ダイ ジェット ポケモン。 ダイジェットが使えるポケモンまとめ【ソード・シールド】

ダイマックス技一覧(効果・威力)

ダイ ジェット ポケモン

どうも。 ナオトと申します。 S4に続きS5でも自分なりに満足いくパーティを組めたので、構築紹介してみたいと思います。 【構築経緯】 S4で対面寄りの構築を使っていたため、サイクルもできるパーティを組みたいと思い、前から使おうと思っていた を軸に、相性補完で を採用。 パーティみたときに、みんな尻尾がニョロニョロしていることに気付き、前から尻尾がかわいいと思っていた と、剣盾登場のヘビ を入れて完成。 ヘビとトカゲとムカデのパーティが完成した。 結果的に全員が無効タイプを持っており、ダイジェットエースの を通す対面的な立ち回りと、無効タイプを絡めたサイクルとを相手に合わせて選ぶことができるパーティになった。 【個体紹介】 こだわりメガネ おくびょう C252 D4 S252 10まんボルト 無効タイプが2つある優秀なでんきアタッカー。 みずタイプ無効を生かして、主に などの特殊水ポケ、 などの雨構築、 入りのパーティに出していく。 技はメインウェポンの10まん、交代読み、対面操作に便利なボルチェン、 などに有効で、雨下で一貫性の高い、草4倍および に打つ。 スカーフ、タスキと試したが、火力不足のため最終的にメガネを持たせた。 メガネの一番のメリットはHB振り をで確1で飛ばせること。 先発に合わせて狩るプレイングをよくしていた。 (アタッカー は無理です。 首を横に振ります。 ) また、かげうち無効なので 辺りに仕事できるのが偉い。 弱点は に弱すぎること、草ポケに有効打がないこと。 あと物理耐久はペラ過ぎてックスしても のじしんを耐えない。 無償突破などでこちらにアドバンテージがある状況で、こだわり解除のためにックスを切る展開が何度かあった。 サダイジャ (キョックス個体) すなはき いじっぱり A252 B4 S252 じしん がんせきふうじ へびにらみ 実況者のラブリィさんが動画で紹介していて強そうと思った先発起点づくり型。 動画URL を通しやすいようにじしんでの削り、がんぷう、へびにらみでのS操作、ステロ撒きを行う。 特性すなはきによりダイバーン、ダイストリーム、ダイアイスの追加効果をかき消せるのが強い。 ほとんどのには何かしら仕事ができるため、とりあえず先発で出してた。 天候パ相手にはHP1でも温存しておくことがあった。 見かけによらず意外と火力があり(A107あります)、 などどをもらわなければ突破できたりする。 弱点は相手のすなかき のアシストをしてしまうこと、 になにもできないこと。 一応キョックス個体だが、ほとんどックスすることはなかった。 マルヤクデ あつぞこブーツ(キョックス個体) もらいび いじっぱり H 220 A252 S36 ほのおのムチ はたきおとす S…12振り 抜き かわかっこいいムカデ。 こいつのキョックスが使いたくて構築を組んだ・・ものの、正直こいつにックスを切るのはあまり強い動きではないと思う。 最初はヨロギのみを持たせて をキョダイヒャッカでタスキ貫通で返り討ちにする 型で使用していたが、後が続かないし汎用性が低くてあまり強くなかった。 結局は などを絡めた受け主体のパーティに対して選出するのが一番強いと感じた。 自然にフルアタ構成になるため、そこそこ高いDを補強するを採用して、特殊 、 辺りにも強く出れるようにしていた。 最終的にはステロ持ちの に強く出るためあつぞこブーツを採用した。 