のコーナーに「先生」がゲスト登場しました。 元NMB48の「りりぽん」こと須藤凜々花先生! リスナーから送られてきた「哲学風の言葉」を、りりぽん先生も一緒に深く読み解いていただきました。 先生のコメントは、普段のおぎやはぎのコメントとは一味違う知的なものでした。 「アポロンとディオニュソスっぽいですね!」など、知的過ぎてちょっとついていけない部分もありましたが、さすがでございます。 哲学にお付き合いいただくだけでなく、突然の結婚発表についてとか、好きな調味料とか、色々聞きました。 まだアイドルだった時代、結婚について周りのスタッフから「失敗するぞ」と反対されたとき、りりぽん先生は「初めて離婚するならこの人がいいんだ」という哲学的な言葉で返したそうです。 先生!!かっこいいです!! 先生、夜中にありがとうございました! 金曜日昼に更新のでは、今日の生放送のディレクターズカット版をお聴きいただけます。 そして今回『週刊おぎやはぎ批評』のコーナーで、元TBSアナウンサーの升田さんから、発表がございました。 升田さん、来週でメガネびいきを卒業します。 10月からは、ただの事業局のおじさんになります。 この発表に、安室奈美恵さんの引退よりもショックを受けているリスナーの方たちもいるようで・・・。 突然の発表になってしまってすみません。 来週は、升田さん最後の出演。 升田さんがスタジオに来ます。 メガネびいきファンの皆さん、そしてマスダファンの皆さんは、ぜひ生でお聴きください。 radikoのタイムフリー機能を使えば、今日の生放送を1週間限定で放送をまるまる聴くことができます。 TBSラジオやネットしている局の聴取エリア内の方は無料、エリア外の方は「radikoプレミアム(有料会員)」になれば聴けますよ。 TBSラジオのいろんな番組の公開収録やステージイベントを観ながら、おいしい食べ物・飲み物、そして試供品プレゼントなども楽しんで頂くこのお祭り。 おぎやはぎは、例年「ヤングJUNK」として水曜JUNKの山里さん、金曜JUNKのバナナマンと一緒にイベントをやってきたんですが・・・ 今年は、バナナマンと2組でやることになりました!! (山里さんは「スケジュールの都合」というテイで、逃げたのでは?と言われています。 ) おぎやはぎとバナナマンのイベントは、11月3日(金)午後1時からの予定です。 今年も観覧は無料で、観覧エリアの抽選を行います。 ステージの観覧をご希望の方は、にアクセスして、ご応募下さい。 現在、応募受付中です!締め切りは9月30日(土)。 抽選の上、当選された方には、10月中旬に招待状をお送りします。 ということで・・・りりぽん先生、次はダイナマイトエクスタシーでお会いできることを楽しみにしております。 『おぎやはぎのメガネびいき』 ディレクター・福田展大(徹さん) TBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』は毎週木曜深夜1:00-3:00放送中。 AM954kHz、FM90. 5MHz。 PCやスマートフォンでもでお聴きいただけます。 ツイッターのハッシュタグは「 meganebiiki 」です。

