今月の運勢。 【7月の運勢】星占いで占う毎月の運勢|queenandadamlambert.twickets.co.uk 今月の占い

今月の運勢|かげした真由子が占う2020年5月|生年月日・星座|星読みテラス

今月の運勢

今月の占い・運勢を無料でチェック! 2020年7月・今月の12星座別運勢・月間占いを、ハイライトで少しだけお伝えします。 もっと詳しい運勢は、各星座の無料占いをチェックしてくださいね!• 視界良好、数ヶ月ぶりにスッキリとした気分で過ごせそうです。 物事がスムーズに動き、牡羊座の意見や希望が通りやすくなるでしょう。 滞っていたことは、この機に一気に形にしてしまいましょう。 実力や才能も認められやすく……• 可能性は、無限大に広がっています。 ただ、これまでのやり方や形にこだわってしまうと、条件が揃わずに、結局何もできないままで終わってしまうことに。 発想の転換や大胆な挑戦がツキを呼ぶので……• ご縁が動き出す1ヶ月です。 懐かしい人との交流、新しい人との出会い、人が行き交い、にぎやかな時間を過ごせそう。 それだけに、口約束が流れやすくなっています。 「やっておく」、「後で知らせるね」を……• 加速する世界の中で、心だけがおいてけぼりになりそうです。 忙しく働いている間はよいのですが、ふと気が抜けた瞬間に、ネガティブな考えに襲われそう。 将来への不安や日々のでき事への不満が一気にあふれ出しそうに……• これまで隠されてきたことがオープンになりそう。 ハッキリさせたいことがあるなら、改まったムードで問いただすとよいでしょう。 ただ、本音や事情を聞いたら、その場であなたも態度を決める必要があります……• これまでためらっていたこと、様子を見ていたことに、ゴーサインを出せそう。 まだ、不安要素は残っていますが、仮に何かが滞ったとしても、それを解決することで、よりよい軌道修正がかかって、最良の道へ進めます……• 社会の揺れをまともに受けやすく、これからについて考えさせられる一ヶ月となりそう。 アテが外れたり、条件が変わったり、なかなか次が決まらないなど、進むに進めない状況に陥りやすいでしょう。 一人で解決しようとせず……• 古いカラがパリンと割れ、新しいあなたが飛び出しそう。 いい意味での諦め、開き直りが、あなたを次のステップへと押し上げてくれるでしょう。 世の中全体が試行錯誤をしている中、守りに入っていても……• インドアライフを極められそう。 制限付き外出の窮屈さや、混雑やうるささに閉口して、本来ならばアウドドア派の射手座の心境に異変が起こります。 リモートワークを本格化させたり、趣味に打ち込んだり……• これまでも時代のニーズに合わせて成長してきた山羊座ですが、2020年7月はさらにステップアップが求められます。 ここまでが限界、これ以上は無理と線引きが、大きく破られることになるでしょう……• 合理的な水瓶座にしては珍しく、どっちつかずのまま、決めかねてしまいそう。 でも、ここで答えを引き延ばすと、この先もエンドレスでブレまくることに……。 ああでもない、こうでもないと袋小路に入って出口を見失って……• ツキはあなたの味方。 呼べば応え、求めれば満たされます。 かねてからやりたかったことを実行に移したり、欲しかったものを手に入れたりするのによい時です。 ただ、必要以上に欲張ってしまうと、持て余す恐れが…… 2020年7月の運勢はいかがでしたか? 詳しい内容は、ぜひ記事をチェックしてみてくださいね! 【2020年の今年の運勢】12星座別の無料年運&占い 2020年今年の運勢&占いもチェックしてくださいね!•