が、それ以降 に全く当たらなくなってしまった。 チョッキのほうが汎用性は高いと思う。 技は優秀な追加効果を持つタイプ一致技のほのおのムチと、交代先に負担をかけることができるはたきおとす、鈍足水タイプ意識のを採用。 タイプ一致技は2つとも能力下降効果を持つのでまけんきやミラーアーマーには注意。 ほとんどのメジャーに対面で勝てない上、ダイジェットの起点にされるため、出せる試合は限られるが、出す場面を選べばしっかり活躍してくれる、職人気質の。 いのちのたま ようき H 4 A252 S252 とびはねる じしん テンプレ珠ギャラ。 つよい。 でステロ撒いて全抜き。 シンプルだけど、通る相手には通る。 特に がいないパーティには通りやすく、積極的に出していった。 ギャラを一匹で対策してそうな がいる場合、そいつが高確率で出てくるので、こちらはそれを考慮して選出できる。 順位が上がれば上がるほど対策され、選出機会は減っていった。 選出した場合はほぼこいつにックスを切っていた。 裏に がいる場合は、ダイストリームを積極的に打ち、逆に の場合はなるべく打たないようにしていた。 オボンのみ がんじょう のんき H252 B252 D4 S最遅 ジャイロボール ボディプレス てっぺき 友達にお勧めしてもらったてっぺきボディプレ型。 超硬い。 硬すぎ。 の並びや に滅法強く、込みならほぼすべての物理アタッカーに後投げできる。 先発に出しても強いが、基本的には後ろに控えさせて物理相手への繰り出し、およびてっぺきを積んで相手を詰ませに行く。 、ドラパルト意識のジャイロボール、コンセプトのボディプレスおよびてっぺき、先発時およびサイクル戦で役に立つステロを採用。 もちものは混乱実、たべのこし、オボンと試して、一番安定感のあるオボンに落ち着いた。 物理環境のため腐ることは少ないが、特殊ATが多くいたり、または、物理と特殊両方の型が存在する相手 がいると選出しづらい。 特に は天敵。 有効打が全くない。 ックスは基本切らないが、パーティで重い や に対して、ダイウォールを絡めて相手のックスを枯らす立ち回りをすることがあった。 を見れるようにスカーフ。 特に が相手のパーティにいる場合は大体選出していた。 技は高威力かつダイドラグーンの追加効果が優秀な、命中安定の、 あたりに打つ、 意識のかみなり。 ただ、ダイウォールが欲しい場面もあったので、をおにびに変えてもいいかもしれない。 (命中安定技がなくなるのが嫌なので僕はしません) を選出していない場合は、こいつにックスを切ることが多かった。 【選出】 ・ が通りそうな相手 先発 + +@1 裏は最後1対1になったときに勝てそうなを選択。 迷ったら 、物理多めなら 、 出てきそうな場合は 、 いる場合は みたいな感じにしてた。 ・対 裏 +@2 基本的に で積ませに行ける。 ・対 先発 or + +@1 裏に がいる場合先発でステロ入れとかないとほぼ勝てない。 ・対 + + すなはきとで雨展開にならないようにする。 ドラパルトで上手く詰めに行く。 【重い】 すなかき 、 、 、 特にめいそうアッキ が重くて、入ってる構築には大体負けた。 【最後に】 S4に続きS5でも自己最高を更新できてとてもうれしいです。 欲を言えばキョックス をもう少し活躍させてあげたかったですが・・ 自粛続きでやる時間はたくさんあるので、S6も最高順位更新のため頑張りたいと思います。 S6はSTAYHOME型でも使いますか・・笑 n-ao-to.

