ご無沙汰 使い方。 「手持ち無沙汰」とは?意味と使い方!例文と語源!類語や英語を紹介!

「ご無沙汰しております」のビジネスでの正しい使い方と例文5選

ご無沙汰 使い方

「ご無沙汰しております」の意味とは? まず「ご無沙汰しております」の意味を、読み方と併せて紹介します。 「ご無沙汰しております」の読み方 「ご無沙汰しております」の読み方は「ごぶさたしております」です。 口語では聞きなれた言葉ですが、ビジネスメールや文章で漢字を用いて表現するときはこのように書きます。 「ご無沙汰しております」の意味 「ご無沙汰しております」の「無沙汰」は主に「久しく音信がなく、訪問がない様子」などを指す言葉で、頭に「ご」、最後に「しております」をつけて「謙譲語」となります。 ちなみに「無沙汰」には「ものごとをなおざりにする」「無関心であること」「処置をしないこと」などの意味もある言葉です。 「ご無沙汰しております」の使い方と使える期間 「ご無沙汰しております」の使い方について、「ご無沙汰」に相当する適切な期間と併せて解説しましょう。 「ご無沙汰しております」の使い方 久しぶりに連絡をしたり対面したりした時に使われる「ご無沙汰しております」は、相手に「無沙汰=久しく音信がない」をしていた状態を詫びる意図をもって使わます。 また「ご無沙汰しております」は尊敬語の謙譲語表現のため、目上の人やビジネスパートナー、取引先の相手などに用いるのが正しい使い方です。 手紙・ビジネスメールでの返事 ビジネスメールで「ご無沙汰しております」というメッセージが届いたら、そのまま「こちらこそ、ご無沙汰しております」と返信をしても失礼にあたることはありません。 両者とも敬語でメールのやりとりをしているため、文章的にもスムーズにまとまります。 「ご無沙汰」の期間の目安は3か月程度 「ご無沙汰しております」の「無沙汰」における期間は個人によってそれぞれですが、おおむね3か月程度、もしくはそれ以上、連絡をしていない時に使われるのが一般的には適切です。 長さに合わせて「大変ご無沙汰しております」「本当に長い間ご無沙汰しております」と適切に言葉を足していきましょう。 数週間から一か月程度の間、連絡をしていなかった相手に「ご無沙汰しております」と声をかけると、人によっては多少の違和感を感じる場合もあるでしょう。 場合によっては「印象が薄い」「気に留められていない」と、本意ではない解釈をされてしまうかもしれません。 「ご無沙汰しております」を目上の人に使う時は? 続いて「ご無沙汰しております」を目上の人に使う時に気を付ける点を挙げながら、簡単な例文を挙げてみます。 気遣いの言葉を添える 「ご無沙汰しております」は「久しく音信を途絶えていて、申し訳ありません」という意味のある「お詫び」の気持ちを含む表現です。 相手に「ご無沙汰しております」という時は、相手への気遣いや、連絡が途絶えていた間の状況などを思う一言を添えると良いでしょう。 ただし、いくら丁寧語であっても「ご無沙汰してます」「ご無沙汰です」という表現は目上の人には適切ではありません。 必ず「ご無沙汰しております」と尊敬語の謙譲語を使うようにしましょう。 「ご無沙汰しております」の例文 相手への気遣いの言葉を添えて、「ご無沙汰しております」の例文をいくつか挙げてみましょう。 ご無沙汰しておりますが、その後いかがお過ごしでしたか?• ご無沙汰しております。 皆さまお変わりはありませんか?• ご無沙汰しており、本当に申し訳ありません。 ご無沙汰しておりましたが、元気そうで何よりです。 ご無沙汰しております。 しばらく連絡ができず大変失礼いたしました。 「ご無沙汰しております」の英語表現 最後に「ご無沙汰しております」の英語表現をみてみましょう。 状況によっては、長い間音信を途絶えていたという「お詫び」の気持ちを「I am sorry」「I apologize」でつなげたり、「How have you been?(お元気でしたか?)」などの言葉を添えると、より綺麗な文章としてまとまります。 「ご無沙汰しております」の英語例文 「ご無沙汰しおります」の簡単な英語例文を挙げてみます。 I am sorry that I have not been in touch with you for a long time. ご無沙汰しており、申し訳ありません。 How have you been? ご無沙汰しておりますが、お元気でしたか? まとめ 「ご無沙汰しております」は日常生活でも無意識のうちに放たれる言葉の一つですが、目上の人に使う時は、 併せて気遣いの言葉を添えると良いでしょう。 また「ご無沙汰しております」に相応しい期間については厳密な決まりはありません。 しかし、一般的には3か月程度、もしくはそれ以上を目安に「ご無沙汰しております」を使うようにするのが適切です。 一年以上のブランクがあった場合は「大変ご無沙汰しております」「本当に長い間ご無沙汰しております」と表現に強弱を付けるようにしてみて下さい。

次の

「手持ち無沙汰」とは?意味と使い方!例文と語源!類語や英語を紹介!

