安城 映画館。 岡崎|イオンシネマ

安城東映

安城 映画館

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 ほとんどまたは完全に に頼っています。 ( 2019年11月)• または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2019年11月) 安城コロナワールド(あんじょうコロナワールド、: Anjo Korona World)は、浜富町6-8にある複合型娯楽施設。 愛知県に本社を置くが運営している。 安城コロナワールド Anjo Korona World 地図 店舗概要 所在地 〒446-0022 浜富町6-8 座標 : 開業日 1995年(平成7年)12月23日 施設所有者 中核店舗 安城コロナシネマ(映画館) 駐車台数 1,500 台 最寄駅 外部リンク 歴史 1995年(平成7年)12月23日、に本社を置くによって、JRの東1kmにある工場跡地に安城コロナワールドがオープンした。 の「安城コロナシネマワールド」、店、場などが同日にオープンし、11年ぶりに安城市に映画館が復活した。 同日にはにもオープンしており、安城と中川の両施設はコロナグループの集大成と位置付けられている。 1995年からコロナグループは天然温泉の掘削を行い、1996年(平成8年)2月23日には安城市初のとなる「コロナの湯」がオープンした。 2015年(平成27年)8月1日、安城コロナシネマワールドに「」が導入され、『』で稼働を開始した。 愛知県内では中川コロナシネマワールドと豊川コロナシネマワールドに次いで3店目。

次の

安城

安城 映画館

のスターである(左)や(上)は弥生館によって安城の町に紹介された。 弥生館の開館は1928年(昭和3年)である。 のの駅前通りを南に向かい、末広町で路地を東へ入った所に劇場があった。 安城町には同時期の1928年から1929年頃にと帝国座も開館しており、一気に3館の演芸場や映画館が集まる芸所となった。 さらに同時期には、安城町に隣接する碧海郡(現・安城市)にもが開館している。 安城町に隣接する碧海郡刈谷町(現・)のはまだ芝居小屋であり、碧海郡(現・)のやもやはり演劇場だった。 弥生館では系の映画が上映され、、、などのスターを安城の町に紹介した。 特に盆や正月が盛況であり、隣接する半弓場や置屋をも超えて、菓子屋の角を曲がるまで入場を待つ客の列が続いたという。 戦後 [ ] 弥生館と同じく末広町にあった 1950年(昭和25年)の一年間の映画観覧者は洋画1,466人、邦画107,441人であった。 『全国映画館総覧 1953年版』によると、1953年(昭和28年)の安城市には弥生館と安城座の2館の映画館があった。 『全国映画館総覧 1955年版』によると、1955年(昭和30年)の安城市にも弥生館と安城座の2館の映画館があり、弥生館の座席数は398席、一方で安城座は852席だった。 1958年頃には・主演の『』を上映した。 1959年(昭和34年)には3館目の映画館としてが開館し、弥生館は・・、(安城座から改称)は、南映会館は・・で住み分けられた。 映画最盛期である1960年(昭和35年)の安城市には弥生館、安城東映、南映会館の3館の映画館があった。 後に弥生館は日活・松竹系となっている。 『映画便覧 1963年版』によると、1963年(昭和38年)の安城市には弥生館・安城東映・南映会館の3館の映画館があり、弥生館の座席数は400席、安城東映は860席、南映会館は350席だった。 『映画館名簿 1980年版』によると、1980年(昭和55年)の安城市には弥生館・安城東映・安城東宝の3館の映画館があり、弥生館の座席数は244席、安城東映は360席、安城東宝(南映会館から改称)は244席だった。 安城東映は東映と日活を、安城東宝は東宝と松竹と洋画を上映していたが、この頃の弥生館はになっていたとされる。 閉館 [ ] 1980年代初頭には安城東宝が閉館し、1984年(昭和59年)には弥生館も閉館した。 1980年代半ばに安城東映も閉館となっており、これによって安城市から映画館がなくなったが、1995年(平成7年)12月に10スクリーンを持つの安城シネマ(現・)が開館した。 2017年(平成29年)時点で弥生館の跡地は空き地となっている。 「消えた映画館の記憶」も参照した。 「消えた映画館の記憶」も参照した。 碧海郡桜井町にあった桜井映画劇場は、桜井町の安城町への編入3年後に閉館している。 出典 [ ]• 136-137• 『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 安城』国書刊行会、1979年• 『全国映画館総覧 1953年版』時事通信社、1953年。 『全国映画館総覧 1955年版』時事通信社、1955年• 『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。 『映画便覧 1963年版』時事通信社、1963年• 『映画館名簿』時事映画通信社、各年度版• 『写真集 安城いまむかし』名古屋郷土出版社、1989年• 安城市史編集委員会『新編安城市史 4 通史編 現代』安城市、2008年• 神谷素光(編著)『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 安城』国書刊行会、1979年• 神谷素光『目でみる碧海の100年』名古屋郷土出版社、1989年 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

TOHOシネマズ 東浦:上映スケジュール

安城 映画館

安城で公開中作品• 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア• 風の谷のナウシカ• もののけ姫• 千と千尋の神隠し• ゲド戦記• ダークナイト• パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊• シンデレラ• 美女と野獣• クラッシャージョウ〈4Kリマスター版〉• アドリフト 41日間の漂流• ドクター・ドリトル• ソニック・ザ・ムービー• ランボー ラスト・ブラッド• ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語• コンフィデンスマンJP プリンセス編• 透明人間• ステップ• 今日から俺は!! 劇場版• 私がモテてどうすんだ• ANNA/アナ• 機動警察パトレイバー the Movie〈サウンドリニューアル版〉.

次の