次の

【ポケモン剣盾】ダイマックスの効果と仕様・やり方【ポケモンソードシールド】

ダイ ジェット ポケモン

ひこうタイプのダイマックス技、ダイジェットがめちゃくちゃ強いおかげでダイジェットをタイプ一致で使えるポケモンが見直されています。 その筆頭としてはギャラドス。 メガシンカがなくなったにもかかわらず、むしろ今までよりも強化されているようにすら感じます。 そしてギャラドス以上に環境を席巻しているのが トゲキッスです。 かつての白い悪魔が、ダイマックスを得てさらにパワーアップして暴れまわっています。 というわけで今回は環境を破壊する勢いで暴れまわっているトゲキッスについてです。 ダイジェットで加速してのひるませ かつてのトゲキッスのメジャーな型といえば、こだわりスカーフをもたせた型でした。 こだわりスカーフをもたせて先制し、特性てんのめぐみの効果を加えたエアスラッシュで驚異の6割ひるみを押し付ける、悪魔のようなポケモンでした。 ただ、そんなトゲキッスも6世代以降ひこうタイプが暴れまわったこともあって対策がしっかりされたことで、エアスラッシュの通りの悪さもあってかなり動かしにくいポケモンとなっていました。 ですが8世代からダイマックスが実装され、ダイジェットを使用することができるようになったことで こだわりスカーフなしでひるみを押し付ける戦法ができるようになりました。 さらにもともと持っていた技範囲の広さを活かすこともできるため、 運勝ちを狙える広範囲アタッカーとかいう化け物が誕生してしまいました。 ひこう+フェアリーは通りがいいですし、サブウエポンもかえんほうしゃにはどうだん、げんしのちからやサイコキネシスにダイマックス技と相性のいいソーラービームなども使えるので、構築に合わせて穴を埋めるように技を選んでいくことができます。 ホントにとんでもないポケモンが誕生してしまいましたね……。 わるだくみからの崩し性能の高さ トゲキッスの弱い点として、火力の低さがありました。 とくこう種族値120は決して低くはありませんが、技威力に恵まれませんでした。 エアスラッシュの威力不足はもとより、ムーンフォースを覚えないため火力不足のマジカルシャインを使わざるを得ないのです。 かつてのこだわりスカーフ型ではやはり火力の低さがネックでしたが、ダイジェットで自力ですばやさを上げることができるようになったため、 わるだくみとの併用ができるようになりました。 隙を見てわるだくみを積みつつ、ダイジェットで加速していくことでとてつもない制圧力をもったポケモンとなりました。 技範囲の広さもわるだくみと相性がいいので、抜き性能だけでなく崩し性能も相当なものとなりました。 なにが強いって、ダイジェットからの抜き性能とわるだくみを積んでからの崩し性能を両立できるということなんですよね。 7世代までもトゲキッスではこれができませんでした。 (一応Zあくびからのわるだくみ、なんてこともできましたが……) 両立させてはいけない要素を手に入れてしまった、白い悪魔を超えた白い悪魔です……。 高耐久と相性のいいじゃくてんほけん さらにはもともと耐久値もそれなりにあるポケモンのため、 じゃくてんほけんとも相性がいいです。 ダイマックスすることで耐久を倍増させることができるため、弱点をつかれてもよっぽどじゃないと一撃では落ちないのでじゃくてんほけんを活かしやすいポケモンでもあります。 環境的にミミッキュはめちゃくちゃ多いので、はがね技を持っているポケモンも増えてきているのでじゃくてんほけんを使いやすいというのもあります。 もちろんじゃくてんほけんとダイマックスの相性の良さはかなり広まっているため、最近ではトゲキッスなどじゃくてんほけんがメジャーなポケモンにはなかなか弱点をついてきてくれなかったりします。 でも、トゲキッスにはわるだくみもあるので相手からすればあまり悠長にもしてられないというのもあるので、このあたりもトゲキッスの強みかなと思います。 ダイマックスとめちゃくちゃ相性がよく、ポテンシャルを倍増されたトゲキッス……。 間違いなく対策必須なポケモンです。 ただ、もともとスペック自体は高かったのに環境とか技に恵まれて活躍しきれなかったポケモンでもあるので、こうやって仕様が変わって新たに注目されるようになるのはいいことかなとも思います。 こういった改めて注目されるポケモンもこれからどんどん出てくると思うので、それはそれで楽しみですよね。 新作やってるって感じがして楽しいです。 そんな感じで、それではまたー。 apokaru.