ご無沙汰 使い方

ご無沙汰しておりますの意味 敬語の謙譲語になる 敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三つに分かれます。 「ご無沙汰しております」の「おります」とは、その中でも「謙譲語」に属する言葉です。 丁寧語である「お久しぶりです」の謙譲語が、「ご無沙汰しております」という表現になります。 ご無沙汰の意味 「ご無沙汰」の「沙汰」は、「便り」や「知らせ」という意味です。 それが「無」ということですから、連絡が長い期間無いことを意味します。 さらに、接頭語である「ご」をつけて、相手に対する敬いの気持ちを表現したものが、「ご無沙汰」となります。 ご無沙汰しておりますの使い方 長い期間連絡を取ってない時に使う 最後に会ってから、目安として2~3ヶ月期間が空いた時に使うのが、良いタイミングです。 逆に、2~3日など、短い期間で使うと不自然な印象になりますので注意しましょう。 また、半年~1年以上期間が空いた場合には、「大変ご無沙汰しております」というように、「大変」を付け加えることでより自然な表現となります。 目上の人にも使える 「ご無沙汰しております」は謙譲語であるため、自分をへりくだり、相手を敬う意味合いがあります。 そのため、特にお世話になった人や上司など、目上の人に使うのに適した表現として、問題なく使用することができます。 目上の人から言われたときの返事 「ご無沙汰しております」と言われた場合、「こちらこそご無沙汰しております」と返します。 また、自分より目上の人から言われた場合でも、同じように返して問題ありません。 その際、「こちらこそご無沙汰して申し訳ありません」と、お詫びの言葉を添えるとより自然な表現となり、印象が良くなります。 目上の人から「お久しぶり」と言われた時の返答も、「ご無沙汰しております」と返すのが適切です。 英語での使い方 英語には、日本語のように丁寧語や謙譲語などの使い分けがありません。 日本語ほど礼節を厳しく言うことはありませんが、挨拶の大切さは同じです。 英語で「ご無沙汰しております」と伝える場合、実際に使われている表現はシーンによっていろいろありますが、代表的なパターンは以下となります。 使うときの注意点 お世話になっておりますとの併用 ビジネスシーンで定番の挨拶である「お世話になっております」ですが、「ご無沙汰しております」との併用は避けるようにします。 「ご無沙汰」という長らく連絡を取っていないことを意味する言葉と共に、「お世話になる」という何らかのコンタクトがあるのが前提の言葉を使うのは、矛盾していて不自然な表現であるためです。 場合により、「お世話になっております」と併用することもあるかと思います。 その際は「お世話になっております。 ご無沙汰いたしまして失礼いたしました。 」などと付け加えると、自然な表現になります。 メールや手紙での文章例 ご無沙汰して申し訳ありません。 「ご無沙汰」には、挨拶だけでなく、お詫びの意味合いも含まれています。 そのため、「ご無沙汰して申し訳ありません」と謝罪の言葉をひと言付け加えても不自然ではありません。 例 「久しくご連絡をしておらず、ご無沙汰して申し訳ありません。 」 大変ご無沙汰をいたしました。 最後に会ってから、または前回連絡を取ってから半年から1年以上の期間が空いている場合には、「大変ご無沙汰~」と表現します。 例 「大変ご無沙汰をいたしました。 」 ご無沙汰しております。 お元気ですか 「ご無沙汰しております」だけでも十分丁寧ですので失礼にはなりませんが、相手の近況を気遣う言葉を一言付け加えると、気持ちの良い文章になります。 例 「ご無沙汰しております。 お変わりありませんか?」 ご無沙汰しておりますの類似表現 お久しぶりです 「ご無沙汰しております」と似た表現で、「お久しぶりです」があります。 「ご無沙汰」にはお詫びの意味合いが含まれている一方で、「お久しぶり」にはその意味合いは含まれません。 また、「ご無沙汰しております」よりもカジュアルな表現のため、取引先や目上の人に使うのにはあまり一般的ではないので注意が必要です。 ビジネスシーンでは、「ご無沙汰しております」を用いるようにします。 まとめ 適切な表現で「ご無沙汰しております」と挨拶できれば、空いてしまった時間を埋め、その後のやり取りもスムーズになります。 さらに、相手を気遣う言葉や、時候の挨拶を付け加えることで、気持ちの良い印象を与えることができるでしょう。

次の

「手持ち無沙汰」の意味?意味や使い方をご紹介

ご無沙汰 使い方

「沙」は砂の意味だと解釈することが多いようです。 しかし「沙げる」を「よなげる」と読んで動詞として使えば、「水につけてすすぐようにして選び取ること」の意味になります。 「汰」も訓読みでは同じく「よなげる」と読め、意味も「水で洗って混入物や不要のものを取り除く」ということとなります。 『晋書』(中国・唐の時代の歴史書)の「孫綽伝」では「沙之汰之,瓦礫在後」(これをよなぎこれをよなぐ。 がれきあとにあり)との記述があります。 この時点での意味は「砂を水ですすぐようにして、細かいものを選び分ける」でした。 その後、時を経るにつれ、最初の意味が展開、分岐していきました。 いつ、どうなったのかを説明するためには、大胆な解釈が必要となります。 一般的に言われているのはまず「選び分けること」から転じ「善悪の裁定をすること」へ、さらに「(その裁定を)処置すること」の意味となり、そして「良しあし(裁定)を踏まえた評判のこと」へ。 そこから「便り・知らせ」や「行い・しわざ」まで展開してきたようです。

次の