次の

【7月の運勢】ホロッと泣ける☆話題の占い師ルーシー・グリーンの12星座占い

今月の運勢

大切な契約を結ぶ人もいれば、何か大切な約束をする人もいるかも。 表からはあまり見えないところで結ばれる絆かもしれません。 「思っている以上に不安だった」「思っている以上に怒っていた」といったことに気づきます。 それらを誰かにぶつけるのではなく、まずは 自分で肯定してあげることが大事です。 文章にしてみるのも良いので、日記などを書くのもおすすめ。 そうやって思いを消化していくと、新たなモチベーションを得ることができるでしょう。 【牡牛座】前半はハードに 後半はリラックスして課題に取り組む時 月の前半は、あなたのエリアである牡牛座に太陽と水星が滞在します。 このため、特に 仕事で多忙を極める人が多いかも。 人生の目標が明確になってくる時期でもあります。 これまでは何かにつけハードにがんばっていたかもしれませんが、リラックスモードで周囲の助けを得つつ、課題に取り組み続けられるようになるでしょう。 【双子座】天体が集まり活発に これからの1年の種まきのタイミング あなたのエリアである双子座には金星が滞在中で、華やかな時期が続いています。 さらに5月は12日に水星、20日には太陽が双子座に入り、多忙さが加わってきます。 これからの1年でどんな自己実現をしていきたいかの種まきのタイミングです。 いま手の中にあるものをどう育てていきたいか、ビジョンを描いてみましょう。 【蟹座】パートナーシップがテーマ 過去の振り返りに最適な時 お住まいの地域によっては、自宅で過ごすことが多かった先月。 特に蟹座の方は、対人関係の部屋にある木星の影響で、 パートナーシップのこれまでの成果を人一倍感じていたのではないでしょうか。 「やっぱりこの人と一緒になってよかった」と思うのかそうでないかは人それぞれですが、何かしら自分なりに得た成果がありそう。 「パートナーが欲しいなぁ」という思いを新たにした人もいらっしゃるかもしれませんね。 これはパートナーシップに関する過去の振り返りを意味します。 現状を把握した上で過去を振り返り、未来をどう設定したいか、今をどう変えていきたいかを考えるのに有意義な時期となります。 こういう時期ですので、感染予防は念入りにすると良いでしょう。 それが良い習慣にもつながりそうです。 しかし、それは向き合う甲斐のあるものでしょう。 仲間やコミュニティのエリアには多くの天体が集まってきますので、あなたの周囲の仲間関係は賑やかです。 そこから得られるサポートも大いにあるでしょう。 また、やりがいを感じさせる仕事を表すエリアには、多くの天体が集まってきます。 これまでの努力が認められる、喜びを感じならが仕事に取り組める、といった手応えもありそう。 仕事がピンチでも、助けを求めれば 多くの仲間からのサポートが期待できる時でもあります。 これからの1年はその目標に向かって何かを育んでいくことができるでしょう。 【天秤座】創造的なアイデアが浮かびやすく専門性が報酬につながる時 5月の後半は、同じ風のサインである双子座に多くの星が集まる影響を受けて、クリエイティブでアイデアもいろいろ浮かぶ時期となりそうです。 また、専門分野を表すエリアに金星が滞在しています。 あなたの専門性が輝いた結果、それが報酬につながるということも大いにあるので、専門性にさらに磨きをかけると良いでしょう。 このほか、火星が魚座に移動する影響で 健康に関する意識が高まります。 こういう時期ですので、客観的な知識を元に新しい習慣をつけていくと良い時でもあります。 もちろん感染対策は万全に。 これまで約1年間の成果を受け取る時です。 どのような自己実現をなし得てきたのか振り返り、自分を労う日ですね。 また、あなたにとっての対人関係のエリアにあった太陽と水星は、5月後半に双子座へ移動していきます。 これまで広げてきた 人間関係やネットワークを集約していく時です。 「誰と関係性を深めていくのか」にフォーカスすると良いでしょう。 意見を取り入れすぎると振り回されがちにもなりやすいので、冷静な対応が求められます。 シンプルに、家庭に関する用事で多忙になるという方もいらっしゃるでしょう。 何にお金をかけるべきか、といった見直しをすると良いでしょう。 対人関係はとても華やかです。 特に5月の後半は情報のやり取りも盛んになってきます。 【山羊座】自分の才能の使いどころを知り周りにシェアしていく時 あなたのエリアである山羊座で、木星が逆行を開始します。 このため、「集団にとって良いこと」と「自分にとって良いこと」の兼ね合いがテーマになります。 自分の才能の使い所がわかったので、それをシェアしていく流れです。 仕事では期待されることも多く、しっかり答えていけるだけの実力を発揮できます。 これまでは、お役目を情熱によって表現してきたかもしれませんが、そこから少し変化していくようです。 実際に成果を求めたり、さらに表現に磨きをかけたりと、「明るいところ」に出ていくようなプロセスが待っています。 あなたが感じていた「自分の役割はこれかもしれない」ということに確信を感じることもありそうです。 やる気に溢れる人もいれば、なんだか抑えていた感情が出てきちゃう人もいるかもしれません。 自分のエネルギーの使い方を 冷静に考えることが必要になってくる場合もあるでしょう。 エネルギーをうまく活用するために、ちょっとしたとっかかりとなる目標を定めて動くと良いでしょう。 5月中旬以降は自分の家庭や居場所に関して再考することも。

次の

『獅子座』今月の運勢【2020年7月】

今月の運勢

6月は、どんな1カ月? 雨の多い季節がやってきました。 「雨降って地固まる」ということわざもあるように、あらゆる困難や停滞も、この雨の季節を経て落ちついていってくれるといいですね。 6月をよりよく過ごすためのキーワードは、「新しい一歩を踏み出す」です。 正直なところ、この時期はまだ身動きの取りづらいこともあるかもしれません。 お天気と同じようにどこかウエットなイメージ。 しかし、太陽の光と同列に、大地を湿らす雨もまた大事なもの。 地固めの時期である6月は、大きな飛躍を目指すよりも、着実な一歩を心がけてください。 まずは重い腰を上げ、ウォーミングアップを兼ねて少しずつ動き出してみましょう。 今年は多くの人にとって大変な1年のはじまりになりましたが、早くも残り半年あまりとなりました。 あっという間に過ぎていく日々の中で、何を感じてどう生きるのか。 自分の心をを見失わず、まわりとともにうまくやっていけるといいですね。 そんな6月、あなたにとってどんな1カ月になるのでしょうか? さっそく占ってみましょう。

次の