次の

【ポケモン剣盾】初手「ダイジェット型デンチュラ」に可能性を感じた。

ダイ ジェット ポケモン

特性 効果 はりきり 攻撃が1. 5倍になるが、 物理技の命中率が0. 8倍になる。 てんのめぐみ 相手への技の追加効果の 発生率が2倍になる。 隠 きょううん 急所ランクが1段階上がった状態になり、 自分の攻撃が急所に当たりやすくなる。 特攻・特防が高く、特殊アタッカー向きの種族値をしています。 素早さ種族値は80ですが、ダイジェットで素早さを1段階上げれば、たいていのポケモンを抜けるようになります。 弱点は多いですが、耐久面が高めで4倍弱点も無いため、 じゃくてんほけんとの相性が良いポケモンです。 半端な攻撃では、返り討ちにあってしまいます。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 3位に入っています。 特性について• はりきりは、命中率が下がる代わりに攻撃が上がる特性です。 しかし、ダイマックスすると、 命中率が下がる効果は適用されません。 よって、ダイマックスした場合は、この特性のメリットのみを受けることになります。 特性によって攻撃種族値が101相当になりますが、採用率はとても低いです。 シーズン5の採用率は 0. てんのめぐみは、追加効果の発生率が2倍になる特性です。 例えばエアスラッシュは元々3割で相手をひるませる技ですが、特性により、6割で相手をひるませることができます。 しかしダイマックスすると、すべての技が元の技から変化するため、ダイマックスとの相性はよくありません。 シーズン5の採用率は 74. きょううんは、技が相手の急所に当たりやすくなる特性です。 こちらはダイマックス技にも効果があるため、ダイマックス前提のトゲキッスには、この特性が採用される場合が多いです。 シーズン5の採用率は 24. トゲキッスを暴れさせないためにはどうすればいいか、まとめてみました。 高火力の抜群技で一撃で倒す バンギラス トゲキッスのダイナックル、ダイフェアリーを確定で耐え、攻撃に補正のかかる性格のバンギラスであれば、反撃の 弱点保険ストーンエッジで、H振りトゲキッスをダイマックス状態でも確定1発です。 ヒヒダルマ ガラル 特性ごりむちゅうで性格いじっぱりなら、こだわりハチマキを持って つららおとしで、H振りトゲキッスをダイマックス状態でも確定1発です。 特殊受けのポケモンで受ける カビゴン 特防が高く、はがねタイプの技も覚えます。 トゲキッス側からカビゴンを突破するためには、相当な回数ひるみを引かないと難しいです。 特性で能力上昇を無視する てんねん 特性てんねんなら、トゲキッスの能力上昇を無効にすることができます。 能力上昇がなければ、タイプ一致技の威力は高くないので、数発は耐えることができます。 ただ、トゲキッスより遅いポケモンが多いので、エアスラッシュの連続怯みで突破させる危険性は残ります。 この特性を持つポケモン: ヌオー、 ピクシー、 ココロモリなど ダイマックスする ダイマックス状態のポケモンはひるみ効果を受けません。 トゲキッスがひるみを狙ってきても、ひるみを怖がらずに攻撃することができます。 データから持ち物を予測する シーズン5では、トゲキッスの持ち物は、多い順に、 じゃくてんほけん 26. 持ち物の選択肢が豊富ですが、スカーフ持ちが1割程度しかいないことは、覚えておいて損はないと思います。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っています。 今作で使える炎タイプには、飛行技の通りがいいため、トゲキッスは相手からよく選出されます。 そこで、炎ポケモンでのトゲキッスの対策を紹介します。 セキタンザン トゲキッスの主力技である、ひこう、フェアリー、ほのおタイプを全て半減以下にできるので、タイプ相性の面で非常に有利です。 ただ、セキタンザンが一撃でトゲキッスを倒すことは難しいので、トゲキッスの弱点保険を発動させないように戦う必要があります。 ヒートロトム セキタンザンと同じく、トゲキッスの主力技を半減で受けられるポケモンです。 ひかりのかべも覚え、特防に多く努力値を振れば、特殊受けとして汎用的に使えるポケモンです。 こちらも、ロトム側からの攻撃でトゲキッスの弱点保険が発動する危険があることには注意が必要です。 チョッキウインディ とつげきチョッキで特防を上げれば、トゲキッスの特殊技を数発は耐えられます。 また、トゲキッスは防御種族値の方が特防より低いため、物理技で殴り合えば、勝ち目はあります。 眼鏡サンパワーリザードン 晴れ状態であれば、特性 サンパワーのリザードンの、こだわりメガネオーバーヒートで、H4振りトゲキッスをダイマックス状態でも乱数1発 91. ときどき、とつげきチョッキ持ちのトゲキッスもいますが、その相手には勝てません。 おわりに 可愛い見た目に凶悪な攻撃性能を秘めている、トゲキッス。 一方的に倒されると恐怖を感じますが、しっかりと対策することができれば、再びかわいいと感じられるようになるはずです。 トゲキッスと笑顔で向き合えるように、今後も頑張っていきたいと思います。

次の