次の

熟年離婚の原因TOP3と回避するための方法 [離婚] All About

りり む に 離婚

「もう、この人とはやっていかれない」と熟年離婚に踏み切る理由は、夫と妻では違っていた! じつは、ひと昔前に話題になって一時は下火になっていたと思われていた熟年離婚ですが、データで見ると増えていることがわかります。 たとえば、厚生労働省が発表している平成27年度のデータによれば、同居期間が20年以上の離婚件数は1985年には2万434組だったものの2015年には3万8641組。 つまり、30年前に比べると熟年離婚は約2倍近く、増えていることがわかります。 熟年離婚が増えた理由はさまざま考えられますが、そのひとつには女性が社会で活躍する機会が増えたこともあります。 かつて、女性は卒業後に社会で働いたとしても、結婚や出産をきっかけに家庭に入り、専業主婦として夫を支え、子どもができれば子育てに専念することが当たり前だった時代があります。 今は、結婚や出産をしても、その後ふたたび以前と同じように働き、キャリアを継続していくことも可能になりました。 収入源は夫だけだった時代と比べ、自分の力で仕事と収入を定期的に得られるようになるわけです。 すると、将来を考えたときにも、ひと昔前の女性より経済的な負担や不安は軽減され、結婚というシステムにこだわる必要性が感じられなくなるようになります。 「結婚がイヤだったら、自分の力で生活していけばいい」という選択肢があれば、結婚生活の長さに関わらず、離婚という決断をくだすハードルがぐっと下がるのです。 熟年離婚の原因は夫と妻ではこんなに違う! ところで、熟年離婚にいたった理由を聞いてみると、意外にも夫と妻ではその理由が異なることが多いことを知っていますか? 私のサロンに相談に訪れるご夫婦の相談事例を見ても、「この人とはもうやって行かれない」と決断する際の夫と妻では、離婚の原因がずいぶん違うことに驚かされます。 そこで、私のサロンで独自に調査した熟年離婚の原因のランキングのTOP3をご紹介します。 ・第3位 妻「夫からの感謝の言葉がない」 夫「妻に自分の趣味を否定される」 「妻は、家事や子育てをきちんとやって当たり前」と思っている夫は、妻が不満をためていることに気づく必要があります。 どんなに一生懸命に主婦業を頑張っても「いつもありがとう」「感謝しているよ」という言葉がなければ、「なんのためにやっているのだろう、私?」と、むなしく感じ、心が離れていく妻もいるからです。 一方、妻は夫の趣味について決して共感できない場合でも、「くだらない」「子どもっぽい」などと否定するのは控えましょう。 自分のことを理解しようとしてくれない相手に対して、信頼感を失うことにもつながるからです。 ・第2位 妻「夫からの心ない言葉」 夫「妻が自分の親の世話をしたがらない」 「誰のせいで生活できると思っているんだ?」に代表されるような、いわゆるモラハラ発言で妻を傷つける夫は、熟年離婚の危機を迎える可能性があります。 妻は、夫からの心ない発言はいつまでも覚えているもの。 心当たりがある男性は、あらためて心から謝罪することが大切です。 義両親のお世話をお願いしても拒否する、自分の親だけを大切にする、といった妻が、夫から三行半をつきつけられるケースもあります。 そこには単純に「親の世話や介護」といった物理的な労働を嫌がるというだけでなく、背景にある人間関係の問題が存在するかもしれないので、まずは夫婦間でよく話し合う必要があるでしょう。 熟年離婚の原因のNo. 1は? ・第1位 妻「夫が家事を手伝わない」 夫「妻が年金生活に不満を言う」 自分の仕事のことだけで手一杯だった若い頃とは異なり、熟年夫婦になると時間の使い方も少しずつ変わっていくもの。 にもかかわらず、相変わらず家のことは妻にまかせっぱなしで非協力的な夫に対して妻は、「もう我慢できない。 これからは自由に生きていきたい!」と、夫の定年退職の時期をきっかけに夫婦生活からの卒業を考えることもあります。 これまで一生懸命に仕事を頑張って、「オレの稼ぎがあったからなに不自由なくやって来られた」という思いの強い夫は、支給される年金に関しても「自分のおかげでもらえるもの」だという思い込みがあります。 なので、断りもなく妻が高級コスメを購入したり、女友達と海外旅行に出かけたりすると不機嫌になり、そのことを叱責したことで不満を言うようになった妻に対してストレスを募らせるようになるのです。 熟年離婚の原因のNo. 1は「家事」と「年金」 熟年離婚を回避するには、将来の「お金」の問題をクリアにすることも重要です! このように増えつつある熟年離婚を避けるためのポイントは3つあります。 ひとつは「お金」について。 昔は会社員の妻はもらえなかった年金が、2007年に「年金分割制度」が施行されたことにより、半分は妻のものとして認められるようになりました。 「夫が仕事を頑張ってこられたのは、妻の努力があったからこそ」ということでしょう。 夫はお金を独り占めしようとせず、「これまでありがとう。 半分はあなたのものだから」とねぎらう気持ちを示すことで妻は安心もでき、夫婦として絆を深めることもできるようになります。 ふたつめは「思いやり」です。 これは、一朝一夕に身につくものではありません。 とくに多くの場合、熟年離婚を考えるきっかけになるのは、子どもの独立や夫の定年退職、両親の介護など「環境が変化したとき」。 そんなタイミングを待って、パートナーから離婚を切り出されないようにするためにも、夫婦は日頃から相手の心の動きに気を配れるよう、思いやりの気持ちを持って接することが大切です。 最後のポイントは「話し合い」です。 「生活時間帯が合わないから」「とくに新しい話題もないから」などと、夫婦で話し合うことが少ない場合は要注意。 もっと積極的に二人で話し合う時間を持つようにしましょう。 小さな「ほころび」ができているのに我慢をしていると、やがて大きな傷となり、取り返しのつかない事態に発展することも多いのです。 自分に話すことがなくても、相手の話を聞く時間を持つつもりでたくさんおしゃべりしてください。 ただでさえ離婚をすることにはエネルギーを費やすものですが、熟年離婚となるとさらにパワーが必要です。 できれば円満に暮らし続けていかれるよう、今のうちからできることをしておくのが理想的と言えるでしょう。 【関連記事】•

次の